Kenshunブログ Swingin' Cafe♪

Caféだから色々なお話し・・・

Galileo Galilei生出演!

2010年02月26日 | Music
2008閃光ライオットでグランプリに輝いた稚内発のバンド

ガリレオガリレイが遂にソニーからメジャーデビューしました!

今回は稚内卒業メモリアルライブの告知ということで

僕の番組Groovin' Highに生出演し彼らの熱い思いを語ってくれました

きっと日本の音楽業界を賑わせてくれる存在になるでしょう!

口を揃えて「稚内が大好き」と言う彼らを

稚内市民みんなで応援しましょう!!


写真は右から

Vo&Guitar 尾崎雄貴 1991年生(稚内出身)

Bass 佐孝仁司 Hitoshi Sako 1991年生(稚内出身)

Drum 尾崎和樹 Kazuki 1993年生(稚内出身)

Guitar 岩井郁人 Fumito Iwai 1990年生(恵庭出身)


「Galileo Galilei 稚内卒業メモリアルLIVE」

【日程】2010年2月28日(日)
【会場】稚内港北埠頭特設会場(稚内市開運1丁目)
【チケット】無料
【集合時間】13:00 ※係員が誘導いたします。
【ライブ時間】13:30~(13:45終了予定)

※雨天決行
※悪天候や、氷点下での開催の可能性がありますので、
機材トラブルの関係上、アコースティックライブ(ある意味、更にスペシャルかも!?)に変更の場合がございます。予めご了承ください。

ライブ後には、サイン会なども予定しているそうです!
このメモリアルなライブに是非お越しくださいね!


ハマナスの花
Galileo Galilei
SE

このアイテムの詳細を見る


音楽の甲子園"閃光ライオット2008"グランプリ!最北端"稚内"から届いた"心の声"
レコード店も、遊ぶ場所も少ない稚内で、遊びの延長で自宅にあったギターやドラムに触れるようになった10代の少年達が、ただただ素晴らしい音楽だけを作りたいという情熱から2007年に“Galileo Galilei”を結成。ノートに書きなぐった落書きから生まれた曲、学校からの帰り道に空を見上げた時にこみあげてきた気持ちから生まれた曲、土砂降りの夜に布団の中で書いた曲、月曜日の朝の憂鬱な気持ちから生まれた曲、その全てが“10代のリアル”。「僕らを赤裸々に表現したような うそ臭いリアルの映画や小説に無力感と馬鹿らしさと 共感を感じるんだ」(「ハマナスの花」歌詞より)。誰もが経験する10代の揺れる想いを赤裸々に、そして独特な感性で叙情的に表現する“Galileo Galilei”。2010年、日本全国にその青い光と風が吹き荒れる!

【タイアップ】
■『ハマナスの花』・・・au「LISMO!」CMソング

【初回仕様限定盤】
■メンバー描き下ろしイラストステッカー封入

ガリレオガリレイ オフィシャルサイトはこちら↓
http://www.galileogalilei.jp/

期間限定「ハマナスの花」のフルコーラスビデオクリップ視聴はこちら↓
http://www.sonymusic.co.jp/?plst_video&in_SE028-01


コメント (1)

鷲の威を借る鴉

2010年02月26日 | Nature

前回はオジロワシの夫婦を載せましたが

今回はカラスとのツーショット

たまにカラスの群れがワシにちょっかいをかけているのを見かけますが

一対一で勝負を挑むとは大したものです

それともワシになったつもりでいるのでしょうか

何かおかしな二人です

そんなオジロワシの「ジロさん」とカラスの「クロさん」でした

コメント

第1回宗谷ふれあい公園スノーランド開催

2010年02月25日 | Weblog

稚内市の中心部から南東へ約10kmの声問地区にある「道立宗谷ふれあい公園」では

第1回宗谷ふれあい公園スノーランドが開催されています

開催期間は2月1日(月)~3月15日(月)

時間は毎日午前10時~午後4時

スノーモービル、スノーラフティング、遊覧雪上車、犬そり・馬そり等

冬のアトラクションが盛りだくさんで

市民にはもちろん観光客にも大人気のスポットとなっています

みんなで雪まみれになろう!!

■体験イベント■

中学生以上 小学生以下
遊覧雪上車 500円 300円
スノーモービル 500円 300円
スノーラフティング 500円 300円
犬そり 200円 100円
馬そり 300円 200円
スノーシュ 無料 無料
歩くスキー 無料 無料
チュービング 無料 無料

■パスポートについて■

プラチナパスポート(中学生以上1400円/小学生以下900円)
※体験イベントの有料部門に4回使用できます
ゴールドパスポート(中学生以上1100円/小学生以下700円)
※体験イベントの有料部門に3回使用できます
シルバーパスポート(中学生以上800円/小学生以下500円)
  ※体験イベントの有料部門に2回使用できます 800円 500円

◇パスポートは当日限りのみ有効となります
◇小学生未満の幼児は親の同伴に限り無料となります
◇犬・馬そり体験については動物の体調・疲労度により
時間運休する場合がございますのでご了承ください。



込み合う受付。

広い公園敷地内全で雪遊び~。

どうも~スノーモービル大好きです。一気に二周しました。

スノーラフティングで雪まみれ。

今まで冬は通行止めになっていた展望台へ。

宗谷岬ウィンドファームや真っ白な大沼を見渡すことが出来ます。

帰りは雪上車の中へお邪魔しました。運転してみたい。

寒くなっても中には屋内遊具もあるしラーメンやそば等の売店もあるから良いですね。

道立宗谷ふれあい公園HPはこちら↓ 
http://www.w-shinko.co.jp/soya/

コメント

TLC『DIGGIN' ON YOU』 2010.2.23 ON AIR

2010年02月23日 | Music

TLC『DIGGIN' ON YOU (LA'S LIVE REMIX)』(1995)


ベイビーフェイス作・プロデュースの美麗シングル曲をオリジナル含めて5ヴァージョン

LAリード、ソウルショック、CJマッキントッシュ、エディFのリミックスを収録

中でもホーンズ込みのライブ音源を使用したLAリードのリミックスは

まるでライブ会場にいるかのような臨場感溢れるナンバー

ディギン・オン・ユー
TLC

BMGビクター

このアイテムの詳細を見る


TLCはT-BOZ、LEFTEYE、そしてCHILLI(ロゾンダ・トーマス)の3人組で結成された。グループの名前は3人のニックネームの頭文字をとったもの。1992年、スーパー・プロデューサー・チーム、LA&ベイビーフェイスが設立したレーベル、LAFACEからシングル「AIN’T 2 PROUD 2 BEG」でデビューし、いきなり全米チャートトップ10入りするヒットを記録し、シングルはミリオン・セラーとなった。続くセカンド・シングル「BABY BABY BABY」は全米チャート2位、R&Bチャート1位となり、再びミリオンセラーを記録、後の音楽シーンに多大な影響を与える名曲となる。その後もヒット曲を連発、デビュー・アルバム『OOOOOOH…..ON THE TLC TIP』は全米で500万枚以上のセールスを記録、新人としては異例のデビューを飾る。

1994年末、2ndアルバム『CRAZYSEXYCOOL』をリリース。シングル「CREEP」は全米チャートで4週連続1位を記録、セカンド・シングル「RED LIGHT SPECIAL」も全米チャート2位となるヒットとなる。しかしTLCの人気がさらに爆発するきっかけとなったのがサード・シングルの「WATERFALLS」で、「派手なものを追いかけていないで堅実に生きよう」と歌ったこの歌は、SFXを駆使したビデオも話題となって全米チャート7週連続1位という大ヒットを記録、日本でもラジオなどでこのシングルが大ブレイクし、アルバム『CRAZYSEXYCOOL』は全米で1,000万枚以上のセールスをあげ、女性グループとしては史上最高のセールスとなった。
日本でも女の子たちの憧れの存在として大ヒットを記録、その後のR&Bシーンを大きく変えるアルバムとなり、数多くの日本人アーティストたちにも影響を与えるグループとなった。

しかし、2002年4月、リサ・レフトアイ・ロペスが交通事故により他界してしまうという悲劇が襲う。しかし、T-ボズとチリはレコーディングを続行、レフトアイがすでに録音していたパートもふんだんに取り入れて、ついにTLC3人としてのアルバム『3D』を完成させた。
コメント (1)

2010料飲店対抗カラオケ歌合戦 -飲んだら乗るな!冬の交通安全チャリティー-

2010年02月22日 | Weblog

2月20日(土)18:00~稚内総合文化センター大ホールで

稚内異業種交流会北星会主催による

料飲店対抗カラオケ歌合戦が開催されました

今年も優勝賞金10万円(準優勝5万円)をかけ

稚内市内の飲食店推薦による歌自慢20組がステージで熱唱!

さすが各飲食店の推薦だけあり

どの出演者もプロ級の歌声とパフォーマンスで会場を沸かせてくれました

そして、今年も交通安全チャリティーということで会券の売り上げの一部を

交通安全に役立てて頂きたいと工藤副市長、谷口稚内警察署長に目録贈呈がありました

最後は僕も司会に参加して液晶テレビなど豪華景品の大抽選会も行われました

上位8組の各賞は以下の通り(敬称略)

優勝:太田祐一&太田光

準優勝:松尾響

審査員特別賞:木村いずみ

         :古川亮英 

実行委員長賞:和田憲享

宗谷支庁長賞:中澤和一

稚内警察署長賞:川村一弥&菊池美聖

稚内市長賞:杉本武士



1番 スナック「蛍」推薦 石橋潤一さん
伊藤久男『イヨマンテの夜』 ★熱演賞★

2番 スナック「ピース」推薦 佐藤望さん
AI『Story』 ★頑張ったで賞★

3番 居酒屋スナック「いろは」推薦 横山美津子さん
秋元順子『愛のままで』 ★日本てっぺん企画賞★

4番 once again「ミルナ」推薦 木村いずみさん
福原美穂『CHANGE』  ★審査員特別賞★

5番 すし処「美奈味」推薦 中澤和一さん
若山彰『絶唱大桟橋』 ★宗谷支庁長賞★

6番 ラーメン「広宣」推薦 川村一弥さん&菊池美聖さん
綾香・コブクロ『WINDING ROAD』 ★稚内警察署長賞★

7番 スナック「ピエロ」推薦 高石弘臣さん
森田公一とトップギャラン『青春時代』 ★ベストパフォーマンス賞★

8番 パブ「DEAL」推薦 宮野幸恵さん
中島美嘉『雪の華』 ★頑張ったで賞★

9番 スナック「あぶらや」推薦 浦谷博さん
三波春夫『俵星玄藩 元禄名槍』 ★ほのぼの賞★

10番 「いろはにほへと南稚内店」推薦 安崎智哉さん
尾崎豊『15の夜』 ★パフォーマンス賞★

交通安全チャリティー目録贈呈

11番 スナック「ルーキー」推薦 ゆうちゃん&えっちゃん
杉本真人『Barスターライト』 ★ほのぼの賞★

12番 スナック「萌」推薦 青梅よし子さん 
民謡『道南口説き』 ★熱演賞★

13番 「E-ZAKAYA ZINME」推薦 和田憲享さん
EXILE『ふたつの唇』 ★実行委員長賞★

14番 温泉童夢「レストラン夕凪」推薦 広瀬すまさん
中村美津子『一本勝負』 ★稚内異業種交流会・北星会賞★

15番 スナック「じゃっく」推薦 古川亮英さん
サザンオールスターズ『TSUNAMI』 ★審査員特別賞★

16番 スナック「蛍」推薦 松尾響さん
コブクロ『赤い糸』 ★準優勝★

17番 ラウンジ「姫」推薦 田村肇さん
前田亘輝『そばにいるよ』 ★わっぴ~賞★

18番 スナック「愛咲」推薦 岩本真樹さん
ウェストライフ『The Rose』 ★パフォーマンス賞★

19番 スナック「ゆりっぺ」推薦 杉本武士さん
唖キラ『稚内慕情』 ★稚内市長賞★

20番 スナック「郁」推薦 太田祐一さん&太田光さん
コブクロ『蕾』 ★優勝★

ゲストステージ・前年優勝者の秋葉さん&佐藤さん

ゲストステージ・兵頭ニーナさん

審査結果を待つ緊張した面持ちの出場者の皆さん

いよいよ審査発表!「優勝はエントリー№20 太田祐一さん、太田光さん!」

出演者、関係者の皆さん、おつかれさまでした!

サンホテルさんの豪華弁当はリハーサルの合間に頂きました。
コメント

YOSHIKA 『JOLIE』 2010.2.19 ON AIR

2010年02月19日 | Music

YOSHIKA 『JOLIE』


人を好きになるということはこういうことだ

愛する人への果てしない想いを
狂おしいほどの愛しさを
限りない美しさに詰め込んだ名曲

JOLIE
YOSHIKA

インディーズ・メーカー

このアイテムの詳細を見る

2002~2003年ソニー・サイバーショットCMソングとして使用、アル・クーパーの名曲「Jolie」のカバーを含む全4曲を収録。
当時、CMの歌声が多くの反響を呼び、2003年2月にインディーズからシングル発売された。
その後のm-floから熱烈なオファーを受け2004年11月「m-flo loves YOSHIKA」名義で「let go」を発表。20万枚を超えるロングヒットシングルになった。 

CM STYLE-Sony CM Tracks-

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

このアイテムの詳細を見る
↑こちらにも収録されています。

これまでソニーがCMで使用してきた楽曲を収めたコンピレーション。収録曲は、ホール&オーツ「プライベート・アイズ」(サイバーショット)、10cc「愛ゆえに」(バイオ)、ビリー・ジョエル「ピアノ・マン」のほか、オアシス「ホワットエヴァー」(バイオ)、ダフト・パンクからマイルス・デイビスまで、レーベルの枠をも越えて独自の視点で選ばれた楽曲・アーティストばかり。「提案するスタイルは、みずからのスタイルでもある」との副題どおり、いわゆる従来のCMソング集を越えた、スタイルのあるセレクション。


大好きなアル・クーパーのジョリーはこちら↓
Al Kooper『Jolie』2008.2.8 ON AIR
http://blog.goo.ne.jp/kenshun_mode/e/a9f8e75551eacc6780ba1c5162dc5b8b
コメント

稚内全日空ホテル 日本料理「雲海」の彩り会席

2010年02月18日 | Gourmet

稚内全日空ホテル1Fにある日本料理「雲海」で

旬の素材を生かした会席料理をリーズナブルな価格で楽しめる

「彩り会席(3500円)」を頂いてきました

リーズナブルといっても、前菜、お造り、焼き物、鍋、揚げ物、食事セット、留め椀、香の物…

こんなに料理が出てくるんですよ

たまにはゆっくりと会話を楽しみながら食事をするのも良いものです

そして、雲海にはもう1つ「萩会席(7000円)」というコースもあります

こちらはさらに贅沢感を味わえる会席料理となっているようです

また、「雲海」では昨年11月よりグランドメニューを大幅リニューアルして

一品料理が400円からというリーズナブルなメニューを多数取り揃えました

テーマは「ホテルで味わう居酒屋メニュー」

「雲海」の味と雰囲気はそのままに、気軽に居酒屋メニューを楽しむことが出来ちゃいます



前菜/蟹味噌豆腐、他三種盛り お造り/三点盛り

焼き物/十勝牛網焼き茸そうす掛け

鍋物/魚介豆乳鍋

揚げ物/海老天婦羅

食事/若芽御飯 留め椀/生のり味噌汁 香の物/二種盛り

営業時間は夕方5時半から9時までです。お問い合わせは23-8111までどうぞ。


コメント

4 Hero 『STAR CHASERS』 2010.2.18 ON AIR

2010年02月18日 | Music

4 Hero『STAR CHASERS』
 from ALBUM「Two Pages」(1998)


「音作りの緻密さ」「生音へのこだわり」「メロディーライン」

それらが当時のいわゆる(機械的な)ドラムンベース・アーティストとは一線を画していた4 Hero

スター・チェイサーズはジャンルの枠組みを超えて語り継がれるべき名曲

Two Pages
4 Hero

Talkin' Loud

このアイテムの詳細を見る


89年から活動を続けるディーゴとマーク・マックによる4ヒーローはドラムン・ベースの誕生から現在までシーンの頂点に君臨し、常にプログレッシヴな姿勢でドラムン・ベース自体を未来へと導く。挑発的で優美なブレイク・ビーツにソウルフルなシンセが絡み合う崇高なコズミック・サウンドは、ジャンルの垣根を超えテクノ/ハウス/ジャズのファンからも絶大な支持を得ている。98年に発表した2部構成の叙事詩アルバム『Two Pages』は生楽器を導入して、ジャズ/R&B/ヒップホップのダイナミズムを凝縮させ、彼らの音楽活動における集大成と言える大傑作となった。また、デトロイト・テクノに深い憧憬を見せるディーゴは、マッド・マイクやカール・クレイグといったアーティストからの信頼も厚い。別名義の“Tek 9"ではピュアなヒップホップ作品を発表するなど、彼らの音楽に対する貪欲なまでの探究心と情熱のほどが窺える。


コメント

ニッキ 『ニッキ・デビュー~エラへ捧げるスウィング』 2010.2.17

2010年02月17日 | Music

ニッキ『ニッキ・デビュー~エラへ捧げるスウィング』


クインシー・ジョーンズをして「彼女は天からの贈り物。間違いなく前世がある」と言わしめた歌唱力

彼女はもはやカナダ国内にとどまらず世界から一身に期待を集める存在となった

日本時間の2月13日(土)、全世界が注目する中バンクーバー・オリンピックが開幕

氷上、雪上の熱き競技もさることながら、やはり一大アトラクションでもある開会式も注目のひとつ

日本でもテレビ生中継が25.4%の視聴率を記録する注目度であった

その開会式で一躍注目を集めたのが、国旗掲揚時にカナダ国歌「オー・カナダ」を歌った

16歳の天才美少女シンガー、ニッキー・ヤノフスキーだった

可憐なルックスながら大人顔負けの堂々たる歌唱力で観客を圧倒

聞けばカナダで大注目のジャズシンガーだという

さっそく音源をゲットして今日の「JAZZるココロ」のコーナーで取り上げてみた

高音部が甲高くてまだ子供っぽい声ではあるものの、アップテンポのスウィング感には脱帽した


ニッキ・デビュー~エラへ捧げるスウィング(初回限定盤)(DVD付)

ユニバーサル ミュージック クラシック

このアイテムの詳細を見る


ニッキーは、カナダ・モントリオール出身。2006年の地元モントリオール・ジャズ・フェスティヴァルにて、10万人の観客を前に史上最年少12歳で鮮烈なデビューを飾り、13才になった2007年には、ダイアナ・クラールやハービー・ハンコックの在籍するアメリカのジャズの名門レーベル「ヴァーヴ」史上最年少の歌手として、ジャズ・ヴォーカルの女王エラ・フィッツジェラルドのトリビュート・アルバム『ウィ・ラヴ・エラ』に参加。

2008年9月には、2007年のエラ・フィッツジェラルドに捧げたコンサートを収録したライヴ盤『ニッキ・デビュー~エラへ捧げるスウィング』を自主制作で発売、日本でも2009年7月にリリースとなったこの作品は、当然のようにカナダで大ヒット。カナダ版グラミー賞「Juno Nomination」で2部門にノミネートされ、こちらも史上最も若い候補者となった。リリース時彼女は15歳になっていたが、このアルバムの音源は当時13歳の時のパフォーマンスを収めたものである。

コメント

Atlantic Starr 『Circles』 2010.2.17 ON AIR

2010年02月17日 | Music

Atlantic Starr『Circles』
 from ALBUM「THE BEST 1200 アトランティック・スター」


美しいメロディーラインとコーラスワークを持つこの曲がリリースされたのは1982年

R&Bチャートでは2位、ナショナルチャートでは38位を記録した

この時期に日本は空前のサーファー・ディスコ・ムーヴメントが巻き起こり

この曲もそんなサーファー・ブームの波に乗ってディスコで最も愛された曲となりました

THE BEST 1200 アトランティック・スター

ユニバーサル インターナショナル

このアイテムの詳細を見る


アトランティック・スターといえば、あの結婚式の定番ソング「オールウェイズ」に代表されるバラード・グループというイメージが拭えないが、それだけだと思ったら大間違い。彼らは、70年代後半から80年代初頭にかけて、タフなファンク・サウンドを鳴らすヴォーカル&インストゥルメンタル・グループとして有名な存在だったのである。
76年にデイヴィッド、ジョナサン、ウェインのルイス3兄弟によって結成され、女性ヴォーカル、シャロン・ブライアントを始めとする9人編成の大所帯グループとして78年にデビューした彼ら。デビュー・アルバムから強力ファンク・チューン「スタンド・アップ」をヒットさせる。その後、高度な演奏力に非凡なコーラス・ワーク、そしてキャッチーなコンポージングを武器にメキメキと頭角を現していく。そして82年の4thアルバム『ブリリアンス』で頂点を極めることに。このアルバムからはシャロン嬢の華やかな歌声をフィーチャーした名曲「サークルズ」がヒット。しかし85年にシャロンが脱退し、新たにバーバラ・ウェザーズが加入したあたりから、音楽の方向性をデジタル路線へとシフト・チェンジ。徐々にポップ濃度を高めていき、前述の「オールウェイズ」(87年)の大ヒットにより、アトランティック・スターはクロスオーヴァーな成功を収めたのである。
というわけで、ファンク好きには初期が、ポップス・ファンには後期がオススメ。そんなアトランティック・スターである。
コメント