ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

日本に於ける無期刑の現実

2008年11月30日 | 時事ネタ関連
**************************** ① 「勝ちを消されたのもかなり在った。」 今季年俸1億4,600万円(推定)からダウン提示を受け、回答を保留したジャイアンツの高橋尚成投手。「査定の仕方、金額も納得しなかった。」とした上で、「(中継ぎに)勝ち(投手の権利)を消されたのもかなり在った。」と不満を口にしたとか。「ファンの為。」と散々口にし乍ら、実際には自分の事しか考えていない . . . 本文を読む
コメント (17)

「夢は枯れ野をかけめぐる」

2008年11月29日 | 書籍関連
週刊誌の書評欄で紹介されているのを目にし、「面白そうだなあ。」と手にした本が「夢は枯れ野をかけめぐる」。俳諧師・松尾芭蕉が最後に詠んだとされる句「旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る」からタイトルを取ったこの本は、ネット上(Web小説中公)にて「早期退職者羽村祐太の静かな世界」というシリーズ名で連載された5つの短編作品、そして書き下ろした1つの短編作品から構成されている。著者の西澤保彦氏はデビューから . . . 本文を読む
コメント (2)

推定19万人が死亡!?

2008年11月27日 | 時事ネタ関連
11月21日付けの東京新聞(朝刊)に「中国・新疆ウイグル自治区 核実験の実態」という記事が載っていたのだが、「事実を知らされない」というのが如何に恐ろしい事かを再認識させられる内容だった。中国がこれ迄に多くの核実験を行って来たのは周知の事実だが、彼の国の政府は実験データは勿論の事、実施の事実さえ公表していない。しかし旧ソ連時代、中国の核実験による放射線の影響は、新疆ウイグル自治区に在るロプルノ核実 . . . 本文を読む
コメント (4)

「マイナス・ゼロ」

2008年11月26日 | 書籍関連
自室の書棚にずっと“眠っていた”本。その奥付を見ると、「昭和57年2月25日 第一刷」となっている。今から四半世紀以上前、親戚から「面白いSF小説が在るので読んでみたら?」と言われて購入。しかし何故か読む気が起こらず、未読のままで此処迄来た。その本、「マイナス・ゼロ」をこの程読破。 著者の広瀬正氏は“不遇の作家”と言われる。1961年、37歳を迎えるこの年に作家デビューを果たすも、それから約10 . . . 本文を読む
コメント (3)

御国の為

2008年11月25日 | スポーツ関連
りさ・ふぇるなんです様のブログ「獏の食わず嫌い」に「WBCに対するスタンスを整える」という記事が在り、その冒頭には「アジアシリーズが終わり、FAだったりトレードだったり大減俸だったりラジバンダリーな日々が続きますが、次なる野球のイベントとして目下お騒がせ中なのがWBC。」という記述が。「ラジバンダリーって?最近使われ出した経済用語か何かなのだろうか?」と気になって調べた所、こちらの情報によると「ダ . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (1)

「甲子園への遺言 ~伝説の打撃コーチ 高畠導宏の生涯~」

2008年11月24日 | スポーツ関連
「高畠打撃理論とは何だったのか、と聞かれますが、僕は、基本的に“個人それぞれのスタイルを尊重する”のが高畠打撃理論だと思っています。個々の選手のスタイルを尊重し、一定の方向へ導き、その手助けをする。すべてを尊重して、そのサポートをし、そしてそのために、“心のケア”までする。それこそが高畠さんの打撃理論です。」 今年初め、NHKで放送された「土曜ドラマ・フルスイング」が話題となった。落合博満氏を始 . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (2)

権利は○○○に及ぶ

2008年11月23日 | 其の他
自分が手塚治虫氏の大ファンで在る事は、当ブログでも何度か書いて来た。彼の作品から得た知識、そして彼の作品が“導入部”となって得た知識は厖大な量で、彼の存在が無ければ今の自分は無かったと言っても良い。存命ならば、今年で傘寿を迎えた手塚氏。それを記念して早稲田大学・大隈講堂で開催された「手塚治虫ファン大会2008 in 早稲田」というイベントに、同好の士と参加した。 以前勤務していた会社の同僚が早稲 . . . 本文を読む
コメント (6)

注射器

2008年11月22日 | 其の他
「○○さんの血管は細くて判り難いですね。」と、採血の度に看護師から言われる。その通りで、注射針を皮膚に一度刺しただけで済んだ例が殆ど無い。首を何度か捻り乍ら血管の位置を探り、やっと注射針を刺しても「あー駄目だ・・・。」と口にする看護師。酷い時は両腕に合計3度刺しても駄目で、ベテランの看護師が「私が変わりますね。血管がなかなか見付からないケースも慣れてますから。」と交代するも、「あれ?本当に判り難い . . . 本文を読む
コメント (10)

何故これだけ報道されるのか“も”考えるべきでは?

2008年11月21日 | 時事ネタ関連
元厚生事務次官及びその妻の殺害事件、そして元厚生事務次官の妻が刺された事件は、その共通点が多い事から旧厚生省幹部を狙った連続テロ事件の可能性も指摘されている。“年金のプロ”とも言える元厚生事務次官の2人を、年金記録問題や後期高齢者医療制度問題等で怒りを覚えた人物が狙ったのではないかと。もし事実で在れば、これはとんでもない話だ。年金記録問題や後期高齢者医療制度問題等には自分も憤りを覚えるし、特にきち . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (1)

「聖女の救済」

2008年11月20日 | 書籍関連
嘗て大ヒットした海外ドラマに「刑事コロンボ・シリーズ」が在る。この作品の特徴は「いきなり犯行の全容を視聴者に見せた上で、コロンボ刑事が関係者と遣り取りをし、様々な手掛かりを見付け出して行く事で、最終的に犯人を自供に追い込む。」という「倒叙形式」が採られている。つまり視聴者は「犯人」及び「犯行過程」が最初から判る訳で、「どうやって“探偵”が“犯人”を見抜くのか?」や「“探偵”は如何にして“犯人”を自 . . . 本文を読む
コメント (4)

女性プロ野球選手

2008年11月19日 | スポーツ関連
来春開幕予定の「関西独立リーグ」のドラフト会議が16日に開催され、神奈川県の女子高生・吉田えり投手(16歳)が神戸9クルーズから7巡目指名を受けた。吉田投手は入団する意向と言う。我が国では1951年~1952年の2年間、女子プロ野球が存在していたが、これは女性選手だけのリーグで在り、吉田投手の場合は“男性と同じチームでプレーする”初の女性プロ野球選手という事になる。 漫画「野球狂の詩」を夢中で読 . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (1)

“東洋のマタ・ハリ”は処刑されていなかった!?

2008年11月18日 | 歴史関連
**************************** 家在れども帰り得ず (家が在っても帰れない。)  涙在れども語り得ず (涙が出る程哀しいのに、それを人に語る事が出来ない。) 法在れども正しきを得ず (法律は存在するのに、正義は為されない。) 冤在れども誰にか訴えん (濡れ衣を着せられても、誰にそれを訴えられようか。) **************************** 清 . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (1)

ズバリ聞きます!(28)

2008年11月17日 | 「ズバリ聞きます!」
ネット上で「貴方がもしタイムマシンを手に入れたならば、未来と過去のどちらに行きたいですか?」というアンケートが行われていた。自分が見た段階では「過去派」が多かったのだが、自分の場合を考えるとやはり過去に行ってみたいという思いが在る。 もっと具体的に考えてみた。「タイムマシンを一往復だけ使え、尚且つ“行った先”で一つだけ願いが叶うとしたら、『どの時代』に『何を願う』だろうか?」と。「タイムマシンを . . . 本文を読む
コメント (14)

“東光太郎”と“ヘイ・ユウ・ブルース”

2008年11月16日 | 其の他
明治座で公演中の舞台「三丁目の夕日」を鑑賞。生の舞台なんて、子供の頃に見たミュージカルやコント仕立ての物を含めても、これ迄に4回しか観た事が無い。明治座なんて敷居が高い所には近付いた事すら無かったのだが、知り合いのおねえちゃんに誘われて、御付き合いで足を運ぶ事に。御付き合いとはいえ、A席1万2千円/人という出費は痛かった。それこそ清水の舞台から飛び下りる思いで、なけなしの金銭を叩いのチケット購入。 . . . 本文を読む
コメント (2)

どういう考えを持とうが自由だけれど

2008年11月15日 | 其の他
**************************** ① 寂しい 数日前からスポーツ紙で報じられてはいたが、ジャイアンツとファイターズ間での大型トレードが決定&正式発表となった。ジャイアンツ側は「二岡智宏選手と林昌範投手」、ファイターズ側は「マイケル中村投手と工藤隆人選手」という組み合わせ。今季も活躍したファイターズの両選手に対し、ジャイアンツの両選手は今季結果を残せなかった。今季に限って言 . . . 本文を読む
コメント (23)   トラックバック (3)