囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

碁の大局観の巻

2018-09-15 09:20:36 | 棋書

おはようございます

縄文人です

 

白石勇一七段著

やさしく語る

碁の大局観

を完読しました

 

「碁の本質」で

石の強弱が最も重要と語られました

これは豆腐の角先生はいつもご指導されますが

プロには常識であらためて言っている棋書がないように思います

 

 

「碁の大局観」

 

この本では置き碁を題材に重要な棋理を解かれています

 

 

ポイントをご紹介します

  1. 碁の本質は戦い
  2. 戦場を見極めることが重要
  3. 勝負を焦らない
  4. 碁盤全体を観る
  5. 狙いが残るように打つ
  6. 線を切る
  7. 根拠を確保する
  8. カス石は助けない
  9. 分断して攻める
  10. 根拠を奪って攻める
  11. 強い石の近くは小さく囲わせる
  12. 常に捨て石を意識する
  13. 見合いを意識する

 

驚いたのは

豆腐の角先生がいつも強調してご指導される内容と一致していました

プロの棋理の常識が網羅されているからだと思います

 

これに苑田勇一先生の

◇生きている石の近くは小さい

 

竹清勇先生の

◇厚みには近づかない、模様には近ずく

 

このあたりの棋理で重要な所は網羅されているのではと思いました

印象に残ったのは

「大体そのあたりに石がきていれば正解です」

というところ

他の本の問題では一箇所が正解と大体書いてありますが

 

これが

まさに大局観で

先日、縄文人、思考法の研修で勉強しましたが

「細かい分析ではなく全体の本質を捉える力」

ということです

豆腐の角先生も棋譜をみていただく時は

「まあまあここはよいとして流れ的にはOKです」

という感じで考え方に重点を置かれます

部分の応接はまあそのうちうまくなるでしょう

という感じだと思います

 

「碁の大局観」

 

大変勉強になります

 

 

 

 

 

コメント

囲碁ワールドの巻

2018-07-17 22:30:43 | 棋書

こんばんは

縄文人です

楽しみにしている

囲碁ワールドが届きました

 

藤沢里菜ちゃんが巻頭を飾っています

立葵杯の防衛、

よかったですねえ

初戦を落とされたのでドキドキしました

 

 

付録

三手の詰碁

これはすぐ挑戦したいです

 

まずは漫画を読まなくては

 

井山裕太物語

天棋

 

そして花ちゃんの囲碁サロン巡りも楽しみ

 

 

そして問題解いて投函

勉強の材料たくさんあるし

囲碁界の最新情報もあり楽しみます^_^

 

 

コメント

模様の使い方を知りたいの巻

2018-07-07 18:59:26 | 棋書

こんにちは

縄文人です

 

豆腐の角先生からは黒番では大体において

模様と厚みの碁を教わっています

実利の碁の打ち方も教わりましたが

このふたパターンは正反対の性質を持ちます

 

模様と厚みの碁は幅を広く打っていく

実利の碁は幅を狭めていく

 

どちらも面白いのですが

縄文人は黒番では模様を張ることが多いです

まあ相手の出方で序盤でどちらかに決めて

一貫した方針で打つことは大切です

 

 

今日は棋書を完読したのでご紹介します

 

勝てる模様の使い方

金秀俊八段著

 

 

 

 

内容の骨子です

 

模様で重要なポイント

1 弱点があればしっかり守る

2 自分の模様の方が大きい場合は囲う

3 攻めながら模様を囲う

4 侵入してきた相手を厳しく攻める

 

縄文人は黒番では模様の碁を目指しています

石の勢いがあって楽しい打ち方だと思います

 

豆腐の角先生から手ほどきを受けますが

広げ方の巧みさは見事です

それに手筋の厳しさが相まって

超強いにです

相手の弱い石をせめられますが

これが巧みです

早い段階で大石を仕留められてしまうのです

でも・・・

別に取らなくても自らの利益が上がればよいという

ことで無理に取ろうとしているのではないとのことです

 

縄文人はこの辺り、下手くそです

相手が模様の中で余裕で活きてしまい

さらに地をもってしまうのです

 

攻めに厳しさが足らない。。。。

 

それでこの棋書を貪り読んだのでした

模様の戦いの際の手筋も多く紹介されていて

並べてみたくなります

 

黒番でスカッと勝ってみたいものです

 

 

 

 

 

コメント (2)

囲碁と悪女の巻

2018-07-02 22:45:46 | 棋書

みなさまこんばんは!

縄文人です^^

 

明日は台風で大変になりそうな福岡です

みなさまもお気をつけください

 

 

 

 

 

 

 

今日は読書感想文です^^

 

 

 

 

稲葉禄子さんの

「囲碁と悪女」

 

 

すごく楽しく読ませていただきました

 

 

稲葉さんはたくさんの有名な方にレッスンされているんですねえ

政治家・学者・文学者・ミュージシャン等々

 

囲碁打つだけじゃなくその交流が深みにはまっていって面白いんですよね

棋風というか人格というか囲碁を通じてあぶりだされていく様

稲葉さんだからできたと思いますねえ

彼女は美人でスタイリッシュ

しかしなぜか気さくで親しみ深いのです

だからみなさん心を開いてしまうのでしょうね

まあ囲碁を一度打つと大概打ち解けるのは不思議ですが

 

 

 

自称 アル中^^

   半部冗談でしょうが万波奈穂ちゃんと双璧なのは確かみたいです

 

 

自称 悪女^^

   これは僕にはよく分かりません?

   どこが悪女何だろうか

   多分、美人であけっぴろげで

   囲碁もしてお酒も飲んでおしゃべりして

   人気があり過ぎだから碁会、いや誤解されるのでしょうね

 

 

 

 

 

おっと御本の感想ですが・・・

 

外国ミュージシャンのレッスンははらはらしましたねえ

まあ縄文人にも愛妻がおりますし稲葉さんも素敵なご主人がおられるので

妄想してるのは自分ねんですが(爆)

 

有名人の方の交流では棋風から人柄や人格が丸裸になる?

いや稲葉さん、観察力が半端ねえ!と思うのです

とことんつきあってる感じだし

 

泣けたのはお医者さんのお父さんが死に際に稲葉さんと碁を打って

満足して旅立たれた話・・・

 

確かに碁打ちは囲碁愛半端ないですから

三度の飯より囲碁だろうってとこありますねえ

まあ縄文人はご飯の方が好きみたいなのですが

 

でも稲葉さんは院生だったので囲碁めちゃ強いわけで

だから碁打ちにはたまらない存在なのですね

 

まとめ

囲碁を通じた交流はすばらしい♡

 

 

 

  

 

 

 

 

 

コメント

ひかる手筋の巻

2018-06-12 19:35:33 | 棋書

 

 

こんばんは

縄文人です

研究熱心なお友達が

「縄文人さんよい本を見つけました!」

と教えてくれたのが

なるほど!ひかる手筋

 

大橋拓文先生が週間碁で連載された人気シリーズとのこと

第一問目 黒番

 

切り込みからいきます

 

結果、二段コウ

Aまで取れれば大戦果

 

確かに手筋が決まった快感がありますねえ

うん、ひかってる^^

 

毎日一問って感じで並べてみますかねえ

 

 

 

コメント