囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

隠居後の囲碁ライフを予行練習の巻

2020-09-18 14:18:17 | 雑記

こんにちは^^

縄文人です♪



今日はお休みをいただけましたので

おうちで一人で過ごしています。


縄文人は70歳になったら隠居するつもりでいます。

それまでは外で働きたいです。

グータラな縄文人は仕事をやめたら心身がだら~となってしまうと思うからです。

少なくとも仕事をしてれば体調管理に気をつけるのでよいのではと思います。


んで、今日はもし隠居をしたら

どんな生活になるか試しています。


お昼過ぎまでのメニューです。


朝ごはん

囲碁の練習(詰碁・手筋・問題集)

運動(真向法、筋トレ、太極拳)

便所掃除

囲碁ネット対局

お昼ご飯

囲碁ネット対局

Screenshot_20180904-1.jpg


何か時間ができたら囲碁ネット対局しそうです。

PCの前に座るとついやってしまいます。

この何局も続けてネット対局するのは非常にまずいですねえ。

1.ゲーム感覚になる。

2.反省せずに次の対局にいってしまいがち。(今日は対局後反省のブログをかきましたが)


この囲碁キチのとこがリズムをくずしそうですねえ。


一番良いのは昼ご飯食べた後は人とリアル碁を打つのがいいです。

まあ二局が集中できる限度かな。


碁会所に通えるような経済的な余裕があればよいですが、

毎日は無理っぽいです。

週一かな?


午後からは囲碁友を作ってただで打つのがベストです。



午後の予定は・・・

詰碁

棋譜並べ

ZUMBA

くらいかな?



囲碁と運動の一日になりそうですねえ^^

38001525_1120011478152673_7453968471521492992_n.jpg


折り紙建築も毎日一作やると頭と手先のトレーニングによいなあ。



あつ!

ブログには楽しかったことはあげたいと思っています。


すでに15年はブログしてますねえ。




コメント   この記事についてブログを書く
« 白番 中押し勝ちの巻 | トップ | 黒番6.5目負けの巻 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事