ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

セ・リーグ開幕

2007年03月31日 | スポーツ関連
昨日、セ・リーグの公式戦が開幕した。我がジャイアンツの先発を務めたのは、昨年その才能を開花させた内海哲也投手。2000年から2006年迄の過去7年間、連続で開幕投手を務めて来た上原浩治投手の姿が其処に無かったのは非常に残念だったが(「上原限界説」を主張するスポーツ紙を見返す意味でも、何とか8年連続での開幕投手を期待していたのだが。)、若きサウスポーが見事にチームを勝利に導いてくれた。内海投手の調子 . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (1)

「でっちあげ 福岡『殺人教師』事件の真相」

2007年03月30日 | 書籍関連
***************************** 【朝日新聞西部本社版の2003年6月27日付け記事より】 福岡市立小学校で、40代の男性教諭が4年生の男子に、「ミッキーマウス」や「ピノキオ」と称して鼻や耳を引っ張る等の行為を繰り返し、学級担任を外されていた事が判った。児童の親は家庭訪問の際、教諭に母親の曾祖父が米国人で在る事を話したのを境に態度が変わったとしており、差別意識が背景に在 . . . 本文を読む
コメント (17)

新人材バンク

2007年03月29日 | 時事ネタ関連
公務員の再就職、即ち”天下り先”の斡旋を新人材バンクに一元化するという案が、自民党内に波紋を投じている。「新」という字が付いている事からも判る様に、2000年に当時の総務庁が「高度な専門知識や経験を有する国家公務員を、民間企業や公益法人に紹介&活用して貰う。」目的で「国家公務員人材バンク」を創設するも殆ど機能して来ず、各省庁が自らの影響力&権限を背景にして、民間企業等にOBを”押し込んでいた”とい . . . 本文を読む
コメント (4)

元祖”無責任男”逝く

2007年03月28日 | 御笑い関連
植木等氏が80歳で御亡くなりになられた。彼の死をマスメディアが報じていたが、「俳優の」という肩書きが多かった様に思う。でも自分の中では「芸人の」という肩書きがしっくり来る人物だった。「芸も糞も無いのに、唯勢いだけでバラエティー番組に出ている。」というイメージが在る「御笑いタレント」では無く、真に芸を持った「芸人」。多芸多才の植木等氏は、正に芸人と呼ぶに相応しい人だった。 ハナ肇とクレージーキャッ . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (14)

伊藤さやかが好きでした

2007年03月27日 | TV番組関連
昨夜帰宅してTVを付けた所、「名曲ベストヒット歌謡 ~昭和40年代スペシャル~」という番組が放送されていた。昨年の記事「赤色エレジー」でも触れた様に自分は所謂懐メロが結構好きで、この手の番組が放送されているとついついチャンネルを合わしてしまうのだ。残念ながら番組途中からの視聴となってしまったが、懐かしい曲&顔触れを見聞しては、その当時の自分が何をしていたかを思い出していた。 ********** . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (2)

マックの仕事は将来性が無い!?

2007年03月26日 | 時事ネタ関連
3月24日付けの東京新聞に「マックはたのしいジョブ?」という記事が載っていた。国内に約3,800という店舗数を誇る日本マクドナルドが、アメリカに本社を持つマクドナルド(McDonald’s)のフランチャイズ企業で在るのは誰しも御存知の事だろう。そのアメリカのマクドナルドが、英語最大の辞書と称される「オックスフォード英語辞典(OED)」を出版するオックスフォード大学出版局に対し、「現実に即していない . . . 本文を読む
コメント (26)   トラックバック (3)

「これが・・・守るという事なのだな・・・。」

2007年03月25日 | TV番組関連
***************************** 命を賭してインペライザーと闘うウルトラマンメビウスに人々は声援を送り続ける。それは同時に、GUYS隊員で在るヒビノ・ミライ(五十嵐隼士氏)に向けられた人々の熱い気持ちでも在った。しかし過酷な闘いを続けて来たメビウスには、最早闘う力が残ってはいなかった。其処へ世界中に散っていたインペライザーが、「皇帝」を名乗るエンペラ星人の力によりGUYS . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (35)

世の中の困ったちゃん達

2007年03月24日 | 其の他
脚本家の内館牧子さんは日本相撲協会の横綱審議委員を務める一方で、2005年からは東北大学の相撲部監督に就任する等、大の相撲好きでも知られている。日本人力士が同じ事をしているのにも拘わらず、一時期はやたらと外国人力士ばかりにクレームを付けている印象が在ったので、個人的には彼女に好印象を持ってはいないのだが、彼女が「週刊朝日」に連載しているコラム「暖簾にひじ鉄」は面白いので毎週拝読させて貰っている。3 . . . 本文を読む
コメント (5)

野球を食い物にする輩達

2007年03月23日 | スポーツ関連
ライオンズの裏金問題発覚を機に、「球界浄化の為には、不正の温床となっている『希望入団枠制度』を即時撤廃すべし!」という強い要望がアマ側から上がっていた。しかし、一昨日開催された日本プロフェッショナル野球組織(NPB)の代表者会議での結論は「来年から本格的な制度を策定する。」との事。「(今秋からの希望入団枠制度の撤廃に付いては)時間切れになるのではないか。もし間に合えば、今年から撤廃となる可能性もゼ . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (3)

「ドリームガールズ」

2007年03月22日 | 映画関連
***************************** 1962年、シカゴ在住のディーナ・ジョーンズ(ビヨンセ・ノウルズさん)とエフィー・ホワイト(ジェニファー・ハドソンさん)、ローレル・ロビンソン(アニカ・ノニ・ローズさん)の仲良し3人組はコーラス・グループの「ドリーメッツ」を結成。エフィーの弟で作曲家のC.C.(キース・ロビンソン氏)が手掛けたヒップホップな曲調と、エフィーのダイナミックの . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (74)

世界最高額の○○○

2007年03月20日 | 時事ネタ関連
イギリス大衆紙デーリー・エクスプレスが19日付けの紙面で報じた所によると、ロシアの大富豪ロマン・アブラモヴィッチ氏(40歳)が或る人物に約60億ポンド(約1兆3,500億円)を支払う事になったという。この莫大な金額が何の為に支払われるのかと言えば、前妻のイリーナさん(39歳)との離婚に際して分与される財産、即ち慰謝料として。「この金額は世界最高額の慰謝料に当たる。」と同紙は記しているそうだ。 ア . . . 本文を読む
コメント (4)

ピンポンパンやロンパールームが放送されていた時代

2007年03月19日 | TV番組関連
ネット・サーフィンしていた際、偶然見付けた「金ちゃんのガシャポン&プライズ+」というホームページ。コンテンツの一つに「懐かしの子供番組」*1というのが在るのだが、彦摩呂氏ならば「子供番組の秘宝館や~!」と叫ぶで在ろう程の物凄い充実度。「良くぞ此処迄、懐かしの子供番組に関するレコード・ジャケットを集めたものだ。」と感嘆してしまう内容。「ママとあそぼう!ピンポンパン」(動画)、「ひらけ!ポンキッキ」、 . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (2)

「地球は我々人類、自らの手で守り抜かなければならないんだ!」 Part2

2007年03月18日 | TV番組関連
ミライの引き渡しを拒否するサコミズに、シキは「政府としてヒビノ・ミライの引き渡しと、貴方の辞任を要求します。」と命じる。サコミズはシキに対し、「その前に、総監として最後の仕事をさせて下さい。」と申し入れる。それはGUYS日本支部総監として、TVで一般国民に声明を出す事だった。 ***************************** 「皆さん・・・CREW GUYS JAPAN総監サコミズです . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (3)

「地球は我々人類、自らの手で守り抜かなければならないんだ!」 Part1

2007年03月18日 | TV番組関連
***************************** ミライ(五十嵐隼士氏)がウルトラマンメビウスで在る事を知った記者のヒルカワ(加藤厚成氏)は、遂にメビウスの正体を週刊誌で暴露してしまう。GUYSが卑怯なヒルカワの遣り方に憤慨している頃、”無双鉄神”インペライザー13体が地球に飛来、世界主要国の首都に降り立つ。 そして天空からは、自らを「皇帝」と称する者の声が響き渡り、「人間に扮して潜伏 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (38)

仁志選手の発言に失望

2007年03月17日 | スポーツ関連
ライオンズから総額1,025万7,800円を受け取っていた早稲田大学3年のA選手(21歳)が「自分は現金供与されている事を全く知らなかった。」という発言をしていた事に対し、「全く知らなかったなんて、どう考えても在り得ないだろう。」という思いを持っていた。それ故に一昨日A選手が、「本当は高校の時から、現金供与の事実を知っていた。」と会見を開いて謝罪した事に「やっぱりなあ。」と。彼曰く、「今回の問題が . . . 本文を読む
コメント (9)