HAYASHI-NO-KO

伯耆富士・大山 弥山から剣が峰方面

ハナハマセンブリ(花浜千振)

2021-06-24 | 夏 赤・桃色系

草丈は少し伸びるからそれだけでも目立つ雑草の中に咲く桃色花。
目立つから「野草」なのだろう。
隣のツボミオオバコとは変わりは無い気がする。




(2021.06.11 玉津町)














(2021.06.15 林崎町)


















ハナハマセンブリ(花浜千振) リンドウ科ケンタウリウム(ベニバナセンブリ)属 
Centaurium tenuiflorum(=Centaurium pulchellum)
ベニバナセンブリ Centaurium erythraea
(2021.06.21 玉津町)

 
▲ 去年のハナハマセンブリの広がり  ベニバナセンブリには長い間出会っていない。 ▲
-------------------------------------------------------------
ハナハマセンブリとベニバナセンブリ ハナハマセンブリ ハナハマセンブリ 終章


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« ミゾカクシ(溝隠) | トップ | ハナハマセンブリ(花浜千振) »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちがやねこ)
2021-06-17 00:18:34
10年余り名前が判らなくて、ついこの間やっと判ったのがこの花。多分ハナハマのほう。…仕事先のベランダにある小さな庭に「なぜここに?!なぜ群生?!」と思うぐらい、ムシトリナデシコと、いっしょにたくさん咲いていたんですが、最近めっきり減ってしまいました。ムシトリナデシコも、いつの間にか全く咲かなくなりましたが(ムシトリ~好きだったので残念でした)…。今年はハナハマセンブリ(恐らく)の確実に咲きそうなのが何本かあるので、あの可愛いらしいピンクの星々にまた会えそうです。ほんとに綺麗な花ですよね。他の方のでも見ましたが、HAYASHI-NO-KOさんが載せておられた写真のハナハマ~も、とても綺麗です。すでに好きではあるんですが、“ハナハマセンブリという名前を認識して”好きな花になりました。
Unknown (ちがやねこ)
2021-06-17 00:26:08
なんかコメントが上手くいかなくて、繰り返しやってみたら、結果ダブり投稿になってしまってました。しかも3つも…。
ほんとにうるさくしてどうもすみません。
ご心配なく。 (林の子)
2021-06-17 10:17:07
コメント投稿の折に、数字4桁を入力しないといけないのが面倒ですね。
せっかくコメントを送ったのに記事に反映されなかった…と言う心配も出ますから
二重に投稿が反映されたとて、ご懸念には及びません。

ハナハマセンブリ、面倒な名前がついているのですが
砂礫地でも平気で出てくるので、むしろ花壇などで水遣りが頻繁にされる場所より
多少悪環境の方が勝手に増え続けるのでしょうね。
野辺の雑草類は殆どが余り手を掛けられずに育つ方が似合っているような気がします。
ムシトリナデシコもたぶん花壇などよりは空き地や道ばたの方が育つ環境としては良いのでしょうね。

コメントを投稿

夏 赤・桃色系」カテゴリの最新記事