ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「翔んで埼玉」

2019年03月26日 | 映画関連
1970年代後半、人気が出始めていたタモリ氏が名古屋を揶揄するネタを展開し始めた事で、名古屋は嘲笑の対象となった。幼少期を名古屋で過ごした自分なので“排他的”等、名古屋の好ましく無い部分は認識していたけれど、幾らネタと判ってはいても、“自分の故郷”が面白おかしく、其れも執拗にディスられるのは、決して気分が良い物では無かった。   其れか . . . 本文を読む
コメント

洋画主題歌ベスト15

2019年03月17日 | 映画関連
歴史や温泉巡り、読書、食べ歩き等、趣味は結構在る方だが、映画鑑賞も其の1つ。此れ迄に書いて来た映画関連の記事は216件。5年前の「見ずに死ねるか!」では「自分の中での『名作洋画ベスト10』」、2年前の「断トツで好きなミュージカル映画」では「自分が断トツで好きなミュージカル映画」を、そして同じく2年前の「SF映画ベスト10」では「自分の中での『SF映画ベスト10』」を記して来た。   . . . 本文を読む
コメント (4)

「メリー・ポピンズ リターンズ」

2019年02月16日 | 映画関連
2年前の記事「断トツで好きなミュージカル映画」で書いた事だが、ミュージカル映画が大好き。夢中になって観たのは1970年代位迄の作品で、断トツで好きなのは「サウンド・オブ・ミュージック」【動画】。最低でも10回は観ている。主役のマリアを演じたジュリー・アンドリュースさんの歌声が最高だった。   「サウンド・オブ・ミュージック」が公開されたのは1965年だが、其の1年前、ウォルト・ディズ . . . 本文を読む
コメント

「七つの会議」

2019年02月09日 | 映画関連
********************************* 都内に在る中堅メーカー・東京建電。営業1課の万年係長・八角民夫(野村萬斎氏)は、何処の会社にも居る、所謂“ぐうたら社員”。トップ・セールスマンで在る課長の坂戸宣彦(6代目・片岡愛之助氏)からは、其の怠惰振りを叱責されるが、ノルマも最低限しか課さず、定例の営業会議では傍観しているのみ。絶対的な存在の営業部長 . . . 本文を読む
コメント (2)

「ビブリア古書堂の事件手帖」

2018年11月15日 | 映画関連
********************************* 鎌倉の片隅に、密やかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平氏)が、其の店に現れたのには、理由が在った。亡き祖母の遺品の中から出て来た、夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめる為だ。   磁器の様に滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若き店主の篠川栞子(黒木 . . . 本文を読む
コメント

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

2018年08月08日 | 映画関連
子供の頃、海外のTVドラマが結構好きで、「奥様は魔女」【動画】や「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」【動画】、「チャーリーズ・エンジェル」【動画】等を夢中になって見ていたが、最も好きだったのは「スパイ大作戦」【動画】。「アメリカ政府が手を下せない極秘任務を遂行するスパイ組織『IMF(Impossible Mission Force)』メンバーの活躍を描くアクション・ドラマ。」で、OP曲【動画】 . . . 本文を読む
コメント

「万引き家族」

2018年07月11日 | 映画関連
********************************* 高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、柴田治(リリー・フランキー氏)と信代(安藤サクラさん)の夫婦、息子の祥太(城桧吏君)、信代の妹の・亜紀(松岡茉優さん)の4人が転がり込んで暮らしている。彼等の目当ては、此の家の持ち主で在る初枝(樹木希林さん)の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会とい . . . 本文を読む
コメント

「家族はつらいよ2」

2018年06月02日 | 映画関連
先日観た映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」は、とても面白かった。山田洋二監督の「家族はつらいよシリーズ」の第3弾だが、同シリーズを見るのは初めて。「機会が在れば、第1弾及び第2弾を見たいな。」と持っていたが、今日、テレヴィで第2弾「家族はつらいよ2」が放送されたので見る事に。   ********************************* 平田周造(橋爪功氏)と妻の . . . 本文を読む
コメント (4)

「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」

2018年05月30日 | 映画関連
9年前の記事「真の芸人」で、「何故、彼をそんなにも好きなのか?其の答えは『芸人として、一生涯馬鹿を遣り続けたい。』という思いが、物凄く感じられたから。今も昔も御笑いで少し売れると、『芸術家』だ『役者』だという方向にシフト・チェンジし、御笑いとしての過去を隠す様な、其れこそ『芸人』を軽視する様な輩は居るもの。『芸人こそ最高のクリエーター。』と思っている自分には、そういう輩を見ると虫唾が走ってしまう。 . . . 本文を読む
コメント

世界歴代興行収入ランキング

2018年04月29日 | 映画関連
昨日から日本はゴールデン・ウィークに突入したが、此の和製英語は「映画会社の大映が松竹と競作し、1951年に同時上映となった獅子文六氏の原作「自由学校」が、大映創設以来(当時)最高の売上を記録した事により、此の時期の映画界に多数の動員を生み出す事を目的に作り出された宣伝用語。」と言われている。1952年~1953年頃に一般でも使用される様になったそうだが、今よりも映画界が華やかだった時代の話だ。 . . . 本文を読む
コメント

「この世界の片隅に」

2018年03月19日 | 映画関連
********************************* 何処にでも在る毎日の暮し。昭和20年、広島・呉。私は、此処で生きている。   北條すずは広島市江波で生まれた、絵が得意な少女。昭和19年、29km離れた町・呉に嫁ぎ、18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆる物が欠乏していく中で、日々の食卓を作り出す為に工夫を凝らす。   だが、戦争は進み、日本海軍 . . . 本文を読む
コメント (4)

「祈りの幕が下りる時」

2018年02月22日 | 映画関連
俳優の大杉漣氏が昨日、急性心不全で亡くなられた。11年前の記事「脇役」で触れた様に、大好きな俳優の1人だったので、本当にショックだ。演技力の高い俳優は他にも居るけれど、“硬軟自在に演じ分けられる俳優”となると、そうは居ない。66歳という若さなので、未だ未だ名演技を見せて貰えると思っていたのに・・・残念でならない。合掌。   ********************************* . . . 本文を読む
コメント (2)

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」

2018年02月19日 | 映画関連
******************************* 伝説のジェダイで在るルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル氏)を遂に捜し出し、ライトセーバーを差し出したレイ(デイジー・リドリーさん)は、驚くべき真実を知る事になる。何故、ハン・ソロ(ハリソン・フォード氏)とレジスタンスを率いるレイア・オーガナ(キャリー・フィッシャーさん)の息子カイロ・レン(アダム・ドライヴァー氏)が、ダース・ベ . . . 本文を読む
コメント (2)

「オリエント急行殺人事件」

2018年01月21日 | 映画関連
********************************* トルコ発フランス行きの豪華寝台列車「オリエント急行」で、アメリカ人富豪のエドワード・ラチェット(ジョニー・デップ氏)が刺殺体で発見される。偶然列車に乗り合わせていた探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー氏)が、鉄道会社に頼まれ、密室殺人事件の解明に挑む。乗客のゲアハルト・ハードマン教授(ウィレム・デフォー氏)やドラゴミロフ . . . 本文を読む
コメント

「DESTINY 鎌倉ものがたり」

2018年01月05日 | 映画関連
子供の頃、父親が購入していた青年漫画雑誌を、エロ漫画目的でこっそり読んでいた。記憶違いで無ければ「週刊漫画アクション」だったと思うが、エロ漫画では無く、コミカルな内容で、且つ登場人物達の顔の輪郭が特徴的な作品が在り、毎回、真っ先に読んでいた。其れが、西岸良平氏の作品との出会い。   「三丁目の夕日」や「たんぽぽさんの詩」等と並び、自分が好きな西岸作品で在る「鎌倉ものがたり」。「DESTINY  . . . 本文を読む
コメント (2)