Kenshunブログ Swingin' Cafe♪

Caféだから色々なお話し・・・

野菜高騰の時に食べる”はりはり鍋”

2018年02月28日 | Gourmet

まだまだ野菜が高いです

白菜、キャベツ、大根etc.びっくりするほど高いです

当初は2月後半には落ち着くのでは?という見方が強かったですが

本州は寒波が相次ぎ、特に北海道はまだまだ高値が続きそうです

ニュースでは「鍋が高級メニューに」「今冬は鍋の機会が少ない」などと言われてます

そこで我が家では「野菜高騰の時に食べる“はりはり風鍋”」をやっていました

平昌五輪の「カーリング」「スケート」を見ながら度々食卓に上っています

はりはり鍋は、鯨肉と水菜を用いた鍋料理ですが

昨今では豚肉を代用することが多いと思います

「はりはり」は野菜の繊維質によるシャキシャキとした食感から来た表現

我が家では「水菜」「ごぼう」「人参」「豆苗」「もやし」「えのき」を入れます

これだとかなり低予算で美味しく健康的に鍋を楽しめます

スープは昆布とごぼうのお出汁が良く味わえる醤油ベースがおススメ

豚肉の脂がシャキシャキ野菜によく染みて、いくらでも食べられますよ







そして、ここでもう一品

我が家ではえのき茸の石づきも無駄にしません

切り落とすのは硬く黒ずんでいる食感の悪い先端部分だけ

おが屑も綺麗に払えばかなり下の部分まで使えるのです

えのきの石づきは味が濃く、歯ごたえも良いのでバターで焼くととても美味しいです

石づきを丸っとバターで焼いて「石づきステーキ」にする人もいると思いますが

我が家ではほぐしてジャガイモとコーンと合わせてバターソテーします

味付けは軽く塩コショーのみで、お好みでブラックペッパーとドライパセリを

ビールのおつまみにも最高です





コメント

第35回全国犬ぞり稚内大会

2018年02月27日 | EVENT

2/25(日)冬の稚内最大のイベント

第35回全国犬ぞり稚内大会が大沼特設会場で開催されました

残念ながら初日は暴風雪警報により終日中止

大会には道内はもとより、愛知や宮城など道内外各地から延べ44チーム延べ99頭が出場し

6頭引レースにはじまり、1頭引、3頭引など4競技6種目のレースが行われました

その他、市民参加型のワンワンダッシュ、我が家の愛犬自慢など多彩なプログラムが行われました

市民参加型のワンワンダッシュ、我が家の愛犬自慢など多彩なプログラムが行われました

僕は愛犬自慢コンテストや表彰式、閉会式で司会を務めました

また同時開催の冬の観光物産まつりでは塩ラーメンやシーフードカレー

たこ焼きなどの屋台も立ち並び賑わいを見せており

閉会式では第1回から出場するレジェンド=最年長マッシャーの加藤一弘さん(78)に対し

これまでの大会準備や功績などを称え、名誉大会長の工藤市長から感謝状が贈呈されました

フィナーレは恒例のカマボコまき大会で幕を閉じました


コメント

サハリンアンサンブル「ルースキー・テーレム」が議場コンサート開催

2018年02月13日 | Weblog

2月13日(火)午後0時半から稚内市議会本会議場に於いて

サハリンアンサンブル「ルースキー・テーレム」による議場コンサートが開催されました

「ルースキー・テーレム」は稚内の冬季観光施策の一環で

サハリン州ユジノサハリンスク市から招聘されたもので

2月15日から3月15日迄、稚内副港市場のサハリン館でステージを披露するほか

市内幼稚園等で出張公演も行うなど精力的に活動していきます

この議場コンサートは本公演に先立ち開催されたもので

「麦を打つ娘」や「草原の夜」といったロシア民謡のほか

日本でも馴染みの歌謡曲「恋のバカンス」や「百万本のバラ」を

ロシア語と日本語を混じえて披露すると一際大きな拍手がおこり

来場した市民約80名はアンサンブルの美しい音楽と踊りに耳を傾けていました

2月15日~3月15日は稚内副港市場のサハリン館でステージを披露します

公演は期間中、午後5時と6時の2回で、毎週火曜は休演です

入館料などはかかりませんので、市内外からの沢山のご来館お待ちしています!


コメント

映画「北の桜守」先行上映会

2018年02月06日 | Cinema Talk



2月3日(土)

昨年、稚内で主要ロケが行われた、吉永小百合さん主演映画「北の桜守」先行上映会が

事前抽選で当選した900名の市民と関係者を招待し、文化センターで開かれました

舞台挨拶で吉永さんが登場すると、割れんばかりの拍手と桜色のペンライトで出迎え

それを見た吉永さんは「なんだか嵐のコンサートに来たみたい」と笑いを誘いました

舞台挨拶では6月ながら寒かった海に入ってのシーンや

幻想的な霧に包まれた宗谷丘陵の風景(普通、本物の霧を撮るのは難しいのだそう)

市民エキストラ180名が参加して樺岡で撮影したソ連軍侵攻のシーンの撮影秘話

稚内ロケ中に共演の堺雅人さん、篠原涼子さんと食事に行ってウニを食べた話しなど

ロケ中のエピソードや裏話、作品への思いを話してくれました


僕は光栄なことに今回の先行上映会で司会を務めさせて頂いたので

舞台挨拶前と後に楽屋で直接、吉永さんにお会いすることが出来ました

本当にお美しい方で「こんな綺麗な人が世にはいるんだな」と心の中で呟き

帰りには「とても素晴らしかったですよ」とお声をかけて下さいました

思い起こせば昨年6月、「白夜映画祭」で滝田洋二郎監督ともお話しさせて頂きました

主演女優と監督に直接お話しを聞いてから作品を観るという何とも贅沢なことですよね

実は司会のために東映からDVDを借りて前日に家で見ていたのですが

2回目会場で見た時の方が感動しました

やはり映画は感動を共有するものだと改めて感じました

北防波堤ドーム、赤レンガ通信所、瀬戸邸、宗谷丘陵、声問海岸、樺岡、

中央アーケード、仲通り、オレンジビル、海員開館、西條など

数多くの馴染みの場所で撮られた作品ですから感動もひとしおです

映画「北の桜守」は3月10日(土)全国公開です

勿論、稚内ではTジョイ稚内で上映されます

是非、劇場へ足をお運びください


コメント (1)