Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

最後の落とし穴(10/18浦和対大分)

2019-10-21 21:35:16 | 浦和レッズ
浦和の先週金曜日の大分戦、ロスタイムの失点で0-1で敗れるという衝撃的な結果だったので、あまり考えないように週末はラグビーばかりを見ていました。そのため、だいぶ記憶は怪しくなっていますが、大分戦の記憶を書きます。大分は3-6-1のチームで、浦和とはミラーゲームの関係で、同じポジションの選手の戦いで勝った方が勝てるゲームと予想しました。

いきなりゲームは動くかに見えました。7分に大分のシャドーの選手が意表を突いてヒールキックでスルーパスを出すと、マーカーの槙野を振り切った松本が決定的なシュートを放ちます。しかし、これは左ポストを叩き、しかも跳ね返りがGK西川のところに来るという、大分にとっては二重の不運でノーゴールになります。

これで、このゲームはうまく行っていないとみた浦和が、アウトサイドに早めにボールを出して前でボールを持とうとしてきました。しかし、この日は右アウトサイドの橋岡がU-22代表の南米遠征帰りというコンディション面を考慮されてベンチにも入らず、右アウトサイドに関根、左アウトサイドに宇賀神というスタメンでした。この宇賀神のところが攻撃面では機能せず、なかなかチャンスを作れなかった浦和は0-0で前半を折り返します。

後半になると、大分の動きが落ちてきました。大分は3-6-1と表記されるものの、多くの時間で5-4-1気味に自陣にブロックを作って浦和の攻撃を手詰まりにさせようとしてきました。しかし、浦和はCKを中心に多くのチャンスを得て、大分に14本のシュートを浴びせてチャンスをうかがいます。ノーゴールになったのは相手GK高木が当たっていたからです。

浦和にとって、負けたより痛かったのはシャドーの武藤雄樹の負傷交代です。競り合った際に手をついたプレーから肩を脱臼した様子で、もちろんプレー続行は不可能でファブリシオと交代します。ここまで、武藤、長澤、ファブリシオの3人でなんとかシャドーを使い回していた浦和ですが、この負傷で汰木を使うか、長澤とファブリシオで最後まで押し切るかしか手がなくなります。

最後の大分のゴールは、浦和にとってはリスクマネジメントの失敗でした。シュートを何本も打っていたタイミングなので、クリアボールに対する対応がミスになり、相手MFに頭でつながれるという好プレーで対応が遅れました。最後はファーサイドの後藤がフリーでクロスを頭で合わされ、浦和としては痛すぎる勝ち点0に終わりました。

今節は下位チームで敗れたチームが多かったので、降格圏との勝ち点差は4と変わらず、順位も12位と辛うじて状況の悪化は免れました。それでも、これからの広島、鹿島、川崎の3試合で最低でも1勝が必要な状況で、上位チーム相手での勝利はかなり厳しいと思われます。ACLで決勝進出の望みがあるのが救いですが、残り5試合は祈るような思いで見ることになるでしょう。
コメント

ウェールズ対フランス

2019-10-21 16:45:34 | 他スポーツ
写真はウェールズが追い上げるきっかけになるトライを決めた、アーロン・ウェーンライト(6番)です。

ラグビーW杯準々決勝、ウェールズ対フランスも見ていました。ウェールズの前評判は高く、予選リーグでは豪州を破り4戦全勝で首位通過です。これに対し、フランスは最終戦のイングランド戦が中止になったので3戦全勝ですが、敗退したアルゼンチンやトンガに苦戦しており、ウェールズ優位と予想されるのは仕方ないところです。

しかし、序盤はフランスの方が持ち味を発揮していました。フランスのラグビーは「シャンパンラグビー」と表現され、バックスを生かした展開力で勝負するチームです。その展開力の前に、ウェールズは何度も大きなゲインを許し、ぎりぎりのところで守るのがやっとの前半戦でした。フランスのキッカーのヌタマックがキックを2本外していなければ、前半で勝負を決められていた試合かもしれません。

また、フランスの良さはオフロードパス(タックルを受けながら出すパス)もあります。先日、日本代表がスコットランドを破った要因となったオフロードパスを機能させたことが、前半を19-10とリードして折り返す優位性につながります。しかし、その優位性は後半、一つのプレーで失われることになります。

それはフランス5番(バハマヒマ)の一発レッドでした。フランスが押し込もうとしたモールで、相手選手に故意に肘打ちしたという理由で危険なプレーとなり、TMOで映像を確認して退場が決まりました。これで、フランスは後半の30分近い時間を、一人少ない14人で戦うことになりました。それでも、リードしているのはフランスなので、どこまで少ない人数で我慢できるかの勝負になりました。

フランスはフランカーを一人減らす道を選び、スクラムでの劣勢を覚悟しながらラインの人数を維持してきました。これで、ウェールズはボールをキープして攻めますが、最後のところでノックオンなどの反則で攻撃を完結できず、フランスの逃げ切りが現実味を帯びてきた最後のプレーが勝敗を分けました。

フランスボールのスクラムをウェールズが押し込んでターンオーバーし、スローフォワードか微妙なパスを受けたリザーブのNo8モリアーティがトライを決めます。判定は微妙でTMOとなりましたが、トライが認められて決勝点になりました。コンバージョンをビガーが決めて1点勝ち越し、そのままウェールズが20-19で勝利しました。

4強が出そろうと、イングランド、NZ、ウェールズ、南アフリカと強豪ぞろいです。やはりW杯のような長期戦では、それなりのチームが勝ち上がっていくものなのでしょう。そこに食い込みかけた、日本代表は誇りに思っていいと思います。
コメント

取れなかったラインアウト(10/20ラグビー日本対南アフリカ)

2019-10-20 22:55:20 | 他スポーツ
ラグビー日本代表は、準々決勝の南アフリカ戦でした。結果は皆さんご存知と思うので書きますが、3-26と大差をつけられて敗れ、日本代表のW杯は準々決勝で終わることになりました。もっとも、前半だけ見れば3-5(南アフリカリード)と試合になっていました。南アフリカがノックオンなどの反則をして攻撃が途切れ、トライになりそうな決定機を逃したのが要因です。

もちろん、日本代表の守備におけるプレッシャーがそのミスを生んだという理由もあります。前半に南アフリカのプロップ、ムタワリラが日本選手を持ちあげて落とすラフプレーをしたことでシンビンになり、その1人多い10分間日本は攻めますが、PGで3点を返すにとどまりました。南アフリカがフランカーを一人減らすスクラムを組んだことで優位性を生かしたかったですが、なかなか押せなかったのも理由です。

後半、南アフリカの戦略は確実に変わりました。とにかく日本が嫌がることをやろうと、モールを押し込む手を多く使ってきました。これで日本の守備は後手に回りました。モールになるとどうしても押し込まれてしまい、日本のDFラインは下がらざるを得なくなるので、日本は自陣に押し込まれて攻めに出られない悪循環になってきます。

また、日本にとって痛かったのは、マイボールラインアウトをキープできなかったことです。相手ボールのラインアウトはなかなか取れないものですが、どうやら日本の攻撃パターンを読んだようで、リフトで持ち上げたところを手ではたきに行く手が使えました。マイボールラインアウトを5回も失った日本は、後半は攻撃で敵陣でプレーをするチャンスを逃してしまいました。

日本は、南アフリカの当たりの圧力にも苦しみました。負傷者が出てくるようになり、SOの田村優が負傷で松田と交代するなど、交代枠の多くが負傷と苦しい展開になってきました。そのチーム全体の消耗は次第にプレーにも出てくるようになり、日本が得意とする展開ラグビーを見せたくても、タックルで潰された後のボールをターンオーバーされてしまいました。

最後は、サンウルブズがいつも勝てない試合と似たような内容になってしまったのは残念ですが、それでも世界のベスト8は誇れる結果です。優勝経験もある南アフリカを苦しめたことも誇りに思って、代表選手たちのこれからの人生も輝けるものになって欲しいと思います。
コメント

豪州対イングランド

2019-10-19 23:23:18 | 他スポーツ
ラグビーW杯から、準々決勝の豪州対イングランドの映像も見ていました。豪州は予選リーグ3勝1敗の2位通過と、この強豪にしては良くない成績で、SOが固定できない苦しさが先日のウェールズ戦でも出ていました。それでも、FLにポーコック、フーパー(写真)と接点の強さを持つ選手がいるので、FW戦に持ち込みたいところです。

これに対し、イングランドは予選リーグ3勝(1試合中止)で1位通過です。このチームはバランスが良く、ウイングの速さもあればFW戦でも豪州に見劣りしない強さがあります。特に左ウイングのメイのスピードは切れ味抜群です。この試合では、立ち上がりにメイをうまく使えました。豪州のバックスに対して前から守備に行って、メイの2トライで試合を優位に運びます。

豪州のゲームプランは注目でしたが、キャプテンのフーパーは相手反則で得たFKで「ショット(PG)」を選択します。2トライのビハインドを追う豪州としてはトライが欲しいのは本音でしょうが、フーパーはPGで3点を確実に取っていけば追いつける頭があったようです。その通り、SOレアリーファノが前半でPGを3つ決めて、前半を17-9の8点差という有望な点差で折り返します。

豪州は後半の頭に左ウイングからトライを決めて1点差まで詰めます。しかし、そこからがイングランドの強さでした。イングランドはアルゼンチン戦でPGやGを4度外して不安視された、SOのファレルが復調していました。このファレルのキックを信じて、相手反則でPGを返しながら、豪州のパスをカットして大きなチャンスをつかみます。

また、豪州が得意なFW戦に持ち込んでも、イングランドの守備は粘り強くゴールラインぎりぎりでも粘れました。最後はターンオーバーしてタッチキックで逃れたり、相手のノックオンの反則を誘うこともできました。最後はイングランドにキックパスからのトライも出るなど流れに乗り、終わってみれば大差がついた試合になりました。

準決勝のNZ戦は好ゲームになりそうです。このレベルの対決はなかなか見られないので、大会No.1の好ゲームを期待して、来週を楽しみにしたいと思います。
コメント

NZ対アイルランド

2019-10-19 23:02:45 | 他スポーツ
ラグビーW杯準々決勝、NZ対アイルランドをテレビ観戦しました。アイルランドとしては得意なFW戦に持ち込み、NZが誇るバックスの力を出させない展開にするのが狙いだったでしょう。アイルランドは守備力のあるチームなので、ゴールラインぎりぎりまで押し込まれても粘れるチームですが、NZはそれを上回る技術を出しました。

NZの強さを語るには、「タッチライン際の強さ」「誰もがSOになれる展開力」「誰もがWTBになれる突破力」が3要素だと感じます。NZのタッチライン際のプレーは地味ですが確実に効くもので、ボールを持っている相手BKを押し出してマイボールラインアウトにしてしまう、相手にとっては悔しくなるようなプレーです。これで相手の攻勢をしのぐことができました。

SOについては、この日も南アフリカ戦と同様に、SOにモウンガ、世界一のSOと評判のBバレットはFBでのスタメンでした。それには狙いがあり、モウンガがゲームメイクしても、FBのBバレットがゲームメイクしても同様の質が確保できます。この日、途中出場でCTBに入ったウイリアムズでも同様のプレーが可能で、NZは誰がラックに巻き込まれていても、常に相手の嫌がるところを突けます。

突破力は、最初の2トライがSHのAスミス(写真)だったことに表れています。バックスで球を回しながら、ほんのちょっとアイルランドの陣形が空いたところを、Aスミスが走り込んで先制トライを得ると、さらに左サイドでのラックから隙を突いて2つ目のトライを得ました。それだけ、ウイング並みの能力を多くの選手が持っている証明です。

アイルランドは相手反則で得たFKが生かせなかったのも苦戦の理由でした。せっかく、FKをもらってマイボールラインアウトを狙っても、NZがタッチライン際でボールをかき出してノータッチにしてしまう強さに2度もやられてしまいました。最後にNZを敵陣深くに押し込んで2トライも返せる能力があったので残念ですが、そういう微妙な差が、ゲームを通じると大きな差になってしまいました。

また、NZはモウンガのキックも安定していました。バックスでトライを狙ったNZのコンバージョンは難しい位置でのキックが多かったですが、それでも多くのコンバージョンを決めました。一時はアイルランドのW杯史上初の「完封負け」の可能性も出たほどで、それだけNZの強さだけが際立った試合でした。
コメント

荒川土手の彼岸花2019

2019-10-18 22:43:46 | 埼玉
今日の浦和レッズは、ロスタイムの失点で0-1で敗れるという衝撃的な負けでした。ちょっと、今は落ち着いてゲームを振り返ることができないので、先日荒川土手で見かけた彼岸花の写真を貼っておきます。例年より一週間ほど遅かった今年の彼岸花でした。















コメント

大分戦プレビュー

2019-10-17 23:01:25 | 浦和レッズ
明日、浦和レッズはホーム埼玉スタジアムで、大分トリニータと対戦します。もともとは土曜日の予定だった試合ですが、浦和レッズのACL準決勝出場に伴い日程が繰り上がりました。生観戦を予定されている方は気をつけてください。

大分は昨年はJ2で2位に入り、今年からJ1に上がってきたチームです。J2で2位、しかも外国人選手の補強が地味だったことで開幕前は降格候補に予想されていましたが、現在勝ち点40で8位と降格圏の外にいます。思い切って前から仕掛けるサッカーをするチームで、前回の対戦では藤本憲明らアタッカー陣の活躍で浦和を2-0で破っています。

もっとも、その藤本憲明をシーズン途中で神戸に引き抜かれています。代わりに、ガンバ大阪から田中達也(元浦和の田中達也とは同姓同名の別人)を補強していますが、藤本憲明の持っている、相手を一瞬のスピードで出し抜く技術が失われたのは大分にとって、大きな痛手だったと思われます。また、浦和からのレンタル移籍のオナイウ阿道を、浦和戦では起用できない制約もあります。

浦和としては、この試合が終わるとアウェイの広州(中国)に移動するスケジュールになっており、気持ちの持って行き方の難しい試合です。もちろん、リーグ戦で残留争いに巻き込まれた浦和としては必勝を期したい試合ですが、ある程度ACLを意識して、一部休ませる選手もいる可能性もあります。前回、ACLでフル出場したファブリシオを、リーグ戦で温存した例もあります。

それでも、ボールを持ってゲームを支配することを目指した浦和のサッカーが、前節の清水戦では一部形になりました。ここで勝って、残留争いから抜け出せる貴重な勝利を得て欲しいと、サポーターとしては願っています。
コメント

前からの守備(10/15タジキスタン対日本)

2019-10-16 22:07:01 | ワールドサッカー
昨日のアウェイ、タジキスタン戦は3-0で日本の勝利に終わりました。もっとも、内容を見ると決して楽勝ではなく、4-1-4-1でスタートしたタジキスタンが耐えきれなくなって4-5-0-1気味に下がってくるだろうという予想は覆されました。タジキスタンはインサイドハーフの7番と10番のところが強く、日本相手にパスを回して裏へ出す攻撃を狙ってきました。事実、GK権田が左手一本で止めるピンチもありました。

もっとも、最初は予想外の相手の攻めに驚いた日本ですが、次第に対策がわかってきました。それは、堂安、南野、中島といった前の選手が戻って守備に参加すれば数的優位が作れることです。このハードワークを怠ると怖い相手ですが、日本の組織力は強く、次第にタジキスタンのパス回しをカットして攻撃に転じることができました。

また、タジキスタンのDFはさほど強くなかった印象です。インタビューで吉田が「左右に振れば相手はついて来られないと思った」とDFに弱点があることはわかっていた様子で、事実前半終了間際に中島翔哉のクロスに対し、中央の南野をフリーにするミスをしました。これは南野がバーの上に外して、前半は0-0で折り返したものの、このミスがもう一回来れば点が取れる確信がありました。

試合はその通りの展開になりました。前半でミスをした南野のところにうまく左からクロスが入り、今度は落ち着いて頭でゴールに流し込んで先制すると、その4分後にさらに酒井宏樹のクロスを南野がヒールキックで合わせる難しいシュートが決まって、日本は安全圏といえる2点差をつけることに成功しました。

タジキスタンは前半でアンカーが負傷交代して交代枠を1枚使っていたことで、後半になると次第に動きが落ちてきました。後半だけ見ていると日本の会心の内容で、途中出場の浅野が酒井宏樹のクロスを頭で合わせて3点目を決めます。その後も圧倒的に押した日本は、永井が1対1をGKに止められ、浅野もシュートをバーに当て追加点こそ得られなかったものの負ける可能性はまったく感じない内容に持ち直しました。

これで、最初の3試合で全勝する、必須条件はクリアできました。次のアウェイのキルギス戦が2次予選の天王山になります。これを勝っておけば、後半の4試合中3試合がホームという日程を考えると最終予選進出はほぼ見えてきます。2次予選で苦しんでは先が厳しいですが、それでもアジアのアウェイ戦は未知の要素が大きく、まだまだ油断は禁物ですが。
コメント

秋のさいたま市

2019-10-15 21:07:12 | 埼玉
今日は日本代表のタジキスタン戦ですが、夜の試合の即日更新は勘弁していただき、代わりに昨日散歩したさいたま市の風景の写真を貼っておきます。いつもの年よりかなり遅いですが、キンモクセイが鮮やかな芳香を漂わせていました。


















コメント

読みやすかった相手攻撃(9/17浦和対上海上港)

2019-10-14 21:47:32 | 浦和レッズ
これこそ今更ですが、9/17に行われた浦和のACL準々決勝2ndレグ、上海上港戦の映像をようやく見ることができました。結果の1-1の引き分けは知っていましたが、内容を知りたくてビデオを見ました。まず、相手の上海上港の出方ですが、アルナウトビッチ(7番)を中央に置いて、サイドに李聖龍(14番)と呂文君(11番)のウイング、オスカル(8番)を3ボランチの左で起用してきました。李聖龍と呂文君には守備を免除して、サイドからアルナウトビッチにボールを集める狙いです。

しかし、その攻撃は浦和DF陣にとっては比較的狙いを絞りやすいものでした。アルナウトビッチがほとんど動かないので、クロスは可能な限り手前でカットできましたし、通ったと思われたボールもアルナウトビッチがオフサイドでした。浦和としては、アウトサイドの片方を相手ウイングにつけていれば枚数は足りるので、関根や橋岡をタイミングを見計らって上がらせる攻撃が可能でした。

その狙いがはまって、前半は浦和ペースで試合が運びます。相手GK顔駿凌が好調でなかなか点こそ取れなかったものの、シャドーのファブリシオと長澤がフィニッシュに絡めましたし、興梠は前半終了間際に関根のクロスを頭で合わせて先制点を得ました。このまま推移すれば、勝利は間違いないという内容でした。

後半、上海上港は布陣を変えてきました。3バックにしてシャドーにオスカルと李聖龍を置いて、オスカルが自由にボールを持てるようにする狙いです。急造左アウトサイドの呂文君のところは穴になるリスクがあり、そこを橋岡が狙って何度かチャンスをつかみました。橋岡が放った、ミドルシュートがクロスバーを叩いていなければ、もっと早く決着がついた試合かもしれません。

それでも、オスカルが自由にドリブルを仕掛けるのは浦和にとって脅威でした。左サイドからのクロスに対し、浦和DF陣がアルナウトビッチばかりを意識し過ぎてファーサイドの王芯超をフリーにするマークのミスで同点にされたことで、浦和にとって苦しい試合になってきました。上海上港は左アウトサイドにDFタイプの2番を置いて守備を安定させてくると、アルナウトビッチにパスを入れて浦和を苦しめます。

浦和の大槻監督は、こういうときに柴戸と阿部勇樹という、守備で効く選手を入れて逃げ切りを図ります。興梠が単独で仕掛けてシュートチャンスをつかむなど攻撃で時間が使えたこともあって、この試合を1-1で逃げ切って、アウェイゴールの差で浦和の準決勝進出が決まりました。まだ、苦しい時間も作られる浦和ですが、この試合は内容が良かったと思います。それを、リーグ戦でもできるようにするのは課題ですが。
コメント