経理のお局

一般法人、会計事務所と経理の道を、ん十年・・・思えば長い道を歩いています。
今、自分にできるベストを尽くしてま~す!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

寄付金控除を受けるための手続きは~(個人の場合)

2007年07月28日 10時56分34秒 | 税金の話
 申告するのは、確定申告のときになります。

<控除を受けるための手続き>

寄付金控除又は、政党等寄付金特別控除に関する事項を記載した確定申告を提出する必要があります。

政治活動に関する寄付については、選挙管理委員会等の確認印のある「寄付金(税額)控除のための書類」を申告書に添付することが必要です。

その他の寄付については、寄付した団体等から寄付金の受領証などの交付を受けて、申告書に添付するか、申告書提出の際に提示することが必要です。

なお、一定の特定公益増進法人に対する寄付や、特定公益信託の信託財産とするための支出については、その法人又は信託が適格であることなどの証明書の写し又は認定書の写しを申告書に添付するか、申告書提出の際に提示することが必要です。


  個人が政治活動に関する寄付をしたときは
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政党等寄付金特別控除(個人の時)

2007年07月28日 10時55分44秒 | 税金の話
いよいよ、明日は参議院議員選挙ですね。
さっき、選挙カーが通っていきました。

さて、個人が政治活動に関する寄付を行っ場合どうなるでしょうか?
(政治活動に関する寄付金)

個人が支出した次の団体等に対する政治活動に関する寄付金のうち、一定の要件に該当するもの
<1>政党
<2>政治資金団体
<3>その他の政治団体で一定のもの
<4>一定の公職の候補者

政党等寄付金特別控除(税額控除)

{(その年中に支出した政党等に対する寄付金の合計額)- 5000円}×30%=政党等寄付金特別控除額(100円未満端数切捨て)

注1:寄付金の額の合計額は原則として所得金額の30%相当額が限度。

注2:特別控除額は、その年分の所得税額の25%相当額が限度。


個人が寄付金控除を受けるための手続きは・・・

選挙カーの音、駅前でのビラ配り、街頭演説ももう少し・・・
静かな日々がやって来る~
皆さん、選挙に行きましょうね!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加