HAYASHI-NO-KO

南アルプス 塩見岳東峰からの北望
(仙丈、甲斐駒、北岳、間ノ岳、農鳥岳 手前は仙塩尾根)

チョウジタデ(丁字蓼)

2017-11-08 | 草 果実・種子

チョウジタデの果実から粉のような種子が零れ
その後に細い糸状のものが残る。
ここではまだホソバヒメハギが花を咲かせている。












(2017.11.02 松江

チョウジタデの花は黄色。
秋が深まると全草赤く焼ける。
剛ノ池畔のチョウジタデの花も終わった。
そろそろ葉も赤くなり始めている。


▲ 花筒が長く、萼片と合わせて横から見れば「丁子、丁字」

▲ 秋の深まりと共に全草赤。▼







▲ まだ緑を残した葉も見える。



▲ 花が終わる頃には長く伸びていた花筒部分が赤く色づいていた。
やがて色づいていた果殻が破れて、中から薄茶色の種子。
種子がこぼれ落ちた痕には「部屋の仕切」が糸状に残る。




チョウジタデ(丁字蓼)
 アカバナ科チョウジタデ属 Ludwigia epilobioides
(2017.10.09 明石公園


チョウジタデの花

-------------------------------------------------------------
今年のチョウジタデ ヒレタゴボウ(アメリカミズキンバイ)


コメント   この記事についてブログを書く
« ホソバヒメミソハギ(細葉姫... | トップ | ノブドウ(野葡萄) »

コメントを投稿

草 果実・種子」カテゴリの最新記事