ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

弾痕を捜査して学ぶ

2018年09月28日 09時04分51秒 | 用具



雨の中で撮ったので
水滴がつきましたが、
ミズノのGX ドライバーの
フェースです。
ラウンド後に掃除せずに
ヘッドカバーをしました。
フェースのボール跡を
しっかりと見るためです。



上手く撮れませんでしたが、
肉眼ではけっこうハッキリと
ボールの跡がわかります。

想像していた通りでした。
恥ずかしいほど散っていて、
駄目な現実を教えてくれます。

飛ばそうとして
打点がずれるのは、
本末転倒です。
諸説ありますが、
個人的には芯に当てるのが
大原則で、優先します。
何をすべきか、
よくわかりました。



スリクソンのZ F85 #3です。
最後に使ったときに
少しダフったので
汚れていますが、
それでボールの跡が
ハッキリとわかりました。
こっちも散っています。
笑いました。



こちらは#7です。
バンカーからは
まだ打っていないですが、
ベアグラインドからは
何度か使ったので
砂が原因と思われる
擦り傷がついています。

こちらは見事に
一列に集まっています。
地面で打つときと
ティーアップしたときに
上下のズレはあっても
横のズレはない、
という感じです。
飛ぶ飛ばないではなく、
狙って打っているから
結果が良いのだと
推測できます。

振り返って見ると、
ドライバーも、
スプーンも、
狙うことよりも
距離ばかりを考えて
打っていたような気がします。
次のラウンドからは
狙って打とうと思います。

また台風が来そうです。
週末にコースに行きたいと
天気予報を見ながら……
新しいウッド問題は
既に解決したような気がします。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

秋の『やさしさ』を感じて

2018年09月27日 09時58分17秒 | コース



大木の山桜の葉が半分に……
見通しが良くなって、
プレッシャーが軽減します。
このホールは残酷に
夏が来るたびに
僕の老いを自覚させます。
年々、高い球の高さが
低くなっているようです。
楽々越えていたのに、
最近は必死になって、
ギリギリで越します。

葉が落ちたことで
グッと楽に感じます。
秋ゴルフは少し易しく、
心には優しいです。



別のホールのグランスバンカー。
入ってびっくりで、
けっこう芝生というか、
草が伸びていて、
ロスト寸前でした。

グリーン手前なので
ピンまでは35ヤード。
猫じゃらしが数本が目立つ、
色々な草に沈むボールは、
同伴競技者が
「出ますか?」
と心配していました。

寄りませんでしたが、
一発でグリーンには乗って
7ヤードのパットが残りました。
ボールをマークしながら、
『秋だからラフに元気がなくて
ラッキーだったのかぁ』
と季節の移ろいを感じました。

真夏だったら、
倍以上の抵抗があって、
一発では出なかった可能性も
ありました。

東京は11月の気温で
寒くて震えています。
昨夜からの頭痛が
更に激しくなって……
体調に気をつけて
頑張ろうと思っております。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

タイガーが勝って良かったね

2018年09月26日 09時11分09秒 | 用具



ブリヂストンスポーツの
『TOUR B XS』です。
5年振りのタイガーを
支えたアイテムです。

復活できないのでは、
という憶測もあったタイガーと
三顧の礼をもって
使用契約したBSは
本当に嬉しかったでしょうね。

TOUR B XとXSのボールが
新しくなるときに、
Xのほうはバージョンアップに
相応しい新技術を
詰め込みましたが、
XSはマイナーチェンジ程度に
抑えたそうです。
理由は、タイガーが
「気に入っているので、
あまり変えない欲しい」
と要望したからだとか……

ツアー系ボールが
この2年ぐらいで
大きく変わったのは、
コアの構造についての
考え方を
各メーカーが
TOUR B シリーズの
ボールを参考に
開発したからです。

完成度が高いボールなので、
マイナーチェンジ程度でも
十分なのだと思います。

僕はTOUR B X を
使っていますが、
家のあちこちに
TOUR B XSが
3ダース以上あります。
ご厚意で両方を
いただくのですけど、
Xは使用して減りますが、
XSは未使用で残るからです。

タイガーの使用球ということで
改めて売れるかもしれません。
少なくとも米国では、
市場が反応するらしいので、
注目したいと思います。

この画像を撮るときに
ボールを並べていて、
ブルーバージョンも
入れたりしながら、
Bマークが『矢印』みたいに
見えてきました。
デザイン上の空白部分が
そう見えたのです。

米ツアーのプレーオフは
結果として4戦全てが
日本メーカーのボールが
優勝ボールになりました。
その内3つが
TOUR B シリーズのです。
使用者が少ないことを考えれば、
それは凄いことです。
今週はライダーカップです。
テレビ観戦を楽しみながら、
チーム戦でボールの相性とかも
影響してくることに
注目したいと思います。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

中秋名月とパットの極意

2018年09月25日 09時11分10秒 | 裏話



昨夜は中秋の名月。
実際には、今日が満月で
昨夜の月は『まつよい』だと
いうことでしたが
(僕の小説のタイトルです。
十四夜という意味です。
まだ読んでいない方は、
是非、下のバナーから
よろしくお願いします)、
とてもきれいでした。

あいにくの曇り空でしたが、
時々、雲の切れ間に
名月が出ました。
妻とそのたびに鑑賞しました。

午後7時頃、
デジカメを手に持って、
必死に望遠で撮りました。
手ブレしないように、
フレームアウトしないように、
頑張りながら……
ゴルフとの共通点に
気がついたのです。

手持ちカメラで
超望遠を使うコツは、
力を入れないことです。
適度な脱力が
ブレを防ぎます。
また、シャッターを押すときに
指だけを上手く動かすのも
コツだと思います。
(セルフタイマーを
使う手もありますが)

『パットの極意と同じだ』
と思ったのです。
僕の場合ですけど、
適度な脱力と
必要な部位だけが
しっかりと動くことが
狙い通りに打つための
絶対条件です。
そればかり練習するときも
あるほどなのです。

超望遠でシャッターチャンスを
逃さない感覚と、
パットで集中して狙う感覚は
共通点があります。

タイガーの久しぶりの優勝に
感動しながら、
今週は、しっとりとして、
ピカピカな気分で
過ごしたいと思います。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

いよいよ明日発売の新スリクソン

2018年09月21日 10時09分57秒 | 用具



スプーンと7番ウッドです。
スリクソンの『Z F85』です。
純正のMiyazakiシャフトで
硬さはSです。

新しいスリクソンは
明日(9/22)発売です。
金曜日発売が多い中で、
土曜日発売です。

この2本のウッドを
一足早くバッグに入れて
何度かプレーしました。
今風に言えば『フラゲ』
色々と配慮してもらって
フライングゲットでした。



昨日のブログのショット画像は、
朝露が弾けて、
インパクで煙が出たように
写っていましたが、
『Z F85』を最初に試打した
ラウンドの3球目でした。

誤解のないように書くと、
クラブは予定通りに
試打した翌週に返却しました。
そのときには、
コスパも最高なので
自分のバッグに入れることを
決意していたと思います。

スプーンは大好きで、
得意でもあります。
楽しく使っています。
色々なシーンで使って、
勉強をしています。
そういう時間は
ゴルファー冥利に尽きます。

7番ウッドも楽しいです。
ハイブリッドとは
特性が違うので、
入れ替える案は
諦めましたが、
「へぇ~」とか、
「ほぉ~」とか、
感心しながら
経験値を積み重ねていきます。
色々な球が打てるのが
感性と結びつくと
面白そうなのですけど、
ゴルフ人生初の7番ウッドは
一筋縄ではいかないです。

余裕を持って楽しむのが、
新しい仲間を
使い熟すための方法です。
それもまた、道……
新しい相棒たちと
平成最後の秋ゴルフを
堪能するだけです。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

決めるのは一瞬、悩むのは永遠

2018年09月20日 09時28分12秒 | 用具



この1打で決まったという
直感的な決断が、
ゴルフ用具選びでは
有効であることが多々あります。

悩みに悩んで、
検討と検証を重ねて、
完全に納得して決めたクラブが
その確信に反して、
全く機能しないことは
『あるある』です。

「悩んだ時点で、
何かが欠けていることを
本能が知っているんです」
ショップにいる頃に
よく使ったキラーワードです。
悩んでいる別候補のクラブを
諦めさせて、
今、手にしているクラブを
買うべきだと促すわけです。

冒頭の画像は、
早朝の朝露のフェアウェイで
放ったスプーンの1打。
飛距離、打ち応え、弾道共に、
パーフェクトだったのです。

ドライバーのような
機能性を詰め込んだ結果、
ぶっ飛ぶスプーンを
ドライビングスプーンと
呼ぶようになりましたが、
そういう中でもダントツで
マッチしました。
新しい物語が始まった、
と本能が告げていました。



こちらはドライバーです。
飛びすぎるスプーンを
使うことになると、
ケースバイケースで
ドライバーは不要になります。

スプーンより飛ばなければ
意味がないのは当たり前。
より飛ぶドライバーが
あることはラッキーです。

同じホールで動画を
何度も撮っていると、
わかることがあります。
1コマごとにボールを確認すると、
4コマ目で、この位置とか
おおよその見当がつきます。
(元の素材では可能ですが、
公開されているものは
画質を落としているので
確認できません)
同じような弾道の場合は、
ほとんど変わらないからです。
ただし……
初速が出ているドライバーは
その位置が違うのです。
当然、コースでも飛びます。

『凄く飛んだ』と実感した
ドライバーは、
後から検証として
コマ割りの分析をします。

そういう意味では、
『この瞬間!』と
決断した瞬間は、
コマ割りをしたときなのかもと
考えたりもします。

いずれにしても……
ゴルフは用具を使うゲームで、
選択することを楽しむものだと
痛感している秋です。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

地元富士とツマ先と雲

2018年09月19日 08時49分18秒 | コース



空が高くなってきたと
色々なシーンで感じますが、
コースから見える芳賀富士でも
そう感じました。
秋空に地元富士です。

下を見れば、芝生も微妙に
濃い緑ではなくなったようで、
少しだけ寂しい気分に
なったりもしました。
こうして見ると、きれいですが。



ふっと足元を見たら……
落葉がついていました。
朝露で濡れたシューズには
色々なものがくっつくのです。
落葉がついていることも
よくあるのですけど、
思わず撮りました。
これも秋です。

普段履きのシューズを
新しくしましたが、
ゴルフシューズは
変えていません。
まだ、十分に使えるので
なんら問題はなく、
朝露で洗われて、
毎朝きれいになります。

落葉は知らない内に
シューズから外れて、
どこかに舞っていきました。



何週も続けて天気が悪く、
青空を忘れそうでした。
先週は朝は薄曇りでしたが、
すぐに青空が広がりました。
爽快だぁ、とニヤニヤして
ゴルフをしたのです。

色々な雲が出て……
ホールを終えるたびに
空を見上げて
変化を楽しみました。
その分、注意力が落ちて、
久しぶりにボールを2個、
なくしてしまいました。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

彼女の背中と秋と

2018年09月18日 09時20分15秒 | コース



長い間楽しめた蓮の花も
いつの間にか種になって、
蓮池は一足先に秋です。
妻はボール探しの名人です。
とはいえ、かなりの傾斜なので
フラフラしながら
池の縁を歩いていました。



曇りの予報なのに
とても良い天気でゴルフが
出来ました。
最初の画像は先々週、
この画像は先週です。

山桜は早い木だと
半分ぐらいの葉が落ちて
秋が来ていることを
教えてくれています。

初めのハーフは
9ホールを1時間15分で
プレーしました。
プレー中は、
彼女の背中を見ている
時間が長いことに
最近気がつきました。
そういうペースなのです。
お互いに、それが楽で
スムーズなのだと思います。

2枚目の画像を見て、
一人で歩く彼女が
怒っているように見える人は
不正解です。



その直前に
涼しくなって
元気が出てきたグリーンで
薄曇りで出来た
二人の影を撮りました。

プレーのペースが
落ちないように、
その分、次のホールに
急いでいるというシーン、
というわけなのです。



梅の木も葉を落としていました。
これは先々週です。
手元に梅の木。
その先にも山桜の木。
カート道に落葉の
横断歩道が2本……
秋は道を横切るのです。

結婚記念日を過ぎ、
結婚して24年になりました。
初秋を感じながら
二人でゴルフをする未来は
結婚した当時は
全く想像できませんでした。
(当時は2名プレーが
出来ないのが普通でしたし)
平成最後の秋を迎え、
時代の流れを感じることが
次々に起きます。
これからも、予期しなかった
未来の中を歩むことを
楽しんでいこうと思います。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

普段履きからゴルフを考慮する

2018年09月14日 10時11分58秒 | 用具



無頓着というか、
物持ちが良いというか。
普段履きのシューズが
壊れたので、
買い替えました。

外側はきれいでしたが、
内側がけっこうボロボロで
気になってはいました。

ウォーキングシューズは
スポーツメーカーのものを
選ぶようにしています。
今まではブリヂストンでしたが、
この分野から
撤退してしまったので、
今回はアシックスと
ミズノのものにしました。
(型落ちなので激安で)

大事に使えば長く使えます。
今までのシューズは
8年も履いていました。

ドレスコードが
厳しいゴルフコースでは、
スニーカーはNGということも
当たり前のようにあります。
この手のウォーキングシューズは
革靴に分類されるので
(実際、本革ですし)、
そういうときの使用を考慮して、
普段履きに使っています。

中学でゴルフデビューして、
ゴルフの虜になりました。
「普段からゴルフをするときを
意識して、同じように
普通にすることが
強いゴルフをする秘訣だ。
ゴルフだから特別、は
下手くその言い訳だ」
と指導されて、
大好きだったGパンを
全て捨てました。
当時は写真を見ても
普段はGパンでしたが、
思い切ったことをしたと
振り返っても思います。
それ以降、40年。
僕はGパン知らずです。

ゴルフの神様に試されて、
得るものと失うものの
バランスは絶妙だと
今でも感心します。
ちなみに、Gパンを捨てて、
生涯4ラウンド目で
100を切って、
9ラウンド目でハーフ30台を
記録しました。
比較対象がなかったので
当時は、
あまり興奮しませんでしたが、
後になって『天才だ!』と
興奮しましたし、
ゴルフの神様に贔屓されたことに
感謝したのでした。

普段履きをゴルフに合わせて
『いざ鎌倉』状態にするのも、
僕にとっては
ゴルフの内です。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

ゴルフテクノロジーXがGXなのです

2018年09月13日 09時58分06秒 | 用具



メルマガ・Golf Planetでは
既に書きましたが、
ヘッドカバーの公開していた
新しいドライバーは
3月に発売された
ミズノの『GX』です。

9.5度のロフトに
純正シャフトのSです。
試打したスペックと
全く同じものです。



きれいなドライバーですし、
カッコイイです。
「前のドライバーと飛距離は
どのくらい違うのですか?」
と聞かれます。
平均したら10ヤード弱。
と答えています。
そんなものですが、
十分すぎるほどの威力です。

これからの基準には
なるとおもいます。


試打したときには、
飛んで曲がらない、
と感動しましたが……
実はけっこうじゃじゃ馬な部分も
内包しているドライバーです。
使い熟す楽しみを
たっぷりと味わおうと
考えています。

GXはゴルフテクノロジーXの略。
ローテクな僕が使うのが、
相応しいかどうかは
多少の疑問があります。
まあ、それもまた道です。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

何を抜くべきなのか……

2018年09月12日 09時19分44秒 | 用具



よくわからないと思いますが、
画像の中央に
ボールがあります。
『困ったなぁ……」
と悩みながら撮りました。
モミジがきれいでした。

新しいルールに
来年から変更されても、
ラウンドに持ち込める
クラブは14本という規則は
変更されません。

フェアウェイウッドを
2本にするために
ハイブリッドを
1本抜けば良いと
考えていたのですが、
思い通りにいかないのも
ゴルフという感じで、
悩んでいます。

ハイブリッドを戻して、
4番アイアンを抜く、
という選択肢を考えています。

なんといっても、
自分のクラブでプレーする
ラウンドが少ないので
なかなか実証できません。

ロングアイアンを抜くのは、
個人的には
かなり大きな抵抗があります。
しかし、それがベターだと
理性ではわかるのです。

ロングショットを打つクラブは
それぞれに守備範囲が
広いものです。
フェアウェイから打つとき。
ラフから打つとき。
ティーから打つとき。
グリーンを狙うとき。
フェアウェイを狙うとき。
ケースバイケースで
かなりの差が出ます。

ちなみに、画像のホールは
ティーアップして打った
新兵器が想定と違った
球筋になることが
わかった瞬間だったのです。

貧打爆裂だからこそ……
悩むのです。
まあ、こういう悩みは
ゴルフの面白さでもあります。
楽しみたいと思います。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

新しいタイトリストの易しさと難しさ

2018年09月11日 10時04分27秒 | 用具



コースで打ってきました。
『タイトリストTS2』です。

結論から書くと、
想定より良かったです。
オートマチックに
高いきれいな弾道を
連発するのには
最適なドライバーです。

初速感が強く、
打音も高く、短音で、
飛ばしている感触が
味わえます。
実際に飛びます。

トップクラスの
飛距離性能ですが、
ちょっと気になったのは、
ヘッドスピードが
もう少し早いゴルファー向けに
チューニングしてあると
感じたことです。

弾道もきれいですし、
良い感じですけど、
もっと行くはずだという
感触があったのです。
僕のヘッドスピードだと
タイトリストのVG3のほうが
飛距離は出るようです。



『TS3』はデリケートさを
隠さないドライバーです。
『TS2』が曲がりづらく、
オートマチックな感触なので、
余計に目立ちました。
敏感に反応して、
ボールを曲げられます。

ボールを曲げて
ドライバーショットを打つという
ゴルファーには、
それに応えるドライバーが
市場に少なくなっているので、
『TS3』はドンピシャです。

同じロフトの9.5度でも、
『TS3』はやや中弾道で
棒球です。

同じホールで
両方を打って比較しましたが、
飛距離はほぼ同じでした。
このときも感じましたが、
もう少し速く振れれば、
結果が変わる気がしました。

易しくすることと、
飛距離を優先して
作られたドライバー、
ということです。
確かに易しさも感じました。
でも、ツアープロの要求にも
応えなければならない、
という個性も感じました。
僕はその部分は好きでしたが、
難しいじゃんか、と
落胆するゴルファーも
少なからずいるでしょう。

個人的には
少し安心しました。
タイトリストの
フラッグシップモデルが
変わりすぎるのは、
ちょっとイヤだ、と
思っていたからです。
シンプルな見た目も含めて、
サラッとしたドライバーですが、
タイトリストなのです。
9/28発売です。
打ってみてください。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

みんな元気で安心

2018年09月10日 09時37分19秒 | 裏話



「先生は25年以上前経っても、
全然変わりませんね」
と言われて、
笑うしかありませんでした。
2年間、専門学校で
ゴルフを科目として
教えたことがありました。
26、27年前です。
僕は30歳直前、
この話を受けるときに
けじめとして競技ゴルフを
引退しました。
(アマチュア資格違反の
可能性が高かった)

20代の頃から
40代に間違われたり、
老けていると自覚がありました。
とはいえ、変わらないことは
ないわけでして……
笑うしかないのです。

翌日は4時出発で
コースに行く予定だったので、
途中でアルコールはやめて、
早めに中座するつもりが、
結局最後まで……
楽しい時間でした。

「授業でハーフラウンドをして、
四半世紀が過ぎて……
再来週、コースデビューです」
という話も聞きました。
彼は、生まれて初めての
ハーフのパー3で
ワンオン2パットのパーを
記録したのです。
なかなかないことだからと
当時、褒めたことを
思いだしました。

初ラウンドで、
ゴルフに魅せられて
ゴルフを続ける展開になれ、と
秘かに願いながら
話を聞きました。

翌日、ゴルフコースで
快適にプレーしながら
前夜のことを
色々と思いだしました。
教え子がいる幸せに
毎年1度、感謝できるのも
たぶんゴルフの神様の
シナリオなのです。
大切にしたいと
強く思うのでした。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

そこはおいらたちのフェアウェイ

2018年09月07日 08時51分23秒 | コース



真夏の早朝ゴルフ。
昇った途端にギラギラの
太陽がコースを
照らしていました。

前日、最終組が通過した
夕暮れに、
コース管理スタッフが
バンカーをきれいに均して
整えたのです。
普通はスタート前にする作業を
早朝のスタートに合わせて、
前倒ししてやってしまうわけです。

夜の間に……
タヌキやウサギたちが
『きれいにしてくれて
ありがとうね!』
と言わんばかりに
足跡をバンカーに
残していたようです。

こういうことがあるから
早朝にバンカー均しをする
コースが多いのかもしれません。

大きさや形が違う足跡が、
7本もありました。
何気なくそれを見ていたら
『ここはおいらたちの
フェアウェイじゃい!』
と声がした気がしました。

そもそも彼らの縄張りに
ゴルフコースを造って、
日中にゴルフをしているのは
人間の勝手です。
とはいえ、動物の学者は
ゴルフコースがあることで
里山に住むような小動物には
良い環境になっているそうです。
彼らが安定して数を
増やす要因になっている、
と言います。

ラビットと言えば、
ゴルファーを意味する
隠語の一つですが……
足跡を残さずに
きれいにコースを使ってこそ、
ゴルファーなのです。

バンカーに小動物の足跡は
微笑ましいですけど、
人間のものがあるのは
残念な気分になります。
ゴルファーの境界線は
色々なところに引かれていて、
僕らを試しているのです。

画像を撮ったのは
お盆の翌週でした。
手前のラフを見ると
あまりにも元気が良すぎて
少し怖いです。 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント

やっと触れたTS

2018年09月06日 08時48分37秒 | 用具



タイトリストの新ドライバー。
TS2 とTS3です。
やっと触りました。



TS2はシンプルです。
ちょっと驚いたのが、
構えた感じです。



ブラックでカッコイイです。
ペタッとして、
『易しいでしょう?』
アピールが凄いのです。

タイトリストっぽくない、
と思いました。
けれど、このドライバーの
評判は凄いのです。
楽しみです。



TS3です。
個人的には
こっちのほうに
興味がありました。
シンプルなソールデザイン。
それでいて、
ちょっとやるなぁ、
と思わせます。



飾り気がない丸型。
これも、タイトリストファンを
失望させるような気がしますが、
僕は大好物です。
狙いやすいですし、
行けそうな気が満々です。

タイトリストも
2018年からは
こういう方針なのだと
明確に見せるドライバーです。

TSは、
タイトリスト・スピードの略、
ということです。
飛ばしを優先するという
コンセプトなのです。

週末にコースに持ち込んで
打ってきます。
ワクワクです。
 


ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント