ライラと仲間たち

いろいろな生き物と暮らす楽しくて大騒ぎな日記です。

生命力

2017-07-30 | その他
昨年、友人からもらったパオバブの木、枯らしてしまった~
焦ったのだけど、見事、復活しました。
すごい、生命力





去年の10月頃、葉が黄色くなり、落ち始め、だだの棒切れにようになってしまいました。
枯らしてしまったかと思い、友人に恐る恐る尋ねると、冬は完全に落葉してしまうとのこと、
お~良かった、これで室内で冬を越せば大丈夫と一安心。
で、5月になり、陽射しも暖かくなり、特に今年は暑いくらいの日が多かったので
ベランダへ出してやりました。
と、ここで油断した。
棒切れから、芽のような緑色が見え始めた頃、急に寒い日があって、
また棒切れに戻っちゃったんだよ
もう、完全に枯れたと思ったよ。
友人が、わざわざ取り寄せて送ってくれたバブバオ、申し訳なくて、
謝らなくてはと思いながらも、未練がましいテラスに置いて水をやっていたら
何と、芽が出て来たんですよ
棒切れの頂上から、上へ向かってぐんぐんと。
乾季には、幹に蓄えた水分で冬眠するらしいから、強いんだね。
この分で行けば、去年より一回り以上大きく成長してくれそう。
気を抜かずに育てねば
コメント

リハビリ中

2017-07-28 | 野生動物救護
ワンコ連れのプチ旅行に出かけようとしていた矢先、のらくろママさんからが。

「鳥が、落ちてる~ 蹲ってる~~~


聞いてみると、スズメより大きくて、黄色い羽が生えてる・・・・

最初、鳩の幼鳥かと思ったのだけど、嘴は尖ってる。
てことは、鳩じゃないな、野鳥だろう・・・。

とにかく、すぐ行くよ、と伝えてを切ると、折り返し写真が届きました。





アオゲラ


仕事場の敷地内の壁とフェンスな間に、どうも朝から落ちていたらしい。
彼女の耳に入ったのが昼頃だったので、相当長い時間、そこに居たことになる。
幸い、人の出入りのあるドアが傍にあるため、カラスや、ノラ猫が近寄らず
それ以上の被害を受けることは無かったようだけど、一歩間違えば命取り、
見つけたら、早く言ってくれよ~

多分、どこかに衝突して脳震盪を起こしたらしく右目を瞑ってしまっていました。
蹲って居た場所が、建物の陰で、直射日光は当たってなかったけど、気温も相当高い日、
消耗もかなり酷いので、とにかく補液をしなくては。
かと言って、保全センターまでじゃ、時間が掛かってもたないだろうなあ
となったら、金沢動物園でしょう。
あそこの傷病担当の飼育員さんとは野生動物救護活動仲間で良く知ってるし、
すぐ連絡して、搬送しました。
受付で待ち構えていてくれて、獣医が補液をしてくれて、何とか命はとりとめたよ。

骨折も無く、衝突と、暑さによる消耗だけみたいなので、現在リハビリ中
アオゲラって、割と、呑気(?)で、差し餌でも良く食べるし、慣れると、
人の肩にも乗ってくるような鳥だから、リハビリでの回復も早いかも。


傷ついた野生鳥獣を見つけたら、すぐに傷病鳥獣受け入れ施設へ搬送して下さい。
自分で捕獲したり、搬送するのが無理なら、交番に連絡しても良いです。
神奈川県は、体制がしっかり出来ていて、自然環境保全センター(厚木市)、
金沢、野毛山、ズーラシア、川崎の各動物園、一部の動物病院などが受け入れてくれます。
他県でも、それぞれに担当部署はありますので、お巡りさん通してでも、
役所の関連部署に連絡取って下さい。
目の前の傷ついた命を見捨てないで下さい。


アオゲラのリハビリ、上手くいって、野生へ戻せると良いなあ
その時は、立ち合いたいな。



コメント

ワンコ達と

2017-07-27 | 
このところ、子猫にばかり時間を取られていた私、久しぶりにワンコ連れて
遊びに行って来ました。
のらくろママさんからの突然のお誘いだったけど行って良かった。
私も、ワンコ達も(多分)、すごく気分転換出来ました。


最初に訪れたのが、八ヶ岳南麓、清里にある萌木の村
ご本家、清里は、何か寂れてしまって、ぱっとしないけど、
萌木の村は、コンサート会場があったり(近々、バレー公演があるらしい)
こじゃれたお店があったりして、楽しめます。









ワンコ達も、いっぱいお散歩出来るし。








《ベートーベン》さん、陣取ってますねえ








《佳那》は、ママのスリングエプロンの中がお気に入りだよね。






残念だったのが、「バードショップ」さんが、お休みだったこと。
このお店で売っているバードストライク防止用のシールがお気に入りで
通販で手に入れて、何枚か持っているんだけど、お店見たかったなあ。
また行くぞ~





でも、猫好きには堪らないお店、「ル・シャ・デ・ボワ」で、い草スリッパを
買って来ました。






そして、木曽の宿場町、奈良井宿
山間に、昔ながらの街並みが続き、漆塗りの工芸品を扱う店が並びます。









だが、暑かった

ちょうど昼過ぎってこともあって、日陰も少ないし、風もあまり無いんだよ~
近頃の陽気って、何かおかしい
それでも、ワン友さんの別荘に泊まらせて頂き、楽しんだプチ旅行、
のらくろママさんとは美味しくお酒を飲み、おしゃべりに花が咲き
例のごとく、野菜やら、果物やらを沢山買い込んで、大満足の私、
秋になって、涼しくなった頃、もう一度行きたいな。




コメント

いやに、静か(^ ^);

2017-07-25 | 保護猫
新しいお家の都合で、最後まで我が家に居た《グレチビ》、
今日、お届けしてきました。





初めて会った日に、名前も《ミミ》に決めていて、今日を待ち焦がれていて
下さった里親さん、初めての猫飼いで、あれや、これやと準備をする
楽しさも充分に経験してもらって、満を持してのお引越しです
猫飼いの楽しさ、奥深さは、まだ、まだ、これからですよ~
いっぱい楽しんでくださいね。
よろしくお願いしますm(__)m


で、今の我が家・・・・・やけに静か

突然、子猫が4匹現れ、3匹になり、2匹になり、1匹になっても
どこかで鈴の音が聞こえ、一緒に遊ぶ大人猫がいて、それを追いかける
ワンコがいて、と賑やかだったのが噓みたい
まあ、今日くらい、のんびり寝ようかね。
コメント

《茶トラ》、トライアルへ

2017-07-18 | 保護猫
ちょと遅れて保護して、フーシャー猫だった《茶トラ》、トライアルへ行きました。
子猫にとって、保護が遅れた4日間って、怖さとか、警戒心とかを身に付けるのに
充分なのか、とにかく怖がりで、手も、口も、足も出る子でした。
確かに、最初の3匹も、シャーとは言ったけど可愛いもんで、
あっと言う間に陥落したんだけど、《茶トラ》は、結構頑張ったよ
まあ、男の子ってこともあるし、草むらで追いかけられて、逃げ惑った時の
人間に対する恐怖心が忘れられなかったのかもね。
だから、人にも、大人猫にも、ワンコにも慣れるのに、保護して2週間も掛かってしまった。



でも、そこは子猫、一度慣れたら、後は、あっと言う間だわ






《エンジェル》に遊んでもらい(多分、この2匹、姉弟だと思う)






毎日が運動会





今回、トライアル期間を設けたのは、里親さんが、3か月半くらいになる
先住の猫ちゃんとの相性を心配したからです。
私的には、同じ年頃の相棒がいるのが《茶トラ》には望ましいと思い、
話しを進めさせて頂いたのだけど、里親さんは多頭飼いが初めてだと言うことで
万が一を考えての申し出でした。
子猫達のことを考えてのこと、それだけ真摯に向き合ってくれてのこと、
私に異存などあろうはずがありません。
そもそも、私は、里親さんにお預けする時、いつも言い聞かせてます。
「いっぱい、いっぱい幸せになるんだよ。 そして、もし駄目だったら、
 いつでも預かりママのところに帰っておいで」
生き物と暮らすのに一番大事なのは、自然体であること。
人が無理をしてもいけない、もちろん他の子達に無理をさせてもいけない。
流れるようにお互いが溶け込めて、普通に暮らせる、
そうあって欲しいと思うのです。


と言う訳で、フーシャ猫改め、可愛い《茶トラ》、預かりママの手に沢山の傷跡を残し
トライアルに出発しました。





コメント