Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

フォアリベロ(3/31日本対ウズベキスタン)

2015-03-31 22:29:53 | ワールドサッカー
今日のウズベキスタン戦、5-1の完勝を見せた日本代表は、ハリルホジッチ監督の最初の公約である親善試合の2連勝を達成しました。結果だけでなく、内容や選手の使い方なども有意義な2試合でした。

最も有意義だったのは、戦術的なオプションを出したことです。それは後半頭の今野out水本inの交代で明らかになりました。水本をCBに入れて森重をボランチに上げるとアナウンサーは予想していましたが、実際は水本をそのまま今野のいたボランチに入れてきました。

水本は広島でも、あまり上がらない堅実なタイプのCBとして知られており、この起用については大いに驚きましたが、解説の城彰二氏の指摘で理解できました。それは、ハリルホジッチがアルジェリア代表で実行した采配に同じパターンがあったからです。それは、相手の4-2-3-1に勝てるための戦術として、ボランチにあえてCBタイプを置き、相手のトップ下がFWの位置と入れ替わる動きにマンツーマンで付くという狙いです。

こういう「フォアリベロ」という考え方は、一見アギーレ前監督と似ていますが、アギーレ時代のアンカーはボールを散らす攻撃の第一歩としての性格が強いボランチでした。しかし、ここにCBタイプを置くことで、ボランチからの展開はある程度捨てても、相手の4-2-3-1に数的優位を保つ考え方は面白い考えでした。

また、ミドルシュートを積極的に狙えという指示が、すぐにボランチ青山のゴールという結果に表れたことも素晴らしいです。この青山のシュートは非常に難易度の高い、遠目のシュートでしたが、うまく抑えて打つことができました。それ以外にも、香川や乾なども意欲的にシュートを狙い、日本代表はどこからでもシュートを狙う意欲があることは大いにアピールできました。

もう一点は、代表に招集した選手のほとんどに出場機会を与えたことです。ザッケローニ元監督が、戦術を固定するタイプの監督で、招集されても出番のない選手が多かったですが、今回の親善試合は交代枠が6人と多かったことを活用して、多くの選手が出番を与えられ、宇佐美、川又は代表初ゴールを決めてみせました。

6月にはW杯2次予選が始まり、いよいよW杯を目指す長くて苦しい戦いですが、少し光が見えてきた、そんな気分になった親善試合の2試合でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の誕生日

2015-03-31 20:26:06 | 雑記
今日は母の誕生日です。ありがたいことに母は元気なので、埼玉スタジアムのレッズ戦も時々一緒に見てくれます。母は鋭い感性と観察力があり、息子の私はかなわないなと思うことが何度もあります。よく、一緒に散歩に出かけますが、田島ヶ原でも先に桜草を見つけるのはいつも母です。

そういう、みずみずしい感性を、息子の私には警戒せずに見せてくれるのはありがたいです。私がコンパクトデジカメで撮った写真も、いつも喜んで見てくれます。その感性があれば、ブログはきっと書けると思いますが、母はパソコンについては電源の切り方もわからないほどの機械音痴で、興味を示したことはありません。

母はくじ運の強さを持っています。近所の福引きを何度か当てて、自転車や秩父の温泉旅館の宿泊券、荒巻鮭をもらっています。私にとって最大のものは、2002年ワールドカップのチケットを当ててくれたことです。

母のおかげで、私は埼玉スタジアムのワールドカップのイングランド対スウェーデン、日本対ベルギーを生観戦することができました。当時、私は病気を抱え苦しんでいましたが、少しでも元気になってくれるならと、一枚しかなかった日本代表戦のチケットを喜んで譲ってくれました。

親孝行は、なかなかできていないと思います。散歩に一緒に行くことや、大きな街に出かけるとお菓子をお土産に買って帰るくらいです。病気でいろいろ心配をかけていたので、この程度では穴埋めにはなっていませんが、親孝行と言えるかどうかわかりませんが今の私には元気が戻ってきました。

そんなアクティブな自分には、母は半ば呆れていますが、それでも元気な方がきっといいはずです。来月は彩湖エコマラソンを走るなど、完全に復活した自分をもっと見て欲しいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧芝離宮恩賜庭園

2015-03-30 21:58:09 | 雑記
昨日、記事にした東京バンテアンクルーズの前の時間を使って、浜松町駅前にあった旧芝離宮恩賜庭園を見ています。ビルの谷間の庭園風景には、外国人観光客がいっぱいで、彼らにとってはこういう日本庭園の雰囲気は新鮮なのだろうと感じました。パンフレットを取り損ね、いわれなどはわからないので、写真の羅列で勘弁してください。







庭園の真ん中に小高い丘があります。



丘の上からの写真です。ビルが池に映ります。











明日は浜離宮恩賜庭園の予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六義園の桜

2015-03-30 18:57:54 | 雑記
駒込にある、六義園に夜桜見物に行ってきました。六義園は幕府に仕えた側用人柳沢吉保が作った庭園です。江戸中期はこの庭園で諸大名を接待したと聞きますが、江戸末期は荒れていて、三菱財閥の創始者、岩崎弥太郎が再興したと案内板にありました。ものすごい人でごった返していましたが、見に行った価値はありました。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウズベキスタン戦プレビュー

2015-03-29 21:33:51 | ワールドサッカー
今週の火曜日、日本代表は東京・味の素スタジアムでウズベキスタン代表と親善試合を戦います。ほとんど情報を持っていなかったチュニジアとは違い、ウズベキスタンはアジアカップの映像を見ているので、だいたいどういうチームかのイメージは持っています。

ウズベキスタンは高さもパワーも持っており、アジアの平均的な国が相手ならパワーで潰せる豪州が唯一潰せない相手です。選手の潜在能力は非常に高いチームですが、弱点も比較的はっきりしています。

その弱点は、前に人数をかけすぎることです。アジアカップの時点では、1トップのキープ力に課題があり、前でボールを持とうと、アフメドフ、ジェパロフ、カパーゼといったMF陣がどんどん上がっていってしまうので、カウンターを食ったときに後ろでカバーする選手がハイダロフ一枚になってしまうという、わかりやすい欠点が見られました。

もちろん、ハイダロフの能力は高いので、ハイダロフが処理したプレーも多いですが、ウズベキスタンに勝つことだけを目標にするなら堅守速攻がいいというイメージです。もっとも、この試合は代表強化のための親善試合ですから、それをハリルジャパンがやってくることはないと思います。

この試合も、チュニジア戦同様のプレッシングサッカーで、縦にスピードのある選手を走らせるサッカーの完成を目指すはずです。もちろん、いろんなオプションを作りたいハリルホジッチは、きっとチュニジア戦とはメンバーを入れ替えてくると予想しています。特に、最終ラインの選手は、吉田以外はすべて違う選手が出ているのではと予想しています。

ハリルホジッチは規律に対して非常にうるさい監督として知られ、夜遊びや喫煙を理由に代表を外された選手は過去に多いという情報を得ました。ただ、日本は少年時代からある程度規律を意識してサッカーをやっているはずなので、代表に選ばれるような選手がそのような失態を演じることはないはずと思っています。

ハリルホジッチはこの親善試合の2試合を連勝することを公約に掲げています。それは実現するかどうか、新監督の手綱さばきが、この試合の注目ポイントだと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京バンテアンクルーズ

2015-03-29 19:39:15 | 雑記
今日は、会社のメンバーと東京バンテアンクルーズで東京湾のクルージングをしました。コンパクトデジカメ購入以来、カメラ小僧(おじさん?)と化している自分は、こういう普段と違うことをするときはシャッターチャンスと意気込んでいました。竹芝桟橋から出港して、お台場を抜けて東京湾に出て、羽田空港の沖で折り返すルートでした。



竹芝桟橋の広告です。

船の一番下のフロアで食事をしながらのクルージングでした。



ホテルのごとく、フロントがあります。



船室から海を望みます。



東京港のクレーンです。







羽田空港の管制塔です。





フジテレビです。



レインボーブリッジです。下をくぐるという、面白い経験ができました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テンポの良さ(野上亮磨)

2015-03-29 14:38:47 | 他スポーツ
昨日は、プロ野球の西武対オリックスをテレビ観戦していました。オープン戦を見ていない私ですが、今年の西武は打線が期待というのが埼玉新聞の情報です。投手陣は、岸と菊池が負傷で出遅れていて苦しいですが、開幕から浅村、中村おかわり君、メヒアが揃っているのは好材料です。

交流戦のDHなしの試合では、メヒア一塁、浅村二塁、中村三塁のギャンブルをやる可能性もある(メヒアの一塁手がうまくないため)と思っていましたが、まさか開幕からそのギャンブルが実現したのは驚きました。そこまでして、DHで使いたい選手は昨年デビュー戦から3試合連続本塁打の記録を残した森友哉捕手です。

この試合は、その森の活躍で2-0で西武が勝ち、田辺監督の采配は当たりました。しかし、もちろん最大の勝因は先発投手の野上の好投です。野上は、一昨年11勝7敗、昨年8勝10敗と、安定して先発ローテーションに入れる投手に成長してきました。

野上はストレートの球速は140km出るかどうかで、プロのレベルでは速い方ではありません。ただ、彼は投球のテンポが良く、打たせて取るリズムがあります。新人時代に、負けているゲームでロングリリーフで登板し、打たせて取って4イニングをゼロに抑えて試合を作った活躍は覚えています。

昨日は、特に右打者の外角低めいっぱいに決まるストレートが冴えていました。打者にはボールに見えるようで、見逃し三振を大事なところで取れた野上の勝利は必然でした。課題だったリリーフも、増田が8回、高橋が9回を抑え、形を作りました。

高橋の抑えは、昨年も20セーブ以上を挙げてある程度信頼できますが、増田の8回は昨年の防御率が3点台と、まだ安定していません。増田は社会人野球のNTT西日本時代では抑えだった速球投手で、プロには中継ぎや抑えをやるつもりで入団してきました。

この増田に計算が立つようになれば、昨日の試合でもやったように、無失点の野上を7回でスパッと替える采配が可能になります。ギャンブルの内野陣をバント戦法で揺さぶってくる相手もいるかもしれませんが、開幕から2戦2勝はいい気分です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝ドラ「マッサン」終わる

2015-03-28 21:56:50 | 雑記
今日、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」が最終回を迎えました。昨日、主人公亀山政春の妻、エリーが死に、最後は回想シーンで終わりました。このドラマを見ようと思ったきっかけは、主題歌の中島みゆき「麦の唄」です。この主題歌が、通勤の途中のお店から聞こえてくるので、どんなドラマだろうと思って録画したのが見始めです。

印象的な場面は、最初の頃です。エリーを母、早苗に紹介した政春は、激しい反対に遭います。そこで、早苗が「後生だから帰っておくれ」とエリーに言い、エリーは帰国の準備を始めて馬車に乗ります。そこに、政春が追いかけて馬車を止め、エリーに向かって「わしはエリーのいない人生は考えられないんじゃ。」と言う場面です。

その後は大正の昔の国際結婚という、稀な例だけにいろんな苦労がありましたが、大阪編ではキャサリン、北海道編ではハナと、必ずエリーさんの理解者が現れてピンチを乗り切る、人間の強さを見せたドラマでもあります。このドラマは、モデルになる人物がおり、ニッカウイスキー創業者の竹鶴正孝と妻リタという、実際に国際結婚した人物です。

養子のエマ、悟にはモデルがいて、実話ではリマ、誠ですが、キャサリンや熊さん、ハナや俊夫などのわき役陣は実際の人物はいないフィクションです。それでも、日本にウイスキーという文化がなかった当時や、戦争でエリーが苦しんだ姿などは、非常にビビッドに描かれていました。

また、実話ではリタさんは大阪の帝塚山学院小学校の教師をしていましたが、それはドラマでは表現しにくいという理由で、エリーはキャサリンの教会で子供に音楽を教えたという設定に変更になっています。エリーが、大正の昔に政春の失業で仕事を探し、看護婦を目指すものの聴診器という日本語がわからずに不採用という場面もありました。

エリーさん役のシャーロット・ケイト・フォックスにとって、セリフのほとんどが日本語という、このドラマは大きな挑戦だったと思いますが、しっかり演じ切ってくれました。彼女のこれからの飛躍を期待して、私はまたいつか、熱中できる朝ドラに会いたいという思いです。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

別所沼公園散歩

2015-03-28 20:47:45 | 埼玉
今日は好天に恵まれ、近所の別所沼公園と花と緑の散歩道を散歩しました。桜は写真にしにくい花で、背景が快晴の綺麗な青空でないと、なかなかコントラストが取れずいい写真になりません。そんな、あまり良くない写真でありますが、こういうものは残しておくことが大切と、撮った写真を紹介します。











花と緑の散歩道です。



ビオラです。







雅桜(みやびざくら)です。



オオイヌノフグリです。



ユキヤナギです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベン・ハティラを生かす(チュニジア代表)

2015-03-28 13:18:04 | ワールドサッカー
私が、チュニジア代表のメンバーを調べようとした理由は、相手が遠い日本までベストメンバーを送るかどうかが疑問だったからです。昨日、チュニジアのメンバーを見ると、その心配は不要でした。ドイツのヘルタ・ベルリンで細貝や原口とチームメイトのトップ下、ベン・ハティラ(10番)やフランスリーグの名門モナコでレギュラーのCBアブデヌール(3番)の名前もスタメンにありました。

理由は二つ考えられます。一つは、FIFAが設定する国際Aマッチデーが、今年から過密日程を解消するために11試合から9試合に減らされたことです。必然的に、メンバーを落とすような無駄な試合をしては時間がもったいないことになります。9試合の国際Aマッチデーは、ほぼ全試合ベストメンバーだろうと想像はできます。

もう一つの理由は、チュニジアが日本だけでなく、中国とも親善試合を組んでいたことです。遠くから日本に来るような相手国は、日本に来るついでに、韓国か中国と親善試合を組んで2試合こなすと、ベストメンバーを送りやすくなります。

チュニジアの戦術は、オーソドックスな4-4-2でした。ベルギー人のレーケンス監督が率いるチームですが、やり方はベン・ハティラシステムと言える流動的な中盤でした。ベン・ハティラはスピードより技術で勝負するMFなので、サイドハーフに固定するより、いろんな位置に動いてタッチ数を増やした方がいいというレーケンス監督の判断でしょう。

ベンハティラが動くと、それに合わせて15番が逆サイドに動いてバランスを取っており、チュニジアが速い攻撃をベンハティラを軸に進めようとしていることは理解できました。また、アブデヌールもいい選手でした。彼はウイングからCBに転向した選手なので、スピードがあります。

ゴール前で武藤がフリーになった決定機に、アブデヌールがぎりぎり足を出してシュートブロックした場面を見て、なるほど元ウイングかと納得しました。弱点があるとすればSBでしょう。サイドの裏は日本にとって狙いどころという指示があったらしく、SBが戻り切れない場面での速攻が日本のチャンスの多くを占めていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加