囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

1000回負けようが信念で打て!の巻

2018-09-15 14:32:39 | 豆腐語録

こんにちは

縄文人です

 

豆腐の角先生

 

スランプに際して

ひとつ処方箋を出していただきました

 

それとメッセージ

「1000回負けてもいいから信念を持って打て!」

 

この言葉の意味を縄文人は考えました

 

勝ち負けより自分のコンセプトに正直であれ

勝ち負けはその結果でしかない

 

大局観を大切にということなのだろう

実戦では思い描いたコンセプトが崩れてしまうこともあるかもしれない

でも自らストーリーを創造して打たないと得るものはないと・・・

 

 

んなとこで

今朝、気持ちを入れ替えて打ってみました

 

黒番中押し勝ち


棋譜再生

 

棋譜にコメント入れてます^^

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ヨミを入れようの巻 | トップ | 神前試合の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

豆腐語録」カテゴリの最新記事