ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

注射と謎のボンボン

2018年01月16日 09時01分45秒 | 裏話



会う人から質問されるので。
免疫が異常に増えて
関節炎を起こす
関節症性乾鱗にかかって
10年以上経って、
いよいよ障害者手帳を
申請できるレベルに
ぎりぎりという状態になりました。
起死回生の最終手段が
生物学的製剤という注射です。
免疫を働きを抑えます。
昨年の12月から
その投薬を始めたのです。



自宅の冷蔵庫に注射が
たくさん保存されています。
2週間に2本ずつ、
自分で打ちます。
(病院で何度かトレーニングを
受けて、合格しました)
画像は、簡単に確実に
自分でできるように工夫された
準備シートと補助器、
補助器にセットした注射です。

副作用もありますが、
劇的に効いていまして、
最も効果を感じるのは
パットです。
細いグリップも思ったように
握れるように戻りました。
これは嬉しいことで、
本当に助かっています。

鬼の注射嫌いで
歯を抜くのに麻酔をしないで
抜いたことも何度かあるほど。
それが自分で注射できる日が
来るとは思いませんでした。



話はガラッと変わります。
先日、いつもお世話になっている
ゴルフコースのテラスで
変なものを見つけました。
出入口のサッシの上に
ビニール紐を束にした
てるてる坊主みたいなものが
あったのです。

一瞬、呪い系かと
キンキンに背筋が冷えました。
大叩きした人の
持って行き場のない怒りと悲しみが
呪いに変わってしまって……
丑三つ時に、ボンボンを持って
スーッとコース現れるシーンを
想像しました。



アップにするとこんな感じです。

静電気関係のアイデアものか?
と思ったのですけど、
聞いてみてビックリでした。
春にツバメが巣を作るのを
回避させるために
つけたものがそのままに
なっていたそうです。

ツバメは、ひらひらするモノが
苦手で、その近くでは
巣作りをしないそうです。
出入口の上に巣を作られると
下を通るゴルファーに
被害があることがあるので
未然にその場所での
巣作りそのものを
しづらいようにしたと聞きました。

面白いモノです。
ツバメの巣は
クラブハウスの別の所に、
その季節になると毎年できます。
よって、コースにはツバメが
飛び回っているのです。
今年も暖かくなったら
見ることになるでしょう。

色々な工夫を経て、
快適にゴルフができるのだと
改めて知りました。
注射もボンボンも、
根っこは同じだと思います。
気付かなくとも良いのです。
気付いたときに
ちょっと嬉しくなったり、
感謝したりできれば
それで良いのです。

さて、先週のROGUEに続いて
今週も色々な発表が続きます。
試打もあります……
気を引き締めて頑張ります。

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント