ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

週末の天気

2010年02月26日 10時33分26秒 | 用具



週末は久しぶりに連チャンでゴルフの予定ですが……

雨  という予報ですね。

まあ、それはそれとして嫌いじゃないのですけど
やはり少し気は重いです。
Golf Planet のオリジナルの傘、白×オレンジは
実はまだ使用しておりません。(上記画像)

傘がいっぱいありますからね。

J’s のジャンボ傘。
ベンホーガンの傘。
Golf Planetの傘(黒ベース・アースカラーベース)。
そして、画像の傘。

端から使用してみようと思うのですけど、
結局、最も古いJ’sの傘が使い慣れているので
そのまま使ってしまうわけです。


さて、天気予報とにらめっこして今日も頑張るぞ!

コメント

騒音

2010年02月25日 11時18分33秒 | 裏話


新しいCD-Rの編集が大詰めで苦戦しております。

体調が良くなかったり、色々な理由があるのですけど、
一番の理由が家の隣で始まった工事の音です 

基礎を作る前の作業らしいのですが、
低音のわんわんした音にやられております。

普段はあまり音は気にならないほうなのですが、
どういうわけか今回は吐きそうになるほど気になって
昨日から全くペースが上がりません。

音が静まってから徹夜で仕上げておりますが
時間が足りなくなってきました……
発送は週明けになってしまうかもしれません。(ゴメンナサイ!)

コメント

あと何回着られるかなぁ?

2010年02月24日 09時46分37秒 | 用具


念願のプレサーモの2着です

暖かいですし、何より形状と素材感が良いのでしょうけど、
長袖を着ている感じしないぐらいスイングに影響しません。
どっちがどっちかがわからないのですが、
どちらかが昨年のモデルで、どちらかが今年のモデルです。
(両方一緒に買ったんですけどね  )

これを着るだけで良いスコアが出るような気がします。
実際、非常に良いです 

20年以上振りにミズノのウェアです。
理由はサイズの問題で、米国市場用だからOKなわけです。
今年から、米国ミズノのウェアを愛用しようかなぁ、と
心から思ったりしております 

春めいてきたので、あと何回着られるか……
と考えてしまうのでした。

コメント

苦手なホールの傾向

2010年02月23日 10時12分38秒 | コース



苦手なホールは出来るだけない方が良いのはわかっていても、
自然発生してしまうものです 

長年ゴルフをしているので、その傾向もわかってきます。
苦手ホールには主に2つのパターンがあります。
ティーからのショットが打ちづらい要因がある入口型と
2打目が必ずショートしたり、同じ場所から何度もダフッたり、
グリーンが読めなくて3パットばかりしてしまったり、
ホール内で何等かの不安がある部屋型です。

上のホールは、入口型の典型の1つです。
左右にOBやハザードがなく、曲げても大丈夫、
広いホールなんだけど、実は本当の狙い所が狭いという
そういうホールが苦手です。

広いから曲げても良い、と甘えた気持ちが
心の隙を生み、悪い結果を引き寄せるのでしょうね。

この手の苦手ホールは、気持ち次第で対応可能ですが、
入口型で厄介のは、構えづらいティーです。
構えづらいティーは…… という話を
現在編集中のCD-Rで書いている最中です

コメント

専用シャフト?

2010年02月22日 20時29分09秒 | 用具



ハイブリッドのグリップ交換をしようとグリップを外したら……

ドピョ~ン
SINO .09.12 というシールが貼ってありました。

注文から届くまで40日以上待ったので、
もしかして私専用のシャフトいう意味か、と
1人で盛り上がったのでした

もちろん、これは工場と製造年月の証に過ぎません。
SINOは中国のOEM工場で、昨年の12月に出荷した分という意味です。
(これは、シャフトについての証明だと思われます)

米国組み立てと言われていても
そのほとんどは中国製をほぼ完成した状態で米国に入れて
それこそ、シール一枚張るだけでも米国組み立てとして
米国の工場から出荷されるわけです。
米国の場合、国が広いので工場とお店のエリアによって
送料が違うから価格が変わります。
いつも思うんですけど……
中国から直接日本に持ってきて欲しいですよね
移動の時間も費用ももったいないですから。

まあ、無理なのはわかっているのですけど 
コメント

上半分オープンタイプ

2010年02月19日 09時50分56秒 | コース


前が開くタイプの乗用カートを知らないとか、
イメージが湧かないとかいうメールを複数もらったので、
画像を1枚。

真ん中の黒いところから上半分が下にスライドするタイプです

このような上半分がスライドで開くタイプを
某外資グループのコースが採用しているために
最も多く見かける窓開きカートです(笑)

スライドではなく、真ん中の黒い部分が蝶番のようになっていて
パタンと前に上半分を倒すタイプのものもあります。

先日のカートで驚いたのは、
スライドを1/4開ける、1/2と開けるというように
2段階調整ができたことでした。
他にも、ちょっとだけ開くようになっているものや
小窓のように開くタイプなどもあるようです。

開けられるのは便利ですけど……
正面からのボールを避けられないという欠点があるから
廃止すべきだという関係者もおります。

私は運転しながら人のボールを目で追えるので
開くタイプのカートだと気分が楽になるので好きです。
コメント

金はどこだ?

2010年02月18日 10時16分11秒 | コース


冬期オリンピックで盛り上がっておりますが……
昨日、プレーしたコースは『金』ティーを使用しました

今回の冬シーズンで、たぶん一番寒かったです。

金ティー=ゴールドと言えば、普通はシニアティー。
つまり、赤ティーと白ティーの間にあるティーのことです。
しかし、昨日のコースではフルバックティーを
ゴールドティーと呼んでいました。

極寒のゴールドティーは距離的には大変で
正直言えば面白みに欠ける部分もありましたけど、
自信になりました。

ちなみにフルバックのティーをゴールドと呼ぶコースは
プレーしたことがある範囲で2コース目でした。
(もう一コースも名門といわれても問題がないと
評価されるところでした)
非常に珍しい例です

関東は雪です

週末に向けて積雪があることでクローズになるコースも
少ないないと思われます。
除雪作業はただでさえ大変なのに、
1ヶ月で何度もするなんて……

流石に雪が憎いと思ってしまうのでした。
コメント

ソールの溝

2010年02月17日 09時00分00秒 | 用具



先週、スプーンに芝生が挟まった場所について
問い合わせがあり、説明が難しいので画像をアップしました。

3+/13.5° の文字の下です。
楕円の部分が膨れていて、周辺が溝です。

この画像は未使用時のものなので、
ソールとかは小さな傷だらけだと思います。
(確認はしていませんが…… 

なかなかベストショットは出ないですが、
まあまあの当たりでもそこそこの距離は出るようになりました。
信頼できるスプーンになりつつあります。

さて、関東は、またまた雪交じりな天気が続きます。
予約してアップしているので、
このブログがアップしている頃にはコースで
プレー中だと思うのですけど……
もし、積雪で予定変更になっていれば、
今年になって4回目です。トホホ。

コメント

木はなくても良い

2010年02月16日 09時25分53秒 | コース


いきなりですが、インランドリンクスと分類されるコースデザインが
たまらなく好きです

「木がないコースは河川敷みたいで貧相だ」
「伝統的な林間コースと比べて……」
なんて声が聞こえてきますが、
ゴルフが始まったエリアでは、
コース内に背の高い樹木はありませんでした。
(今でもリンクスにはその手の木はありません)

林を切り開いたコースでゴルフをするのが普通になった歴史は
100年ぐらいしかなく、ゴルフ史から見れば最近のことです。
伝統なんて軽々しく口にすれば恥をかきます。

強いて書きますが、コースに木なんて必要ない! のです

もちろん、林間コースには林間コースの良さがあり、
ローカルな特色として楽しむべきだと思いますし、
ご神木になりそうな巨木に神妙な気持ちになる瞬間も好きで、
木があるコースを否定する気はさらさらありません。
特に夏の暑さからゴルファーを守る木々には感謝もしています。

林間も、河川敷も、インランドリンクスも、コースであることに
変わりはありません。
好き嫌いがあるのは当たり前ですが、それを正当化する必要は
全くありません。
理由を探して正当化しようという努力は、自信の無さがさせること。
感じたままにゴルフを楽しんでいれば、理由は後から付いてきます

コメント

乗用カート評価

2010年02月15日 11時12分47秒 | コース


最近増えていますね。
GPSが付いているカート

手の平サイズのGPSと比較すると、
カートに搭載されている物の方が精度が上です。
コースにカスタマイズされているからでしょうけど、
なかなか頼りになしますし、
スコアを入力すると、コンペ等で集計までする機能も……
至れり尽くせりです。

さて、少し前に日立の新しいカートが非常に良くできていると
誉めまくりましたが、この画像のカートはサンヨーの新型。
この電動カートもGOODでした。

電磁誘導式ではなく、運転するタイプでしたが、
快適でした。
前のウィンドウが下半分しか開かないのは
GPSを雨から守るためのものなのか、仕様なのか……
という1点だけが不思議でしたが
コメント (2)

挟まった!

2010年02月12日 08時32分16秒 | 用具


スプーンの後方に隙間があり、石なんかが挟まってしまいそうと
不安に思っておりましたが…… 
不安的中! 

洋芝の上からだったので少し打ち込み気味のショット。
当たりは良く、軽くドローして飛んで行きました。
2回目のコース使用はバッチリで、5回使用してミスはゼロでした。

画像のように草が挟まったのは1回だけでした。
でも、これを取るのが一苦労で、芝生を掴んで引っ張っても
奥に芝生が挟まって完全には取れませんでした。
結局、ティーの先端を使って、どうにかきれいになりましたが、
この部分は注意が必要ですね。

まあ、そんなことも愛おしいと感じるぐらいに
スプーンはお気に入りになりつつあります 

コメント

カラス対策

2010年02月10日 09時00分00秒 | 裏話



昨年から続くコースでのカラスとの闘い……

画像のバッグと金具類が対策を考えた結果、
投入されることになった武器です 

今までは、エコ用品の麻袋に入れて
タバコなどをコース内に持ち込んでいましたが、
顔と袋を覚えられているようで、私の持ち物に一直線に
カラスは向かってきます。
麻袋を閉めても、きれいに開けられて、中身を出して
どういう訳かタバコを持っていくのです 

チャックがある入れ物に替えて、
かつ、それをカートにコードで繋げるようにしました。
展示品の盗難防止コードのようなモノです。

これで、カラスにタバコを取られないで済みそうです。
(禁煙しろ! というお叱りの声が聞こえてきそうです)

ちなみに、カメラや諸々の薬、サプリメント等々、
コース内に持ち込む物はたくさんありまして、
それらもこの新しいバッグに収まります。
タバコ専用ではありませんので悪しからず。

コメント

3兄弟プラス

2010年02月09日 09時10分23秒 | 用具


昨日にハイブリッド兄弟に続いて……
3兄弟プラスワンです 

アダムスのフェアウェイウッドの一部は
『ハイブリッドウッド』と呼ばれています。
これはヘッドがハイブリッドのように小さく、
機能的にもハイブリッド寄りだからということのようです。

私がF10を認知したのもその名称がきっかけでした。
その辺りのことも考えると、スプーンとハイブリッドは3兄弟です。

画像には、キャロウェイのジョーズの58度が写り込んでいます。
特別な意図はないのですが、画像を見て考えました。
『この4本だけでプレーしても90は切れそうだなぁ……』

何事も落ち着くまでには時間がかかるモノで、
クラブもバッグの中で仲間として違和感がなくなるのには
時間がかかります。
次々と新しい仲間が増えた関係で、なかなか落ち着きませんけど、
なんとなく一段落つきそうな気がしております。

コメント (2)

ピーナッツ兄弟

2010年02月08日 09時09分51秒 | 用具



ハイブリッドはこんな感じです。
アダムスのa7は、更に進化し、完成に近づいたハイブリッドです。

フェアウェイウッドに隠れるようにして2番も加わりましたが、
なかなか頼もしいクラブです 
IDEA PRO に比べるとボールは低めの弾道ですが
距離に関しては少し伸びました。


以前の2番3番という組合せから、2番4番になりました。

さて、画像を見てください。
この2本…… (1)同じもの (2)右が2番 (3)左が2番
どう見えますか?


アングルの関係もありますし、
影の関係もあるでしょうけど……


正解は


 (2)です 

ぱっと見ただけでは、2番か4番か、わからないほどです。
これまでのハイブリッドは、番手によってシェイプの変化が
あることが普通でした。
(大概は番手の数字が多いほど幅が広くなる傾向があります)

a7 は番手差でシェイプがあまり変わりません。
グースがほとんどなくなり、ストレートな面になった分前に出て、
後方の金属部分が小さくなった分後ろにも膨らんだ感じです。

初めて見たときは戸惑いました。
ずんぐりして鈍いクラブは嫌いだからです。
でも、打ってみたら敏感で、かつ、ソールも滑りすぎずに
本当にイイ感じで、すっかり気に入ってしまいました。

ということで、ピーナッツ兄弟は私のゴルフを支える
最高の戦士となっています 

コメント

早くも傷だらけ

2010年02月05日 17時15分19秒 | 用具



スプーンは上記のように早くも傷だらけです 

小さめなヘッドと抜けが良いソールということで
跳ねずに強烈に地面をえぐった結果です。

今日は、外出をしていたら練習に誘われたので
クラブを取りに戻り、Yシャツのままボールを打ちました。
約50球ぐらいスプーンを打ちましたので
かなり慣れてきました。

非常にテクニカルなスプーンだということと
思いっきり浮力がないということがわかりました。
(まあ、それはそれとして嫌いじゃないけれど)
また、打感は独特で、芯を食うとフェースにめり込んだような
感触がしますが、フェースの下側は結構反発感があります。
打感の味付けは、アダムスのハイブリッドと共通です。

アダムスのハイブリッドを愛用する理由はたくさんありますが、
その内の1つは飛距離であることは拒めません。
ハイブリッドの#2を替えたことで、
以前より少し距離が伸びました。
スプーンとの距離差がほとんどなくなってしまうから、
同じアダムスのものならスプーンも飛ぶかもという色気も
あったと思います。
そういう意味では、ディアブロよりも最長距離は1ランク上です。

問題は、平均飛距離なんでしょうけど……
スプーンを使うシーンは、かなり限定されるので
それはそれとして有りなのかもしれない、と考えています 

コメント