ライラと仲間たち

いろいろな生き物と暮らす楽しくて大騒ぎな日記です。

良いことあるかな

2019-01-21 | その他
この家に引っ越して来てから、何人かの人に言われたこと・・
「富士山が綺麗に見えるでしょう?」

え? そうなの?・・・・・どこに?


良く引っ越して来ると宗教の勧誘とかに来るオバサンいるじゃない、
その方達にまで言われたのよ
で、調べてみると、どうやら西側の窓か、裏側のベランダから見えるはず。
でも、前方には山が連なり、木立が茂り、まるで判らないんです。
同じ並びに住む方に聞いてみると、昔は山の木々も、まだ今みたいに
育っておらず、ちゃんと見えたらしい。
年賀葉書に使ったと言う写真まで見せてくれて位置を説明してくれたんだけど
山なんて、同じように見えて、まるで判らず諦めてました。

が、見えたんですよ
冬の、この時期、山の木々は葉を落とし、雲一つ無く晴れ渡った朝限定で。




去年の秋、山の中腹に、観察所みたいな建物が建ったので位置を
特定し易くなったのと、山の木も伐採されたのか少なくなったからみたい。
それでも雲に覆われてしまうことが殆どで、運が良ければ見えるの。
だから、見えた日は、皆が元気に過ごせますようにって
お願いごとすることにしました。
流れ星にするみたいに。




コメント

のんびりお正月

2019-01-03 | その他
穏やかなお正月、のんびり、のんびり送ってます。
うちの子達と、お散歩したり、遊んだり、TV見たり、(今も、箱根駅伝
見ながらブログ書いてるの)、本読んだり、ゲームしたり、
そして、もちろん、食べて、飲んで
今年は、自分だけだから、おせち料理もやめて、食べたい物だけ
取り揃えたのよ。

まず、年越しは、鴨うどん。
濃い目にして、漬けうどんにしました。
ずっと食べたかったんだけど鴨を買いに行く暇が無くて我慢してたから
美味しかったわあ。
最近では、スーパーでスライスした鴨も売ってるけど、それじゃあ
味が出ないんだよね。
やはり鴨ロースの塊を使わないと。
で、うどんは、友人に教えてもらった「五島うどん」
細めだけど、こしがあって、本当に、美味しいの。




元旦は、こちら。



時計周りに、
くわいの煮物⇒焼きミョウバンで灰汁抜きして、鰹節と昆布で取った出汁で。
数の子⇒塩抜きをしすぎないように注意して出汁に、しっかり漬ける。
黒豆⇒丹波の黒豆を頂いたので煮てみたんだけど、圧力鍋使って手抜きなの。
赤なまこ⇒薄すぎず、厚すぎず歯ざわりを残してカット、ちょっと甘めの酢に。
カラスミ⇒もちろん自家製。軽く炙って、大根のスライスを添えて。
京麩⇒蓬、胡麻、粟の3種類。軽く炙って、柚子胡椒を添えて。


ゆり根の、お椀。
茹でたゆり根を裏漉しし、銀杏を入れて包んだものに、
生シイタケを使った出汁を、あん状にして、熱、熱で掛ける。
ゆり根の、ほんのりした甘さが美味しいよ。




そして、刺身は、もちろん、鮑。
毎年買ってる魚屋さん、今年も黒の良いのを選ばせてくれました。




これに、日本酒とワイン。
高級品でなくて良いの、料理の味を殺さない、さっぱりしたのが良いと思う。
日本酒は、武勇、ワインは、キャンティの赤。


あ、そうそう、お雑煮も鴨だよ。
こちらは、色んな味を食べた後なので、薄味に。





幸せなお正月






       
コメント

新年

2019-01-01 | その他
         明けまして、おめでとうございます


       

             ≪ライラ≫            ≪ヨン≫



       


             ≪ポポ≫     ≪凛≫     ≪エルザ≫



今朝、ベランダへ出て、クリスマスローズの蕾を見つけた。
一年目の株は花芽を持たないけど、夏の管理をしっかりすれば
二年目から咲きますよ、と言われていたの。
可愛い蕾が、2つ






夏の暑さと加湿を避け、涼しく、涼しくと気を付けていた甲斐があったみたい。
大したことをする訳じゃないけど、毎日、毎日、自分に出来る事をコツコツやって、
綺麗な花を見れるのは嬉しいよね。
今年も、そうやって、一緒に暮らしている子達のこと、野生動物救護のこと、
犬猫の保護活動のことをやっていくつもり。
その合間に、自分の趣味のこともやりたいし
今年も、よろしくお願いいたします。




コメント

2018年も、あと少し

2018-12-30 | その他
この一年、どんなだった?

まあ、それなりに過ごせたかな

オオコノハズクの≪ラブ≫が虹の橋を渡ってしまったけど、
他の子達は、これと言った病気もせず、一年を過ごせました。
里親様のもとへ橋渡しをし、幸せを掴んでくれた子達も居るしね

でも、年だねえ、体力が落ちたわ
こんなはずじゃ無かったって思うことが多々あって、
そんな自分に苛立って、落ち込んでみたりもして。
でも、考えてみりゃ、この年だもの、仕方ないかあ、って開き直って
自分のペースで過ごしてきた一年だったかも。
この正月は、娘は仕事で帰って来れないらしいので、おせち料理はパス、
自分の食べたい物だけを作ることにしました。
てことは、大体わかるよね。
そう、酒のあてばかり


そんな私の拙い、自分本位のブログを、今年も読んで下さり
ありがとうございました。
皆を代表して、最長老の≪チチ≫と、子猫の時から、ず~っと母猫のように
≪チチ≫を慕って、何でも真似する≪マーブル≫がご挨拶です。
(最近では、朝の牛乳まで真似して飲むんだよ




         良いお年を、来年もよろしくお願いいたします
コメント

クリスマスローズ

2018-12-24 | その他
今年は、何か忙しくて、碌にクリスマスの飾りつけもしなかった私、
友人と一緒に買ったブリキの缶のクリスマスツリーです。
中に、クッキーが入ってるの。





それと、衝動買いの、クリスマスローズ




この鉢を店先で見たとき、私は、ある人を思い出しました。
地味だけど、華があって、凛とした人。

もう10年以上前、彼と良く行っていたスナックの奥様
そこは、年の差のあるご夫婦がやっていて、店には、いつも花が溢れていたけど
10月頃からは、店中がクリスマスローズで飾られるんです。
奥様が大好きな花なんですって。
たまの休みに、長野の生産者のところまで、奥様を連れて行って
気に入った鉢を買ってきたとか聞かされて、仲良いなあ、優しいんだなあ、
と羨んだものでした。
そんなある日、胃の具合が悪く、奥様が病院で検査を受けたことを聞き、
体調をお聞きしたところ、

「大丈夫よ、癌では無かったの、良かったわ」

微笑んで、そう言う奥様を見て、ああ、この方は知ってるんだ、
知っていて、心配させまいと、ゆったりと微笑んでるんだ、
強張る顔に無理やり笑みを作って、私は、「良かったですね」
としか答えられなかった。
ちょうどその頃、私の彼も癌を再発していて、情緒不安定だった私には
その落ち着き、強さ、優しさの前で、それ以上何も言えませんでした。

その年のクリスマスを最後に、ご夫婦は店をたたみ、
のんびり暮らすよ、と去って行かれました。
この花を見たとき、あの時の奥様の微笑みが思いだされ、願わくば
今年も、クリスマスローズに囲まれた静かなクリスマスを
ご主人とおくっていて欲しいと思うのです。


コメント