囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

武宮先生の棋譜並べの巻

2018-07-13 22:19:58 | 棋譜鑑賞

こんばんは

縄文人です

 

 

 

 

武宮正樹先生の打ち碁集を入手しました

早速並べてみました

 

 

 

 

 

 

武宮正樹先生黒番

林海峰先生白番

 


棋譜再生

 

 

 

 

 

 

ツケヒキ定石ですが

武宮先生、上方に構える

 

 

 

左辺が4手で模様の雰囲気になっています

 

 

左辺、箱型に

 

 

白のオオゲイマには即効、急所への打ち込み

 

 

右下は地に

白の厚みは左辺の黒模様があるため働きにくそうです

 

 

ハネだし

薄いように見えますが

 

 

左上にシチョウアタリを仕掛ける

ハネ出した石はポン抜かせてしまう

 

 

左辺の模様が固まってきました

 

 

模様をふわっと囲いました

このまま地になると勝負が決まってしまいます

 

 

白、消しにきました

 

 

すぐに相手せず

右上にもたれていきます

そしてケイマで大きく圧力をかけました

 

 

左辺をうまくまとめられました

 

 

この割り込みには驚きました

自分のダメは二つ

赤信号ですが・・・

 

 

下辺もまとまってきました

 

 

 

林先生も模様を創意工夫で削減にいかれましたが

ここで投了です

 

感想

武宮先生の碁は大きく囲う雄大さ、柔らかさと

相手のスキを逃さない厳しさの二面性を感じました

 

広げておいて相手を厳しく攻めて囲いを固めるという雰囲気でしょうか

 

 

武宮正樹先生

 

蝶のように舞い蜂のように刺す

 

とボクシングのモハメッド・アリの形容と似ていると思いました

そして今、アルゼンチンタンゴで楽しく踊られています

 

 

コメント

豆腐殺法②の巻

2018-07-13 06:51:17 | 棋譜鑑賞

 

おはようございます

縄文人です

 

今日は豆腐の角先生の

打ち碁を勉強します

 

黒先です

白割りうちに対して・・・

迫りつつ下辺の模様を拡大するケイマ

 

 

キリンの顔に右上下に一間飛びで守り

 

 

白のかかりは恐くない

 

 

 

無視して下辺の模様を盛り上げる

 

 

さらに右上を閉じ込めにくるが

まだ恐くない

左下カタツケで圧迫しなが模様の拡大を図る

 

 

はさんできた

カタツキに手抜きなので

押さえ込み

これは強烈

 

 

白の出に押さえてはいけない!

あとで切りだされた時に形がない!

 

 

ノビが形

 

 

 

キリにはカタツキで頭を出していくのが形

 

 

4子をねらってる

直接働きかけない!

犬の顔で左辺に働きかける!

 

 

白の受けに

左上へのツケ!

この手は難しい発想

分断するぞと主張しつつそのどちらかを破壊するねらい

 

断点は手堅く守る

 

 

 

 

 

壁がつながってきた

4子をねらう準備が進行

 

白さんは気付かず左上はさみ

それに対してはカケ!

 

厚みの碁では相手に地ができることを気にしてはいけない



いよいよ4子の包囲の壁が完成しつつある

 

 

4子は直接攻撃にいかない

右下から広げて

相手の動きだしを誘う

その反動で攻めようと考える

 

 

白が模様に嫉妬して打ち込んできた

チャンス!

 

 

ヘボコスミだが割いていく

 

 

 

ここでケイマで頭を出すのが肝要の手筋!

縄文人は一歩一歩出てしまうところ

スピードがありかつ切れない(手筋:働きが大きい)

 

 

包囲は完成!

自分の気持ちの悪い所を守る

この後は欠陥をつかれないようにシェアに打って行けば

御用にできる^^

 

 

白の勝負手?

下辺の黒を殺そうという意図

 

 

中でもがくも冷静にダメをつめていく

(ワタリもみている)

 

 

白は不発

 

 

中でもがきはじめた

傷をねらい活きようとする白

ここは慎重に傷をつかれないようにする

白のぶつかりにアタリを打たれないないようにツナギ!

下手に相手にツケルと2眼作るきっかけを与えてします

そとからジワジワいく

 

 

中の白に反撃の手はない

右下からのびた白の頭を押さえて絡み攻めの効果で

こちらもいただく

 

御馳走様^^

 

 

ここで白

投了

 

 

極意

石を取る時は・・・

 

 

もたれ攻め

包囲したら傷を狙われないないように

慎重に手堅く打つ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

豆腐殺法の巻

2018-07-09 22:59:51 | 棋譜鑑賞

 

こんばんは

 

縄文人です

 

今日の棋譜並べは

豆腐の角先生の打ち碁です

 

豆腐の角先生黒番です

 

白上辺大場に構える

黒右下しまり

 

 

右上定石後

黒から三線の石にかたつき

 

 

白手抜きして左上しまり

 

これに対しては気合でオサエ!

手抜きは許さない!

 

下辺を模様化

三間の飛び

手筋なので切られない

思いっきり広げる

 

模様の中に入ってきた白を猛攻撃

急所、目を取る・・・

二眼できるまでは攻めが利く

その間に下辺を地にして利益を上げる

 

白さんが2眼を作らない・・・

仕方ない

死んでもらいます

 

白さんもがくも頓死

 

豆腐の角先生は殺さなくとも攻める過程で利益が上がればよいという考えでした

でもいよいよとなると殺します

「仕方ない。殺すか。」

 

相手が2眼作るまでは徹底的に攻め続ける

 

 

 

 

 

 

 

コメント

最古の棋譜

2018-06-24 14:58:00 | 棋譜鑑賞

一力遼八段

 

こんにちは

縄文人です

 

今日はお休みなので

興味のある棋譜を並べて楽しみます

 

鎌倉時代(1253年)に打たれた現存する

最古の棋譜です

 

日蓮上人(32歳)白番と

吉祥丸 黒番です

 

最初は隅を置き合って始められています

中国方式です

その後置き石制は廃止されたそうです

天元にも黒が置き先番ですから二子置いた形です

 

結果はジゴになっています

 

 

 


棋譜再生

 

 

コメント