Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

クロアチア対ナイジェリア

2018-06-17 20:09:03 | ワールドサッカー
どうしてもクロアチアを見たかったので、ビデオで録画したクロアチア対ナイジェリアも見ました。クロアチアは1998年フランスW杯3位の実績を誇りますが、今回のメンバーはクロアチア国内それを上回るポテンシャルがあると評価されています。事実、ダブルボランチのラキティッチがバルサ、モドリッチがレアルと世界最強チームでプレーする選手です。

この両者をどう生かしているかが注目でしたが、ラキティッチが時には最終ラインに入る柔軟性で後ろからのボールを受け、少し前目にいるモドリッチに回すという関係性です。もちろん、ラキティッチ自身が長いボールを送って一気に前に通すこともできます。彼ら二人は、ほとんどボールを取られない信頼性を確立しており、クロアチアがパスサッカーを狙うのもうなずけます。

これに対し、ナイジェリアもかつてはFWの身体能力に頼る単調なサッカーでしたが、次第に欧州でプレーする選手が増えて組織サッカーにも慣れてきています。この日のナイジェリアはサイドのウイング、モーゼス(11番)とイウォビ(18番)に預けてからのクロスを狙ってきた印象です。レジェンドのミケル(10番)はトップ下に入りました。

試合はクロアチアのプレスが勝敗を分けたと思います。クロアチアは前述のラキティッチとモドリッチで華麗なサッカーというイメージを受けますが、前の4人は地味にハードワークしており、特に1トップのマンジュキッチ(17番)はほとんどの時間でナイジェリアDFに前から守備をして相手のフィードの精度を落とすことに成功します。

その結果、得たCKからマンジュキッチが倒れ込みながらのヘディングシュートでコースを変えると、ナイジェリアMFエテボ(8番)のオウンゴールでクロアチアが先制します。1点を追うことになったナイジェリアが、後半の頭15分ほど圧力をかけてきますが、そこを落ち着いて守り切ったクロアチアが、PKでさらに1点を追加して2-0で逃げ切ることに成功しました。

課題だった選手層も、ボランチの控えにブロゾビッチが台頭して途中から入り、モドリッチをトップ下に上げるオプションもあります。定評のあるウイングのペリシッチも機能しており、今回のクロアチアは強そうな予感がします。アルゼンチンとどこまで戦えるか次第ですが、上位進出の可能性も感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゼンチン対アイスランド

2018-06-17 13:27:44 | ワールドサッカー
アルゼンチン対アイスランドも見ていました。この試合は、W杯初出場のアイスランドが注目でした。世界的に有名な大物選手はいないアイスランドですが、欧州予選をグループ1位で通過して初めてこの舞台に立てました。戦い方にも、どうやって勝ってきたか現れていました。アイスランドは後ろに2ラインを低い位置に引き、アルゼンチンが後ろで回すボールにプレスに行かないという戦い方でした。

しかし、もちろんアイスランドが攻めないというわけではなく、アイスランドは行けると思ったタイミングで、MFの4枚のラインをスライドさせながら攻撃の際に人数をかけてきます。そのため、ボール支配率20%台だったアイスランドにも、チャンスの数はそれなりにあったという印象です。

これに対し、アルゼンチンは南米予選ではぎりぎり最終戦で突破決定と苦しんでおり、下馬評はあまり高くありません。その不調の理由は、あまりにもメッシに頼り過ぎているのではと感じます。アイスランドが、下がった位置のメッシならあまり怖くないと見て、バイタルエリアに来たときに3枚がついて消しに行ったので、メッシは相手の狙い通りに後ろに下がってしまいました。

それでも、アルゼンチンはメッシにボールを集めようとしており、通らないロングパスがつながらないプレーが続きました。先制点こそ、アグエロの個人技でアルゼンチンに入りますが、その4分後に得意のカウンターからアイスランドのFWフィンボガソン(11番)のゴールで同点に追いつきます。

後半、アルゼンチンは何とか勝ち越そうと、前に人数をかけて、PKを得る絶好のチャンスを得ます。これを蹴ったメッシですが、GKハルドールソンがこのPKをストップしてチャンスは潰えます。それからはアルゼンチンが次々と攻撃の交代カードを切って勝負し、アイスランドは引き分けもやむを得ないと粘り、試合は1-1の引き分けに終わりました。

アルゼンチンにも、運動量の多いディマリアや、個人技のあるアグエロ、この日は途中出場だったセリエA得点王のイグアインなどのいい選手はいるので、メッシが抑えられたときに彼らをうまく生かせば可能性はありますが、この日の内容は良くないと感じざるを得ません。今後に不安を感じる試合でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西武対中日2回戦

2018-06-17 11:59:03 | 他スポーツ
昨日の西武ドームでの野球観戦記です。西武先発はカスティーヨです。ここまで4勝4敗とローテーションは守っているもののまだ不安定なところもあります。事実、ストレートの球速こそ150kmを超えるものの、明らかにボールになる球が各打者に最低1球はあり、捕手の森としては必死で後逸しないように神経を使う必要がありました。

カスティーヨの投げ方を見ていると、あまり下半身を大きく使わず、上体の力だけで投げている印象を受けます。それで150km出るのですから驚異的な身体能力ですが、安定させる方法が見つけにくい印象です。制球が乱れたときは比較的コントロールのいい、チェンジアップを軸に投げさせるしか思いつきません。それでも、この日はそのチェンジアップがうまく決まって、7回2失点と結果を出しました。

これに対し、中日先発ガルシアはかなり悪い内容になってしまいました。ここまで7勝1敗、防御率1点台と結果の出ている投手ですが、この日は無駄な四球を多く与えてしまいました。ストレートは最速150kmも出ますが、無理に150kmは狙わず、140km台前半に抑えたストレートをストライクゾーンにポンポンと投げ込んでカウントを整えるタイプです。

そのガルシアが3回に乱れました。満塁のチャンスに森がライト前ヒットで1点を先制すると、続く木村が三振したものの、この日DHで起用された大ベテラン松井稼頭央が押し出しの四球を選んで2-0とします。この回でガルシアを一気に攻略できる可能性もあったので、2点どまりだった印象も受けました。

事実、5回に1,2塁から犠打とセカンド浅村の野選で1点を失い、さらに大島の二ゴロの間に同点にされます。西武としては、わずか1安打で同点にされる嫌な流れでしたが、その裏に外崎のソロで勝ち越したのが効きました。6回にガルシアの球数が120球を超えたのでリリーフに又吉が出ましたが、その又吉が乱調で、2四球を出した後に森にライトへの満塁ホームランを配給して勝負は決しました。

西武としては、リリーフ陣の不調で苦しい展開が続いていましたが、そのワグナーや増田を使わないで済む展開にできました。7点リードがあれば、松本と南川の若手で逃げ切れます。こんな試合がいつもできるとは思っていませんが、こうやって白星を拾っていけばという思いを持っています。





































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スペイン対ポルトガル

2018-06-17 11:31:58 | ワールドサッカー
1次リーグでは屈指の好カード、スペイン対ポルトガルの感想です。スペインはロペテギ前監督が大会の前日に解任されるという、前代未聞の混乱がありました。わずか2日の練習で采配を振るうことになったイエロ新監督ですが、どうやら無理に独自色を出さずにスペインらしいパスサッカーを継続してきた印象を受けます。

大会後にJリーグのヴィッセル神戸に移籍が決まっているMFのイニエスタを中心に、多彩なテクニックでボールを回すスペインのいいときのサッカーは見ることができました。これに対し、ポルトガルはあえて華麗さを捨て、堅守速攻に攻め方を絞っていました。Rマドリード所属のCロナウドがハットトリックで話題を呼んだ試合ですが、それ以外にもさすがロナウドというプレーはありました。

それは、カウンターのときにフリーになる感覚です。どうしてもスペインがボールを支配し、ポルトガルは自陣に2ラインを引く展開が長くなりましたが、ロナウドは相手のボランチの間にうまくポジションを取り、味方からうまくフィードが入れば一気にカウンターの起点になって相棒の17番を走らせる攻撃でスペインと互角にやり合うことに成功します。

試合はいきなりポルトガルにPKで先制点が入ったものの、スペインはFWの真ん中のジエゴ・コスタが個人技を見せて追い付きます。スペインらしい、あまりサイドに開かずに真ん中で勝負するスタイルが成功したように見えましたが、前半終了間際にロナウドのシュートをスペインGKデヘアがキャッチミスをしてゴールに入り、ポルトガルの1点リードで折り返します。

スペインは後半の頭に反撃し、右からの折り返しをジエゴ・コスタが決めて同点にすると、Rマドリードでは控えの右SBというナチョがペナルティーエリアの角付近からうまく抑えたロングシュートを放ち、これがポルトガルゴールを破って3-2と勝ち越しに成功します。これでスペインは守るというメッセージを明確にし、イニエスタを下げて守備的なチアゴを入れて逃げ切りを狙います。

それでもポルトガルのロナウドの威力は絶大でした。終了間際の直接FKを、大きくカーブする芸術的なFKを決めて同点に追いつき、試合は3-3の引き分けに終わりました。この組はスペインとポルトガルの2強対決になりそうな組で、ポルトガルにとってこの勝ち点1は大きいと感じた結果でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーレジェンズ2018

2018-06-16 21:55:39 | 他スポーツ
西武ドームに出かけていました。試合内容については明日以降に回し、ライオンズのチア「ブルーレジェンズ」のダンスパフォーマンスを見たのでその様子を載せます。私はミーハーなので、こういうものがあると写真を撮りたくなるので、まあいいお出かけだったでしょう。


















































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウルグアイ対エジプト

2018-06-15 23:35:12 | ワールドサッカー
時差の関係で、なかなかリアルタイムの観戦は厳しいロシアW杯ですが、それでも現地時間15時の試合なら日本時間21時で十分観戦できます。そんな試合、ウルグアイ対エジプトを見ていました。ウルグアイは71歳のタバレス監督、エジプトは62歳のクーペル監督とベテラン監督同士の策の打ち合いを期待しました。

うまく試合を運んでいたのはエジプトと感じました。エジプトは4-4-1-1と自陣に2ラインを引いて、ウルグアイが誇るスアレス、カバーニの2トップにボールを入れさせない慎重な入り方をしてきました。攻撃では、ウルグアイの20歳のボランチ、ベンタンクールのところを狙いどころとみて、取りに行ってから縦に速い攻撃を見せました。

そのため、エジプトが誇る、リバプールに在籍するサラーが出場しなかったものの、堅守速攻のスタイルを多く見せました。これに対し、ウルグアイはボール支配率こそ高かったものの、前にボールを入れることができず、サイドのMFまで出すのが手一杯と苦しい内容でした。スアレスはCKからの決定的なシュートを外す痛恨事もありました。

これを見て、タバレス監督は後半の15分ほどで両サイドのMFを変えてきました。この交代で多少ボールが落ち着くようになり、特に左MFのCロドリゲスはベテランらしいボールさばきで前に起点を作りました。それでも、エジプトの堅陣は崩れず、左MFのトレゼゲを軸に前に出すことで時間を使う、理想的な試合運びを見せます。

また、エジプトのGKエルハサウィも当たっていました。FKからのカバーニのシュートを片手で弾くファインセーブを見せるなど、この試合は守って勝ち点1を狙う、エジプトのゲームプランがあとちょっとのところで当たるところでした。その流れを変えたのはFKでした。ウルグアイがサンチェスのFKをヒメネスが頭で合わせて値千金の勝ち越し点を得ました。

確実に勝ちたかったウルグアイとしては、この1-0の勝利で何とか面目を保ちました。それでも、エースのスアレスに当たりが出ていないのは気がかりです。決勝トーナメントには高い確率で行けそうですが、ウルグアイほどのチームならその先も考えているでしょう。そのときに、スアレスが不調だと苦しい気がします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真ん中のスペースを使う(6/12日本対パラグアイ)

2018-06-14 22:58:25 | ワールドサッカー
ようやく、日本代表のパラグアイ戦の映像を見ました。結果は4-2と西野監督になってからの初勝利ですが、この勝利は西野監督が何を目指しているか、少し形が見えた試合になりました。西野監督が選んだ布陣は4-2-3-1ですが、トップ下に入った香川真司に、かなりの自由度を与えているように見えました。

香川真司は岡崎慎司を追い越してFWの位置に行くこともありましたし、左MFの位置から中に切れ込んでくる乾にスペースを空ける動きもしていました。そうやって、日本代表は真ん中のスペースを皆で協力しながら使うというメッセージ性は感じました。前任者のハリルホジッチ監督時代に、サイドのウイングを使った攻撃が主体だった動きとは正反対とも言えるものです。

確かに、ハリル監督のウイングサッカーは、アジアの相手には威力を見せました。予選も1位で通過しています。しかし、特に感じたのはベルギー戦で、ウイングに置いた浅野が相手DFフェルトンゲンにほとんど子供扱いされ、ついには破れかぶれのダイレクトプレーに賭けるしかなくなった場面を思い出しました。

ウイングに頼るサッカーは限界とみての西野監督への交代だったと思いますが、ハリル監督時代には入るポジションがなかった香川真司が、トップ下という位置を得てうまくボールをキープし、最後は点も取って見せました。2得点の乾も、両方とも中に入ってのシュートですし、日本はパスを回しながら真ん中のスペースを使うスタイルは見て取れました。

もちろん、2失点を喫していることもあって手放しでは喜べません。スローインからのシュートと、豪快なミドルシュートによる失点でしたが、そういうアジアレベルではありえないようなビッグプレーは、コロンビアもセネガルもポーランドも、出せる可能性を強く持った相手だということは忘れてはいけません。

それでも、チームの雰囲気まで悪い状態でコロンビア戦を迎えないで済んだことは前向きに考えていいと思います。あとは、日本得意の情報戦でどこまでハメス・ロドリゲスを分析しているか、楽しみにコロンビア戦の映像を見たいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロシアW杯予想

2018-06-13 22:28:03 | ワールドサッカー
もうすぐ、サッカーの2018年ロシアW杯です。専門家は「予想はできない」というくらい、サッカーの世界は何が起こるかわかりませんが、私はサポーターなので無責任に予想してみます。

W杯予想となると、まず参考にするのは欧州選手権とコパ・アメリカです。しかし、欧州選手権の優勝はポルトガルでW杯では優勝候補ではなく、コパ・アメリカ優勝はチリで予選敗退国です。そのため、今回はその二つが予想の参考にならないという、難しい条件が揃いました。

その中では、ブラジルを本命に挙げたいと思います。ブラジルはコパ・アメリカこそ振るいませんでしたが、10か国総当たりの南米予選を1位を独走してかなり楽に通過しています。また、コリンチャンスをクラブW杯で優勝に導いたチッチ監督の手腕も高く評価されており、あの華麗なブラジルが皆で守備をする、実用重視のチームになっています。

もちろん、エースのネイマールの出来にも依存すると思いますが、毎回「地味なブラジルは強い」と評されるように、今回は大きなチャンスだろうと思います。対抗は前回大会優勝のドイツを挙げます。ドイツは若手主体で臨んだ、W杯の前哨戦ともいえる各大陸優勝チームで争うコンフェデ杯を優勝した実績があります。

前回大会の優勝メンバーを入れ替えながら、連覇に挑むドイツは、ブラジルに前回大会で記録的な圧勝を挙げるなど最強チームとして君臨します。指揮体制などが前回大会と変わっていないので、どこまで優勝に貪欲になれるかもありますが、強いチームなのは間違いありません。

日本代表は純粋に応援することにします。パラグアイ戦で何はともあれ勝利を得たことで、最悪のシナリオは免れました。セネガルから1勝を狙い、あとどれだけコロンビアとポーランドから勝ち点を拾えるか、あまり過大な期待はせずに見つめていきたいと思います。W杯に日本代表がいる、それだけでも幸せですから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イビチャ・オシムの記憶

2018-06-12 21:40:09 | 他チーム
最後の日本代表監督こそ、脳梗塞で倒れて未完に終わってしまったものの、日本で指揮したことのある監督でベストなのはイビチャ・オシムだったという印象です。オシム監督時代のユーゴスラビア代表は華麗な個人技を誇り「欧州のブラジル」と呼ばれ1990年イタリアW杯で8強の実績を誇ります。

オシム監督の采配で印象的なのは千葉時代です。オシム語録として「ライオンに追いかけられたウサギは肉離れしない」など、選手の準備不足を叱るようなコメントが残っていますが、それでもプロのチームである以上、この監督についていけば試合で勝てるとなれば必然的に信頼を勝ち取れます。オシム監督が信頼を勝ち得たのは、開幕前の練習試合で勝てたことがきっかけと聞きます。

実際の試合でもオシムイズムはいろんなところに出ていました。まずは、当時は決して選手層の厚いチームではなかった千葉で、しぶといチームを作っていたことです。当時の千葉は、ミスも起こるチームでしたが、ミスは起こるものという共通理解が徹底しており、誰かがその穴をカバーする約束事ができていました。当時、ギドが率いていた浦和でも、千葉のミスにそう簡単には付け込めなかった印象です。

また、マンツーマンを軸にチームを作るという傾向もありました。当時の千葉では、阿部勇樹が一番オシム監督の信頼を勝ち得ており、相手のキーマンに阿部勇樹をマークさせる策を徹底してきました。浦和と対戦したときには、ゲームメーカーのポンテに阿部勇樹をマークにつけられ、苦しんだ試合の印象が強いです。

佐藤勇人、阿部勇樹、村井、坂本、水野、水本といった当時の千葉の主力選手が「オシムチルドレン」と呼ばれるなど、当時の日本サッカーに一大旋風を巻き起こし、事実2006年とナビスコ杯を優勝しています。上手くはないがしぶとい、本当に嫌な相手だった記憶は今でも色褪せません。

そのため、日本代表監督で病に倒れて任務を完遂できなかったことは今思い出しても残念です。オシムが日本代表を率いたら、どんなチームだったのだろうというのは、今でも時折考える空想です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アベリアの花

2018-06-11 22:19:04 | 埼玉
地元さいたま市でも、写真のアベリアが開花しました。少し開花の遅い花ですが、長持ちで、11月くらいまで楽しめます。小さくて地味な花ですが、手持ちのコンパクトデジカメをできるだけ近づけて接写すると、ある程度の写真にはなります。今日は疲れ気味でスポーツネタを考えられないので失礼します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加