ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

無期限延期中

2013年01月22日 14時34分01秒 | 親子ゴルフ



親子ゴルフ大会へのお問い合わせが
時々あります 
複雑な思いはありますけれど、
無期限延期中だと答えています。

「ゴルフコースの放射線量は
安全基準だと聞いていますけど」
と食い下がる保護者の方もいます 

色々な専門家に話を聞きました。
今でも時々話を聞きます 
政府系の学者は、
安全基準以下だからセーフと
断言しますけど、
「安全基準は、原発事故前の
10倍から20倍になっています。
世界中で日本だけが
安全だという基準はおかしい」
という話になると
急に静かになります 

多くの学者が言います。
危険だと感じたら逃げるのが
放射能との付き合い方だと 

子供については 
安全基準を更に下げるのが
世界中の常識ですけど……

こういう状態で責任を持って
大会は出来ないと判断しました 
それ以上でも以下でもないのです。

ジュニアゴルファーは
ゴルフ界の宝物です。
本当に辛いところですが、
違う形で育成に協力しようと
考えているのです 

ゴルフプラネット: 第一巻
篠原嗣典
マイナビ



下のボタンををクリックして、ランクアップに
ご協力をお願いします 


ゴルフ ブログランキングへ

コメント (2)

親子ゴルフ大会について

2012年04月17日 11時29分53秒 | 親子ゴルフ



親子ゴルフ大会を2002年に開催してから
昨年で10年が過ぎました。
昨年の震災後、5月に開催して以降は
中止の状態が続いています 

今年は、色々な団体が親子イベントをします 
c-noさんの役割は終わって、
より大きい流れになっていくんだね、
と感慨深げに電話をくれた関係者もいます 

私は、ゴルフのイベントで最も大事なのは、
責任を重んじ、不公平にならないことだと思っています。
親子ゴルフのファーマットを作り、
運営していく中でもでも常にそれは意識しました。

私が新しい開催をしないことは、
必要な関係者に意図を伝えているので
ここでは書きませんが、
手が離れると同時に大きくなっていくのだとしたら
ちょっと複雑な思いが正直に言えばあります 

画像は約10年前の親子ゴルフ大会の画像です 
誰だかわからないように背中姿ですけど、
彼女ももう大学を卒業したような年齢になりました。
プロにはなれなかったようですが、
家族でゴルフをする楽しさは忘れていないようです 

水平線を見ながらプレーするコースは、
海に囲まれた日本でもほとんどないのが現実。
人間にとっては大きな10年は十分に巨大で、
たくさんの問題が起きました。
そんなの関係ないと
水平線は変わらずにコースから見えるのでしょう 

太平洋を見下ろして、ゴルフしたくなりました 



下のボタンををクリックして、ランクアップに
ご協力をお願いします 


ゴルフ ブログランキングへ

コメント

今年初めての親子ゴルフ大会

2011年05月06日 09時20分41秒 | 親子ゴルフ



大震災の影響で、開催ができなかった親子ゴルフ大会を
子供日に開催しました。

子供の日に子供とゴルフができるとういうのは幸せです。
みんな元気で、楽しい空気に包まれた1日になりました。

画像は、スタート前の練習グリーンです。



本来は、もっと早くブログで取り上げたかったのですけど、
開催コースは、少し前から練習グリーンを置きピンではなく、
カップを切るようになりました。

個人的な願望として、練習グリーンにもカップを、と
常に願っている私としては、コースに感謝です。

子供は純粋なので、カップが切られている方が
練習をたくさんするようになります。
起きピンに当てるより、結果が出るので面白いからです。

こういうような気遣いがたくさんあるコースで
今年初めての親子ゴルフ大会は開催されたのでした。



上記は、400ヤード以上離れた位置から
私を撮った1枚です。

親子ゴルフ大会では、2名1チームの関係で
奇数チームの参加だとマーカーが必要になることがあります。
今回、初めて私がマーカー役となりました。

プレーしている私を撮った画像がありましたので、
著者近影ならぬ、著者遠影として載せました。
新しいドライバーでナイスショットして、
満足している瞬間のようです。


 ↓ クリックにご協力ください ↓
(もちろん、負担はありません。
推薦します的なランキングです)


人気ブログランキングへ

コメント

ジュニア育成とは

2010年12月29日 10時24分52秒 | 親子ゴルフ



日曜日は、今年最後の親子ゴルフ大会でした 

カートに乗せられたバックをよく見てください 
子供のバッグは短いので、
乗用カートのメーカーや型番によっては
上手く載せることが出来ません。

開催コースでは、上手く載るように木を組み合わせて
専用の台を用意してくれていました。
底上げして、かつ、背側にもいたが渡してあります。
画面右のカートも、次のカートも木の台が見えます 

頭が下がります 
こういうシーンというか、さり気ないサービスを見ると
本当のジュニア育成というのはこういう底力に
支えられているのだと感心させられます。

口ではジュニアゴルファーは宝だと言いながら、
裏では何もしようとせずに逃げ回っている
多くのゴルフコース関係者、または、ゴルファーたちに
反省しながら、この画面を見て欲しいと考えました 


ジュニアゴルファーは十分に増えたから
育成は一段落したと胸を張る人ほど、
本当に必要なことから目を反らせてきたと言えます。
もし、本当に胸を張れるのだとしたら、
今回の開催コースである日立GCのように
見えないところにまで心配りをしていることだと
私は考えます 

コメント

ゴルフ教本

2010年11月18日 10時11分48秒 | 親子ゴルフ


JGAのジュニア会員になると、
教本が送られてくるそうです 
それがコレ。

私がジュニアだった頃(30年前だべぇ)、
ジュニア会員制度はありませんでしたが、
関東ゴルフ連盟の合同ゴルフ合宿に参加した際に
同じような教本をいただきました。
ジュニア教本ではなく、プロ協会のもので
確か表紙は薄い黄色で、もっと横長だったような……

その本、実に基本的で良かったのです。
悩んでいる人に貸している内に戻らなくなりました 

基本というのは統計学と物理学で時代を切り取ったもの。
なかなか面白くできていますし、
中途半端なレッスン書より何倍もタメになります 

時代なのでしょうか?
トレーニングから食事まで事細かに書かれています。

残念なのは、多くのジュニアが読まずに捨てていることです 
そして、それを保護者が容認していることです 

コメント

子供は元気!

2010年10月12日 08時12分41秒 | 親子ゴルフ



昨日は茨城のコースで親子ゴルフ大会の運営でした。
最高の天気で、本当に気持ちの良い1日でした 

ジュニアたちは元気一杯にプレーして、練習もして、
本当に楽しそうでした。

体育の日に親子ゴルフ大会を運営するのは
なんと9回連続になります……
振り返れば感慨深いです 

9回って、9年ですからね。
高校生だったジュニアは、社会人になっています。
幼稚園に通っていた子は高校生です。

私も年をとるはずです。
9年前に子供はプレー禁止だったコースを
必死に説得したところから始まった親子ゴルフ大会でした。
サッカーの日韓ワールドカップがあった年です。

色々なことを考えた体育の日になりました 

コメント

何番目?

2010年08月23日 08時55分20秒 | 親子ゴルフ


トンボが順番くじに止まっていました

日曜日は茨城県のコースで親子ゴルフ大会でした。
運営サイドの私としては、何事もなく終えられたことに
ホッとしているところです

猛暑の開催は、熱中症が出ないようにとか、
雷は大丈夫かとか、命に直結する事故に気を遣います。

コースは猛暑の関係で、芝生の夏焼けなどがありましたが、
空には赤トンボがたくさん飛んでいました。
秋は確実に近づいているのだと感じました 

ゴルフは親子の絆としても非常に優秀だと
改めて感じる1日になりました。
コメント

視界80ヤード

2010年05月06日 10時30分00秒 | 親子ゴルフ



太陽ではない方角を見た画像です 

視界は80ヤード。
スタート時であれば、危険があるので
親子ゴルフ大会のスタートは見合わせなkれば
駄目だったと思います。

とは言え、30分後にはウソのように晴れて、
初夏のような天気になったのですから……
小学生の中には、霧の中でゴルフがしたかったと
残念がっているジュニアもいました 

東京はすっかり萌えの季節が終わりましたが、
栃木県は、まだまだ萌えていました。
このまま夏になってしまうのかなぁ、と
少し寂しい気分で萌えた木々を見ました。

あっ、GWに更新しなかった分、
今日と明日は約束無しですが、
複数更新しますので、時々見てください 

コメント

一瞬の霧

2010年05月06日 06時00分00秒 | 親子ゴルフ



昨日の子供の日は親子ゴルフ大会の運営でした。

初夏を思わせる1日で、暑すぎてバテてしまった
小学生ゴルファーもいましたが、
なんやかんやで楽しい1日になった様子に安心しました 

さて、早朝、コースに濃い霧が発生しました。
時間にして数十分で、スタートまでには完全に晴れました。
画像はそのときのものです。
幻想的な1枚が撮れて大満足 

肉眼では見えないレンズ越しだけの世界ですが、
それはそれでウソではなく本当にあるものです。
ゴルフでは、知覚できるものとできないものが交錯しています。
なんだか哲学してしまった朝でした 

コメント

親子ゴルフと卒業

2010年03月23日 10時00分00秒 | 親子ゴルフ



昨日は親子ゴルフ大会の運営でコースに行っていました。
天気も良く、楽しい1日になった親子が多く、一安心です 

小学生の頃から参加していたジュニアが、
高校を卒業して大学生になります、と
最後の参加をしてくれました。

8年…… 小学生が大学生になる時間……
感慨深いものがありました。

東京は桜が開花したようです。
コースはまだ桜のつぼみは固く、
春はもう少し先のようです。
画像の背景の左後ろ見える山には雪が見えます。

コースにいると時間はゆっくり流れているような気がします。
でも、確実に流れていくのだと思った親子ゴルフ大会でした。

卒業します、というジュニアの後ろには、
今日初めてコース回ったけど、面白かった、
また、ゴルフをしたいです、と笑顔を輝かす小学生がいました。


私の卒業は、まだまだ先のようです 

コメント

アニマルHC

2009年10月06日 10時38分30秒 | 親子ゴルフ


親子ゴルフ大会用の商品としてアニマルのヘッドカバーを
寄付していただきました。
ベイビーココという銘柄で、
右がドライバー用で背中にファスナーがあり、
左側が小さめでフェアウェイウッド用のようです。

どちらも、手足に複数のマジックテープが付いていて
シャフトを握ったり、もう一方を抱きかかえたりできるように
なっております。
玩具メーカーが作ると、細かいところが素晴らしい出来ですね

かなり大きいので目立つことは間違いありません!
賞品として目立つことも間違いありませんので大助かりです。
コメント

昼の水浴び

2009年08月24日 08時46分48秒 | 親子ゴルフ



昨日は親子ゴルフ大会でした。
スタート時間が遅めだったので、プレーが終わるのを
待っている午後の時間がゆったり流れているような感じでした。

猛暑という感じではなく、秋っぽい風が吹いていましたが、
秋に向けてグリーンのメンテナンスは勝負の時期が
近づいているようです。

外を見ていたら、突然、練習グリーンで散水が始まりました 



たっぷり15分ぐらい散水は続きました。

その昔、夏のゴルフのときに、散水しているところに
入って行って(もちろん、コース管理の人にOKをもらって)
全身ビショビショになりながらクールダウンしたことを
懐かしく思いだしました  

グリーンも気持ちが良いのだろうなぁ……
コメント

感動したこと

2009年07月24日 17時50分00秒 | 親子ゴルフ


20日は親子ゴルフ大会だったのですけど、
コースの方々の必死の努力で素晴らしいコンディションでした  

グリーンはいうまでもなく、色々と細かいところまで
完璧だと呻いてしまうほどでした。

一例を紹介すると……
上の画像を見て欲しいのですけど、
バンカーを越えた所に青い杭が立っています。
もちろん、これは修理地なのです。

プレーしていて、ここは修理地にして欲しいなぁ、と
思う場所はけっこうあるものですけれど、
上記の場合、そういう場所に芝生を張り直して修繕し、
それでも間に合わなかったからということで青杭です。

こういうことって、出来そうで出来ないんですよね。
ルール通りに普通にプレーするには、
不備がない整備が不可欠ですが、
その努力と処置がお見事だったと感動しました。

処置しても、しっぱなしではとんでもないライから
打たなければならないケースが多々あります。
そういうストレスがないように、あちこちで画像のような
考慮を目撃しました。

コース管理の方の深いゴルフへの知識と経験を感じました。
本当にありがとうございました!
コメント

少ない人数でも

2009年06月21日 23時14分32秒 | 親子ゴルフ


土曜日は親子ゴルフ大会でした。
8チームという最少参加数でも充実した1日だったようです。

コースは満員状態で、ジュニアがいることが
話題にならないほど賑わっていました。

コンペルームで準備をしつつ、各チームが上がってくるのを
待っている時に、雲が切れてお日様が…… 
画像はそういう一瞬です。

親子ゴルフ大会も、最近はなかなか定員にならず、
今回のような8チームでの開催ということもあります。
もしかすると、転機なのかもと思ったりもする土曜日でした。
コメント

雨にも負けず

2009年05月07日 05時31分46秒 | 親子ゴルフ



GW連休の最後の日は、親子ゴルフ大会の運営でした。
曇時々雨。その雨は土砂降り……
時々、お天道様も顔を見せるという感じで
気分は全英オープンでした

画像は午前中の一シーンですけど、
筑波山が雲に覆われていて見えません。

親子ゴルフ大会は天候に恵まれない確率が高いと
よく関係者からいわれます。
ゴルフをするジュニアゴルファーをゴルフの神様が
歓迎していないのだという人もいますが……

もし、ゴルフの神様がいるのであれば、
雨が降ってもゴルフは楽しいということを
最初に経験させているのではないか、と
勝手に思っています。
子供たちは、どんな天気でもゴルフを楽しむ天才です。

コメント