感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

岡山市内で倉庫内の木製階段のメンテナンス

2017-11-01 22:57:57 | 店舗改修・改装工事物語
少し寒さが和らいだようにも感じる本日の岡山、倉敷。

気候が良いのは本当にありがたい限りで現場の方は今日も順調に進行している様子。

さて、倉敷市玉島柏島で某工場さんの現場の方では本日も電気配線の工事が進行している様子。

工場の中の事務所となる部分だけに複雑に配線が壁の中を走り回っているようですが、これも打ち合わせを元にプロのアドバイスを取り入れながらの計画。

出来上がってからも長く使ってもらえる工事になっているものと期待しています。

岡山市中区中納言町でのリノベーション現場の方は今日も大工の「ひろちゃん」たちが現場に入り造作工事を進行してくれております。

マンションなどの集合住宅は余り慣れていないとの彼ですが、てきぱきと工事を進めてくれている様子は頼もしい限り。

「まっちゃん」の方も今日は岡山市東区瀬戸町での新築現場で土台設置の前の下準備に墨だしをしてくれた後は、こちらの現場にも立ち寄り工事進行の様子を確認。

取り敢えずは工期に余裕を持って進行してくれているとの事で安心しています。

写真は本日、以前にお世話になっている業者さんより依頼されて倉庫内の木製階段をつくった事があるのですが・・・

今日は少しばかりお客さんより隙間などが出てきているとの指摘を受けて工事を施工した「信くん」が現場で隙間隠しの作業。

無垢材の杉をつかっての階段ですが、やはり木材特有の収縮は否めない所。

それでも余り、ごつごつとした仕上がりにしたくなかった為に当時は加工細工での対応を試みてくれていたようですが・・・

やはり自然の力には勝てず、今回は打ち木をさせていただき対応させていただきましたので今後は同じ現象が起きることなく使ってもらえる筈と思っております。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
コメント