ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

障子が似合うドライバーって、どうよ?

2019年07月19日 08時19分40秒 | 用具



『マジェスティ ロイヤル』です。
メイドインジャパンを
強調しているので、
障子のある部屋で
撮影しました。

障子の桟が
映り込んで、
エジプトの埋葬品の
模様のような
フェースが
ちょっとわかりにくく
なりましたが、
「嫌いじゃない」
仕上がりです。



こちらはエアコンが
映り込んで、
障子バックが台無しです。

でも、雰囲気は出ています。
『ロイヤル』は、
アジア市場では
大絶賛されるでしょう。
大陸のゴルファーは
こういうのが大好きで、
西日本のゴルファーにも
同じベクトルの感性を
持っているゴルファーが
います。

アジア系の投資会社が
ブランドを
再生させている例は
今や珍しくはありませんが、
マルマンから
マジェスティに
名称変更した仕掛けを含めて
物語として興味津々です。

オリジナルのシャフトが
強烈なプッシュポイントです。
天気さえ良ければ、
週末に試打できます。
さてさて、
どうなることやら。


コメント

ピンの本気は摩擦と滑りで証明される

2019年07月17日 10時29分44秒 | 用具



『GLIDE3.0 ウェッジ』です。
昨日、ピンゴルフが
発表しました。
9/6発売です。
マジで、カッコ良かったです。

ソールが4種類です。
上の画像の左は、
「TS」ソールで
ツアーソールです。
テクニックを活かすために
ソールを削ってあります。

右は「WS」ソール。
ワイドソールです。
見た瞬間に痺れました。
一番やさしいと
説明がありましたが、
打ってみたいです。



左が「EYE2」ソール。
伝説になりつつある
『EYE2』を模した
ソールだけでなく、
ヘッド形状もです。
これ、ファンには
たまらないでしょうね。
僕は思い入れがないので
ちょっと懐かしい、
と思っただけでした。
とはいえ、
この形状は
ぴったりと合えば
代わりがきかない
麻薬的な魅力があります。

右は「SS」です。
スタンダードソール。
全体的にワイドですが、
トレーディングエッジが
落としてあるのです。
これも通好みですね。
やるなぁ、と
感心しました。



他にもシャフトやら、
フェースやら、
色々と最先端の
ピンらしい挑戦があり、
発売前に
ツアーで勝っているという
なんともいえない実績も
あるわけです。

「WS」だけを
徹底して打ちたい、
と希望しましたが、
4本の打ち比べという
難易度が高い話に
なっていくようです。

近々、もっと詳細な
速報をお伝えします。

ピンゴルフって、
凄いなぁ、
と思いました。
ウェッジは
打ってみなければ
わからないものですが、
とりあえず、
見た感じでは
100点満点です。


コメント

卵が良くなければ、おいしい目玉焼きは食べられない

2019年07月16日 08時30分49秒 | 用具



渋いけど、
なんとなくカワイイ。
新しいスーパーエッグの
第一印象です。

このドライバーは、
体積が480ccで、
フェースも
高反発違反です。

つまりは違反クラブで、
普段なら試打を
やらない対象ですが、
今回は特別です。

ここで宣伝です。
新。貧打爆裂レポート
ブリヂストンスポーツの
『新TOUR B
JGR
ドライバー』が
公開されました。
https://gridge.info/articles/12109

このドライバー……
発売は9月で
リリース前ですが、
無心で打ってみるという
珍しいレポートです。

フライングついでに書くと
飛んだんだよ……
ということで、ご一読を。

話は戻ります。


こちらはボールと
クリークです。
こちらの
スーパーエッグも
違反品です。

ロゴがカワイイのは
女性の使用を
強く意識しているからで、
今回の試打も、
女性ゴルファーに
違反用具でも
楽しんだもの勝ちで、
「飛ばないから」
という理由で
ゴルフを継続しないという
ゴルファーを助ける
一つの手段だと
考えたからです。

しかし……
過去には、
違反クラブなのに
飛距離性能が
優れていないクラブも
あったのです。
それも結構多く。

違反=飛ぶではなく、
クラブの基本性能に
プラスする要因の
違反なテクノロジーが
本当に飛ぶ違反クラブです。

スーパーエッグは
ドライバーも、
クリークも、
真面目に飛びました。
流石だと感心しました。

ちなみに、
『egg』は適合クラブも
後発で発売されます。
両方ともに
注目すべきだと
思います。


コメント

黄金に輝くメイドインジャパン

2019年07月11日 09時10分26秒 | 用具



ゴールドです。
黄金に輝いていました。
『マジェスティ・ローヤル』が
発表されました。

「メイド イン ジャパン!」
ということですが、
ジバングみたいな感じです。



ここで宣伝です。
新・貧打爆裂レポート
タイトリスト『TS1 ドライバー
純正車夫と比較編』は
公開されました。
https://gridge.info/articles/12042

飛びますよ、このドラちゃん。
是非是非。ご一読を!

話は戻ります。

マルマンが社名変更して
マジェスティになって……
発表会はバブリーでした。

ドライバーとアイアンは
試打をする予定です。
ハイエンドな価格帯のクラブ。
飛ぶという人もいるクラブ。
僕は打ったことはないので、
未知のピカピカの世界を
体験できることは
幸せです。


コメント

秘密のドライバーはミツだった

2019年07月10日 08時38分34秒 | 用具



ソールがテープで
マスクされています。
情報公開までの
撮影用のドライバーです。

実際には、
テープがない
ちゃんとしたドライバーを
打たせてもらいました。



色々なフレックスの
シャフトを打って、
感心しました。
シャフトで弾道の高さを
調整して、
ヘッドはとにかく
真に当たるように……
そんなドライバーでした。

『ミツ』だなぁ、
と思いました。
「密に当たる」
「蜜の甘さ」
「満つる想い」

再来週には情報公開。
コース試打もします。
ホンマには驚かされますが、
秘密のドライバーも
なかなかのものです。
コースで打つのが
楽しみです。


コメント

ハイエンドなパターの価値を考える

2019年07月08日 10時12分31秒 | 用具



『トゥーロン パター』
7/26発売の
パームビーチを
コースで
打ってきました。



個人的には、
パターは値段ではないと
思っていますが、
反面、高いパターには
もったいないので
必死で練習をしたり、
この価格で
入らないわけがない、と
暗示をかけたり、
ハイエンドだからこその
オマケがあることも
否定しません。

『トゥーロン』は
ドンピシャです。



独特の黒が良いです。
単なる黒ではないのです。
質感が高級です。



削り出しですので、
フェースも一体です。
このフェースが
良いのですよ。
強い転がりと、
繊細さを両立できるのは
流石です。

最も良かったのは
打音です。
痺れました。
ネックも良かったです。
構えやすかったです。

パターは、
使いこなすのに
長い時間が必要ですが、
最初のラウンドで
多くのことは
わかるもの事実です。

最初が肝心で
すぐに諦めることが
正解であることも、
その逆もあります。

パターは面白いです。
それを再確認しました。


コメント

タイトリストの誇りは軽くない

2019年07月04日 09時15分59秒 | 用具



『TS1 ドライバー』が
いよいよ発売になります。

超軽量化で
ヘッドスピードを
上げるテクノロジーは
新しさはありませんが、
タイトリストが
『TS』ブランドで
やることが面白いのです。

新・貧打爆裂レポートを
ご覧ください。
https://gridge.info/articles/11960

気持ち良さげに
打っております。
実際に、
気持ち良かったです。

一説によると、
タイトリストマニアと
呼ばれる
タイトリストの
クラブでなければ、
ボールを打つことが
できない人々は、
急激に減っているとか……

今回の『TS1』は
タイトリストらしさ全開で
マニアを引き戻すぐらいの
パワーを感じます。

バリバリのアスリートは
『TS2』と『TS3』、
新しく出る『TS4』を使い、
オールドゴルファーは
『TS1』という感じです。

タイトリストが
誇りを捨てて、
死に物狂いになったと
勘違いしている人もいます。
誇りを有効に使って
ゴルファーを刺激しています。

マニアを卒業した人も
再入学する価値があるクラブが
市場投入されるなんて、
素敵じゃないの、
と思う夏です。



コメント

G410を超えるG410だと個人的には思う

2019年07月02日 08時38分11秒 | 用具



新・貧打爆裂レポートが
公開されました。
『G410 LST ドライバー』
です。

https://gridge.info/articles/11959

面白いドライバーでした。
今年打ったドライバーでは、
現在の所、
最長飛距離が出た
ドライバーです。

インプレ記事も
試打してすぐに書いて
入稿したものなので
興奮しています。

見たことがない弾道……
衝撃を受けましたけど、
動画を見ると、
結構振っているんです。
自覚はないのですけど、
面白いものです。

ドライバーの調子が悪いのは、
この試打の後遺症だと
エクスキューズをしつつ、
ドライバーの進化は
本当に凄いと
感心するのです。

先行して発売されていた
二つの『G410』とは
別物でした。
万民のものではなく、
特殊な人のための
狭い範囲のクラブですが、
本当に気持ちが良かったです。

ということで、
ご一読を<(_ _)> 



コメント

水滴はテストには邪魔

2019年07月01日 08時56分21秒 | 用具



雨模様の中で
テストをしました。
『RTX4 FORGED』

想定していましたが、
肝心な部分が
不明でした。

一部のインプレでは
ボールが飛ぶという印象が
あるようでしたが、
それは感じませんでした。
普段使っている56度のウェッジと
キャリーは一緒でした。

スピン性能に注目しましたが、
水滴が芝の葉に
ついているような場合は、
わからないのです。

水たまりで急ブレーキをかけた
自動車のタイヤが
滑るのと同じことが、
ボールにも起きるのです。

強いスピンがかかるほど
水の影響を受けます。
スピンはかかっていますが、
どのくらいなのかは
全くわかりませんでした。

普通の状態のグリーンで、
かつ、よく知っているコースで
テストしなければダメです。

とは言っても、
癖がなくて、
使いやすいウェッジでした。
何も考えなくても
使えるウェッジは
オーソドックスなのです。
『前に使ったことがある』
という感覚は
朧気でも武器になります。

天気予報を見つめながら……
再チャレンジを誓う
7月の始まりです。


コメント

ヘッド1個分の攻防

2019年06月27日 09時02分57秒 | 用具



「ヘッド1個分ぐらいの
狭さのホールばかりで打って、
変態だなぁ」
と先輩から言われました。
「何球も打ち直して
撮っているんだろう?」

わかっていないなぁ、
とニヤニヤします。






普通にラウンドしつつ
撮影しているので、
複数のドライバーがあって
ホール数が足りないときや、
雨が降りそうで
早期決着を狙うとき以外は
1球しか打ちません。
多少のミスショットは
そのまま使います。

誇りに思っているのは、
撮影ラウンドでも
二人のプレーなら
3時間ぐらいで
18ホールを
終えられることです。
打ち直している暇は
ないのです。

最初にゴルフを
教えてくれたプロは
「ヘッド1個の中に
ボールは2個か、
3個は通れるんだよ」
と言いました。
ボールは大きくも、
小さくもならない、
1個分でしかないことを
忘れるな、
ということです。

狭いホールや、
シビアな隙間を
狙うときに、
僕はこの教えを
頭の中で反復して
ジャッジをします。

ヘッド1個分に
打ち出せる精度があれば
冒頭の動画のホールも
広いのです。

振り返って、画像を見れば
レンズのいたずらもあって
狭くてスリリングです。
いつもお世話になっている
コースのおかげで、
出球の精度は鍛えられて、
どのコースに行っても
広くて気持ちが良いと
思えるのです。

冒頭の先輩は
チーピン症候群で
悩んでいた時期以降、
僕とプレーしていないから
信じられないだけで
悪意はないのです。

チーピン症候群は
完治はしないので、
年に数回は出ます。
でも、連続はしません。
その程度には
症状は治まっています。

1970年代末の
ヘッド1個と
2010年代末の
ヘッド1個の大きさは
2倍以上違います。
ゴルフは
やさしくなりました。

改めて、画像を確認して
びっくりしたのは、
シャフトの挙動です。
「トウダウンなんて
考えたことはない」
と話しますが、
こんなに曲がって
動いているのです。

シャフトの軸線に
ヘッドの重心があれば……
無意識に調整する
脳の力に感心しつつ、
最新のドライバーの
秘密を見たような
気がしています。

どうして重心位置が
あのクラブは
そうなったのか?
逆に、あのクラブが
気持ちが悪い理由は?
一気に霧が晴れて
見えた気がしました。

突き抜ける快感は、
ショットだけではなく
ゴルフには色々とあります。
海よりも深く、
空よりも高く、
ゴルフは無限大です。


コメント

ウェッジは要なのに種類が少ない

2019年06月26日 08時21分19秒 | 用具



クリーブランド
『RTX4 フォージド』です。

『RTX4』は鋳造なので
鍛造が欲しいと
願うゴルファーの要望に
応えたものなのでしょう。
もう売られています。

遅れましたが、
試打します。




クリーブランドと言えば
588のティアドロップ型が
有名ですけれど、
僕はRTXの丸い感じが
より好きです。

フォージドには
fullソールという
幅広がないので、
ちょっと残念です。



フェースのミーリングが
スコアラインの中は
一見するとないように
見えますし、
触っても「?」です。
でも、ちゃんと刻まれていて
機能するというのです。

そんなことって、
あるのでしょうか?



トウ側の金属感と
ヒール側の金属感が
全然違うのです。
アドレスしたときに
違和感がありそうです。
どういう狙いが……

不思議ですけど、
じっくりとテストして、
傷みつつある
マイウェッジとの比較を
したいと思います。


コメント

日の出の瞬間、愛機と語らう

2019年06月25日 08時20分51秒 | 用具



「どうして?」
とよく聞かれます。
ミズノのGXのドライバーを
使っている理由です。
高初速フェースの
先駆けの一つで、
今風の飛距離性能が
体感できるからです。

発売は昨年の春、
使用し始めは
昨年の秋からです。
いくつかの候補の中から
色々なドラマがあって
行き着いた結論です。

ドライバーを変えて
基準を新しくしないと
これからのドライバーを
評価できないかも、
と考えましたが、
それは正解でした。
昨年の秋から現在まで、
新しい波は続いていて、
新基準で
対応しています。

ドライバーに
風景が映る瞬間が
大好きです。
マットなヘッドも
良いなぁ、と思いながら、
ピカピカしていないと
この体験はできないので、
選択に影響します。

日の出の瞬間の空。
眠りから覚めた木々。
ゆがんだ自分。
別の世界の入り口か?
占いの水晶か?
不思議な気分を
優雅に楽しむ一瞬です。

ここで宣伝です。
新貧打爆裂レポート
『エクソー SEVEN MINI S
パター』が公開されました!
https://gridge.info/articles/11878

気持ち良く打てる
通なパターでした。
ご一読を<(_ _)>

話は戻ります。



角度は違いますが、
ドライバーヘッドに
映り込んでいるシーンは
この場所です。

スタートホールで
「お久しぶり!」と
愛機に挨拶します。
試打が続くと、
家で留守番させて
コースに持ってこないときも
あるからです。

じゃじゃ馬傾向が強い
愛機のご機嫌を取って、
気持ちよく仕事を
してもらうのも、
使い手の技術の内です。

朝一のコースは、
トワイライトで、
様々な境目でもあります。
そういう小さなパワーを
使うことで、
愛機と語らえる……

ゴルフは
単なるゲームではなく、
文化なのだと
再確認できることに
感謝で一杯です。



コメント

軽いドローでぶっ飛ばす秘密のドライバー

2019年06月24日 08時35分14秒 | 用具



二発目のシーン。
BS、TOUR B『JGR』の
9月発売のドライバーは、
飛距離性能は最新でした。

衝撃を受けたので、
ドラマチックな加工で
インパクト直後です。



良いドライバーでした。
飛距離性能だけに特化して、
個人的にはJGR史上で
ナンバー1でした。

ラウンドを通して、
冒頭の二発目のショットが
最長飛距離でした。
この後は、
曲がりの調整や
高低差の打ち分けなどを
やったからです。
今回は前編で、
もう一度借りて、
後編を撮影します。

どうしてそんなことを……
それも秘密なのです。
本当に面白かったです。


コメント

謎のドライバーと秘密のネジ

2019年06月21日 08時36分57秒 | 用具



突如、試打することに
なったのが、
新しい『JGR』の
ドライバーです。
(発売は9月です)

『TOUR B』シリーズの
セカンドポジション的な
ぶっ飛びドライバーです。
とはいっても、
まだリリース前で、
詳細な説明はないのです。

予備知識なしで
打ってみて、
それを公開してください、
という要請です。
自信があるのか?
面白いです。



このネジが……
新しい飛ばしの
テクノロジーに
なるようです。

予備知識なしといいつつ、
男子プロで少し、
女子プロはかなり、
賞賛するコメントは
あちこちで出ています。

コースで打つと
ダフらなくとも
擦り傷がつきますが、
かなりの擦り傷があります。
色々な人が
打ってきたクラブです。
まだ、適合リストに
載ったばかりです。
注目度の高さが
よくわかります。

いきなりコースに
持ち込むのが
僕のハウツーです。
お天気を睨みながら、
ワクワクしています。
ちょっと楽しみです。


コメント

富士にも色々とある

2019年06月20日 08時31分23秒 | 用具



スコッティキャメロンの
『ファントムX 7』です。
試打してみましたが、
良い感じでした。
ほどよい鈍感さが、
オートマチックな
ストロークと転がりを
生むのです。

「富士山型だよね」
『7』のパターの形状を
そんな風に言う人がいて、
びっくりしました。

首を右側に傾げて
画像を見た次第です。
まあ、言いたいことは
わかりましたが……



『コレは一大事だ!』
とカメラを向けました。
今にも雨が降りそうな
空の下の芳賀富士です。

アップにしてみます。



口が開いたというか。
前夜の豪雨で
地滑りが起きたのか。
詳細は不明ですが、
パックリと、
茶色い部分が露出して
異様な感じでした。

芳賀富士が
きれいな富士山型に
見えるのは、
ほぼ90度角度が違うので、
景観を取り入れている
所からは、
見えないのかもしれません。

コレは何だ?
と思いながら、
そのままスルーして、
実は10日以上経って、
その間に2回も
プレーしているのに、
このパックリについて
無視していました。

気がつかないほど
修復したのか?
画像を見ながら、
首を傾げています。
今週末に確認します。

『7』を富士山型だとは
思えません。
ちなみに、
富士開きを祝う
富士神社のお祭りは
再来週です。


コメント