フィクション『同族会社を辞め、一から出直しオババが生き延びる方法』

同族会社の情けから脱出し、我が信ずる道を歩む決心をしたオババ。情報の洪水をうまく泳ぎ抜く方法を雑多な人々から教えを乞う。

私の生活

2018-06-24 22:27:17 | ショートショート

  彩佳はベッドの上で目を覚ました。

あ、私はどこにいるのだろう?

彩佳はすぐに気が付かなかった。

……そうだ、私は「あの人」と一緒にいる。

思い出した。彩佳の夫の事を。

そして、自分の息子と嫁の事を。

息子達は今夜遊びに来るらしい。そうだった、

私はそういう生活を送っていた。

 

他に私の人生があっただろうか?

と、彩佳は考えをめぐらせた。

 

私は「彼」と暮らしていたのだ。

もう長いこと、一緒に暮らしている。

残念ながら子どもは出来なかったけれど、

その分彩佳の事を大事にしてくれた。

 

一緒に買い物に行き、夕飯を作り一緒に食べる。

ワインを飲みながらテレビを見て大笑いし、

眠くなったわ、と「彼」にキスをする。

すると「彼」は彩佳を抱きしめ、好きだ、と耳元で囁く。

 

……そんなごく普通の生活を、私は「彼」と送ってきたのではなかったか?と思う。

 

彩佳はベッドから起き上がると、トイレに行き、

階段を下りて一階に向かう。

すると、これまでの生活の事を思い出したのだった。

 

私は、この家の主婦なのだ。

もう何十年も君臨しているのだ。

彩佳はため息を一つついて、

ソファでうたた寝をしていた夫に向かって声をかけた、

『そんな格好で寝てると腰に良くないわよ』

コメント (1)

癒された!

2018-06-21 20:07:48 | 美しく生きるという事

毎日恒例の愛犬散歩ですが、

ほぼ同じコースを歩きます。

同じ公園ですが、

芝生、木々の間、車道に植えられた銀杏並木。

色んなコースがあるのです。

今日は銀杏並木コースを選びました。

公園にたどり着く前に○○をしちゃったので、

芝生に入る必要がなく、

車道脇の舗道を歩いたわけです。

すると、銀杏達の醸し出す爽やかな空間が、

あっという間にオババを癒してくれました。

あれはなんなのでしょうね、

銀杏の横に立っただけですよ。

あれが木のパワーなのでしょうか?

 

ああ、また会いに来ます!

コメント (1)

女性特有の症状

2018-06-18 22:55:58 | 美しく生きるという事

女性ホルモンのせいで毎月悩まされる、アレ。 

職場の同僚が、腰が痛いと言うので、どうしたの?と聞いたら、アレ、と言っていた。

あああ、アレか、ソレは大変だ、辛いわ、

ね、量がすごいの、漏れないか気が気じゃないの、

そうだよね、………………。

オババはもうないので、

うわ、この職場でアレはきついだろうな、と思っていた。

女は毎月大変なのだ。

そういう意味じゃ女じゃなくなったオババは、

若い頃と同じ髪型でニコッと笑い、

少しでもお姉さんに見えるように目を輝かせる。

そんな風に努力しているのに、

女じゃなくなったせいか、

どうもオバアチャンっぽく見えるらしい。

しかし、だからと言ってもうアレはこりごりである。

 

役目を終えたアレの寝床をお腹の中に大事にしまい、

少しでもお姉さんに見えるように美容体操に励むオババだった。

 

コメント (1)

オババ、心を読まれた!

2018-06-14 19:31:39 | 美しく生きるという事

オババは子どもと接する仕事に就いています。

色んな子どもがいるなかで、 

面白い子と言うのも存在します。

今日はある子に感心させられました。

とあるシーンで目の前の子どもに言われました。

『今○○って思ったでしょ?』

それは面白いと言うより、考えさせられる出来事

でした。

その子がそのセリフを言うと言うことは、

過去に経験があると言うことです。

 その子はまだ子どもになのでそのセリフをサラッと言いましたが、

大人になったらそのセリフは封印することになるでしょう。

何故ならそのセリフは人を凍りつかせるものだから。

無邪気にそのセリフを口にする子ども。

この子はいつもどのような生活を送っているのだろうか?

と、考えずにはいられなかったオババでした。

 

コメント (1)

罪な男

2018-06-11 21:58:03 | ショートショート

とある男がいた。

この男、とりたててハンサムなわけではない。

目がつりあがっていて、色が黒いので少し怖く見える。

鼻が大きくてそれが彼のコンプレックスである。

しかし、にかーっと笑うととても可愛い。

話している最中にそれをやられると、きっと誰もが彼の事をいいやつだと思い込んでしまうだろう。

 

さて、とある女。

その女は先の男とさる場所で知り合い、話し込むうちにその笑顔の虜になった。

その女は先の男を飲みに誘った。

『ちょっと相談があるんだけどさ』

男は女と飲むのは大好きだったのでホイホイ誘われるがままに出かけていく。

女は相談を持ちかけながら男の目をじっと見る。

にこにこと笑いながらうるんだ瞳で彼を見つめて、冗談の中に本音を滲ませて、

酒を進めていく。

何の本音だろうか?

『私はあなたを私に惚れさせるわ!』

 

女とはなんと愚かな生き物だろうか。

酒が入れば何でも言っていいのだろうか?

酒のせいで「私のことどう思う?」と言っていいのか?

酒のせいで「ついキスをしてしまったの、あなたが素敵だから」と言っていいのか?

なんでも酒のせいにしてはいけない。

女は素面で勝負するべきである。

なぜなら、女が一生懸命男のことを落とそうとしても、

男は眼中にないからである。

男は素面で「あなたのことが好きよ」と言う女が好きなのだった。

男は思う、

俺に駆け引きは効果ない。

俺はストレートが一番好きなんだ。

「俺の事が好きなら好きとはっきり言え!」

世の中残念な女が多いな、と男はため息をつく。

 

コメント (1)