Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

タイヤ交換 物を大切にする心

2018-05-18 20:06:33 | 自転車整備 その他 
自宅で夜の時間を過ごしていると パンクしたんだけどと言い難そうに私の都合を尋ねる高校生
話しを聞くと自転車がパンクしたので学校から 10km 以上の距離を押して帰ってきたと言う





もう外は暗い時間、自転車で 40分掛る学校からおそらく3時間近く自転車を押して
帰って来たのじゃないだろうか パンクした自転車を押すのはとても疲れる






話しを聞くと大きな音がして空気が抜けたと言う
これはパンクじゃ無いな タイヤの破裂だろうと
見てみるとやはりタイヤが裂けている タイヤ・・
明日買って来て直そうか それじゃ明日の通学に困るだろうし
ホームセンターの閉まる時間を確認して買いに走る事にする






タイヤは間に合った 直ぐに始めます 外装 6段変速に
バンドブレーキ 手間が掛る・・




養生布を敷いて自転車を逆様にした方が仕事がやり易いです






まずはバンドブレーキが外れる様にします ブレーキワイヤーの
インナーキャップを切り落す






ブレーキのワイヤーや本体の固定ネジをレンチを使い外す






後輪を外すのはハブナットを緩める ここは15mm のレンチが必要




スタンドや泥除けのステーを外しホイールも取り外す
正爪に外装変速 どうしてホイールを引き抜くんだ・・
なんて事を考えながらの作業です






外したホイールからタイヤを取り外します 破裂した所だけでは無く
他の部分も限界に近い状態 タイヤが減るよりも早くトレッドに亀裂が入るのは
決して良く無いタイヤなんでしょう この自転車の空気管理は普段からしっかりしています






外したタイヤの中にはチューブは無くバルブだけが残っています






リムに入っているタイヤフラップも点検 ゴムが薄くなっている所には
テープタイプのフラップで補修しておきます






タイヤは先程買いに走ったパナレーサーのスーパーハード
耐摩耗軽量タイヤ これはしなやかでとても良いタイヤ
最近はこればかりを使っています






チューブは以前タイヤ交換をした時に違う自転車の物を
保管していた奴を使います 状態の良い物なので大丈夫






リムにタイヤを入れてチューブも入れます WO で有りながら
折り畳めるタイヤは普通のタイヤと少し勝手が違います






チューブに少し空気を入れてタイヤとリムの間に挟まない様に注意
タイヤをこねてチューブが噛んでいないか何度も確認してから
使用圧まで空気を入れました






これでタイヤの入れ替えは完了 これから自転車に戻します
車輪や泥除け、ブレーキも取り付けて完了です




物を大切にする心



学校からパンクした自転車を 10Km以上押して帰宅 途中でチューブが巻き込み
切れてしまった また使うのかも分からないと言ってボロボロのチューブを篭に入れて
持って帰って来ました 何かその健気さに涙がでます 高校生の男の子です






夜の遅い時間でしたが タイヤ交換も終わり次の日の通学に使える様になりました
晴れの日も雨の日も自転車で 40分掛けて学校へ行っているらしい 高校生なら
その程度の事は苦にならないのかも分りません でも交通事故だけには気を付けて欲しいです

コメント (2)