ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

懸念していた事が実際に起こってしまった

2010年05月31日 | スポーツ関連
***************************************** 「松井秀唖然 歓喜一転サヨナラ満塁弾男が骨折」(5月30日、スポニチ) 【エンゼルス5―1マリナーズ】延長10回、サヨナラ満塁アーチを放ったモラレスが本塁付近に出来た歓喜の渦に飛び込んだ。だが、殊勲の5番打者は地面に倒れたまま。トレーナーが呼ばれ、担架に乗せられて運び出された。 「素晴らしい瞬間が不愉快な物に変 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

馬鹿親?それとも文化の違い?

2010年05月30日 | 時事ネタ関連
***************************************** 「2歳児が1日40本喫煙・・・インドネシアで波紋」(5月29日付けスポーツ報知) 2歳児のヘビー・スモーカー!インドネシアの2歳児、アルディ君が1日40本の喫煙をしているとデイリー・メール等複数の海外メディアが伝え、波紋を広げている。記事では、写真付きで「愛煙家」振りを紹介。警鐘を鳴らしているが、父は「息子は健康 . . . 本文を読む
コメント

御国変われば

2010年05月29日 | 其の他
***************************************** 「ロンドン 二日酔いには脂物!?」(5月19日付け東京新聞【夕刊】) 「やっぱり、二日酔いの朝は脂っこいものを食べたいわ。」。英国人の知人と話していて耳を疑った。それがこの国での典型的な反応だと言う。 二日酔いの朝とくれば、日本人にはしじみ汁が御決まりだが、何も口にしたくない人も多い。 では、英国人にとって脂 . . . 本文を読む
コメント

巧妙では在るけれど、それでも騙されるかなあ?

2010年05月28日 | 時事ネタ関連
チームで最も頼りになる投手を「エース」と呼ぶが、そのタイプも様々だ。エースと呼ばれる以上、相当の実力を有している者なのは確かだけれど、中には「強力な打撃陣に助けられて勝ち星を積み重ねて行くタイプ。」も居る。それはそれで低く評価されるべきものでも無いけれど、個人的には「決して強力とは言えない打撃陣を抱え、援護点も余り期待出来ない状況下で、必死に投げ抜いて勝ち星を積み重ねて行くタイプ。」により魅力を感 . . . 本文を読む
コメント (4)

ズバリ聞きます!(35)

2010年05月27日 | 「ズバリ聞きます!」
「6月に結婚した花嫁は幸せになる。」、所謂「浜村淳ブライド」・・・では無く「ジューン・ブライド」の言い伝え。ローマ神話で「女性の結婚生活を守護する女神」のユーノー(Juono)の名前が6月を意味する英単語「June」の元となっている事から、この言い伝えが広がったとの事。唯、6月に結婚したものの破局を迎えた知り合いが何組か居り、そもそもこの手の言い伝えに懐疑的な自分としては「ジューン・ブライドねえ。 . . . 本文を読む
コメント (2)

「沈むさかな」

2010年05月26日 | 書籍関連
***************************************** 急死した父親が或る企業スキャンダルの当事者で在った事から、地元から離れた場所でアルバイトをしていた17歳の高校生・カズの所へ、幼馴染みの英介が訪ねて来る。彼はカズの父親の死には裏が在り、その謎を解く鍵が海岸沿いに建つクラブに在る事を教えてくれる。カズはクラブで働き、真相を探る事決意するが、糸口さえ見えないままに事件 . . . 本文を読む
コメント

地下水へ移行

2010年05月25日 | 時事ネタ関連
マイク・パフォーマンスで有名な元プロレスラーのラッシャー木村氏が、腎不全による誤嚥性肺炎にて68歳で亡くなられた。嘗ては夢中になってプロレス番組を見ていた自分だが、彼がマイク・パフォーマンスで人気を博していた頃が、プロレスに関心を持てた“最晩年”だった様に感じる。見るからに真面目そうな彼が、観客を盛り上げようと必死で言葉を吐いている姿が好きだった。今頃は「兄貴」と慕い続けていたジャイアント馬場氏と . . . 本文を読む
コメント (2)

昭和22年生まれ Part2

2010年05月24日 | スポーツ関連
元ドラゴンズの谷沢健一氏も昭和22年生まれという事で、この「プロ野球22年会」のメンバーの一人。彼のブログでは昨年、第1回会合の模様を記しているが、上記以外の主要なメンバーとしては平松政次氏、木樽正明氏、松岡弘氏、安田猛氏、福本豊氏、古沢憲司氏等の名前が挙がっている。(江本氏から「プロ野球22年会」結成の話が在った際、谷沢氏は「江本氏が来年の参議院にでも又出馬するのかと思った。」と記している。昨年 . . . 本文を読む
コメント

昭和22年生まれ Part1

2010年05月24日 | スポーツ関連
***************************************** 「エモやん出馬で注目度上がる22年会 団塊世代が元気アピール」(5月22日、zakzak) 江本孟紀氏(62歳)の参院選出馬で、昨年発足したばかりの22年会が俄に注目される事になった。「還暦過ぎても団塊の世代が元気な事をアピールしたい。」。江本氏がこう音頭を取った昭和22年生まれ(23年の早生まれも含む。)のプロ . . . 本文を読む
コメント

「個人を守る為の法律」が、「個人の被害を増大」させたとしたら

2010年05月23日 | 時事ネタ関連
宮崎県で猛威を振っている家畜伝染病「口蹄疫」。先日の記事「責任回避合戦をしている場合では無い」ではこの件を取り上げ、「政府の危機管理意識も足りなかったと思うが、宮崎県の危機管理意識も不充分だったのではないだろうか。とは言え、今は責任の擦り付けをしている場合では無く、『感染の早急なる封じ込み』と『被害者への最大限の救済措置』を最優先させるべき。」と記した。しかし、この記事をアップして以降にクロ様及び . . . 本文を読む
コメント

「町長選挙」

2010年05月22日 | 書籍関連
唯我独尊にして無遠慮な精神科医・伊良部一郎の下を訪ねた患者達が、彼のエキセントリックな言動に振り回されて行く過程で、何故か心の病が治癒する。奥田英朗氏の「精神科医・伊良部シリーズ」の第三弾は「町長選挙」。「オーナー」、「アンポンマン」、「カリスマ稼業」、そして「町長選挙」という4つの短編小説から構成されている。 「町長選挙」以外の3つの作品、登場する患者達には明らかに実在するモデルが思い浮かび、 . . . 本文を読む
コメント (1)

「アリス・イン・ワンダーランド」

2010年05月21日 | 映画関連
***************************************** 想像力豊かな19歳のアリス(ミア・ワシコウスカさん)は、退屈な男ヘイミッシュ(レオ・ビル氏)から求婚され、困惑して逃げ出してしまう。すると彼女の前に懐中時計を持った白兎(マイケル・シーン氏)が現れる。兎の後を追ったアリスは、誤って兎の穴に転がり落ちてしまう。アリスが辿り着いた先は、「アンダーランド」と呼ばれる「ワン . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

学生時代、この日が本当に嫌だった

2010年05月20日 | 教育関連
小学生の頃、勉強が苦手で素行も宜しくなかった自分は、家庭訪問の日が本当に嫌だった。「授業中、集中力が足りません。」とか、「悪戯が過ぎます。」といった御小言を戴くのが関の山だったから。なので、「家庭訪問のスケジュール調整の為、この期間内で都合の良い日を連絡下さい。」という“親宛て”の連絡用紙を貰った際、親には見せないままに「『全て予定が入っているので、済みませんが今回は無理です。』と親が言ってました . . . 本文を読む
コメント (7)

責任回避合戦をしている場合では無い

2010年05月19日 | 時事ネタ関連
宮崎県で家畜伝染病「口蹄疫」の感染拡大が止まらず、これ迄に県内で感染疑いの農場&施設は合計126ヶ所、殺処分対象の牛&豚は累計で11万頭を超えたとか。東国原英夫県知事は「拡大を止める事が出来ない状況。九州や全国にも感染が拡大する可能性を否定出来ない。」と、県として非常事態を宣言する事態となっている。 「政府がこの件に関して、迅速且つ充分な対応を図れていたか?」となると、迅速さは別にしても、充分な . . . 本文を読む
コメント (6)

「暴力」は「暴力」以外の何物でも無い

2010年05月18日 | 時事ネタ関連
***************************************** 「デートDV、5人に1人受ける 民間団体が高・大生調査」(5月15日、共同通信) 恋人からの暴力「デートDV」を受けた事が在る高校生・大学生の女子は22・6%、男子は8・9%に上る事が15日、民間支援団体「アウェア」の調査で判った。山口のり子代表は「暴力を愛情と履き違え、暴力への認識が曖昧な若者の実態が浮き彫りに . . . 本文を読む
コメント (2)