囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

対局の時のポイント考の巻

2018-11-29 19:41:59 | 棋理

 

こんばんは

縄文人です

 

対局の時のポイントっていろいろあるんですが

絞り込むと

 

 

  1. 石の強弱は最優先に打つ

  2. 一貫した方針で打つ

 

になると思います

 

 

 

 

この二つ

ではどうすれば実現できるかというと一言では表せない

奥の深さがあります

 

 

 

 

 

白石勇一七段の言葉で

「強い人ほど基本に忠実で自然な手が打てている」とあります

この二つのポイントを基本に忠実にできるよう日頃から

修練した結果が盤面に現るということになると思います

 

 

 

 

 

この二つは対局の方針ということになるのですが

その手段としてのポイントがあります

 

 

  1. 形勢判断

  2. 時間配分

この二つが方針を実現するのを支えてくれることになります

 

分岐点で形勢判断を行い強く攻めるべきか一歩進んで飛躍した手を打つか

優勢であれば傷を作らないで安全運転となります

 

時間配分、これ意外と大きい要素なのです

 

縄文人は時間の長く取れる碁会所では二段で打てています

しかし持ち時間が短く秒読みのあるネット碁だと

7級程度です

ここぞという時に時間に追われ焦りその場しのぎの手を打って負けることが多いようです

 

持ち時間は使い切る

30秒の秒読みに入ったら打つところは決めておき28秒まで盤面全体を見渡し考えてみる

時間をぎりぎりまで有効に使えば短くはないよと豆腐の角先生から教わりました

 

理論が身につくのには時間がかかります

しっかり勉強してまいりましょう!

 

 

コメント

痛快な勝の巻

2018-11-28 23:28:13 | 対局

こんばんは

縄文人です

序盤で運よく

一石二鳥の手筋が決まりました

 

 

黒先中押し勝ち


棋譜再生

コメント

活きている石の近くは小さいの巻

2018-11-28 18:25:28 | 棋理

こんばんは

縄文人です

 

すっかり寒くなりました

師走の足音がそこまで来ています

 

苑田勇一九段の

「活きている石の近くは小さい」

この棋理は石の強弱に係わる

最も基本的なものですねえ

 

豆腐の角先生も

ご指導で

 

1.    広い方からかかり相手を狭い方または自分が強い方(厚い方)へ追い込む。

2.    生きている石の近くは小さく、相手をそこへ追い込む。

3.    生きている石から開かない。

 

自らは活きている石の近くは打たない

相手には打たせる

それにへばりついた相手の石はカス石で

軽い石ということです

 

でもつい活きている石から広げてしまいます

安全だと思う本能が働くようです

実戦で使いこなせるに強くこのことを認識し練習するしかないですね

コメント

一石二鳥の手を打つの巻

2018-11-27 20:07:23 | 棋理

 

こんばんは

縄文人です

 

囲碁は直線的に打っても差はつかないです

王手飛車取りのような一石二鳥の手を打てればリードできますねえ

そこはどこか?

それが難しいのですが・・・

 

 

 

豆腐の先生曰く・・・

 

〇感情ではなく理性(計算)で打つ!


〇一石二鳥の手を打つ!

(助けて利益のあがらない石を引っ張りださない)


〇形勢判断をする!


〇コウになったら2手連打して稼げる所にコウ立てする!



最初に教わった対局の心がけです^^



 

コメント

顔を見ず盤面を見よの巻

2018-11-26 19:16:18 | メンタル

こんばんは

縄文人です

寒くなってきました

皆さんお風邪など召されてないですか

貝原益軒の「養生訓」では

風・寒・暑・湿は畏れて早く防いで遠ざけなければならぬ

とあります

我慢しないことですね

温かくしましょう

 

畏れって囲碁でも大敵なんですよねえ

この人強い・・・

強そう・・・

とか思った瞬間負けています^^

 

 

 

 

 

 

豆腐の角先生曰く・・・

 

相手を自分より強いと思うな。

自分の方が強い!

 

 

相手の顔を見て打つのではなく盤面を見て打つ。

相手が強いと思った瞬間に負けている。

有利になったら嵩にかかって攻める



ひるむな!


とスヌーピー流の縄文人に^^

 

 

コメント