囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

プロの指導碁から学んだことの巻

2020-07-15 23:05:12 | 指導碁

 

こんばんは

縄文人です

 

熊本秀生四段の指導碁です

以前して打っていただいたものです


棋譜再生

再現は途中までです

10目白がいいというところでストップされました

 

 

講評

序盤石が小さく集まり大場に打ててない

ある程度のところで大場に先着した方がよい

 

上記の克服法はありますか?

序盤は感覚で打つので10秒で答えが出る

考えすぎたて却って悪い所に打ってしまうことも

 

詰碁をする

早碁も時々して感覚を磨く

 

 

7子局まではパターンで打ててましたが

5子局だと創意工夫がないと勝てないというのが実感です

 

いつも言われるのは守るだけの手を打ったら負けと言われます

ファイティングスピリッツが大切なんですね

 

詰碁は毎日12問 詰碁プロです

早碁は 天頂の碁ZENとです

 

一応やってるかな^^

 

 

 

 

コメント

熊本秀生四段の指導碁②の巻

2019-03-17 23:46:09 | 指導碁

 

こんばんは

縄文人です

 

博多囲碁広場で

熊本秀生プロの指導碁を受けました

 

五子局

勝つぞ~~~

 

中盤で大きく地合い差が開いて負けてしまいました

 

  1. 不要な守りの手が数カ所あった
  2. 死活で心配しすぎていた
    ~2眼できなければ頭を出すことができていた
    攻められて無理な瞬間に実行でよい
  3. 相手に響いてなかった

 

何か考えすぎて萎縮した感じでした

勝とうという心持もよくない気がしました

 

また来月ガンバリマス!

 

それまで練習です

 

 

交流対局の方は二勝できました

 

中学二年の女子と3子局

80目対45目

 

シニアの男性の方と

白番 41.5目対31目

 

 

コメント