ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

元祖”無責任男”逝く

2007年03月28日 | 御笑い関連
植木等氏が80歳で御亡くなりになられた。彼の死をマスメディアが報じていたが、「俳優の」という肩書きが多かった様に思う。でも自分の中では「芸人の」という肩書きがしっくり来る人物だった。「芸も糞も無いのに、唯勢いだけでバラエティー番組に出ている。」というイメージが在る「御笑いタレント」では無く、真に芸を持った「芸人」。多芸多才の植木等氏は、正に芸人と呼ぶに相応しい人だった。

ハナ肇とクレージーキャッツの全盛期を全く知らず、ザ・ドリフターズを”御笑いの教科書”として育って来た自分。でも森繁久彌氏の「駅前シリーズ」や「社長シリーズ」と同様に、植木氏の「無責任シリーズ」や「日本一の男シリーズ」はビデオ等で何度も見た程好きな映画だ。「無責任男」と言えば今では高田純次氏の代名詞の様になってしまったが、元祖は誰が何と言おうと植木氏。住職の子息という事も在り、素顔は至って生真面目で常識人な植木氏が、一度ブラウン管やスクリーンに登場すれば、一気に無責任パワーを炸裂させるギャップが素晴らしかった。

昨年末に盟友青島幸男氏が亡くなられた際、その葬儀の場には鼻にチューブを通した植木氏の姿が。体調を崩され、入院していた病院を抜け出しての参列という事だったが、御元気な姿しか見て来なかった自分にはかなりショックな映像で、正直嫌な思いが頭を過ぎった。その嫌な思いが、こんな早くに現実となってしまうとは・・・。

晩年は個性的な性格俳優としての顔を見せてくれた植木氏。飄々とした雰囲気の中、時折見せる寂しげな表情が堪らなく好きだった。そもそも芸人には、役者としての演技にも秀でた人が昔から少なくない。最近の”御笑いタレント”の中には演技が下手では無い者も居るが、「どうだ俺の演技って上手いだろ?」といった思いが透けて見えて来るケースが多く、鼻白んでしまう事もしばしば。だが植木氏の演技にはそういった”邪念”が感じられず、とても感情移入出来る数少ない芸人の一人だった。気持ちが滅入った時、自らを盛り上げる為口ずさんだ「スーダラ節」(”カンカン帽”なんていう言葉も、もう死語になってしまったのかなあ。)や「ハイそれまでヨ」、「ドント節」等。「週刊ポスト」に連載中の彼の自伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」が大好きで、毎週読むのが楽しみだったのに・・・。

今週末、御宝として保存している「無責任シリーズ」を見ようと思う。合掌
『芸人』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 伊藤さやかが好きでした | トップ | 新人材バンク »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本物の芸人 (雷座)
2007-03-28 22:14:02
こんばんは。

単なるお笑いタレントではなかったですね。
元々は本物のミュージシャン。
そして本物のお笑い芸人。
俳優としてもクレージーキャッツの映画だけでなく、「平均」として「無責任男シリーズ」で主演し、歌って踊って日本中のサラリーマンに夢と希望を与えた。

この国から本物の芸人が、どんどんいなくなりますね。

ご冥福をお祈りします。
高田純次は (破壊王子)
2007-03-28 22:45:51
無責任というより「心が無い」というほうがピンときます。

地方都市だと、アタシの出た学校を説明する時、(田舎は東京6大学しか都内に存在しないと思っている人、結構多い)、植木さんがOBです、と言うと反応が違うんですね。

謹んで哀悼の意を表します。
残念ですね (マヌケ)
2007-03-28 23:59:55
黒澤の「乱」では三男三郎の人間性に惚れこみ戦で加勢する隣国の武将を演じておられ魅力的な役柄でした。 俳優としても晩年は存在感のある演技で主役の脇を固めるいい役者さんでしたね。 ミュージシャンとしてもコメディアンとしてもそうですし本物のエンタテーナーであったと思います。 それから冒頭のジャケットの顔ぶれ、皆さん芸達者な方ばかりで映画でもドラマでも活躍されていましたね。 謹んでご冥福をお祈りします。  
>マヌケ様 (giants-55)
2007-03-29 01:25:26
書き込み有難うございました。

2人でやる漫才ですら仲違いして解散する事がまま在ると言うのに、これだけの人数のグループがずっと続いていた(石橋エータロー氏が料理研究家に転進すべく引退はしましたが。)というのは、ハナ肇氏のリーダーシップ&魅力も然る事乍ら、メンバー達が”大人”だったというのも大きいのでしょうね。

歌に御笑いにスポーツにと八面六臂の大活躍を見せるSMAPは「平成のドリフターズ」なんて喩えられていましたが、「SMAP←ザ・ドリフターズ←クレージーキャッツ」という確かな流れが在る様に感じます。クレージー無かりせば、今のSMAPは無かったのではないかと。

嘗て「オヨビでない奴!」というドラマがTBS系列で放送されていました。全てに於いてC調の祖父・父・息子が織り成すコメディー・タッチのドラマで、祖父役は植木等氏、父役は所ジョージ氏、そして息子役は高橋良明氏(元カープの高橋慶彦氏の従兄弟。)が務めていました。高橋(良)氏は18年前に交通事故にて16歳の若さで亡くなられ、そして植木氏がこの度亡くなられた事で、御元気なのは所氏だけとなってしまったのだなあと思うと、一抹の寂しさを覚えます。
>マヌケ様 (giants-55)
2007-03-29 01:34:18
記事内の「スーダラ節」をクリックして戴くと、この歌を歌っている植木氏の姿が見られるのですが、冒頭に顔がアップとなった際の彼の目線に注目して下さい。悪戯っ子の様な目の中に、(そういう気は無いのですが(笑)。)何とも言えないセクシーさを感じてしまいます。
こんにちは (カカト)
2007-03-31 10:33:14
まなぶさんのブログから参りました。

私も週刊現代の連載を楽しみにしてましたので、とても残念です。
早く書籍化してほしいですね。

私も、撮りためてまだ観ていないクレイジーキャッツの映画があるのですが、観ると悲しくなってしまいそうです・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

14 トラックバック

植木等さん死去 (O塚政晴と愉快な仲間達)
桜の花も満開となりつつある今日、残念な訃報が入ってきました。 俳優の植木等さんが27日午前10時41分、都内の病院で呼吸不全のため死去した。80歳だった。所属事務所によると、1997年に肺気腫を患いながらも仕事を続けてきたが、今年1月16日に食欲...
植木等さん死去 動画あり (zara's voice recorder)
俳優の植木等さん死去 俳優の植木等さんが27日午前10時41分、都内の病院で呼吸不全のため死去した。80歳だった。所属事務所によると、1997年に肺気腫を患いながらも仕事を続けてきたが、今年1月16日に食欲不振を訴え検査入院。今月8日に一時帰宅したが...
[訃報]植木等さん80歳 (BBRの雑記帳)
ニュースでは「コメディアン、俳優、そして歌手として活躍された」とありますが、本来ジャズバンドのヴォーカリストですから。 「日本一の無責任男」植木等さんが死去(YOMIURI ONLINE) (元ニュースはこちら) (記事引用) 映画「ニッポン無責任時代」や「...
植木等さん逝く (男40代サラリーマン日記)
俳優の植木等さんが27日午前10時41分、都内の病院で呼吸不全のため死去した。 80歳だった。所属事務所によると、1997年に肺気腫を患いながらも仕事を続けてき たが、今年1月16日に食欲不振を訴え検査入院。今月8日に一時帰宅したが、翌9日 に再入院
ハイそれまでよ、植木等さん死去 (ナゴヤ人伝説。税理士バッキーの日記帳)
報道ステーションを見てビックリ。「日本一の無責任男」が逝ってしまった。植木等さん
植木等さんが死去 (あれこれ随想記 )
「日本一の無責任男」植木等さんが死去(読売新聞) - goo ニュース  - Yahoo!ニュース 植木等さん死去 80歳 「無責任男」で一時代(朝日新聞) - goo ニュース 植木等さん死去 「無責任男」で大ブーム(共同通信) - goo ニュース 映画「無責任」シリーズなどで知られ、...
訃報:植木等さん死去 (Y's WebSite : Blog ~日々是好日~)
「スーダラ節」のヒットで知られ、東宝映画「無責任男」シリーズで一時代を画した元クレージーキャッツのメンバーで俳優の植木等さんが3月27日、呼吸不全のため、東京都内の病院で逝去されました。植木等さんは平成9年に肺気腫となり、療養と仕事を続けてこられましたが、...
植木等さんが死去 (DANGER)
「日本一の無責任男」 植木等さん死去 映画「ニッポン無責任時代」や「スーダラ節」の歌などで、日本中に笑いを振りまいたクレージーキャッツのメンバーで、俳優の植木等(うえき・ひとし)さんが27日午前10時41分、東京
クレージーキャッツ 植木等さん 逝去  (王様の耳はロバの耳)
植木等さん 仲間の待つ天国へ旅立ち(スポーツニッポン) - goo ニュース みのさんの「朝ズバ」を見てましたらクレージーキャッツのメンバーである植木等さんが昨日朝逝去された事を話題にしていました 享年80歳 謹んでご冥福を祈ります ここ10年ほど肺気腫を患って...
植木等さん、死去。 (mints life)
元クレージーキャッツの植木等さんが、27日午前10時41分、呼吸不全のため都内の病院で死去した。80歳だった。 植木さんは国民的スターとして映画、テレビ、舞台などで大活躍。日本の高度経済成長期に、時代を象徴する破天荒な笑いを振りまいた。故人の遺志で通夜・告別式...
実生活では真面目な「無責任男」の死 (雷座の部屋)
昨年の5月に放映された「ウチくる!?」、クレージーキャッツの谷啓がゲストだった。
日本一の無責任男、逝く・・・・ (Never Stop!)
俳優の植木等さん死去 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000191-sph-ent 俳優の植木等さんが27日午前10時41分、都内の病院で呼吸
ニッポン一の無責任男この世を去る。 (☆独断雑記 JOY Part?)
日本一の無責任男で 一時代を築いたクレイジーキャッツの植木等さんが 27日午前10時47分に呼吸不全で亡くなられた・・・・・・                            享年80歳、 1967年に制作された映画の中、 ラスベガスでのミュージカルシーン...
芸人が面白いかも (芸人が面白いかも)
映画 足にさわった女(1960年) イチかバチか(1963年) 馬鹿まるだし(1964年) 馬鹿が戦車でやってくる(1964年) なつかしい風来坊(1966年) アッと驚く為五郎(1970年) 家族 (映画)|家族(1970年) 人間の証明(1977年) 水戸黄門(1978年) 港町紳士録(1979年) ...