HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

チョウジタデ(丁字蓼)

2021-09-18 | 秋 黄色系

稲刈り前の田んぼに出てくる。
ホソバヒメミソハギも同じだ。
タカサブロウやアメリカタカサブロウも出てくる。
イヌホタルイも出てくる。
時折、クサネムも混じっている。






▲ ここでは4弁のものの方が多い。萼片もおしべの本数も4。 ▼



▲ 花弁が4枚のものは、おしべも4本、萼片も4弁 ▼





▲ 花弁はかなり早く落ちてしまう。茎の一部や子房部分は赤く色付いている。▼

▲ ここでは4弁のものの方が多い。▲

▼ 以下は5弁の花 ▼



▲ やはり5弁も普通に咲いている。▼



▲ ん?? 6弁?? おしべも6本見える??▲

(2021.09.10 松江


▲ 花弁4枚の花は萼片も4枚、おしべも4本。▼

チョウジタデ(丁字蓼)
 アカバナ科チョウジタデ属 Ludwigia epilobioides
(2021.09.18 林崎町

 
▲ 普通は4枚の花弁、萼片  秋の紅葉 ▲
-------------------------------------------------------------
去年撮った果実・種子 チョウジタデの果実・種子 アメリカミズキンバイ(ヒレタゴボウ・鰭田牛蒡)

今年のチョウジタデ 秋の紅葉


コメント   この記事についてブログを書く
« ホシアサガオ(星朝顔) | トップ | アカバナユウゲショウ(夕化粧) »

コメントを投稿

秋 黄色系」カテゴリの最新記事