千葉市の整体院、オスグット、椎間板ヘルニア、腰痛、膝痛、肩こり、四十肩五十肩、自律神経失調症、へバーデン結節でお悩みなら

千葉市中央区のいっぽ自然整体院。
病院、整骨院で良くならないならココ。
電話043-225-3232

情報を選べるか

2018年09月19日 | 日記、独り言
今はインターネットの普及、発展で
いろんな情報を手軽に得ることがきます。
この状況は30年前くらいから急速に伸びています。
それまでは本や新聞などの紙媒体か
直接人から情報を得るか
テレビ、ラジオなどから得るかでした。

家庭には辞書や百科事典などもありました。
ネットの情報量は百科辞典どころではありません。
今は情報を得ることの苦労から
情報を選ぶ苦労の時代ともいえます。
間違った情報も多く、
その中から正しい情報がどれなのかを選べるかです。

情報が正しくとも、
受け取る側が間違える、誤解して受け取る場合もあります。
人それぞれ受け取り方が違うのも当たり前のことです。

同じ人でも、
そのときの状態によっても受け取り方が変わったり、
同じ情報でも経験、時間を得て
違う受け取り方をする。
昔読んだ本や見た映画を
時がたって見直す、読み直すと
昔の印象とは違ったものを感じたり、
新たな発見があったりする。

情報が変わったわけではなく
受け取り方が変わったということです。
コメント

体のゆがみだけじゃない

2018年09月18日 | 健康
昨日テレビで背骨のゆがみをテーマに
肩こり、腰痛の改善、防止をする番組を見ました。

番組では医師がその解説に携わっていました。
その分野でいえば、私も専門ですが
社会的な権威も信用もないので、、、

日ごろの行動で問題になるものとして
コルセットをいつも着用するのは
筋肉の減少を招くので急性時は有効だけれど
常用は薦められないと解説していた。

私も同意です。
しかし、それだけではありません。
筋肉が硬くなる。
血行が悪くなる。
腰椎をかためると脚、股関節の負担が増える。
などほか、いろんな問題があります。
そういったことが引き金、蓄積で
様々な問題を招くことにもなってしまう。

そのほかの日常生活の問題でも
その一つの問題だけをとりあげているばかりなのが
私としては物足りなく感じました。

しかし一つの動作が、いろんな部分、
さらにはそれが大きな問題になる可能性がある
ということは説明も大変だし、
理解もされにくい。

医師もテレビ的に簡略解説せざるを
得ないのかも知れない。

ネット情報が発達し様々な知識、情報が
手にすることができる時代です。
視聴者もそろそろ
そういった表面的なことだけを鵜呑みにすることから
さらにもう一歩踏み込んだことに目を向けられる、
知恵を持つことができるはず。
コメント

時代の流れと精神論

2018年09月16日 | 日記、独り言
最近少しその問題も落ち着き気味のようですが
ラグビー、ボクシング、体操、ウエイトリフティングほか
スポーツの世界における古い体質や組織が
パワハラなどでマスコミに取り上げられるようになった。


学校の部活、プロスポーツにおける指導者も、
これまでのような指導方法や、やり方は
社会的にも、成績面の効果においても
適応できなくなっている。

私自身も大学では空手部にいました。
当時はまだ、しごきや厳しい上下関係があり、
根性、気合といった精神論がメインのような
風潮がありました。

しかし、当時は、そういった風潮は他の大学も同じです。
そしてその古いやり方のところが多かったからこそ
通用したやり方だったのだとも思います。
同じ風潮同士の試合では強いのですが、なぜか、

いわゆる軟弱なおぼっちゃま学生というイメージの
大学には負けてしまうということが
何度かあり、不思議に思いました。

科学的なやり方も重視した考え、やり方に対して、
いわゆる根性、忍耐といった精神的要素を
重視するようなやり方では
試合で負けてしまう。

要は、合理的、科学的に練習等を見直すほうが
いい結果を得やすいということです。
それに基づいた練習を行う際は
根性、我慢強さといった精神面も必要になるでしょうが
これまでは目的が「根性を鍛える」であって
「技術を磨く」「うまくなる」ということではない練習に
なっていたと思われます。

練習などを合理的、科学的に研究しないのでは
今日、良い結果を出せないのは当然です。

かつて、軟弱なイメージの大学に負けてしまうというのも
そこの大学は勝つために科学的、合理的な練習を
研究して、臨んできていたのかも知れません。
(学力の偏差値レベルも高いところですし)

コメント

秘術

2018年09月14日 | 健康
整体というと
何か秘術のようなものを期待する方もいます。
いっぽ自然整体院の手法理論は
いたって単純なものであって
そこに秘術はありません。

ただし、単純といっても
その意味することが人によって違う。
「単純」の意味、レベル、質など
どう解釈するのかによって、
手法は違ってくるのだろうと思います。

見た目の手法は十数年前に習得した
自然形体療法のそれと
おそらくは変わっていないのですが
私自身の中でその意味、理論、感触、要領は
以前のそれとは大分違っていると感じています。

そういった目ではわからないこと
言葉や見た目ではわからないことは
人に伝えることは困難です。
秘術はないとはいえ、そこが秘術の部分になってしまう。

ただし、
そういったことも
日を重ねるうちに言葉でも
ある程度表現できるようになっている。
コメント

2018年09月12日 | 日記、独り言
裏庭の栗の木を先週収穫したのですが
昨年の半分くらいの出来でした。

昨日の夕食は久しぶりの鍋にしました。

今日は朝は肌寒く、長袖でも良いくらいの
気候ですが、クーラーが不要な
ちょうどいい気温です。

朝日差しで起きるのが
もうだいぶ日の出の時間も遅くなっており
寝過ごしかねません。

草刈に苦労した季節から 
落ち葉掃きに苦労する時期が
近づいてきました。
コメント