ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

アニバーサリーに浮かれて19秋

2019年09月19日 09時49分00秒 | 裏話



実は……
9/15が結婚記念日で
25回目なので
銀婚式でした。
当日は、
仲間が乾杯してくれて
(別件で集まっていて、
そんな話になった)
楽しかったのです。

1994年。
結婚するからと、
ゴルフ業界から去って、
転職して……
大冒険の始まりに
なってしまいました。
当時は、安定を求めた
決断だったはずのに、
ゴルフで言うところの
完璧な逆球です。

ワープロな時代でしたが、
5inディスクで
DOSがOSのPCを
退職金代わりに
もらって、
使っていました。

Win95が出たときには
すでに別の会社にいて、
自分用のノートPCで
Win95が動いて、
Excelに出逢った衝撃は
昨日のことのようです。

ネットもその頃から
していました。
メルマガを書き始めたのも
その頃です。

全ては、
ゴルフのメルマガを
発行するための
準備でした。
当時は忙しくて、
年に2回か、3回しか
ラウンドしておらず、
だからこそ、
書くゴルフをしようと
思っていたのです。



2000年に、満を持して
Golf Planetを
創刊しました。
あっという間に
読者は2000人を超え、
ジーンとしました。

準備で発行していた
メルマガは、
キャッチーだったので
2万人越えの読者が
いたのですけど、
そちらを廃止して、
Golf Planetのみに
しました。
それが目的だったからで、
当時は
何ら思いませんでしたが、
今振り返ると、
本当に
もったいないことを
してしまいました。



愛妻には苦労をかけ続け、
未だに申し訳ないと
猛省する日々です。
銀婚式だと
浮かれながらも
改めて
色々と誓ったのです。

画像は
Golf Planetの
オリジナルグッズを
並べたものです。

2代目、3代目の目土袋。
初代のグリーンフォーク。
ボールマーカーと
キャップクリップ。
一本足の
グリーンフォーク。
黒いタオル。

黒いタオルは
本当に初期のグッズです。
真っ黒いタオルは、
色々と使えると考えて、
みんなで
ゴルファーの絆の
証にしましょう、と
呼びかけて、
かなり大量に作りました。
それなり行き渡り、
手元に20枚ぐらい残って、
今でも数枚はあります。

これが、毎年、
「今年は使う」と
言うのですけど、
もったいなくて
使えないのです。

作ったときは、
ある人は、汗拭きに。
別の人はクラブ拭きに。
あっちはボール拭き。
こっちは普段使いの
ミニタオルに。
なんて考えたのに、
困ったものです。

これからも
アニバーサリーは
たくさんあります。
人生とゴルフと
愛妻に感謝して、
長生きしたいと
思うのです。


コメント

タイトリストの余裕な提案

2019年09月18日 09時56分00秒 | 用具



タイトリスト
『T200 アイアン』
です。



こちらは
『T300 アイアン』
です。

ハーフごとに使って
第1回目のテストが
終わりました。

飛ばすアイアンは
いらない、
というタイトリストの
提案のようですが……

今までのアイアンの
シリーズも
モデルチェンジしました。
ちゃんと数えていませんが、
この秋に出た
タイトリストの
アイアンは
『T シリーズ』3種に、
『620 シリーズ』2種で
5モデルです。

個性あるアイアンが、
市場に溢れている中で
中央突破のような
独自路線です。

誰に使わせたいのか?
どこに強みがあるのか?
正直に書くと、
まだわかりません。

本格的でありつつ、
やさしくもあり、
それ以外には
書きようがないのです。

『TS-1』ドライバーが
馬鹿売れしているという
勢いに任せて、
ドライバーが良いから
アイアンも揃えるという
ゴルファーが、
狙いなのでしょう。

誰でも使える
万能なドライバーは
同じようなアイアンは
作れないので、
種類を増やして
対応するしかない、
のでしょうか。

もう少し打ってみて
理解したいと
思っております。

コメント

雨交じりのコースに濡れて

2019年09月17日 09時31分00秒 | 裏話



約一月振りに、
自分のドライバーで
ボールを打って
ラウンドしました。

エースボールで
基準ボールとしている
『TOUR B X』を
セットしたら……

小さなかたつむり。

見たことがない
色だったので
ビックリしました。

幼かった頃は
雨が降ると
あちらこちらで
かたつむりを
見ることがありました。
すっかりご無沙汰で、
いつ以来なのか?
全くわかりません。

愛機『GXドライバー』は
ちょっとご機嫌斜め。
それもまた道です。

ここで宣伝です。
新・貧打爆裂レポート
『egg 5500 ドライバー』が
公開されました。
https://gridge.info/articles/12608

愛妻も打っています。
面白いドライバーでした。

話を戻します。



スタート直前まで
けっこうな雨でした。
スタートから
しばらくは、霧雨で、
参りました。
レンズに水滴が付くと
動画撮影は
できないからです。

霧雨も集まれば……
カート屋根から
滴る水滴を
狙って撮りました。

雨具は不要でしたけど、
それなりに濡れました。
途中、やんだ瞬間に
撮影をして、
予備的な撮影は
辛うじてできました。

ラウンド後、
急に晴れ間が出て、
「そういうものです」
と達観しました。

かたつむりと
遭遇して、
水滴も撮れて、
多少濡れても
ラッキーでした。


コメント

ゴルフほど謎だらけのゲームはないのだよ

2019年09月13日 09時27分00秒 | 裏話



「何だコイツら?」
27年前、ゴルフ授業の
教壇に立った僕の
最初の感想でした。

スポーツ専門学校。
必修科目だから
仕方なく座っている生徒。
ゴルフに欠片も興味が
ないどころか、
お爺さんの遊びと
毛嫌いしているのが
ひしひしと
伝わりました……

それまでの
僕の人生には、
良くも悪くも
ゴルフに興味がない
人間は、一人も
いなかったのです。

いきなりですが、
このサイトを
見てください。
https://www.alba.co.jp/trend/column/title?id=683

『ゴルフって何?
50の秘密』です。
コラムを書いています。
もう折り返しを
過ぎました。

ゴルフをしない人が
読んで面白く、
ゴルフをしている人も
ハッとするような
ゴルフコラムを
書いてください、
ということで
書いてま
す。

色々あって、
ALBAnet.さんに
お引っ越ししました。

コラムそのものは、
冒頭のゴルフの先生として
ぶちあたった壁を
乗り越えた経験が
ベースになっています。

それと、平成から
令和に切り替わった
時代感覚も
入れたいと思いました。

僕のお気に入りは
『スコアって
羊なんですか?』
です。
文中に、
1%も知らない、
と言う表現が
ありますけど、
夢中になっているのに
知らないものなのです。
そういうところが、
ゴルフの面白さで、
謎と秘密なのです。

お引っ越しを
ご案内して……
そちらも
親しんでもらえれば
幸いです。


コメント

レディースのブルーは行けなかった海の色

2019年09月12日 08時54分00秒 | 用具



『JGR』のレディースの
ドライバーです。
ブランドカラーの
ブルーが、
女性用はライトブルーに
なるというわけです。



こっちは、もっと
わかりやすいです。

レディースのアイアンも
とても良い感じです。
『JGR』は
レディースも
フルラインアップで
9/13に発売です。

ここで、宣伝です。
新・貧打爆裂レポート
『JGR ドライバー後編』が
公開されました。
https://gridge.info/articles/12531

仲間が打った様子を
レポートしている
珍しいパターンです。
(発売直前ですから
参考にしてください)

話を戻します。

空前の予約数が
入っていると
評判になっている
『JGR』ですが、
レディースを
妻が打って、
2ラウンドぐらいを
観察しようと
思っております。



こんなふうにして
送ってきました。
びっくりしました。
ウッドを
アイアンと同じ方向に
並べると
運搬中に動いた
アイアンが、
ウッドのクラウンに
当たってしまって、
プチプチぐらいでは
傷が付くのです。
普通はウッドと
アイアンはヘッドを
違う方向に入れて
ぶつからないように
するものです。

ウッドを確認して
大きな傷や凹みは、
ついていなかったので
ホッとしました。

ライトブルーの
差し色と、
ネイビーブルーの
ウッドヘッドを見て、
唐突に、
海を想起しました。

今年は海に
行っていません。
近くには行きましたが、
それだけです。
考えてみれば、
昨年も、一昨年も、
海に行っていません。

その分、ゴルフという
大海原に漕ぎ出して……
週末も試打ゴルフです。


コメント

振り返って見る旗は揺れて……

2019年09月11日 09時32分00秒 | コース



OBが2つ。
バーディーも2つ。
OBしたホールが、
トリプルとボギーで
トータルは2オーバー。

パターとウェッジだけが
自分のクラブで、
そんなゴルフが
可能だったのは、
複数の要素が
あるからですが……

前のホールを
ティーから
振り返って見ることが
よくあります。

旗が揺れる風。
一昔前なら
向かい風なら
1番手アップを
考えました。
今は、ボールの性能が
上がったせいなのか、
1番手アップでは
飛び過ぎです。

距離が合わなかった
理由は、
目の前のホールで
活かされます。

東京は9月なのに
35℃を超えた猛暑日が
2日連続でした。
27年振りだそうです。

1992年の9月3日と4日。
何をしていたか?
意外なことに
ハッキリと
覚えているのです。
木曜日と金曜日。
暑いことが
嬉しかったのです。
20代の僕は
暑さに強いことが
自分の武器だと
知っていました。

冒頭の画像を
見ながら、
ゴルフコースは、
季節ごとの違いは
あるけれど、
同じ季節のものなら
今年と来年、
数年前まで
わからないかも
しれない、
と考えていました。

同じ季節に、
同じシーンを見て、
同じことを考えている、
ということは、
ゴルフでは
日常茶飯事です。

『でもね……
風が違うのは、
クラブとボールが
教えてくれる』
なんて思ったら、
27歳の自分に
色々とアドバイスを
したくなりました。

彼は、きっと、
先輩のアドバイスを
聞いているフリをして
聞き流すのです。
旗が風になびくように。

ゴルフのお陰で
記憶が明確になることが
少しでもあることは
幸せです。


コメント

光と影と分析と

2019年09月10日 08時29分00秒 | コース



台風が来る前に、
試打ラウンドをして、
途中からは
ゴルフ仲間のプレーを
眺めていました。

事前に情報を
出し過ぎると、
それに影響されて
結果がちゃんと出ない、
という心配があるので
最小限しか話さず
観察しましたが、
バッチリでした。

そんなワンシーンは、
モノトーンで
コントラストを
強くして……
壮大な画像に
なったというわけです。

ここで宣伝です。

新・貧打爆裂レポート
『ヤマハ RMX 120と
220 ドライバー』が
公開されました。
https://gridge.info/articles/12566

凄い良かったです。
初めてヤマハで
購入を考えたドライバーが
『RMX 220』でした。
ご一読を<(_ _)>

話は戻ります。
グリーンの画像は
色々と面白いことを
教えてくれます。
肉眼では見えない
メンテナンスの跡や
芝目が見えることも
多々あるのです。

冒頭の画像でも
読みにくいグリーンの
秘密が見えます。
「フムフム」
と納得しながら、
結局、現場で
読めなくて苦労する……
それもゴルフですね。


コメント

あおぞらと夏、赤い落ち葉と秋

2019年09月09日 09時06分00秒 | 用具



直撃の台風一過。
遠いゴルフコースの
無事を祈りつつ……

JGRのハイブリッド。
良かったです。

高弾道です。
どっからでも
高弾道でした。
そして、
飛距離性能に
優れています。

良いハイブリッドです。

JGRはブルーが
ブランドカラーです。
クラウンも
ネイビーブルーです。

冒頭の画像のように
青空の下だと
クラブに空のパワーが
注入されます。



山桜が葉を赤くして
夏が終わることを
知らせています。

最後の残暑が
一番つらいです。
熱中症になりそうになって
危なかったです。

試打もしながら……
この日の最大の収穫は、
パットでした。

自分の書いた古いメモを
見る機会があって、
ボールの転がりが
悪くなったときにする
基本的なチェックとして
3つのことが
挙げられていました。

その1つが……
まさかと、思って
シャドースイングで
確認してみて……
『これは深刻な状況だ』
と自覚しました。

正しい動きなのに
それに強烈な違和感が
あるというのは、
感性を使うストロークでは
致命傷です。

練習マットで
反復する時間が取れず、
(本当は、
治らないかもしれない、
という恐怖に負けて)
イメージと
シャドースイングだけで
挑んだのですけど、
嘘のように
きれいな転がりが
復活しました。

落ち葉の赤に
秋ゴルフを予感しつつ、
残暑に翻弄されました。
グリーンの状態が
もっと良くなる日が
楽しみになりました。


コメント

JGRの3つめの試打について

2019年09月06日 10時02分00秒 | 用具



新しい『JGR』の
ユーティリティは
少し打たせてもらったら
とても良かったので、
「もっと知りたい」
と思っていました。

お天気が心配ですが、
今週末、
試打します。



ネジはありませんが、
気持ち良く打てて、
飛距離について
確認したかった、
というわけです。



4番22度。
3番19度。
2本をテストです。



ちょっとだけ
問題が
あるとすると……



シャフトです。
ハイブリッドは
僕ぐらいのパワーだと
カーボンが打ちたい、
のですよ。
正確に書けば、
カーボンじゃなければ
オーバースペックで
評価が出来ない可能性が
高くなる訳です。

このネオというシャフト、
高評価を得ています。
アイアンでは
何度が打ちました。
悪くないのですけど、
少しだけ残念です。

新しいJGRは
9/13に発売です。
ドライバーも、
アイアンも、
絶賛しました。
さてさて、
ユーティリティは
どうでしょうか?

凄いのを経験した後だから
冷静にやりたいと
心穏やかに考えている
フライデーです。


コメント

バックシャンは高性能の証だと520は振り向く

2019年09月05日 09時43分00秒 | 用具



ミズノプロ『520』です。
何だろう……
このバックフェースに
弱いのかなぁ?
好感触! でした。

中空構造のアイアンは
本当に進化して、
この1年ぐらいは
素晴らしいアイアンが
続々出てきました。

同じ機能であれば
先発が有利なのは
市場原理の一つですが、
『520』は
余裕すら感じました。

打感、打ち応えが
弾道とマッチしていて、
狙い通りに
良いボールを打てます。
なにより良いのは、
中空アイアンの
弱点でもある
何でもフルショットと
同じだけ飛んでしまう
現象を感じさせません。
敏感に縦距離に
反応してくれます。

ここで、宣伝です。

新・貧打爆裂レポート
『GLIDE3.0 WS編』が
公開されました。
https://gridge.info/articles/12445

ワイドソールの
ウェッジとして、
シンプルに
良かったです。
ご一読を<(_ _)>

話は戻ります。

前モデルになった
『518』は
特に女子国内ツアーで
圧倒的な勝率を誇り、
名器だという人は
少なくありません。

個人的には
『520』のほうが
アイアンとして
優れていると思います。
新しいものが
必ず良いとは限らない、
とういうのも
ゴルフ用具の
あるある話ですが、
『520』は良い意味で
裏切ってくれます。

情報は小出しに……
続報をお楽しみに。



コメント

一大事だと騒ぐ前に、もう一度RMXプリーズ!

2019年09月04日 09時53分00秒 | 用具



ヤマハの『RMX』です。
ビックリしました。
信じられないほど
ミスヒットに強く、
飛距離性能も凄いです。

『RMX 120』は
オーソドックスな
雰囲気を残しつつ、
『RMX 220』は
革新を身にまとって
挑戦するドライバーです。

今までのヤマハの
どのクラブとも違います。
RMXでありながら、
以前のRMXと
繋がる部分は
ほんの少しだけです。

今年は次々に魅力的な
ドライバーが
出てきますけど、
新しい『RMX』は
トップを争う1本です。

最先端がわかるのは
飛距離性能です。
そして、とんでもない
直進性能も
理解できます。
これは、誰でも
一発でわかると思います。



『RMX 120』と
『RMX 220』は、
ついでに書くと、
本当に美しいです。

ヤマハは、
単なる
クラブメーカーではなく、
日本を代表する企業だと
改めて、
思い知りました。
本気を出して、
クラブを作れば、
この通り!
というメッセージを
強く感じました。

面白いことに、
打っていて
「懐かしい」
と何度も思いました。
理由は、
パワーフェードです。

パーシモンで打っていた
美しいフェードが
打てるというか、
出てしまうのです。

残念ながら、普通に
ラウンドするだけでは
完全に把握するまでは
至らなかったのです。

延長して貸して欲しいと
お願いをしました。
以前は、こんなことは
年に1回あるか、ないか、
でしたけど、
今年はすでに何度も
お願いをしています。
そういうクラブが
多いのです。

良いクラブを市場で
選びまくれるのは、
ゴルファーにとって
願ってもない
最高の環境です。
でも、多すぎるのは
幸せなのではなく、
不幸なのかも……
そんなことを
考えてしまう秋が
やってきます。


コメント

ミズノプロ120で惑わせられる

2019年09月03日 09時43分00秒 | 用具



『ミズノプロ 120』です。
打ってます。
ちょっとずつ打っています。
一気に打つのは
もったいないからです。

『TN-87』じゃねぇか!
という台詞は
もう聞き飽きた感が
ありますが、
打ってビックリ、
別物です。
(当たり前ですが)

TN-87は、現役の頃から
30代の後半まで
10年以上使っていました。
(ついでに、
プロバーになる前の
初号ロットのもの)

バックフェースは
構えてしまえば
見えないですから、
大事なのはフェースと
実際に打ってみて、
ということなのです。

突然ですが、宣伝です。

新・貧打爆裂レポート
タイトリスト
『ユーティリティメタル
TS2とTS3』が
公開されました。
https://gridge.info/articles/12444
最高のハイブリッドでした。
お見事の一言です。

話は戻ります。

「次のアイアンは
とうとう
マッスルではなくなる」
と思っていました。
揺らぐようなアイアンが
次々に出て、
参っていました。

『120』も凄いです。
マッスルバックの王道の
機能は当たり前として、
理由はわかりませんが、
飛ぶんですよ、
ロフトよりも、
明らかに飛びます。

もう一つ言えるのは
やさしいです。
同時発売の『920』の
化け物のようなやさしさは
別として、
『520』とは
変わらないぐらいです。

戸惑いながら、
ゴルフの神様の
イジワル、と
空を仰ぐのも……
ゴルフなんでしょうね。


コメント

映る世界は、未来か? 過去か?

2019年09月02日 08時25分00秒 | 用具



ドライバーヘッドは
美しくなければ
ダメなのだよ、と
ある先輩が
言っていました。

こんなシーンが
撮れると、
毎回、それを
思いだすのです。

ちなみに、
人の目では
こんなふうに、
反射した先に
ピントを合わせて
見ることは困難なので
意識しなければ
見ることは出来ません。

プロギア『egg』です。
アップ用の素材なので
ボールもプロギアですし、
クラウンにも
『egg』のプリントが
見えます。



こちらは、ヤマハの
『RMX220』です。

ボールはいつもの
『TOUR B X』です。

『RMX』は『120』も
『220』も、
想像した10倍ぐらい
良かったです。

『egg』も『RMX』も
やさしいという意味を
再構築させられました。
不思議なドライバーでした。

改めて、ヘッドの中の
自分と空を見ると……
新しい次元の
入り口に
立っているようで、
奇妙な気分になります。

ゴルフクラブの
進歩について
この秋は、
色々と教わりました。
ゴルフの神様は
科学がお好きです。


</p

コメント