Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

カタール対朝鮮民主主義人民共和国

2019-01-19 22:04:42 | ワールドサッカー
アジアカップのグループリーグ、カタール対朝鮮民主主義人民共和国(以下共和国)のビデオを見ました。スコアの6-0カタール勝利は知っていましたが、それならばマニアックに、お互いがどういうチームかに興味があります。まずはカタールですが、以前はセットプレーでボールウォッチャーになる大きな欠点があり、名将と呼ばれたブルーノ・メツやミロバン・ラエバツでも強くすることができなかったチームでした。

しかし、今回のチームは、セットプレーの守備こそ共和国の複雑な動きに対応し切れない問題はありましたが、強いチームになっていました。そのノウハウは、スペイン人監督が仕込んだパスサッカーです。4-4-2でサイドにウイングを置く、一般的なシステムですが、DFラインから正確につないでウイングに出して、低いクロスをFWのアルマエズ・アリが合わせるという明確な形ができていました。

アルマエズ・アリはこの共和国戦で4ゴールの活躍で、グループリーグの3試合で7得点という大活躍を見せます。そんなに動くFWではなく、スピードはそれほどないですが、ボールを足元に止める技術とシュートに至る動作は完成されています。クロスが足元に入れば、かなり高い確率でシュートまで持ち込んでくれる信頼感は既に確立しています。

もっとも、カタールのパスサッカーは2022年の地元開催のW杯に向けて構築を進めている過程なので、弱点もあります。それはボランチやDFがボールコントロールをミスすることがあることです。日本がカタールと当たれば、相手ボランチにプレスに行けばミスを拾ってのカウンターで攻略できると、この試合を見る限りでは感じました。

共和国は4-4-2で、自陣に2ラインを引いて守るサッカーで対抗しようとしてきました。しかし、サイドのウイングに対する守備が間に合わずにクロスを浴びる場面が多かったという問題点がありました。初戦のサウジアラビア戦は5バックが機能せずに4バックに戻したものの、サイドの守りがうまく行かないことで、アルマエズ・アリに活躍する時間を与えてしまいました。

また、共和国の出足を鈍らせたのは早めのイエローカードもあります。遠い中東でコンディションを維持できなかったからなのか、共和国のタックルは遅れ相手の足に当たってファウルになりました。2枚目をもらったら試合が終わってしまうと思ったことも、これほどの大差がついた理由かもしれません。
コメント

縦の突破に弱かった相手(1/18日本対ウズベキスタン)

2019-01-18 22:51:26 | ワールドサッカー
昨日の夜、日本代表はアジアカップのグループリーグ第3戦のウズベキスタン戦でした。結果は2-1と逆転勝利で、日本は思惑通り、グループリーグを1位で通過することに成功します。この日の日本は、森保監督が前節のオマーン戦からスタメン10人を入れ替える大胆な手を打ち、リザーブ組で勝ち点3を取りに行くという困難なミッションを課される試合になりました。

しかし、ロシアW杯で乾がリザーブ組から昇格してベスト16の原動力になったように、入れ替えた代表選手にもそれなりの魅力はあるものです。今回の日本代表は、大迫勇也や堂安律がいるときとはまったく違ったサッカーを見せてくれました。その内容は、パス主体のサッカーでした。堂安や南野が持つ個人技は使えなくても、運動量を生かしてパスに反応することで、ウズベキスタンに対して優位な内容のサッカーを見せました。

相手のウズベキスタンも、2連勝でグループリーグ突破が決まっている事情は日本と同じです。ウズベキスタンもスタメンを5人入れ替え、アンカーに19番を置く4-1-4-1でウイングと1トップのショムロドロフを生かす、縦パスからのスピードあるサッカーを目指してきました。そのスピードは確かに脅威でしたが、見てみるとウズベキスタンの弱点も見えてきました。

それは、日本の縦の突破に弱いことです。ウズベキスタンのサイドの守備は、日本の選手に間合いを寄せる守備をするので、どうしても裏にスペースを与えることが目立ちました。そこを室屋が伊東と入れ替わって上がることでビッグチャンスも作れ、武藤の同点ゴールは室屋からのクロスを頭で合わせたものです。点にはなっていませんが、乾の縦の突破にもウズベキスタンは対応が効いていませんでした。

また、ウズベキスタンの4-1-4-1はDFとMFのラインの間にスペースを与えやすい布陣です。日本はそこも狙っていました。乾が惜しいミドルシュートを放ったのもそのスペースですし、決勝点になった塩谷のロングシュートもその位置でした。ウズベキスタンをよく分析して、狙い通りの試合ができた日本の勝利は必然でもありました。

もちろん、ショムロドロフに独走されて取られた相手の先制点については検証がなされないといけません。抜かれた槙野と、カバーリングが遅れた三浦など、相手のスピードはわかっていたはずです。それでも、その失点から5分以内に追いつけたことで失点のダメージは最小限に食い止めました。ウズベキスタンのレベルだと楽には勝てないことも実感として示されました。
コメント

旧安田庭園

2019-01-17 22:17:18 | 雑記
国技館の生観戦の前の時間を使って、写真の旧安田庭園を散歩していました。国技館の近くに庭園があることは知っていましたが、これまでなかなか行く機会がなく、今回初めて足を踏み入れました。入場は無料で、ベンチには近所の人がくつろいでいました。それほど広い庭園ではなく、しかも南半分が工事中で入れなかったので、散歩としてはすぐに終わってしまいました。それでも、江戸の昔から伝わる日本庭園の美は伝わってきました。都会ではオアシスのようで、鳥の姿も見られました。












コメント

稀勢の里、現役引退

2019-01-16 22:37:48 | 他スポーツ
今日、大相撲からニュースがありました。横綱稀勢の里の現役引退です。先場所初日から4連敗で休場しており、進退を賭けた土俵でしたが、初日から3連敗したことでついに引退を決断しました。横綱としては優勝1回で休場がちと、あまり活躍できませんでしたが、32歳の今まで相撲を取れたことは彼の価値ではと思います。今日は彼の思い出を書きます。

稀勢の里は、十両まで本名の「萩原」で取っていました。17歳で幕下上位、18歳で新入幕と、貴乃花以来のスピード出世で注目されました。当時、幕下でも十両でも琴欧州がライバルで、この二人で将来の「曙貴時代」の再来を期待する声もありました。結果的に、横綱と大関ですから、ある程度その期待には応えたかなと思います。

今の四股名の稀勢の里は、新入幕のときにつけたものです。元隆の里の先代鳴門親方が、稀な勢いをつけて上位に上がって行って欲しいという願いを込めてつけたものです。三役までは順調に出世しますが、最初の壁は関脇でした。当時の稀勢の里は、闘争本能で相撲を取ることが多く、取組の後に取り口を覚えていないことが多かったと聞きます。

その悪癖が直ってきたことで大関に上がれますが、大関でも長い足止めを食らいました。横綱になるためには優勝が必要ですが、稀勢の里は勝負弱く、特に勝てば平幕相手の決定戦と圧倒的に有利だった2011年夏場所で、把瑠都に敗れて決定戦を逃すという痛恨事も喫しています。負け越してカド番になることは一度しかなかったですが、どうしても優勝だけは遠い目標でした。

何度も横綱候補に挙げられながら、優勝がないというのが壁になっていましたが、2017年にようやく大関在位31場所目という遅い優勝を果たし、横綱昇進を決めます。残念だったのはその翌場所のケガです。大胸筋を断裂する重傷を負いながら、執念で出場して照ノ富士との決定戦を制して2度目の優勝を決めましたが、その後不十分な状態で出場して途中休場に追い込まれる悪い流れを断ち切れませんでした。

稀勢の里は白鵬の連勝記録を63で止めたという、一つの記録に絡んでいます。双葉山の69連勝を止めた安芸の海がのちに横綱に昇進した例にならうことはできました。横綱としては満足いく結果ではなかったですが、親方として後進の育成で結果を出せるよう、期待しています。
コメント

ウズベキスタン戦プレビュー

2019-01-15 22:34:09 | ワールドサッカー
明後日の木曜日、日本代表はアジアカップのグループリーグ第3戦でウズベキスタン代表と対戦します。ウズベキスタンはオマーンに2-1、トルクメニスタンに4-0で勝っており、こちらも既にグループリーグ突破は決めています。得失点差ではウズベキスタンが上回るので、日本がグループ1位を狙うなら引き分けでは1位になれません。

日本としてはこの試合をどう使うかは森保監督の判断次第です。普通に考えると、既に2位以内は確定しており、思い切ってメンバーを入れ替えるならチャンスの試合ですが、何人かの入れ替えにとどめるかもしれません。1位通過にこだわるか、2位でもいいと割り切るかにもよります。

相手のウズベキスタンは、旧ソ連の中央アジア地区では最強のチームです。石油などの産出で豊かになってきており、冬はマイナス20度になる母国ではなく、温暖な地でキャンプを張るなどもできるようになっているでしょう。ウズベキスタンは強いですが勝負弱く、前回のW杯最終予選は通過まであと一歩まで来ながらチャンスを逃しています。

サッカースタイルは旧ソ連の伝統を残しており、欧州サッカーのような統制の取れたスタイルです。もっとも、過去にはバランスの悪さを見せたこともあり、豪州にパワーで負けない強さがありながら、カウンターに弱かったこともありました。監督は、元エジプト代表監督で、過去にはスペインリーグのマジョルカやバレンシアを率いたクーペル氏です。

クーペルのサッカーはシンプルにサイドのウイングを使ってきます。地方チームのマジョルカ時代が印象的で、無名チームを強くする手腕は持っている監督です。もちろん、グループリーグ通過が決まっていてメンバーを入れ替えたい事情は相手も同じです。あまり、無理はしてこないのではないかと、予想はしています。
コメント

大相撲初場所2日目

2019-01-15 21:55:24 | 他スポーツ
昨日は大相撲観戦で、両国国技館まで出かけていました。相撲は幕下から見る、マニアックな私ですが、幕下には印象的な取組はなく、十両の土俵が楽しめました。十両だと、軽量力士や200kgを超える巨漢など、幕内は難しくても一芸で届く地位です。特に印象的だったのは、十両の若隆景でした。筋肉質で千代の富士を彷彿させる体つきをしていたからです。

もっとも、上手を引いての速攻が得意な千代の富士とは違って、若隆景は差しての速攻とタイプは違いました。千代の富士よりは、かつての「白いウルフ」益荒雄の方が相撲ぶりは似ています。また、十両には安美錦、豪風らのベテランや、復帰してきた豊ノ島、常幸龍などの姿も見られ、皆元気に相撲を取っているんだと安心できます。

また、小兵が勝つと場内が沸く、いつものパターンで、十両にいた小兵の炎鵬にも注目しました。舞の海タイプで相手の下に潜って相撲を取るタイプで、頭をつけて、はたき落そうとする相手と熱戦に持ち込みましたが、最後は粘り切れず土俵に落ちました。しかし、場内は割れんばかりの拍手で、相撲の面白さの一つです。

幕内では人気関取遠藤の土俵に注目しました。相手の若手朝乃山に対し、かつて見せたような一方的な突きで押し出し快勝しました。遠藤も29歳と若手ではなくなっていますが、平幕で結びの一番並みの歓声が上がる貴重な力士です。また三役に戻り、上位相手にも思い切って攻める相撲を見たいです。

横綱の取組は備忘録で書きますが、初日黒星で崖っぷちの稀勢の里は逸ノ城と対戦しました。立ち合い、3度待ったの末、組まれると嫌だと感じた稀勢の里が突いて出ようとしますが、逸ノ城の突き落としで脆くも土俵中央に崩れます。2連敗となり、進退がかかる土俵ですが苦しくなったのは間違いないでしょう。鶴竜は御嶽海の一方的な押しの前に完敗し、上位陣で連勝は白鵬ただ一人となります。

その白鵬の相撲も、相手栃煌山に上手を引かれて出し投げを打たれ、土俵を割る直前で粘っているうちに相手がバランスを崩して土俵を割るという、非常に際どい相撲でした。大関陣も栃ノ心、豪栄道が2連敗と苦しく、また下位力士の優勝が出るかもしれない、波乱の土俵でした。

写真を撮ってきたので載せます。力士の写真は仕切りで狙えば、それなりの写真になるところが面白いです。


隠岐の海


嘉風


遠藤


稀勢の里


貴景勝


高安


鶴竜


豪栄道


栃ノ心


北勝富士
コメント

青森山田対流経柏

2019-01-14 22:18:38 | 高校サッカー
今日は大相撲初場所を見に国技館に行っていたのでビデオ観戦でしたが、高校サッカーの決勝戦の青森山田対流経柏はチェックしました。青森山田は今大会では最強チームという印象もありますが、準決勝で瀬戸内相手に徹底的にプレスをかけて5-0と圧倒した流経柏のプレスが、青森山田のテクニックを封じる可能性があるという意味で注目していました。

また、この両者の対決は「CB対決」でもありました。流経柏のCB関川は鹿島内定で、フィジカルの強さと滞空時間の長いジャンプでフリーで触れる能力が売り物です。これに対し、青森山田のCB三國は高さで勝負するタイプで、体で抑えていても頭が少し抜け出しているという高さを最大限に生かします。この両者が、セットプレーでは直接対決するので、それも見ものでした。

プレスという意味では青森山田がうまく外していた印象です。青森山田は早めにパスを出すことで流経柏のプレスを無力化する狙いで試合を運んでおり、流経柏は前からの守備を断念して中盤に網を張らざるを得なくなりました。青森山田の誇る、両ウイングのバスケス、檀崎のところへボールを入れるところまでは狙い通りに運んでいました。

しかし、先制点は流経柏に入ります。CKからでした。流経柏は選手を縦に並べて誰がゴール前に入るかわからないようにして、両サイドにおとりの選手を走らせて関川にスペースを与え、そこにいいボールが入ってフリーでヘディングシュートを放った関川のボールがGK飯田の足に当たって入り先制します。このリードを長く続ければわからない試合でしたが、結果的には前半終了間際に入った青森山田の同点ゴールが効きました。

青森山田の1トップ、佐々木がうまくオフサイドラインと駆け引きして、カウンターから抜け出したチャンスから、佐々木はGKとDFの間に絶妙なパスを通し、フリーで受けた檀崎は当てるだけでいいゴールになりました。これで、青森山田にとっては本来のサッカーを発揮できる展開になり、後半でバスケスの個人技で相手DF2枚を振り切って、そこからのクロスをまたも檀崎が合わせて逆転に成功します。

流経柏のプレスは、もちろん体力的にきついサッカーなので、それが空振りに終わったことによる疲労感は相当だったようです。後半、流経柏の足が止まったことでこの試合は決着した印象を受けました。最後に小松のゴールで3点目を入れた青森山田が3-1で制し、優勝を果たします。技術がプレスに勝てた、そんなレベルの高い決勝戦でした。
コメント

狭い範囲の攻防(1/13日本対オマーン)

2019-01-14 13:19:27 | ワールドサッカー
昨日は日本代表のオマーン戦でした。初戦のトルクメニスタン戦を勝利した日本は勝つか引き分けで決勝トーナメント進出が決まる試合でしたが、この試合はトルクメニスタン戦で課題になった相手のカウンター対策をよく考えていました。

オマーンは元大宮アルディージャ監督のピム監督が率いており、日本のことはよく知っている監督です。オマーンは4-2-3-1の布陣を引き、高い最終ラインを保ってコンパクトなサッカーで中盤で奪ってからの速攻を狙ってきました。これは強豪チームがよくやるサッカーで、オマーンは強豪チームを目指すという意図は伝わってきました。

しかし、自陣に9人を引かせるトルクメニスタンに苦しんだ日本にとっては、逆にこういう攻めてくる相手はやりやすかった印象を受けます。その理由として、相手の高いラインを逆に利用して、DFラインからのロングボールでFW南野を走らせる、単純な攻撃が機能したことが挙げられます。また、コンパクトな中盤で、逆に日本が取ってからの速攻も見られました。

もっとも、この試合は結果だけを見てしまうと、原口が決めたPKの1点を守り切った1-0の勝利です。そうなった理由に、相手GK18番のファインセーブの連発が挙げられます。特に南野は、あれだけチャンスがありながら何度も相手GKに防がれてノーゴールに終わり、決定力という意味では課題の残る試合になってしまいました。

また、オマーンの速攻を完全に防げたのではありません。前半に縦パスからの速攻で2対2の局面を作られ、相手16番のシュートミスに救われた危ない場面もありました。GK権田がシュートコースを切ったので、相手のシュートをゴールラインギリギリにして、日本の守備としては最善は尽くしましたが、ゴール前には誰もいない、肝を冷やす場面でした。

しかし、何はともあれ結果は勝利です。決勝トーナメント進出も決まったので、最終戦のウズベキスタン戦でサブメンバーを試すことも可能になりました。決勝トーナメントに向けて、チーム状態を上げていくことを、森保ジャパンには期待したいです。
コメント

星槎国際湘南対常盤木学園

2019-01-13 20:27:25 | レディース
高校女子サッカーの決勝戦、星槎国際湘南対常盤木学園をテレビ観戦していました。創部5年目と新しい星槎国際湘南が、過去最多優勝の名門常盤木学園にどう挑むかが焦点だったこの試合ですが、前半にFKからの驚異的な弾丸シュートが決まって星槎国際湘南に先制点が入る、予想外の展開になります。これで、常盤木学園がどう追うかが焦点とポイントは絞られました。

後半、常盤木学園は一方的な攻勢を強めます。ボール支配率では圧倒的な差があった試合ですが、その支配率の割には常盤木学園にシュートをあまり打たせていませんでした。それだけ、球際の攻防で粘り勝って、クリアだけは何とかできる、星槎国際湘南の守備が効いていたと思えます。もちろん、セカンドボールは常盤木学園に拾われてしまうので、「このままでは星槎国際湘南の守備はもたない」と予想するほどでした。

そうしているうちに、常盤木学園に細かいミスが出始めてきます。相手が素早く間合いを詰めてくるので、ボールコントロールが乱れ常盤木学園の攻撃の選手が足を滑らせるようになってきます。これだけボールを支配しても点だけは入らない、常盤木学園にとっては焦りが出てくる展開です。また、常盤木学園はサイドのウイングを使った攻めが売り物ですが、そのウイングへのパスが長すぎてゴールラインを割るミスも出始めてきます。

これは星槎国際湘南にとっては狙い通りの展開だったようです。次第に、攻め疲れた常盤木学園に対し、星槎国際湘南の縦へのフィードがつながるようになってきます。最後のシュートこそ常盤木学園DFが詰めて辛くも防ぎますが、守備にも帰らされることでさらに常盤木学園の体力に負担がかかってきます。どこも同じ条件とはいえ、高校生の女子に45分ハーフの試合はきついのでしょう。

試合はそのまま1-0で星槎国際湘南の勝利に終わりました。創部5年目での優勝はもちろん史上最速で、それだけ女子サッカーというスポーツが発展途上でいろんなチームにチャンスがあるという証明です。こうやって、下からの強化が進んでくればなでしこジャパンももっと強くなると感じた、この日のアップセットでした。
コメント

中澤佑二、現役引退

2019-01-12 21:40:56 | 他チーム
ちょっと前のネタですが、横浜FM所属のDF中澤佑二選手が現役引退を表明しました。これまでフィールドプレーヤーでは最も長いフルタイム出場を続けるなど、長年横浜FMの中心選手でしたが、昨季はCBに二人外国人選手を補強された影響で後半戦から出番を失い、引退の可能性もあるとは覚悟していました。

中澤佑二といえば、まったくの無名選手からのし上がった「下剋上」選手というイメージです。埼玉県の三郷工技高校時代は無名で、母校が東京Vのユースと練習試合をした際に年齢を偽ってプレーし、そこから東京Vの練習生を経てようやくJリーガーになれた過去があります。当時、練習生だった中澤の居残り練習に、当時東京Vのコーチだった岸野氏が付き合ってくれたので、中澤は今でも岸野氏に感謝しています。

もっとも、若いころの中澤はまだ粗削りな選手でした。その身体能力の高さは相当でしたが、足元のテクニックに難があり、DFにフィードの技術力を要求するトルシエ監督には最後に代表を外されて、2002年地元開催のW杯の出場を逃します。彼が、代表レベルでも開花したのはジーコ監督時代です。2004年に埼スタで行われたシリア戦で彼のプレーに注目しましたが、つなぐべきところをクリアすべきところの判断が上手くなっていたと感じました。

クラブレベルでも、東京Vから横浜FMに移籍して中心選手に定着しました。彼の長いキャリアのハイライトは2004年のチャンピオンシップで、中澤、松田、河合の3人で守りを固めた横浜FMの守備を浦和は崩し切れず、トータルスコア1-1で持ちこんだPK戦で勝利して年間王者になっています。また、DFにしては点が取れるのも中澤の良さで、代表の得点数は二桁と、本職のFWをしのぐほどです。

また、2010年南アフリカW杯での活躍も印象的です。当時の岡田監督は、現実主義に立ち、どんなにいいサッカーをしてもCBが体の強さで負けてしまっては意味がないと思ったらしく、CBには中澤と闘莉王という強さの二人を起用してきました。本田圭佑の1トップという奇襲が印象的なW杯でしたが、後ろを中澤と闘莉王が固めていたことが生んだベスト16でした。

健康オタクで、練習場でもうがいを欠かさないなど努力していた中澤ですが、ついに去るときが来ました。こういう選手がいると、無名でも頑張ろうと思える若者もいるでしょう。本当にいい選手でした。
コメント