ライラと仲間たち

いろいろな生き物と暮らす楽しくて大騒ぎな日記です。

??回目の誕生日

2015-06-29 | その他
二泊三日で里帰りしていた《ジョジョ》君、昨夕、パパ、ママの
お迎えで、お家に帰りました。





思いも掛けず、また《ジョジョ》君と会えて、しかも3日間も
一緒に過ごせて、ものすご~く嬉しかったです。

折しも、今日は私の誕生日、偶然とはいえ、最高のプレゼントを頂いたみたい。


《ジョジョ》、楽しい時間を、ありがとうね。



と、それだけじゃ無いんですよ。
《ジョジョ》の里親様が、房総の海の幸のお土産と一緒に、
フクロウ好きの私のために、素敵なノートを買ってきて下さいました。
思いついたこと、気が付いたことなどを書き留めておくのに、
いつもノートを持ち歩くようにしているので、早速使わせていただきますね。






と、まだまだ、あるんです。


じゃあ~~ん






のらくろママさん、手作りのトレイ。
なんと、フクロウとカメレオンのイラスト付き。
私のツボ、心得てますねえ
これ、上に何か乗せて、染みでも付けたらいけないから、このまま
飾っとこうかしら。


娘も食事に誘ってくれて、のらくろママさんと3人で、日付が変わるまで
食べて、飲んで、素敵な誕生日を過ごせました。

本当に、ありがとございました。

また一歳年を取ってしまったけど、この一年、やりたい事をやって、
それを通して、素敵な方達と、お知り合いになれて、刺激を受け、
勉強させられ、自分の糧に出来たこと、皆さんに感謝です。

来年の誕生日に向けて、まだまだ頑張ります








コメント (2)

楽しい週末

2015-06-27 | 保護猫
早く来い、来い、お正月、じゃないけど、早く来い、来い、週末、
とばかりに待ち焦がれていた、この週末・・・

《ジョジョ》が、里帰りしてるんです


ず~っと前から予定していた家族旅行に、《ジョジョ》も連れていくつもり
でいらしたのが、治ったばかりの《ジョジョ》の風邪ウイルスが、環境の変化で
また悪さをしてはいけないからと、ドクターストップが掛かってしまいました。
そう確かに、我が家に来た時、里親様宅へ行った時、どちらも体調崩したものなあ。

ならば、勝手知ったる預かりママさんの所で、預かっては頂けないでしょうか?・・
との打診が。
はい、はい、OKOKOKですよ~


もう、テンション上がりまくりの私、外出予定もキャンセルして待ち焦がれ、
金曜日の朝、可愛い《ジョジョ》を、お預かりさせて頂きました



もしかしたら、もう忘れちゃたかな?とも思いましたが、
お預かりしてみると、


まず、最初に、我が家の女王、《チチ》チェ~ック





難なく、クリア


10分もしたら、テーブルの上で、堂々と、おくつろぎです





階段で、くつろぎ、





パソコンの横で、くつろぎ、





パソコンの上で、お邪魔虫をし





私のベットで、皆と一緒に寝て、朝は、私の足を齧ってました


ちょっとの間に、大分大きくなって、ちょっと大人びたけど、
甘ったれで、物怖じしないところは、小さい時の儘、
大事に、大事に、育てられ、愛情いっぱい貰ってるのがわかります。
パパ、2日離れるだけど、淋しそうだったものね

今朝から、《姫ちゃ》と、追いかけっこして、《マーブル》に甘えて、
《デブル》に、アタックして、今は、ぐっすりお昼寝です






可愛いねえ~


コメント (4)

マイロ君便り 2

2015-06-27 | 保護犬
マイロ君の里親様が、近況を知らせて下さいました。
なんと、マイロ君、現在体重7kg、まだ成長してるとか・・
いったい、どこまで大きくなるんだろう?
10kgくらい、いっちゃうのかな


毎日暑い日が続くけど、涼しい木の床で、のんびりお昼寝、





そして、週3日は、ご子息の友人が、ドッグトレーナーの資格取得を目指して
勉強中とかで、マイロ君を、トレーニングしてくれているそうです。





セラピードッグ目指して、頑張ってるね!
楽しみだわ
コメント

《メリー》、抜糸しました

2015-06-23 | 保護犬
《メリー》の抜糸に行って来ました。





車酔いする子なので、夕飯前の5時頃を選んで行ったんだけど、
やっぱり途中で、酔ったみたい。
僅かだけど、吐いてしまいました。
大き目のキャリーで、運転も、ゆっくり行ったつもりなんだけど
駄目だった
まあ、今は、何をするのも、緊張しまくりだから仕方ないかな。


そして、病院で。

普通の避妊手術なら、溶ける糸を使って下さるので抜糸の必要は
無いのですが、《メリー》は、昔の糸の残滓があり、切開して
取り除いたため、抜糸が必要でした。
傷も綺麗に治っていて、何の問題もありません。

でも、相変わらずのビビリ、診察台の上でも、震えっぱなしです

抜糸の間、先生が

「ママの顔見てる方が安心かな?」

って言ったけど、否、私のことも怖いらしいから、同じかも・・

なんて思ったけど、前へ回って、顔見てみた。

「メリー、ママ居るよ~、大丈夫だよ~」


ん?

《メリー》、私を見つめてる? 私に助けてって訴えてる?
私の勝手な思い込みかもしれないけど、《メリー》が
そんな目で私を見てるように思えました。

少~しづつだけど、この人、悪い人じゃないって思ってくれてるのかな?
だと、良いな。

抜糸が終わった後は、しっかり抱きしめて、

「大丈夫、もう怖くないよ、ママ居るよ」

って、いっぱい、いっぱい点数稼いだ私でした


ポメラニアンの♀、体重2.6kg クリームカラー、推定4歳
保護時、丸刈りにされていた毛も、ぽしょぽしょと生えてきました
プーチ・ドッグレスキューより里親募集中です。




*お願い*
私のブログは、里親募集のためだけのブログではありません。
題名にもあるように、いろいろな生き物と暮らしてます。
犬あり、猫あり、鳥あり、爬虫類ありです。
なので、例えば、爬虫類は苦手・・という方がいらっしゃいましたら、
左側のカテゴリーで「保護犬」を選択して下さい。
よろしくお願い致します。


コメント (3)

くたくた、だけど・・・

2015-06-22 | 野生動物救護
土日の2日間、保全センターで、平成27年度野生動物救護ボランティア講習会
を開催しました。
毎年、この時期、神奈川県自然環境保全センターと神奈川県獣医師会と
私達NPO法人野生動物救護の会の共催で行います。
今年は、定員40名をオーバーし、52名の方が受講して下さいました。
例年通り、獣医学科の学生さんが多いのですが、定年退職された男性、
主婦の方などもいらっしゃって、熱心に講習を受けていらっしゃいました。





「野生動物救護の理念と目的」、「鳥獣保護法などの関連法規」、「動物由来感染症」
などの講義に加え、「種の見分け方」、「餌の種類、給餌」、「保定、応急処置」
などの実践に即した講義など、9時から16時半まで、みっちりの内容です。






ヒヨコを使っての給餌(差し餌)実習は、皆、ちょっと恐々やってましたよ
素直に口開けてくれないから、慣れないと難しいよね。






少グループに分かれて、傷病舎を見学し、先輩ボランティアさんから、
保護鳥獣の、保護原因、治療経緯、今後の見通しなど詳しく説明受けてました。













スズメの巣内雛





受講された皆さんは、この後、9月半ばくらいまでに、3日間の実習をセンターで
行うのだけど、その時には、ヒヨコじゃなくて、こういう雛に給餌することになります。



準備期間も入れて、毎年、体も使うし、気も使うしで、くたくた、だけど、
沢山の方が受講して下さり、野生動物救護への取組みに参加して下さることが嬉しいです。

特別講義をして下さった、道東野生動物保護センターの森田先生が、
おっしゃっていた言葉、

「動物」は、「動く物」、静止は、「死」
救護をするってことは、生と死の両方に接すること
救護を通して、生の喜びと死の悲しみを身近に学びなさい。


コメント