日記

楽しい行動を書きとめる

東北・震災地を訪ねて

2014-06-28 | 日記
<2014.06.25~27>

レ大32期地文科の今年の旅行は、2泊3日で「東北・震災地」を訪ねました。
飛行機で神戸空港から仙台空港に向かい、震災地、及び観光地をバスで巡回しました。


<6月25日>
仙台空港からバスで、浸食された巨岩、美しい渓谷美の「厳美渓」を訪れました。 ここは対岸からロ-プウェイに乗ってやってくる「空飛ぶダンゴ」が有名です
<厳美渓>                            <空飛ぶダンゴ>
 
陸前高田市の大規模な復興工事現場、及び震災からの復興を象徴するモニュメントの「一本松」を見学          <復興工事現場> 
 
<モニュメントの一本松>
 
一泊目は砂浜と松並木が美しく、寄せる波はあっても返す波がない「片寄せ波」で有名な浪板海岸の旅館で宿泊
<旅館からの眺望>                        <浪板海岸の日の出>
 
<6月26日>
「三陸鉄道リアス線」も震災の被害がありましたが、現在は全面復旧して、田老駅~田野畑駅の乗車体験をしてきました。
<全面復旧した三陸鉄道北リアス線>                <乗車体験証明>
 
岩手県田野畑の北山崎を訪ねました。「やませ」と言われる風や霧の発生しやすい断崖絶壁の景勝地
<北山崎展望台からの眺望>
 
久慈市では、NHK朝の連続テレビドラマ「あまちゃん」のロケ風景等が展示されている「あまちゃんハウス」を訪ねました。
<あまちゃんハウス>                      <展示風景>
  
二泊目は秋田県鹿角市の美人の湯で有名な湯瀬温泉の旅館で宿泊
<6月27日>
東北自動車道を南下して世界遺産に登録されている、平泉中尊寺へ
<中尊寺>                           <本堂>
 
変化に富んだ島々、その美しい景観・松島湾遊覧も楽しみました。瑞巌寺は平成の大修理中のため拝観できなかったが、松島のシンボルである赤い太鼓橋の架かる五大堂を拝観。
<松島湾遊覧>
 
<瑞巌寺>                           <五大堂>
 
仙台空港で、名物「牛タン料理」を食べて21時20分、無事神戸空港に着きました。
震災地は復旧工事一色で、いつ完成するのか気も遠くなるような大規模な工事です。震災地に一人でも多くの観光客が来ていただけるのが一番うれしいと松島湾遊覧のガイドさんの話もありました。
私達には何もできないが、喜んでもらえていい旅だったな~と思いました。
 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加