いかりや爆氏の毒独日記

最近の世相、政治経済について「あれっ?と思うこと」を庶民の目線から述べていきたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

強いものに跪くアベ、強い者に屈しなかったチャベスの死を悼む。

2013-03-07 18:59:42 | 日記

木綿:
 
アベ総理、

 古本屋で古い歌の本をみつけたら、こんな歌が載っていた。

広くあまねく 自由な貿易
心を隠した 美しいその言葉
その背に隠れる 人たちの思いを
私は知っている アベ 待ちぃ~や

祭壇の前にたち 偽りの哀悼捧ぐ
十字架に ひざまづいて
アメの許しを願う
その背にかかれる いく筋もの鎖を
私は知っている アベ 待ちぃ~や

アベというのは阿米、「米に阿る」とかくのだろう書くのだろうか。

作者不詳とあるが、その意を知りたいものだ。
  

いかりや:

 >広くあまねく 自由な貿易・・・、美しいその言葉

美しい言葉の裏に棘がある。だが、その美しい言葉に幻惑されて、
誰も反論する者はいない・・・少なくとも、政治家、経済学者、ジャーナリストたちなどなど。

美しい言葉に幻惑されて反論できなかったのは何故か?
「自由」という言葉の概念には、「平等」という言葉がつきものだから騙される・・・実際には「平等」なんて、経済行為においては存在しない、力関係(為替相場や需要と供給という力関係も含めて)があるだけ。

「自由な貿易」とは、「すべての規制を取っ払って、自由に競争をしようよ」ということ、一見尤もらしい。当然、強い者が勝つ。

経済行為は人間だけが持つ世界、当然(契約なども含めて)規制で成り立つ世界である。規制にはその国や地方独特の商習慣や風習も含む、その規制を緩めれば、弱肉強食の世界にもどる。

祭壇の前にたち 偽りの哀悼捧ぐ 十字架に ひざまづいて

 人間は弱いもの、強いものたちに必ずおもねる・・・だから、ますます強いものが跳梁跋扈する。

 「ひろくあまねく」とはグローバリゼーションのこと・・・この世界が、「多国籍企業≒ユダ金?」の欲得一色の世界とは、なんと味気ない世界かと思う。

 折も折、アメリカ大統領に盾突いた男、ベネズエラのチャベス大統領(58)が亡くなった。

 「ブッシュは悪魔」と罵った男、

2006年9月20日の国連総会での彼の演説は出色もので、チェ・ゲバラの国連演説を彷彿させるものだった。

彼は、前日ブッシュアメリカ大統領が演説したことに触れ、「昨日、ここに悪魔がきた、まさにこの壇上に、まだ地獄の悪臭がする」と言い放ち、天を仰いで十字を切った。

壇上にあがったチャベスは最初に米国の言語学者チョムスキーの著書をかざし、「これは素晴らしい本だ。スーパーマンの映画ばかり見ていないで、アメリカ人はチョムスキーの本『覇権か生存か』を読むべきだ」と訴えた。

 


【3月6日 AFP】
バラク・オバマ米大統領は5日、米国の「宿敵」とされたベネズエラのウゴ・チャベス(Hugo Chavez)大統領の死去から数時間もたたないうちに声明を発表し、ベネズエラとの今後の「建設的」な関係に関心を持っていると述べた。
 
 オバマ大統領は短い声明文の中で、「ウゴ・チャベス大統領の死去というこの困難な時に、米国はベネズエラ国民への支持と、ベネズエラ政府と建設的な関係を築くことへの関心を再表明する。ベネズエラは歴史の新たな1章に入るが、米国が民主主義の原則、法の支配、人権の尊重を推進する政策に徹することに変わりはない」と述べた。
 
「米国が民主主義の原則、法の支配、人権の尊重を推進する政策に徹することに変わりはない」と言うオバマの美しすぎる言葉は信用できない。チャベスの死により、ベネズエラはアメリカの介入を招き、混乱することが危惧される。

参照:
【 ウゴ・チャベスという男~炎の国連演説/2006.9.20 】
http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/chavez.html

 

 


 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それにしても、アベおぼっち... | トップ | 日本には米手先はいるが、チ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
希有な人物 (johmodoki)
2013-03-09 08:06:40
ベネズエラの故チャベス大統領が希有な人物だったことを知り、記事と添付文書を興味深く読ませて頂きました。

2006年の国連総会演説でチャベス氏が推奨した「覇権か生存か」の著者とは、
>チョムスキーは米国人でありながら「我が国こそが世界最悪のテロ国家」「米国はアフガンに援助ではなく賠償すべき」と吠えている反骨の知識人・・・

出来の悪いブッシュジュニアがまだ幅をきかしていた頃ですね。当時の米国内にこのような視点を持つ人物がいたこと、そして、チャベス氏がそれに目を止めていたこと。世の中捨てたもんじゃないという気になれます^^

さらに演説でブッシュジュニアを「悪魔」と扱き下ろし、
>ブッシュによる外交政策を「悪魔のレシピ」「まるでヒッチコックの映画」と断罪し、「世界はお前の所有物じゃない、頭を医者に分析してもらえ」と斬り捨てた。

当時知らなかったのは残念ですが、今目にしても胸がすくような思いがいたします^^


翻って国内を眺むれば、主は変われど相変わらず米国追従一辺倒の情けなさ。チャベスさん、霊魂となってこの国の為政者の頭に入り込んでくれませんか・・・なーんて虚しいですね・・・
藁って許して~小さなウソと~♪ (明け烏)
2013-03-09 13:59:11
先ほど、昼食をとりに表に出た。なかなかの繁盛店で特に目に付くのが70歳を超えるであろう夫婦づれである。
食後、コーヒーを飲みながら煙草を吸っていると隣席の老人が(喫煙エリアであるにも拘らず)表に出て吸うように私に言った。「副流煙で発ガンがどうのこうの」と言っていたから、やや大きめの声で、
「副流煙での発ガン率の上昇は数%ですが、食卓に肘をつきながら食事をすると胃癌の発生率が150%上昇しますよ」とウソを言うと、何と店中の人間が姿勢を改めた。
我ながら上手いウソでこれが多くの人間に広まれば、食事に出たときに不快な思いをすることが減じるのではないかとほくそ笑んだ。私は食卓に肘をつくのは他人がそうしているのを見るのも嫌なのである。

「戦前の美しい日本人」「戦前の立派な躾」などと言ってもこの程度のものだろう。
戦前ちゃいます江戸時代ですってw (通りがけ)
2013-03-09 20:48:12
美しい日本とは江戸時代までです。
>>http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20130124/1359036864
・・・ さて、日米和親条約には「通商」は織り込まれていません。林大学頭はどのように交渉したのか。
ペリー「わが国は以前から人命尊重を第一として政策を進めてきた。自国民はもとより国交の無い国の漂流民でも救助し手厚く扱ってきた。しかしながら帰国は人命を尊重せず、日本近海で難破船を救助せず、海岸近くに寄ると発砲し、また日本へ漂着した外国人を罪人同様に扱い、投獄する。日本国人民をわが国人民が救助して送還しようにも受け取らない。自国人民を見捨てるようにみえる。いかにも道義に反する行為である・・・」
林大学頭「・・・我が国の人命尊重は世界に誇るべきものがある。この三百年にわたって太平の時代がつづいたのも、人命尊重のためである。第二に、大洋で外国船の救助ができなかったのは、大船の建造を禁止してきたためである。第三に他国の船が我が国近辺で難破した場合、必要な薪水食料に十分の手当てをしてきた。他国の船を救助しないというのは事実に反し、漂流民を罪人同様に扱うというのも誤りである。漂流民は手厚く保護し、長崎へ護送、オランダカピタンを通じて送還している・・・」・・・
ご心配無用です (明け烏)
2013-03-09 21:30:49
私は、通りがけさんが投稿している限り、もうここには投稿いたしませんから、取って付けたような反論など探さなくても大丈夫ですよ。
最後に一つ言わせていただければ、誰も反論も出来なければ非難も出来ない「美智子皇后」のお言葉を引用して匿名で投稿するのは極めて卑劣です。私は由緒正しい食い詰め者の家系ですが、あなたほど精神は卑しくないつもりです。
唯々、泪 (通りがけ)
2013-03-11 00:20:35
悪魔外道から子供を守る大菩薩の穏やかな声

>9/11 サルバドール・アジェンデの遺言 (1973)

マスコミに載らない海外記事 H.20年(2008年)10月25日 (土)


アジェンデ最後の演説

1973年9月11日、軍のクーデターで非業の死を遂げたチリ大統領サルバドル・アジェンデ。大統領府を反乱軍に包囲された中での最後のラジオ演説。日本語字幕付
Ultimo discurso de Salvador Allende durante golpe de estado, 11 de septiembre, 1973. Con subtitulo japones
 
アジェンデ最後の演説 日本語字幕付 Salvador Allende ultimo discurso

http://youtu.be/SG3f08LVwhE

1973年9月11日

間違いなく、私にとってこれが皆様にご挨拶する最後の機会になるでしょう。空軍がラジオ・ポルタレスとラジオ・コルポラシオンのタワーを爆撃しました。私は恨みの言葉は申しませんが、失望はしています。私の言葉が、誓約を裏切った人々に対する、道徳的懲罰となりますように。チリの兵士たち、名ばかりの最高司令官、自らを海軍司令官に任命したメリノ提督、そして昨日政府への忠誠を誓ったばかりの卑劣な将軍、自らをカラビネロス[国家警察軍]長官に任命したメンドーサ。こうした事実を前に、私がなすべきことは、労働者の方々にこう申しあげることです。私は辞任しない!


歴史的変遷の場に置かれた私は、国民への忠誠として、自らの命で償います。そして、何千人ものチリ人の素晴らしい良心に、私たちが植えた種子は、永遠にしぼんだままではいないと確信していることを国民に申しあげます。彼らには武力があり、私たちを支配することができるでしょうが、社会的な過程というものは、犯罪や武力によって押しとどめることはできません。歴史は我々のものであり、人々が歴史を作るのです。

続きを読むhttp://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-1650.html#more
安倍内閣は直ちに退陣せよ (通りがけ)
2013-03-15 12:04:20
95. 2013年3月15日 11:51:39 : rWn9PLlcps
チャペスが死んだとき悲嘆に呉れて泣き叫ぶベネズエラの老若男女の姿が報道された。仏陀涅槃入寂図の動物も草木木石も生きとし生けるものすべてが泣き悲しむ様には及ばないが、さすがに心身のすべてを祖国のひとびとの幸福のために捧げ尽くした大慈悲身施大菩薩チャペスの入寂であったことが世界中へ明らかに示されたのである。

ひるがえって文鮮明、池田大作が死んだときにいったい誰がその死を悲しんで泣いたというのだ。

この世に生きている60億人以上のひとのうち誰一人として悲しみの涙を流した者はいないのである。

池田大作の実の息子、大作によって国会議員にまでしてもらった前原誠司すら、ほんの一瞬たりとも喪に服さず一滴の涙もこぼさなかった。

世の人々は、推して知るべし。


96. 2013年3月15日 11:57:51 : rWn9PLlcps

このたびのベネズエラ国指導者チャペス将軍の訃報に接して、国として一遍の弔意も表さない人としてのつつしみのかけらもない安倍自公連立日本国政府は、日本人としての恥の極みである。

直ちに総辞職退陣せよ。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事