モーツァルト@宇奈月

湯の街ふれあい音楽祭 モーツァルト@宇奈月
scince2010年秋。毎年9月に音楽祭を開催しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

黒部峡谷鉄道に乗ったよ(その3)

2013年07月20日 | 黒部の太陽

黒部峡谷鉄道にゆられて戻ってくると、さすがに温度差があるんですね。暑く感じます。トロッコ電車の中では、20度くらい。宇奈月で28度。きっと平地では30度を楽に超えています。
ちょっと休んでいこうと、セレネのカフェへ。ここのワッフルがおいしいのです。

入口のタイムの芝生でひと休み。春の花が一度終わったようで、また、新しい花芽がつき始めていました。蕾は少しピンクがかかってかわいいんですよ。
今日は、オープンカフェがいいですね。いい風が吹いています。

すっかりおでかけ気分で、気持ちはディベルティメント状態。また、どこかへ行きたいなあ。
このところは、カフェ・モーツァルトにも住んでいます。ぜひ、僕と記念撮影してください。
明日も、いいお天気のようです。

コメント

黒部峡谷鉄道に乗ったよ(その2)

2013年07月20日 | 黒部の太陽

欅平の見どころ、奥鐘橋を渡ります。

上流15分ほどの名剣温泉を目指します。けっこう傾斜があるんですよね。峡谷の狭い青空が突き抜けて、夏空です。

名剣温泉でいっぷく。ここは、上流の祖母谷地獄からお湯を引いていて、露天風呂が評判です。お湯は、単純硫黄泉ですが、メタケイ酸の量が多く、温まる美肌の湯だと思います。
引き返して、猿飛山荘の横の足湯へ。今日は、増水で川には入れませんでした。

いいでしょう。この風景。
奥鐘橋を足湯のポイントから見上げました。

祖母谷川の水量が多いんですよね。今年は、残雪が多いので、雪解けの影響が長く続きます。

レストハウスでお蕎麦を食べて、宇奈月に戻ります。ここの売店では、欅平限定グッズがいっぱい。今日は、持ち合わせが少なかったので、また、今度。
(その3に続く)

コメント

黒部峡谷鉄道にのったよ(その1)

2013年07月20日 | 黒部の太陽
アマデウナヅキンです。
2週間ぶりの晴れ。思い立って、黒部峡谷鉄道、トロッコ電車で欅平に行くことにしました。

実は、トロッコ電車に乗るのは初めて。どきどきです。

せっかくなので、トロッコらしい普通車に乗車。手を出すとトンネルの壁にぶつかりそうなので、絶対出しちゃダメと言われました。言いつけを守ります。

トンネルの中は、涼しいですね。みなさん、上着があるようですが、僕は元々少々厚着なので大丈夫。途中の景観は本当に素敵でした。青々とした山にむき出しの凶暴な岩肌。大地を削り取ったことがよくわかる花崗岩の混じった緑白色の水。今日は、少し水量があって、水音もレクイエムのように聞こえました。慣れないとちょっと怖いくらいです。

鐘釣の万年雪も残っていました。今年は、残雪が多いようですね。雪はたいてい木の枝に覆われているので、雪の様子をあまりご存知ない人は雪だと気付かないようです。
1時間半足らずで、
欅平に到着。圧倒的な山の厚みと、祖母谷川と黒部川の水音に包まれています。

(その2に続く)
コメント