Memorandums

知覚・認知心理学の研究と教育をめぐる凡庸な日々の覚書

球面性の検定 by R

2009-10-18 | R
Rで被験者内要因のANOVAを行う際のいわゆる球面性の検定。以下の例を参照。
>example(mauchly.test)

Wとp値を算出する。
データ例の解説は、以下。形式は、被験者×要因(被験者内)の行列。
Notes on the use of R for psychology experiments and questionnaires
http://cran.r-project.org/doc/contrib/Baron-rpsych.pdf
p31 以降に反応時間の実験データ例がある。

εについては別に計算。
cf.
RjpWiki: 反復測定ANOVA & 球面性の検定

ANOVA君
コメント   この記事についてブログを書く
« Distributed Hierarchical Pr... | トップ | APA Permissions Policy »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

R」カテゴリの最新記事