ライラと仲間たち

いろいろな生き物と暮らす楽しくて大騒ぎな日記です。

最近のお気に入りは?

2013-05-29 | 小動物
久々登場のフルーツコウモリの《マイケル》、
相変わらず、愛嬌のある可愛いお顔をしています





ちらっと振り向くお顔も、色っぽくありませんか?
見返り美人?

否、男の子だから、見返りイケメンか





な~んて、親馬鹿なことを言っておりますが、《マイケル》君、実は食べ物に
結構、うるさいです。

冬の間は、大好物の柿があったので良かったのですが、4月に入ると
さすがに真空パックの柿も店頭から姿を消し、さあ、どうしよう

苺、マンゴー、パパイヤ、キウィ(しかも、ゴールデン)と色々試したんだけど
どれも、今一



で、やっと見つけたお気に入りは、

      ↓
   
      ↓

      ↓

      ↓ 





そう、メロン

しかも、果肉が完熟して、フルーティなメロン
マクワウリ(古い?)みたいなシャキシャキしたのは、あんまりねぇ~って感じ

おい、おい、我が家を破産させる気かよ~


バナナとリンゴを混ぜて、一晩で、このくらい食べます。
なるべく、バナナを大目にしてるんだけどね





これからは、スイカも出てくるので、食べてくれると良いなあ。

基本的に甘くて、ジューシーで、歯応えもあるものが好きみたいです。
歯応え・・これも大事なんですよ。
単にジューシーなだけじゃ駄目、口の中で、くちゅくちゅやるのが好きみたい


と言うわけで、我が家へお食事にいらしたお客様には、
もれなく、メロンのデザートをお付け致します

《マイケル》の、お余りだけどね





         「いつでも来いよ! メロンあるぜ~」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

由比ガ浜で犬の譲渡会

2013-05-27 | 
晴天に恵まれた日曜日、鎌倉由比ガ浜、「鎌んど市場」で開催された
Pooch Dog Rescueの犬の譲渡会に参加してきました。

我が家でお預かりの保護犬《きららっち》も、前日、しっかりシャンプー・カットして
可愛いリボン付けて、スタンバイです。





当日は、朝早くから、スタッフの方々は、準備に大わらわです。





啓発用パンフや、チャリティグッズも展示して準備完了。





ワンちゃん用の特設ケージも出来上がり、みんな中で、大はしゃぎだよ





でも、ケージの中ばかりじゃ、嫌だよね。
せっかく、広い芝生の海浜公園に来たんだもの。
海風の匂いを嗅いで、《きららっち》も楽しそう








写真撮影の予約をしている《ライラ》も、おめかししています





体調を考えて、ちょっと離れた場所で《ライラ》も、お散歩です





《ライラ》と《きららっち》、この2匹、結構仲良いんですよ。
同じ種同士って解かるのかしら?
気難しい《ライラ》ですが、シーズーにだけは、寛容です





広場全体には、おいしい食べ物や、素敵なグッズのお店が立ち並び、
人が溢れてました。
お昼に食べた、エスニックカレーと、黒糖レモンジュースが、美味しかったあ
(写真、撮り忘れたけど・・・)




可愛い小物の、お買い物も、ちょこっと。



シーズー柄のグラスって、見かけたことなかったので、思わず買ってしまった
壁掛けは、いつも使う《ライラ》と《きららっち》の目薬や、ブラシなどが、
すぐ取り出せるように入れておくのに便利かと。
棚の上なんかに、ポッと置いておくと、イタズラニャンコどもに、
必ずどこかに持ち去られるんだよね


Pooch Dog Rescueのブースへも、沢山の方にお立ち寄り頂き、
保護犬とのお見合いも何件か決まりました。
嬉しいです。

人間の勝手な事情、エゴで放棄された子達、
それでも、人が好きで、人を信じている子達
いろいろ問題を抱えた子もいるけど、どの子も、かけがえの無い命であることに
違いはありません。

これから、進めるお見合いが、どうぞ上手くいきますように。
新しい家族が決まりますように。
残念ながら《きららっち》には、お話はなかったけど、
今回縁が無かった子達にも、どこかに、きっと本当の家族として
受け入れてくれる人が居ると、信じてます。


夕方には、乳腺腫瘍手術で入院してた《ミモ》を迎えに行かなければならなかったので
最後まで残れず、早目に、引き上げましたが、初めての譲渡会、
《きららっち》も、相当疲れたみたいです。
夜は、イビキかいて爆睡してました
そして、私はと言うと、腕が日焼けで、凄いことに
顔はガードしてたんだけど、腕は忘れてたあ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

譲渡会参加します!

2013-05-24 | 
今週末に開催される、Pooch Dog Rescueさん主催の譲渡会に
我が家の預かり犬《きららっち》も参加する予定です。

日時:5月26日(日)9:00~14:00(当日の天候により短縮・延長の可能性あり)
     ※雨天中止

場所: 鎌倉市海浜公園 『鎌人いち場』会場内にて
    (住所 鎌倉市由比ヶ浜4-7-1)

    交通アクセス
    ☆江ノ電・和田塚駅より徒歩5分
    ☆JR鎌倉駅より徒歩15分
    ☆国道134号線沿い 地下駐車場(有料)有り


美味しい食べ物、飲み物のお店が出店し、楽しいイベントがあり
フリーマーケットもあります。
お天気も良いようなので、鎌倉由比ガ浜の海風に吹かれながら
保護犬たちに会いに来て下さい。

《きららっち》を始め、12匹のワンちゃんが参加予定です(詳しくは→こちらを)


と言うことで、今週末は大忙しだな。

今回は、会場で写真家Inumaruさんに、《ライラ》の写真を撮っていただくので
《ライラ》も可愛く変身させなきゃいけないし、
もちろん《きららっち》も、念入りにシャンプーして、カットしなきゃね。
しかも、土曜日は《ミモ》の乳腺炎の手術だし、飲んでる暇ないなあ

よ~し、頑張るぞ~


なので、お時間のある方、是非いらしてください。
そして、保護犬のこと、もっと、もっと知って下さい。





      「あたし、変身するよ。可愛いと思うよ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つまらないと言いながら(^ ^);

2013-05-23 | 爬虫
「今年の東レプは、つまらなかった」なんて、言いながら、
お買い物は、しっかりして来たんですよね
ただ、ここ2~3日、ワンちゃんのことでガタガタしてたので、
落ち着いて写真も撮ってないです。

例のごとく、運命の出会い~と勝手に言って連れ帰ったのが、この子
ペイントアガマの、多分♂です。





最近、あまり見かけなかったので、山積みのプラケの下に居るのを見つけ、
思わず、「お~
でも、そこは、ぐっと押さえ、さりげない風を装って値引き交渉を
結構、お安くして頂きました


フトアゴをスリムにしたような感じかな。






そして、一目で気に入ったのが、この素焼きのシェルター。
張り付いているヤモリが、可愛い






少し、小さいかな? とも思うんだけど、取りあえず両者を併せると、こうなります。





急拵えのケージですけど、フェア会場でバスキング出来なかった分、
思いっきり浴びてますねえ






と言うことで、まだ名前も考えてません
この顔から、何となくイメージは沸いてるんだけど、まあ、落ち着いてから考えることにします。





それと、レオンさんオリジナルのクリアファイルも買ったのだけど、
写真撮り忘れてる
こちらも、後程。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

預かり犬、《きららっち》

2013-05-22 | 保護犬
我が家で、お預かり中の保護犬《きららっち》、自分のペースを掴んできました。
シーズーって、もともとマイペースなところがあるので、
毎日、黙々と探検し、納得したようです。
ごちゃごちゃと居る家なのに、合格点を頂き、《きららっち》ありがとね






玄関の段差くらい、かるく上り下りします。
《ヨン》なんて、まだ、へっぴり腰で、出来ないのに






お散歩も大好きですよ。
引きもなく、上手に歩けます。






途中で、近所のお兄さんに会ったので、《きららっち》と触れ合ってもらいました。
たま~に、男の人は駄目・・って言う子がいるんですが、これもクリア、
てか、すりすり和んでた






トイレも完璧、我が家へ来て、一度も失敗してないです。
普通は、慣れるまで、失敗するんだけどね。
そういうところも、マイペースかな





我先に膝に乗ってくるとか、ベットに潜り込むとかは今のところしません。
多分、今までそういう経験が無いので、わからないのだと思います。
それと、我が家の、お膝争奪戦は、もの凄いからね
しかも、絶対譲らない《ライラ》も居るしね
でも、人間大好きな《きららっち》、甘ったれ犬への変身は、すぐだと思うな。


と言うことで、《きららっち》、Pooch Dog Rescueさんから正式に里親募集します。

ただ、前回も書きましたが、この子は体調面で、いろいろ問題を抱えてます。
心臓に雑音がある、僧帽弁閉鎖不全症は、経過を観察する必要があります。
KCS(乾燥性角結膜炎)は、生涯、目薬と塗り薬が必要です。
膝関節脱臼も、注意が必要です。 
マラセチア皮膚炎とニキビダニ症(Domodex injai)完治のための週2回シャンプーは
まだ2ヶ月は必要だと思います。
それと、避妊手術ですが、私の判断で見合わせております。
と言うのは、恐らく帝王切開と思われる創傷があるため、年齢的に考えて
子宮も摘出されている可能性があるからです。
我が家の《ミモ》と、その姉妹にも同じような創傷があり、ヒートを見極めてから
手術をすることにしたのですが、結果としてヒートは無く、
摘出されていたと言う経験があるからです。
そうでなくとも、推定年齢8~10歳、全身麻酔は出来るだけ避けたいです。
開けましたは、ありませんでした、ってことになってはねえ

以上、文章で書くと、ものすごく大変に思われてしまうけど、犬を飼うということ、
生き物を飼うということは、多かれ少なかれ、何かしらの大変さを伴うものです。
生まれたての子犬を飼っても同じです。

生き物と暮らすことは、命を預かること
 
それがお分かり頂ける方に里親になって頂きたいと、私は思ってます。





一度、信頼関係を築いてしまえば、目薬も、大人しく、ちゃんとやらせてくれます。
そして、この大きなキラキラ光る目で、見つめてくれる癒しは、何にも勝ります
こんな《きららっち》と暮らしたいと言う方、いらっしゃいませんか?
ご連絡、お待ちしております。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加