ライラと仲間たち

いろいろな生き物と暮らす楽しくて大騒ぎな日記です。

脱皮したよ

2013-02-27 | 爬虫
ユカタントゲオイグアナの《RYO》、我が家へ来て初めて脱皮しました。
到着した時に、ちょうど脱皮していたので、4ヶ月半ぶりかな。


朝、シェルターをどけてみると、始まってました。
早速、温水のシャワーに替えて、たっぷり霧吹きを





しばらくすると、止り木に登り、気持ち良さそうにバスキングしてます。





ちゃんと脱皮できるのは、良いことだあ
健康のバロメーターですものね。


《RYO》は、なにしろ大食漢です。
見てください、このプリプリなこと





捕まるのが嫌いなくせに、エサは手の中でも平気で、ガツガツ食べます





なるべく野菜をメインに食べさせようと思うのですが、
ハンドリングさせてくれたご褒美に、ついつい、ワームをあげてしまう
駄目な飼育者です。






            「おい! 早く離せ!」




コメント

シェルターも到着

2013-02-26 | 爬虫
スリングエプロンに続き、可愛いシェルターも出来上がってきましたあ





ロールケーキのシェルター
「だらりんショップ」さんの、オリジナルで、一つ一つ丁寧な手作りです。
数に限りがあるため、イベント会場では、開場30分で完売してしまうと言う
人気商品です。
ちなみに、私も10月のBLACKOUTの開場で予約をして、作っていただきました。


早速、レオパの《パンプキン》さんに、お試し頂いたところ、

乗って良し!




潜って良し!




覗いて良し! だそうです






ちなみに、こちらが1年前に作っていただいた、お城のシェルター。
こちらは、屋根に水や水苔をいれることが出来ます。





ヤモリ系だけでなく、小型ヘビでも、使えますよね。

三角お屋根とか、切り株とかもあるので、次は何をお願いしとこうかな?
コメント

スリングエプロン

2013-02-25 | 
今、ワンコ飼いの間で、クチコミで大人気の「スリングエプロン」、
作っていただきましたあ





従来のショルダーキャリーはワンショルダータイプで、片方の肩に負担が掛かるのですが、
これはエプロンタイプのため、すご~く楽です。
まるで、肩凝らない。









犬のボランティアをなさっている、ちび助ママさんの手作りで、
お気に入りの布地を送り、ワンコの体重、自分の身長、服のサイズなどを知らせると
素敵に仕上げて下さいます。


《ライラ》も、まったり




これの優れているところは、両手がフルに使えること。
《ライラ》と《ミモ》の2匹も軽く入るし、その上、《ヨン》を抱いても楽勝です
これで、傘もさせますよ~




《ライラ》は、感染症の心配があるし、《ミモ》は左後股関節がはずれるので
あまり外を歩かせられない2匹だけど、これで、お出かけが楽になったね。

人間の赤ちゃん用のは、あるけど、ワンコ用は、ありそうで、なかった逸品、
特に、多頭飼いには、必須アイテムです

まあ、何十年ぶりかで、臨月の頃を思い出したけどね



コメント (2)

産後

2013-02-22 | 爬虫
2度の産卵をしたコバルトツリーモニターの《サラ》ですが、
元気に動き回ってます。
直後は、肌もガサガサで、粉が吹いたみたいに白く荒れてましたが、
大分治ってきました。
人間と同じで、出産するのって、女にとっては大変なんですよねえ






水入れにも入って、お肌に潤いをあたえなくては






そして、紫外線浴びて、のんびりバスキング
ママが最近、過保護で、コオロギを差し出してくれるから、楽ちんだわぁ~







相変わらず仲の良い《サラ》と《ヨンギ》
ちょっと妬けるかも






で、肝心の卵、

正直なところ、孵化するのか、しないのか、まるでわかりません。
もう完全に孵化器頼みです。

頼む! 何とかしてくれ!

コメント

ライラの指定席?

2013-02-21 | 
の1年点検に《ライラ》を連れて行ってきました。
あまり、お出かけすることがない《ライラ》なので、この日は、《ライラ》だけを
連れて、二人でデート





待っている間、飲み物のサービスをしてくれるので、
広いショールームの中を歩いたり、窓の外を眺めたり、1時間ばかり楽しんでしまった。
エスプレッソコーヒーも2杯飲んだし
本格的で、結構美味しいです。





カフェコーナーにいらっしゃる女性の方も、コーギーを飼っていて、
営業担当の方も、ポメラニアンを飼っているので、犬の話題で、
大いに盛り上がってしまった。

しっかり犬の里親の話もしてきましたよ~
新車の宣伝もされたけどね


そして、帰りの車の中、
いつもは、アームホルダーの上が《ライラ》の定位置なんだけど、
なぜか、私の首の後、てか、肩の上に登り、窓の外を見だしました。





まあ、軽いし、長距離を運転するわけではないので、邪魔にはならないけど
本人は、えらくお気に召した様子。
信号で停まった時、一度降ろしたんですが、またすぐによじ登って寛いでいる様子。
どうらや、新しい指定席に決めたみたい

 
コメント