ぼけ~~~っと人生充電記!

こんな時だから、こんな時だからこそ、色んな事を書き残していきます。

日馬富士が引退届を提出、受理される

2017-11-29 23:18:32 | スポーツ

 日本相撲協会は29日、平幕貴ノ岩への暴行問題を起こした横綱日馬富士が引退届を提出し、同協会が受理したことを発表した。
 春日野広報部長は「横綱日馬富士が引退届を提出し、協会はこれを受理しました」などと語った。
 日馬富士はこの日午後2時5分から、福岡県太宰府市内で師匠の伊勢ケ浜親方と会見を開き、まず同親方が涙を拭いた後、「本日、日馬富士、引退届を提出しました」と報告した。
 同親方は「子供の頃から日馬富士を見てきて、乱暴するとか聞いたことがなかった。今回の問題はただただ不思議でした。本当に申し訳ありませんと言うしかありません」とも話した。 
 日馬富士は「この度、貴ノ岩関にけがを負わせたことに対し、横綱としての責任を感じ、本日をもって引退をさせていただきます。国民の皆さま、相撲ファンの皆さま、相撲協会、伊勢ケ浜の後援会の皆さま、親方、おかみさんに大変迷惑をかけたことを、心から深くおわび申し上げます」などと話し、約25秒間、深々と頭を下げ続けた。
 本名はダワーニャム・ビャンバドルジ。モンゴルのゴビアルタイ出身。01年初場所に安馬(あま)のしこ名で初土俵を踏んだ。同年春場所で序ノ口優勝を果たすなどし、着実に番付を上げていった。04年春場所で新十両。同年九州場所で新入幕を果たした。
 力士としては比較的細身でスピード感のある取り口で人気力士となった。軽量ながら闘志あふれる相撲が持ち味だった。
 08年の九州場所後に大関昇進を決め日馬富士にしこ名を改めた。11年の名古屋場所、秋場所の連続優勝により続く九州場所で新横綱として土俵に立った。節目を迎えることが多かった九州の地で、日馬富士は引退を迎えることになった。
 優勝9度、史上6位の幕内712勝の実績を残した。今月の九州場所は暴行が発覚した3日目から休場していた。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000068-dal-spo)


あ〜あ、引退か、、残念やけど、仕方ないか。

でも貴乃花親方はこんなんじゃ納得せんやろな。
まず第1歩、暴行現場に同席していた白鵬、鶴竜も罰して、理事長の首も取る。
なーなーは許さんて感じかな。

横綱日馬富士、う〜ん、お疲れさん。
                           4097号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白鵬、優勝インタビューでお詫び「真実を話し、膿を出し切って日馬富士と貴ノ岩を迎え入れたい」

2017-11-26 22:12:17 | スポーツ

◆大相撲九州場所千秋楽(26日・福岡国際センター)
 九州場所14日目に前人未到40回目の優勝を決めた西横綱・白鵬(32)=宮城野=は、千秋楽で東大関・豪栄道(31)=境川=を上手投げで下し、優勝に自ら花を添えた。
 白鵬は優勝者インタビューで「九州場所中に水を差すようなことになってしまい力士代表としてお詫びを申し上げます」と切り出し、「土俵の横で誓います。場所後に真実を話し、膿を出し切って日馬富士と貴ノ岩を再び土俵に迎え入れたい」と宣言し、暴行騒動があった東横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=と東前頭8枚目・貴ノ岩(27)=貴乃花=を仲間として土俵復帰してもらいたい意向を訴えた。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000159-sph-spo&pos=2)


横綱白鵬、40回目の優勝おめでとう! 


番付は4横綱2大関なのに今日千秋楽に上ったのは白鵬と豪栄道だけ。
場所中は連日、日馬富士暴行事件でワイドショーが大盛り上がり。
また白鵬の「待った物言い騒動」もあった。
とても寂しく、とてもガッカリな場所だった。

とはいえ、昨日決まった白鵬の40回目の優勝はやはり褒めないといけない。
優勝者インタビューでの「力士代表としてお詫び」は良かったけれども、「日馬富士と貴ノ岩を再び土俵に迎え入れたい」というのは勇足かなぁ。
白鵬の希望通り行くんやろか?
問題解決はこれからだけれども、とにかく一年納めの九州場所が無事終わった事への「万歳三唱」は良かったとしましょう。
私もテレビに向かって万歳!しましたから、、、。
でも万歳三唱よりも手締めの方が良かったんやない?

初場所、日馬富士はどうなるか分からないけど、横綱大関陣の活躍をぜひ見させて頂きたい。
横綱白鵬、優勝おめでとうございます。
                           4096号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

稀勢の里が休場=初の全休明け皆勤できず―大相撲九州場所

2017-11-21 22:38:53 | スポーツ

 大相撲の横綱稀勢の里(31)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が、九州場所10日目の21日から休場することが決まった。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は、左足首と腰を痛めたことを明らかにし、「いろんなところをかばって、痛みが引かずに力が入らない。申し訳ないが、休場せざるを得ないと判断した」と述べた。
 稀勢の里の休場は、横綱昇進2場所目の夏場所から4場所連続で、通算5度目。
 稀勢の里は9月の秋場所を初めて全休し、左の胸と上腕のけがから復活を期した今場所は、9日目まで5個の金星を配給して4勝5敗だった。10日目の対戦相手、千代の国は不戦勝。
 九州場所は日馬富士、鶴竜も休場しており、秋場所に続き3横綱が不在となった。 
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000017-jij-spo)


あ〜あ、、、情けない。
日馬富士の暴行疑惑で相撲界が大揺れ、こんな時にこの暴力事件に関係の無い稀勢の里が大相撲を引っ張らないといけないのに、休場?また?

う〜ん、、しっかりと直るまで休場した方がええんんちゃうん?
それであかんかったらきっぱり引退。
それでこそ横綱と思うが、、。
                           4095号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日馬富士、傷害容疑で立件も=暴行問題で鳥取県警―角界、過去に逮捕者

2017-11-14 21:29:33 | スポーツ

 大相撲の横綱日馬富士(33)による暴行問題で、被害届が鳥取県警に出され、同県警は14日までに事実関係を確認するために捜査を始めた。
 診断書では頭の骨を折るなどしており、故意に暴力を振るい、けがをさせたなら傷害事件として立件される可能性もある。
 関係者によると、日馬富士は10月下旬、鳥取市での秋巡業中、酒席で口論となり、同じモンゴル人力士の貴ノ岩に暴力を振るったとされる。貴ノ岩は日本相撲協会に「右中頭蓋底骨折などで全治2週間」との診断書を提出した。
 貴ノ岩側が被害届を県警に10月下旬に提出したとされる。県警は被害届について「個別の事案についてはお答えできない」としている。
 警察当局者は「暴力は許されない。被害者、加害者双方から聴取し、事実関係を確認した上で、所要の捜査を進めていくことになるだろう」と話した。
 角界をめぐる暴力事件では2007年6月、時津風部屋の力士=当時(17)=が、当時の時津風親方(元小結双津竜)らからビール瓶で殴られるなどし、死亡。元親方と兄弟子3人が傷害致死容疑で愛知県警に逮捕され、元親方は実刑判決、兄弟子は有罪判決を受けた。
 10年に横綱朝青龍が知人男性の顔を殴ったことが発覚し、現役を引退した。
 15年には、男性マネジャーの腰や尻を金属バットで殴打するなどし、打撲などのけがをさせたとして、当時の宮城野部屋の熊ケ谷親方(元十両金親)が傷害容疑で警視庁に逮捕された。有罪判決を受けた。 
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000118-jij-soci)


う〜ん、、、これは被害届が出される前に何とかできへんかったんやろか。
一番悪い形で表に出てもうたって感じやな。

日馬富士、、、、引退?
                           4094号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

流行語大賞候補に「ちーがーうーだーろー!」など30語

2017-11-09 22:28:22 | 季節ネタ

 現代用語の基礎知識選「ユーキャン新語・流行語大賞」事務局は9日、「2017ユーキャン新語・流行語大賞」ノミネート語30を選出した。この中から12月1日に年間大賞とトップテンが発表される。
 ノミネートの中には、秘書への暴言で注目を集めた元議員の豊田真由子氏の「ちーがーうーだーろー!」や、「忖度」「○○ファースト」といった政治関係の言葉や、「ひふみん」「藤井フィーバー」といった将棋関係の言葉もノミネート。
 お笑いからは、ブルゾンちえみの「35億」、サンシャイン池崎の「空前絶後の」がノミネートされた。
 事務局は今年の傾向として「言葉そのものに、勢いがなく低調な年と言えるのではないか。息の長い流行語も少なく、事象をそのまま直接的にとらえる言葉も多かった」と評している。
 以下、ノミネート語
1 アウフヘーベン  2 インスタ映え  3 うつヌケ  4 うんこ漢字ドリル  5 炎上○○
6 AIスピーカー  7 9・98(10秒の壁)  8 共謀罪  9 GINZA SIX
10 空前絶後の  11 けものフレンズ  12 35億  13 Jアラート  14 人生100年時代
15 睡眠負債  16 線上降水帯  17 忖度  18 ちーがーうーだーろー!  19 刀剣乱舞
20 働き方改革  21 ハンドスピナー  22 ひふみん  23 フェイクニュース
24 藤井フィーバー  25 プレミアムフライデー  26 ポスト真実  27 魔の2回生
28 ○○ファースト  29 ユーチューバー  30 ワンオペ育児
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000072-dal-ent)


今年ももうこんな季節になりましたか、、、。

Jアラート  忖度  ちーがーうーだーろー!
働き方改革  フェイクニュース  魔の2回生  ユーチューバー


こんなこところかな。
さてどうなるか。
                           4093号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

株終値25年ぶり高値…2万2900円超す

2017-11-07 22:46:26 | 経済ネタ

 7日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)の終値は前日比389円25銭高の2万2937円60銭となり、1992年1月以来、約25年10か月ぶりの高値水準をつけた。
 9月中間決算の発表が本格化し、好業績の企業が相次いでいるため、上げ幅が一時、400円を超えるなど買い注文が膨らんだ。
 バブル崩壊後に大幅に下がった株価が、いったん上昇に転じた局面で、96年6月26日に記録した「戻り高値」の2万2666円80銭も約21年ぶりに上回った。
 円安基調が輸出企業の収益を押し上げるとの見方から、企業業績の先行きに対し、投資家心理が強気に傾いている。ニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)が最高値を更新し続けていることも追い風となった。
(http://www.yomiuri.co.jp/economy/20171107-OYT1T50050.html)


そろそろ下がる下がると思っていたら、スルスルスルと遂にここまで、、、。

祝!バブル崩壊後の戻り高値、22,666円を約21年ぶりに突破!!!

「失われた20年」の穴がようやく埋められ、デフレ時代の終焉が見えてきた。
年末はまだこの辺におるんやろか。
外国人に買われた日本株、そろそろ急落来る?

とにかくよかった、よかった!
                           4092号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

立冬

2017-11-07 22:46:13 | 季節ネタ
10月は雨ばかりで肌寒かった。
11月に入って暖かい日が続いている。小春日和。

そして今日、立冬も暖かい1日となった。
でも明日は雨で、そこから寒くなるみたい。
土曜にまた雨が降り、寒さが強まるらしい。

ひと雨ごとに寒くなる、冬になって行く。
季節は順調に進んで行く。
                           4091号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

十三夜

2017-11-01 23:59:59 | 季節ネタ
旧暦9月13日頃の月の事。

十五夜の事を「中秋の名月」と呼ぶのに対して十三夜は「後の名月(のちのめいげつ)」と呼ばれている。
また、十三夜は十五夜の後に巡ってくるので「後の月(のちのつき)」、栗や大豆(枝豆)をお供えする事から「栗名月」「豆名月」とも呼ばれている。

十五夜の次いで美しい月と言われ、一般的に十五夜にお月見をしたら十三夜にも必ずお月見をするものとされていたので、十五夜だけを鑑賞することを『片月見』と呼び、縁起がよくないと言われていた。

『十三夜に曇りなし』と言われる通り、スッキリとお月見が出来た。
4日の満月も晴れますように。
                           4090号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第4次安倍内閣が発足 全閣僚再任、改憲へ党内議論加速

2017-11-01 23:44:03 | 時事ネタ

 自民党の安倍晋三総裁は1日召集の第195回国会(特別国会)で第98代首相に選出され、全閣僚を再任して第4次安倍内閣を発足させた。来年秋の自民党総裁選での3選をにらみつつ、憲法改正に向けた党内議論を進め、発議に向けた動きを加速させたい考えだ。特別国会の会期は12月9日までの39日間。
 安倍首相は1日夜の記者会見で、憲法改正について「(衆参両院の)憲法審査会に各党が改正案を持ち寄って、建設的な議論をしていくことが大切だ」と語り、与野党協議を呼びかけ、議論を加速させる考えを示した。
 現有勢力が維持される2019年参院選までの改憲発議をにらみ、どのように議論を進めるかが焦点。首相は会見で参院選と国民投票の同日投票について「議論を私はする考えはない」と述べるにとどめた。国会で森友・加計学園問題への説明責任が問われることは必至で、内閣支持率の動向なども今後の政権運営や改憲議論に影響しそうだ。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000103-asahi-pol)


8月にできた第3次安倍第3次改造内閣(参照8/3 4015号)が第4次安倍内閣と名前を変えて本格始動って感じやな。
「仕事師内閣」の実力を見せてほしい。

がんばって下さい。
                           4089号
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする