HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

チョウジタデ(丁字蓼)

2021-10-30 | 草 果実・種子

葉が色付くにはまだ少し早いけれど
緑色だった果皮が色づき、破れて果実から種子が零れ始めている。




▲ 果実の先端には萼片が残る。▼

(2021.10.12 明石公園










▲ 薄く赤い果皮が破れると、中から薄茶色の内果皮が現れる。種子はこの中に一つずつ包まれている。▼





▲ 種子は柔らかい内果皮に包まれて整然と並んでいる。▼



▲ 整然と並んでいた内果皮はやがて抜け落ち、後には細い筋だけが残る。▼

(2021.10.18 林崎町


チョウジタデ(丁字蓼)
 アカバナ科チョウジタデ属 Ludwigia epilobioides
(2021.10.28 松江

 
▲ 普通は4枚の花弁、萼片  秋の紅葉 ▲
-------------------------------------------------------------
去年撮った果実・種子 チョウジタデの果実・種子 アメリカミズキンバイ(ヒレタゴボウ・鰭田牛蒡)

今年のチョウジタデ 秋の紅葉


コメント   この記事についてブログを書く
« ハツユキソウ(初雪草) | トップ | ヤブマオ(藪苧麻) »

コメントを投稿

草 果実・種子」カテゴリの最新記事