報道写真家から

我々が信じてきた世界の姿は、本当の世界の実像なのか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

救われる耐震偽装マンション住民、見捨てられる中越地震被災者

2005年12月06日 20時26分13秒 | ■時事・評論
本日は、ニッカン・ゲンダイから重要な話題を。
 12月5日

ニッカン・ゲンダイというのは、清々しいほどはっきりものを言い切る。まさに、その通りなのである。欠陥マンションを建設した「犯人」が分かっているのに、その購入者を「公費」で救済するというのは理屈がおかしい。「犯人」には一定の賠償能力があるはずだからだ。

中越地震の被災者は冷遇され、なぜ、欠陥マンションの購入者は厚遇されるのか。違うのだ。欠陥マンションの建設販売者たちが、公費で救われるのだ。これでは、デタラメ業者が得をし、国民が損をすることになる。

本来、まずデタラメ業者たちに全資産(個人、法人とも)を供出させ、それで足りなければ、国が業者にカネを貸せばいい。デタラメ業者は、百年かけてもきちんと国に返済する。そうすれば、住民も救われ、業者は罰せられ、税金も無駄に使われることはない。このままでは、デタラメ業者が一番得をしてしまうではないか。国は腹が痛まず、国民だけが損を強いられる。

こんな救済措置を許せば、欠陥マンションは今後も建て放題になる。業者にして見れば、建てるだけ建てて、欠陥がバレたら公費でシリをぬぐってもらえばいいわけだ。そういうことになる。

なぜ、国はこんな筋違いの救済策を打ち出しているのか。
それが、本題だ。
答えは、とても簡単だ。

ニュースを見ない僕だが、国会の喚問は少しだけ見た。ヒューザーの社長の国会での態度は、一見の価値ありだった。そして、そこにすべては語られている。

彼は、国会の場やそこにいる政治家のことを屁とも思っていなかった。なぜなら、そこにいる政治家たちにカネをばら撒いてきたのは、自分であり、自分の業界だからだ。政治家など、自分たちにカネをたかりに来るだけの卑小な存在としか見ていないのだ。彼の態度は彼の品格を語っているのではなく、彼(業界)と政治家の関係を物語っているのだ。業界が主で、政治家は従だ。

建築土木業界から政界に流れるカネは巨大だ。それによって政治家は不必要な公共事業を全国にばら撒く。必要もないダム、道路、トンネル、公共施設で日本の美しい自然がどんどん破壊されていく。そして、こうした無駄なダムや道路、公共施設などの無駄な維持費もまた公費で賄われる。巨大な無駄のリサイクルだ。最低の構造だ。そして、そこには巨大なカネがグルグル回っているのだ。ヒューザーのような会社も、この流れの中にカネを投入しているのだ。

早い話が、ヒューザーを追い詰めていくと、彼や彼の属する団体から政治家へ流れたカネが、明らかになってしまうということだ。もしかすると、欠陥マンションを造って浮いたカネは、日本のずっと高い政治の中枢まで流れているかもしれない。おカネというのは、毛細管現象のように高いところに吸い上げられていくようだ。

デタラメ業者の犯罪を暴く前に、欠陥マンションの公費での救済を打ち出したのは、建築業界と政治家の癒着が明るみになることを防ぐためにほかならない。それだけの話なのだ。

今回の事件で問題になった欠陥マンションの住民は救済されるかもしれない。しかし、全国の欠陥マンションの被害者が救済されることはない。もちろん、中越地震の被災者が救済されることもない。

コメント (6)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 『拒否できない日本』の快進撃 | トップ | 鳥インフルエンザとタミフル... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ですね (STUDIO TAKUMA)
2005-12-07 21:53:54
僕もヒューザー社長の発言が凄いと思いました。政治家たちよ、お前らさんざんいい思いしただろ?だから俺のお願いを聞け!!と言わんばかりだった。びくびくしていた政治家もいたはず。

 私のかみさんの実家が山古志村で、それはそれは大変でした。いや、今もこれからも大変です。親戚の家の手伝いで行っていたのですが、何とまぁ、これから冬が来るというのにのんびりのんびり工事してました。あまりの人手不足に怒りを覚えて帰ってきました。

 冬には5メートルのドカ雪です。

たしかに、阪神の時よりも亡くなった人の数や倒壊の被害は数字上では少ないですが、故郷を失い、復興のメドがたたない状態での彼らの気持ちは、そのような数字では表らせないもの。

 

 このような政治家どもの金の使い込み方からすれば、お金が足りないとは言わせない。







 

STUDIO TAKUMAさんへ (中司)
2005-12-08 04:41:25
そうですか。それは、日本の現実の真っ只中をご覧になっていると言えますね。

できれば、そんなところもブログにお書きいただければと思ったりします。そしてTBいただけたらうれしいです。そこにいなければ分からないこと、見えないものはたくさんありますから。
その通り! (こまつ)
2005-12-08 21:46:32
仰る通りだと思いますよ、ホントに。

公的資金は、飽くまでもインチキ業者たちに“貸す”のであって、

一生かけて、世代を重ねてでも返済の義務を負わせるべきです。

それくらい酷いことを、こいつらはしてきた。



「住民救済」を盾に取られて、誰も口出しが出来なくなってしまっているけど、

なんで税金使って助けなきゃいけないの?って、子供でも疑問に思います。

でもマスコミも絶対にそんな報道はしない。



今や政・官・民・マスコミが完全に癒着して、

この国を支配しているんだと、痛感します。

国民がどんどん発信していくしかないですね。
こまつさんへ (中司)
2005-12-09 00:37:44
メディアも、どたばた劇をいっしょに演じているだけで、本質は報道しないので、われわれ国民が地に足つけて進んでいきましょう。



ニッカン・ゲンダイはなかなかやってるなあ、と感心します。たいしたものです。
Unknown ( へロー)
2006-02-27 16:26:12
 ヒューザーは氷山の一角のような 気がします。資本主義のおかしいところですね 金儲けに 奔走してこれから 未来は どうなるんですかね
ヘローさんへ (中司)
2006-02-27 19:29:26
お金儲けは悪いことではないですが、いまの日本は、何をしても儲ければいいという拝金主義がまかり通っています。

これは個々人の道徳や倫理の問題ではなく、構造的なもので、この構造を変えない限りは、拝金主義は無くならないでしょう。

拝金主義は、健全なビジネスを破壊し、国民生活を害する企業を排出し続けています。



この拝金主義で得られたお金の一部は、政治家や官僚などに回ります。こうしたサイクルがすでに構造として確立されています。このままでは、日本に未来はないとさえ思っています。



まず、そうした構造を明らかにし、理解することが必要になっていると思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

■時事・評論」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

[政治]マンション偽造設計問題(姉歯事件) (Think About Japan)
公的資金での保障が異例の速さで決定されようとしている。 明らかに何かを隠している。 調べないと全く分かりませんでした。 ネットでちょっと調べると…いろいろ出てきました。 真偽の程は個別に確認する必要がありますが、観点としては重要と思います。 以下に貼り付け
山古志 (平成硝子野郎 STUDIO TAKUMA)
 中越を襲った激しい地震。 実は、僕のワイフの親父が山古志村出身でして、今年は、山古志村に何度か足を運び、家の家財を運び出す作業や、避難所を見舞ったりしていました。  はじめて行く、山古志村。一歩はいれば、そこは天国のような所でした。 水、食べ物、空.