モーツァルト@宇奈月

湯の街ふれあい音楽祭 モーツァルト@宇奈月
scince2010年秋。毎年9月に音楽祭を開催しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ケーブルテレビで放送されます。

2016年10月18日 | 関連イベント
富山県のそれも、黒部市以東ローカルですが、地元のケーブルテレビで音楽祭の模様が放送されます。

■歌劇「ドン・ジョヴァンニ」ハイライト公演 
10/21(金)~10/27(木) 放送時間 8:00/14:00 /19:00/24:00

■「塚田尚吾と仲間たち&宇奈月カルテットコンサート」
10/28(金)~11/3(木)

■「音楽祭スペシャルコンサート」
11/4(金)~11/10(木)
コメント

演奏前もかわいい

2016年10月08日 | 演奏
子どもたちの緊張感てかわいいですよね。
発表会のおめかしも何だか、いつもと調子が違って、挙動があやしくなります。



コメント

取材もだいぶ増えてきました

2016年10月02日 | 演奏
宇奈月国際ホテルでの佐藤さんの演奏直前。MCがご紹介中です。
音楽祭はいろんなところでやっているので、この直後に手前の席も埋まっていきます。
みなさん移動が大変上手というか、際どい設定にしている方が悪いのか、とても効率的に回られます。
角の方に撮影クルーがいます。
地元の民放のクルーです。
連日、各局分散して取材に入っていただけました。
どんなことを、何を、どういう人たちがどんな風景を作っているのだろうかと、心にかけていただけているみなさんにその様子をお伝えするのは、こういうプロの取材はいいですね。
ちゃんと演奏の邪魔にならぬようにしていただいています。

佐藤さんもソナタを全曲演奏。
宇奈月国際ホテルは、今年、けっこう本格的な楽曲が多かったように思います。
空間に合わせて、担当者がいろいろ苦心の構成をしているんです。
コメント

舞台装置までは予算が足りない

2016年10月01日 | 演奏
オープニングオペラの企画として最初の演目は、ドン・ジョバンニ。
生オーケストラの演奏で味わえるオペラは、あまり馴染みのない方にもオペラの面白さを味わってもらうには格好の企画だったと思っています。歌はイタリア語なのですが、お話の流れの解説も付いているので、その様子がよく理解できた、表情や気持ちが伝わった、など、こうした試みも好評でした。
来年は、フィガロの結婚とすでに予告済み。期待できます。
さて、オペラはその重厚な舞台が、よく比喩にも使われます。オペラのような、という言い方ですね。
私たちの音楽祭では、みんなが手弁当で作っているため、とても大掛かりな舞台装置は望めません。今回は、それでも何か雰囲気があるんですね。それが、吊り下げられた書道の作品です。

大きなものですが、墨書です。
日本の庭は、そこにある石や木のようなものが、さまざまな感じ方でいろいろなものに想像を膨らませて見せてくれるものだそうですし、能舞台はほとんどものがない。だけど、そこに風景が見えてくるし、場面や局面ごとに違う表情を醸し出すところに特徴があるそうです。
これもそんな感じがします。
音楽芸術監督の知己の前衛書道家の方の作品だそうです。
黒部峡谷の山と川にも見えるから不思議です。
予算はないけれど、知恵と工夫はあふれています。
コメント

全曲演奏を

2016年10月01日 | 演奏
音楽祭に参加されるみなさんがどんな曲を選んでいるんでしょう。
多彩な楽器で演奏が行われるので、その楽器でやれる範囲、30分という時間制限の範囲、とにかくやれるもので、原曲をアレンジしてなど、さまざまなアプローチがあります。
全楽章演奏をやろうということで毎年新しい演目に挑んでおられる方も、何組かあります。
そのひとつが、山口さんとアマですカルテットのみなさん。今回は、こういう感じです。ピアノ協奏曲です。

山口さんはソロでも参加しておられます。
音楽祭の出演をきっかけに、じゃあ、いっしょにやろうかということで、アマですさんとの共演での参加も追加。音楽祭が結んだご縁です。
アマですさんの名前は、もちろん、アマデウスからきていますが、アマチュアらしさをよい方にとらえて、音楽を奏でる楽しさ、多くの人と音楽でつながり合う楽しさを作り出していきたいとのことだと聞きました。

音楽祭が1年の目標になっているというお話もしていただいて、僕らもうれしくなりました。
コメント