Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

もはや格下戦術ではない?(コスタリカ対ギリシャ)

2014-06-30 18:28:07 | ワールドサッカー
NHKのスポーツニュースで、元日本代表戸田和幸氏が今回のW杯を「トランジションサッカー」と表現していました。カウンターよりは積極的で、攻守の切り替えの早さで勝負するサッカーを指します。このサッカーは最初に見たのは5バックのコスタリカで、格下戦術と思っていました。

しかし、チリ、ウルグアイ、オランダら強豪チームがこの手を使った事実を見ると、もはや格下戦術ではないという印象を受けます。一見守りの戦術のような5バックですが、実は攻め方の方が重要です。確かに最終ラインが5人なら、プロレベルなら相手のスペースを消せますが、守ってばかりでは持たないことは1998年フランスW杯の岡田ジャパンで明らかになっています。

この戦術で重要なのはボランチです。ボランチが的確なポジションを取り、確実に攻守をつなぐことがこの戦術を成功に導きます。コスタリカの場合は5バックの両サイドが攻撃のときに上がる約束になっていて、エリア内に決定力のあるキャンベルとルイスが揃うことで、少ないチャンスをものにする戦略です。

このサッカーで勝つにはセットプレーの強さも重要です。セットプレーはうまく相手を出し抜けば1点取れますから、リードして守りながら、ボランチが機能して時間を使えば勝利に近づけます。今回コスタリカは8強という結果を残したので、世界から大きく注目を集めるでしょう。中米の小さな国ですが、サッカーは戦略が大事という好例です。
コメント

西武青ユニの思い出

2014-06-30 08:11:45 | 他スポーツ
昨日までの西武対ソフトバンク3連戦では、西武が1979年から1995年まで着用した全身青のビジター用ユニフォームを復刻して試合をしました。もちろんビジター用ですから、本拠地西武ドームでこのユニフォームを見るのは初めてです。

このユニフォームは西武が強かった時代のユニフォームです。当時、広岡監督で日本一2回、森監督で日本一6回とまさに黄金時代でした。交流戦がなかった当時は、セリーグの球場にこのユニフォームが登場すると、相手が「日本シリーズだな」と実感したエピソードもあります。

このユニフォームの記憶では、秋山幸二氏(現ソフトバンク監督)のバック宙ホームインが一番大きいです。1986年の広島との日本シリーズ第8戦で、ホームランを打った秋山が、チームを盛り上げようとしたパフォーマンスは、「あの真面目な秋山が面白いことをやった」とチームメイトが驚いたエピソードです。

それでも、昔のことは美化されがちなので、このユニフォームだから縁起がいいとは思っていません。栗山キャプテンが言うように、今のユニフォームで勝って縁起のいいユニフォームにするのが本来の姿です。また、勝つところを見に西武ドームに行こうと思わせて欲しいです。

P.S.応援団の歌まで黄金時代を復刻していたのは楽しめました。あれは石毛だ、平野だ、辻だと振り返るきっかけになりました。
コメント

ロドリゲス対決(6/29コロンビア対ウルグアイ)

2014-06-29 20:28:49 | ワールドサッカー
今日は雨模様で外出を控え、自宅でW杯決勝トーナメント1回戦の試合をビデオで見ていました。カードはコロンビア対ウルグアイの南米同志の対戦で、南米はW杯予選が総当たりなのでよく当たる相手です。この試合のポイントは「ロドリゲス対決」と予想していました。4得点のコロンビアMFハミス・ロドリゲス(10番、以下Jロドリゲス)と、ドリブルでアクセントをつけるウルグアイMFクリスチャン・ロドリゲス(7番、以下Cロドリゲス)の中盤対決です。

今回のW杯では、5バックを使うチームが多いのが特徴です。私が確認した範囲でもイタリア、コスタリカ、ウルグアイ、チリがこのシステムを採用しています。確かに最終ラインが5人いれば、プロレベルなら相手の攻め込むスペースは消せます。ただ、このシステムを機能させるためには中盤が確実にボールを受けて散らせる技術が必要です。それができないと相手に一方的に押し込まれてしまいます。

魅せたのはコロンビアのJロドリゲスでした。相手5バックの前のバイタルエリアでボールを持ち、胸トラップからダイレクトの左足ボレーで、大会最高のゴールになるかもしれないビューティフルゴールを決めました。2点目もJロドリゲスで、左からのクロスをクアドラードが頭で落としたところに詰めて決めました。

Jロドリゲスはフランスリーグのモナコ所属で、日本ではなかなか映像が手に入りにくい存在です。そのため、じっくりプレーを見るのは初めての選手ですが、印象に残ったのは走り方の良さです。下半身が大きい、バランスの取れた体に腰がぶれない走り方を見ると、サッカーは技術だけでないものもあると改めて感じました。

Jロドリゲスがあまりにも強烈だったので、Cロドリゲスの印象は薄くなりがちですが、それでも単独で切れ込んでチャンスを演出できるドリブルは魅力的です。守りを固めて2点リードを守りに行ったコロンビアに対抗しようと、懸命に勝負した姿は印象的でした。それでも、ウルグアイはコロンビアのプレスの前に守備に追われ、フォルランやカバーニも守備の仕事が多くなって本来の決定力は見せられませんでした。

結果を見ると、コロンビアは南米予選2位、ウルグアイは南米予選5位という差が、今回に限っては出てしまったかなと思います。次はコロンビアはブラジルと当たります。ブラジル相手にJロドリゲスが活躍できるようだと、MVPも見えてくると思います。
コメント

東京証券取引所

2014-06-29 19:18:08 | 雑記
ちょっと前に社用外出で八重洲に行ったついでに、兜町の東京証券取引所を見てきました。隣には渋沢栄一が建てた日本最古の銀行の跡地(現在はみずほ銀行)という金融の街です。小さな証券会社や、意外にもブルドッグソースの本社もありました。東京証券取引所といえば私はインターネット時代の前を知っているので、大発会(年始)と大納会(年末)で大勢の証券マンが三本締めをしていた姿が印象的です。建物は石造りの重厚な造りです。
コメント

筋肉が生きる時(6/29ブラジル対チリ)

2014-06-29 14:25:57 | ワールドサッカー
今朝のW杯決勝トーナメント1回戦、ブラジル対チリの映像を見ました。この試合は延長戦でも決着が付かず、PK戦の末ブラジルが勝ちましたが、ブラジルもフッキ(7番)に何度かチャンスがあり、チリも途中出場のピニージャ(9番)がクロスバーに当てるシュートを放ち、両チームにチャンスがあった試合でした。

この試合は非常にレベルの高い試合で、日本代表より試合のテンポの速さを感じました。私が好きな選手のチリMFビダル(8番)は膝の半月板手術の影響でベストコンディションではなく途中交代しましたが、120分の可能性がある決勝トーナメントらしい消耗戦をどう戦うかの工夫は見られた試合でした。

1次リーグで4得点を挙げたブラジルFWネイマール(10番)は好機を相手GKブラボ(1番)に止められ、本領は発揮できませんでしたが、この試合で目立ったのはブラジルMFフッキでした。フッキはJ2の東京Vでプレーして、日本で成功のきっかけを作った選手です。

当時のプレーは味の素スタジアムで見たので覚えていますが、周りの日本人は誰も信用せず、個人技でどんどん持っていくFWでした。東京VからFCポルト(ポルトガル)、ゼニト(ロシア)と移ってワールドクラスになっていきましたが、今はチームプレーも覚え、チームのために犠牲になれるMFになっています。

フッキが戦う延長戦は初めて見ましたが、延長戦に入っても運動量が落ちないことに驚きました。J2時代からフッキは驚異的な筋肉が有名だった選手で、チームメイトだった土屋(現甲府)が「シャワーを浴びるとすごいから、野々村さん入りに来てください」とジョークを飛ばされるほどでしたが、その筋肉はこういう時のために鍛えていたかとの印象です。

延長戦になるとさすがに両チーム運動量が落ちましたが、ブラジルはフッキ、チリは途中出場のピニージャと、使うべきポイントがはっきりしていて楽しめました。チリは結果はPK戦で敗退しましたが、サッカー王国ブラジルにアウェイで引き分け(PK負けは公式記録は引き分け扱い)と健闘しました。ビダル、イスラはユベントス、サンチェスはバルセロナと次第にビッグクラブの選手も出始め、これから伸びる可能性を持った国だと思います。
コメント

ドラマチックな1-0(イタリア対ウルグアイ後半)

2014-06-28 21:29:28 | ワールドサッカー
いつか見ようと思って積み残しになっていた、イタリア対ウルグアイの後半のビデオを、今日ようやく見ることができました。もちろん結果の1-0ウルグアイ勝利は知っていましたが、ビデオで確認するとこの45分間にあまりにもいろんなことがあって、楽しめた時間になりました。

この試合は勝ち点3で並んでいた両チームの対戦で、勝った方が決勝トーナメントでしたが、引き分けなら得失点差でイタリアが決勝トーナメントになる試合でした。ウルグアイは勝たなければいけないので不利でしたが、イタリアの前半の布陣がバランスが悪いとみて、プランデッリ監督はバロテッリ(9番)を下げてパローロ(18番)を投入してきました。

確かに運動量をカバーしなければいけない駒がピルロ(21番)とバロテッリの2枚いるのは厳しく、パローロはボランチのピルロの横に入ってインモービレ(17番)の1トップに布陣を変えてきました。おそらく引き分けも視野に入れた交代だと思います。セリエA得点王とはいえ前半良くなかったインモービレに頼るのはどうかと思いましたが、確かにインモービレの方がバロテッリより走ることだけは間違いありません。

これで意図通りイタリアは0-0を続けましたが、後半15分にイタリアのトップ下、マルキージオ(8番)が相手DFに足の裏を見せて蹴ったという理由で一発退場になり、イタリアは10人になります。こうなるとイタリアは引き分け狙いに絞ります。5バック気味に引いて、攻撃はカウンターで時間を使う、イタリアらしい堅守速攻を見せます。

ウルグアイのタバレス監督も、一人多くなったのを見て左SBのAペレイラ(6番)を下げてFWの11番を入れて、攻撃の枚数を一枚増やしてきます。攻めるウルグアイ、守るイタリアという展開で進んだ試合でしたが、この試合では別の理由で注目されてしまいました。

それはウルグアイFWスアレス(9番)の「かみつき事件」です。スアレスはリバプールで31得点でプレミアリーグ得点王になった実力あるFWですが、相手DFキエリーニ(3番)の肩をかむ行為は許されるものではなく、代表9試合出場停止、サッカーの活動を4か月禁止というFIFAの処分は必要でした。ただ、この事件に審判が気付いておらず即時に退場処分にしなかったことが、この試合を動かすことになりました。

ウルグアイは結局最後まで一人多い状態でプレーし、CKからのゴディン(3番)のヘディングで点を取って守り切りました。ウルグアイは勝ったものの後味は悪かったと、いろんなことがあった45分間でした。
コメント

164cmのアンカー(メキシコ対クロアチア)

2014-06-28 20:56:27 | ワールドサッカー
後半の最後だけ見て、3-1でメキシコが勝った結果は知っている試合でしたが、メキシコはブラジルと0-0で引き分けるなど評判が高いチームなので、何か秘密がわかればと思って映像をチェックしてみました。メキシコは3-1-4-2のシステムで、アンカーに164cmのバスケス(23番)を置いているところがポイントです。

アンカーは相手トップ下に勝つ必要のあるポジションですから、高さのないバスケスはどうしてもハイボールでは不利が予想されます。しかも、メキシコは半分以上国内組、エルナンデス(14番)はマンUながらあまり試合に出ていない、エースのドスサントス(10番)もスペインの下位チームのビジャレアル所属と、日本代表と比べてそれほど選手の「格」には差がありません。

それでも、メキシコは6大会連続16強、日本は2回だけと差は確実にあります。その秘密は、ラグビー用語になりますが「集散の速さ」だと思います。バスケスもそんなキーマンの一人で、体が強く競り合いに負けない、ピンチになれば自分のポジションを捨ててカバーに走れるスピードがある、味方の攻撃のときは空いているポジションを正確に取ってボールを受けるなど、地味ですが基本動作を忠実に行うのがバスケスのいいところです。

解説の清水秀彦氏も、メキシコは三角形(三人で守備や攻撃をすること)を素早く作れることを賞賛していました。そんなメキシコの強さは中盤のエレーラ(6番)とグアルダード(18番)もキーマンだと思います。彼ら二人の運動量は多く、クロアチアよりも確実に走る量を増やす戦略に大きく貢献し、グアルダードは決定的ともいえる2点目を決めています。

この試合は勝った方が決勝トーナメント進出という対決でしたが、クロアチアはモドリッチ(10番)をトップ下に置いてポゼッション率を上げる戦略でしたが、バスケスにうまく体を入れられて思うようにプレーできず、次第に下がり始める悪い癖が出てきました。頼みのFWマンジュキッチ(17番)にはほとんどボールが入らず、ペリシッチ(4番)かオリッチ(18番)が個人で突破するしか攻めの形が作れませんでした。

苛立つと空中分解するクロアチアの悪いところも出た試合で、リードされて焦って退場者を出す、クロアチアにとっては痛恨の敗戦となりました。クロアチアはブラジル相手に善戦しただけに、もう少し見たかった残念さはありますが、グループリーグは2チームしか勝ち抜けないのだから仕方ありませんね。
コメント

都市対抗野球の思い出

2014-06-28 13:28:25 | 他スポーツ
夏は富士登山などに挑戦した経験もある私は好きな季節ですが、スポーツ観戦には不向きな季節です。夏の西武ドームは風が通らず空調も不可能なことから、夏場の体育館のようなイメージです。そのため、私は元気だった90年代はよく東京ドームで開催される社会人野球の都市対抗野球を見ていました。

アマチュア野球ではありますが、想像以上にレベルは高いです。守備も堅いですし、投手交代も先発投手が悪いと見たら2回でも替えるドライさがあります。その理由に、「補強選手」という都市対抗独特のルールがあります。同じ地区で予選で敗退したチームの中から5人までチームに参加させていいというルールです。

そのため、都市対抗を見るときは選手名鑑を買うのが楽しみ方です。理由は補強選手が誰かわかるからです。補強選手がどのポジションかを見れば、そのチームがどこを弱点と認識しているかがわかります。投手中心か野手中心かでもわかりますし、極端な例では補強選手が先発投手だったり、3,4,5番のクリーンアップが全員補強選手というチームも見たことがあります。

ドラフト候補を探すのも都市対抗の楽しみ方で、社会人野球のレベルになれば落ちる変化球や投球術などは既に持っている投手が多いですが、ドラフト候補になればストレートが常時140kmを超えます。ドラフト候補は補強選手の中に多いです。古くは岩瀬(中日)、佐々岡(元広島)が補強で都市対抗に出ていましたし、最近では一岡(広島)がコンピューターの専門学校に通っているときに、補強で都市対抗に出たことがドラフト指名のきっかけになった例もあります。

私が生で見た最大の思い出は、1999年の本田技研鈴鹿対三菱重工長崎の試合です。この試合の長崎の先発は九州三菱自動車から補強した帆足(現ソフトバンク)でしたが、出来が良くなく3回途中で交代すると、リリーフに出てきたのが大分硬式野球倶楽部から補強した左腕竹下慎太郎(元横浜)でした。

この竹下が快刀乱麻のピッチングで、強打の鈴鹿打線に的を絞らせずに6回を無失点で切り抜け、長崎の勝利に貢献しました。大分硬式野球倶楽部とは何かと、思わずインターネットで検索したほどです。かつての新日鉄大分で、竹下も以前は三菱ふそう川崎にいたハイレベルな投手だということは後で知りました。竹下がドラフト指名されて横浜に入ったのは、きっとこの試合がきっかけだったはずです。

うまく日程が合えば、是非とも行ってみたいイベントではあります。
コメント

遅い球で取った連続三振(6/27西武対ソフトバンク)

2014-06-27 22:03:34 | 他スポーツ
今日は疲労気味の私にとって、恵みの「外出先直帰」で、西武ドームの西武対ソフトバンク戦を最初から最後までテレビで見る機会に恵まれました。この試合は交流戦が終わって試合の間隔が空いていて、4日間試合のなかった西武にとって久しぶりの試合でした。こういう頭の試合はエースを持ってくることが多いですが、ソフトバンクは予想通り摂津でしたが、西武はエース岸が完調でないと判断されたのか、先発には牧田を持ってきました。

摂津はカーブが武器の投手で、タイミングを外されることが多く西武にとっては相性のいい相手ではありません。ただ、今日は調子が良くなかったようで、変化球が高めに抜けたボールを西武打線に打たれて、4回までに秋山、炭谷の二本の本塁打で西武が3点を先行するいい流れの試合でした。

西武先発牧田は、下手投げでストレートがmax129kmという、相手にフラストレーションを溜めさせることが持ち味という投手で、この日もソフトバンク打線に狙いを絞らせず、5回までに内野ゴロの間に失った1点だけという、いい投球内容を見せました。この試合のポイントは6回表でした。ソフトバンク打線が牧田に慣れてきて、李大浩、長谷川、内川の3連打で1死満塁というチャンスを作ります。

追い込まれた牧田の投球術がこの試合を救います。松田には2-2からの緩いシンカーで空振り三振を取ると、柳田には逆にインコースの129kmでまたも空振り三振を取り、満塁のピンチで1点も与えずにしのぎました。牧田は良くないときは四死球で自滅しますが、この日は最悪の押し出しを免れてくれたばかりでなく、6回1失点と結果も出してくれました。

また、西武の課題であるブルペン陣もこの日は頑張りました。田辺監督は「7回を抑える投手が課題」と口にしていましたが、この日はそれまで不安定だったウイリアムスが奮起し、力で押す投球で三者凡退に切って取ると、増田、高橋とつなぐリレーで2点のリードを守り切って3-1で勝利をつかむことができました。

結果的には、牧田を6回でスパッと代えた田辺監督の采配が良かったことになります。今年こそブルペンで勝てるチームになって欲しいと思っていますが、かつての阪神の「JFK」レベルにはまだ遠いですが。
コメント

山田暢久引退試合プレビュー

2014-06-27 16:10:16 | 浦和レッズ
仕事疲れからか、今朝の韓国対ベルギーは起きられず後半の最後15分しか見ていないので、現時点ではレポートは書けません。そのため、久しぶりのレッズネタで、7/5に予定されている山田暢久引退試合のプレビュー記事を書きます。

引退試合は福田、井原、内舘と見ましたが、特に11年前の福田引退試合は今でも覚えています。あの当時は1995年に福田が得点王を取った当時のオジェックレッズを振り返る試合で、引退したバインから福田に絶妙なスルーパスが通ったり、ギドのヘディングが衰えていなかったりして楽しめました。

今回の山田暢久引退試合はギドも監督兼選手で呼ばれていますが、オジェックレッズよりギドレッズを振り返る試合になるでしょう。根拠は呼ばれているメンバーで、今回も現役対OBの試合ですが、OBチームにポンテやワシントンが呼ばれていて、山田暢久がトップ下をやっていた2006年の優勝を振り返る試合でしょう。

今回はベテランの現役選手の坪井、鈴木啓太、平川がOBチームでプレーしますし、田中達也、小野伸二という他チームの現役選手も参加します。福田引退試合では田中達也が「全力でプレーしなければOBの選手に失礼だと思った」とのコメントを残したように、試合自体は一方的になりましたが、今回はOBチームが強く、面白いので楽しめると思います。

山田暢久がどのポジションで出るかも楽しみです。現役時代は右SB、CB、ボランチにトップ下をやりましたが、主役の山田暢久が点を取りやすいように配慮すると思うのでトップ下だと思います。ポンテは昨年来日した当時はメタボ状態でしたが、もともとパスセンスで勝負する選手なので、山田暢久が動いてポンテからのパスが出ると楽しめると思います。

また、オジェックと喧嘩別れした過去があるので、二度と見られないと思っていたワシントンにも期待しています。心臓の持病が引退の理由なので、運動量は望めないでしょうが、山田暢久のパスを高いテクニックで足元に収めてくれれば私は満足です。

チケットはまだ買っていませんが、そろそろレッズに飢えてきた頃なので、たぶん埼玉スタジアムに行くと思います。中継はスカパーがありますが、生で試合を見る感覚を忘れたくないですから。
コメント