ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「ドリームガールズ」

2007年03月22日 | 映画関連
*****************************
1962年、シカゴ在住のディーナ・ジョーンズ(ビヨンセ・ノウルズさん)とエフィー・ホワイト(ジェニファー・ハドソンさん)、ローレル・ロビンソン(アニカ・ノニ・ローズさん)の仲良し3人組はコーラス・グループの「ドリーメッツ」を結成。エフィーの弟で作曲家のC.C.(キース・ロビンソン氏)が手掛けたヒップホップな曲調と、エフィーのダイナミックのボーカルで歌の世界にて成功すべく数々のコンテストを受けるも、その悉くに落選してしまう。

或る日、アポロ・シアターで開催されるコンテストに参加する為にニューヨークに向かった3人は、この大会でも優勝を逃す事に。何度コンテストに挑んでも結果を残せない事に失望する彼女達だったが、その才能に目を付けた一人の男が居た。成功の為には手段を選ばない野心家マネージャーのカーティス・テイラーJr.(ジェイミー・フォックス氏)がその人で、彼はスーパー・スターのジェームズ・サンダー・アーリー(エディ・マーフィー氏)のバック・コーラスとしてドリーメッツをデビューさせる。

時代は彼女達を求め、ドリーメッツは瞬く間スターダム伸し上がって行く。ドリーメッツをそれ迄のR&Bグループから、より稼ぎが見込めるポップス・グループに変えようと目論むカーティス。彼はグループ名をドリーメッツから「ザ・ドリームズ」に変更、そして歌唱力よりも見た目の可愛さを優先させ、リード・ボーカルをエフィーからディーナに交代させてしまう。*1傷付いたエフィーはグループから去り、新たなメンバー1人迎えたザ・ドリームズは洗練された雰囲気を押し出して行く事で、彼女達と同じ黒人よりも寧ろ白人達の圧倒的な支持を受け、アメリカを代表するスターとなる。

しかし富や名声を得た彼女達は、それと引き換えに多くの物を失って行く事となる。異性問題や音楽の方向性の違い、薬物問題等々、何時しかザ・ドリームズとスタッフの間には埋め難い隙間が徐々に広がり・・・。
*****************************

ブロードウェイ・ミュージカルとして空前の大ヒットを記録した「ドリームガールズ」。トニー賞の13部門にノミネートされ、内6部門で受賞となったこのミュージカルを映画化した「ドリームガールズ」。元々「オズの魔法使い」や「雨に唄えば」、「ウエスト・サイド物語」、「メリー・ポピンズ」、「サウンド・オブ・ミュージック」等々ミュージカル映画は好きなのだが、何故かこの作品には余り食指が動かなかった。そんな自分が映画館に足を運ぶ事になったのは、当ブログを覗いて下さっているtak_123様が高評価を下しておられたからだった。

SFXを駆使した作品には概して現実から乖離した世界が描かれているものだが、ミュージカル映画も日常の会話ですらも音楽に乗せてしまうという意味で非現実的で在り、その非現実性こそがミュージカル映画の最大の魅力と自分は捉えている。この「ドリームガールズ」でも、その魅力が余す所無く発揮されている。

この作品が描いているのは、1960年~1970年代のアメリカ。黒人に対する偏見が未だ強く残っていた時代で、黒人公民権運動の指導者キング牧師の姿も登場する。ドリーメッツの歌が黒人専用のラジオ放送局から流され、多くの黒人達の間で好評を得るのだが、この放送が受信可能範囲が狭い事を悪用して白人達がオリジナルの曲としてパクってしまうシーンが描かれている。この事に怒りを覚えたカーティス達は必死で金銭を掻き集め、その金銭をメジャーな放送局のDJ達にばら撒くのと引き換えにドリーメッツの曲を流して貰い、結果的に彼女達のオリジナル曲で在るという事を一般に認知させる。そんな嫌な目に在ったカーティスが後にエンターテインメント大立て者となった際、どん底生活から再び歌の世界に戻ったエフィーの歌う曲をパクってザ・ドリームズのヒット曲に仕上げて行ったのは何とも皮肉だ。

ビヨンセ・ノウルズさんの美しさ、ジェニファー・ハドソンさんの全てを圧倒する歌声*2、ジェームス・ブラウン氏を彷彿とさせるエディ・マーフィー氏の演技等、出演者が各人各様の存在感を示しているのに作品全体としてはバラバラな感じが無く、絶妙な調和を醸し出している。ショービジネス界の光と影をクッキリと浮かび上がらせ、切ない思いにもさせてくれる。ふんだんに盛り込まれた音楽の数々も言う事が無い。

総合評価は星4.5個としたい。

*1 リード・ボーカルをスーちゃんからランちゃんに変更した事で、爆発的な人気を得た嘗てのキャンディーズを思わせる話だ。それとドリーメッツを去る事になったエフィーの髪型が、「テレビ3面記事 ウィークエンダー」時代の泉ピン子さんの髪型に見えて仕方が無かった。

*2 彼女の歌う「One Night Only」(こちらで視聴可。)は最高!

コメント (8)   トラックバック (74)   この記事についてブログを書く
« 世界最高額の○○○ | トップ | 野球を食い物にする輩達 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キャンディーズでは・・・ (スナッチャー)
2007-03-22 08:38:39
ミキちゃんに似ていると言われました(汗)
TBありがとうございました!

ミュージカル好きにとっては、
大・大満足の映画でした~~。
4月のビヨンセコンサート、チケットもうないでしょうね?

それにしても、
「キャンディーズ」のメインボーカル交代劇

当時、美樹ちゃんに、似ていると言われました。
(え~~?痩せているところが?)
語れる人が少なくて寂しかったので
何だか・・・同級生にあったようで・・(笑)



Unknown (tak)
2007-03-22 18:28:09
アタシの映画評をご紹介頂きありがとうございます^^;
この映画気気に入っていただいたようでよかったです~
自分的にはもう一回みてもいいぐらいだと思ってます。
ドリームガールズからキャンディーズのメインボーカル交代の歴史に繋げられる。。流石はgiants-55さんですね
私もミキちゃん似と・・・ (アイリス)
2007-03-26 00:40:04
私も当時そう言われたことがありました。
大人しそうに見えるところがかな?
なんかスナッチャーさんに親近感を感じました。

音楽はもちろん素晴らしかったのですが、その時代の情勢もさりげなく織り込んでいたので、作品に深みが増した気がします。
こんにちは~ (カオリ)
2007-04-01 05:53:12
訪問が遅くなってゴメンナサイ~
キャンディーズの話は知らなかったです・・・。
やはり厳しいショウビズの世界、よくあることなのかもしれませんね。

でも、「ワンナイトオンリー」、私も最高だと思います!
トラバありがとうございます。 (トミー。(猫とマンガとゴルフ~の管理人))
2007-04-03 11:19:24
 私にとっても、去年からこっち一番の映画となりました。公開中にもう一度見たいと思うような映画には、なかなか最近お目にかかれません。大ヒットもうなづけます。
 ブログ暦が長いのですね、内容も多岐に渡っていて尊敬します。長く続ける秘訣を見つけに又お伺いします、よろしくお願い申し上げます。
満足しました (マヌケ)
2007-04-03 21:50:12
ブラックパワー炸裂でしたね。 実際のところアメリカのエンタメ会、ショウビズ会において黒人アーティストの果たした多大なる貢献は否定できません。 チャックベリーやジェイムズ・ブラウン、アースウインド&ファイアー、スライ&ファミリーストーン、ジャクソンファイブ、ダイアナ・ロス、ティナ・ターナー、レイ・チャールズなどのロック、ソウルから近年のヒップホップやラップなど。 そしてジャズは黒人奴隷の音楽でルーツはアフリカです。彼らの音楽に多大なる影響を受けた白人アーティストも数知れず。 白人とは異なり差別や貧困などの苦労を重ね成功した彼らのパワーは真に大衆を魅了するもので底力を感じるのです。 ウッドストックでのジミヘンのスタースパングルドバナーは本当に爆発だなと感じました。 爆発するパワーとはこのことだなと。 ワンナイトオンリーがよかったですし、久しくふざけていないエディー・マーフィーを見ましたし、ビヨンセがキレイでかわいかったですね。 なかなか見ごたえのなる映画でした。   
>マヌケ様 (giants-55)
2007-04-04 01:01:22
書き込み有難うございました。

マヌケ様もこの作品を堪能された様で嬉しいです。これ迄に黒人達が潜り抜けて来た数多の苦難。地獄の日々を耐えながら、心の叫びを歌で表現して来た。そんな歴史が在るからこそ、彼等の歌声には他者の心を揺り動かすパワーを持ち得ているのでしょうね。
TBありがとうございます。 (Babi Kaoru)
2007-06-06 11:29:27
早々にTBを頂戴しておきながら…
今、気が付きました(恥)
大変失礼致しましたm(_  _)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

74 トラックバック

映画 「ドリームガールズ」 (ようこそMr.G)
映画 「ドリームガールズ」 を観ました。
ドリームガールズ (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 130分 監督 ビル・コンドン 製作総指揮 パトリシア・ウィッチャー 原作 トム・アイン 脚本 ビル・コンドン 音楽 ヘンリー・クリーガー 出演 ジェイミー・フォックス 、ビヨンセ・ノウルズ 、エディ・マー...
ドリームガールズ (O塚政晴と愉快な仲間達)
アカデミー賞でいくつもノミネートされ、助演女優賞・音響賞の2冠となったので、さっそく観てみました。 ドリームガールズ ★★★☆☆ ミュージカル嫌いにとってはこれでも高評価です。 トニー賞で6部門を受賞したブロードウェイミュージカルの映画...
ドリームガールズ (Black Pepper's Blog)
「ドリームガールズ」を観て来ました。 アカデミー賞ではジェニファー・ハドソンが助
ドリームガールズ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
1962年のデトロイト。歌での成功を夢見て、オーディションに出ていたコーラストリオのエフィー、ローレル、ディーナ。そんな彼女たちにカーティスという男が目をつけ、様々な手段を使って売り出していきます。デトロイトで人気のあったジミー・アーリーのバックコーラスか...
ドリームガールズ (とんとん亭)
「ドリームガールズ」 2007年 米 ★★★★ 1962年シカゴに住むエフィ、ディーナ、ローレルの3人は、ボーカル ユニット「ドリーム・メッツ」を結成。 デトロイトで大物シンガー、ジミー・アーリー(マーフィ)の、 バック・コーラスの女性が止める...
ドリームガールズ (ネタバレ映画館)
男5人のコーラスグループがジャクソン5だとすると、あのチビちゃんはマイケル・ジャクソン!すると、そこでビヨンセにプロポーズしたのか・・・
ドリームガールズ DREAMGIRLS (いいかげん社長の日記)
今週は、「ドリームガールズ 」。 アカデミー賞8部門にノミネート、私の好きな成り上がり系ストーリー、ということで、期待感は十分です。 (期待はずれだと、そのぶんショックも大きいけど^^;) 「UCとしまえん 」に着いたときは、「人が少ないなぁ」と思った...
ドリームガールズ (シュフのきまぐれシネマ)
ドリームガールズ  1月17日(水)@朝日ホール(試写会) 出演:ジェイミー・フォックス/ビヨンセ・ノウルズ/エディ・マーフィ/ジェニファー・ハドソン 他 監督・脚本:ビル・コンドン ?? この映画、デカいスクリーンと 音響設備のイイ映画館で観るべ...
感想/ドリームガールズ(試写) (APRIL FOOLS)
これもまた華麗なる恋の舞台なミュージカル映画『ドリームガールズ』2月17日公開。片田舎のボーカル3人組「ドリーメッツ」は、ある男にその才能を見出される。彼は私財を投げ打って彼女たちをプロモートし、見事にスターダムに乗せたのだった! しかし、メインボーカルの...
『ドリームガールズ』 (京の昼寝~♪)
夢は永遠に生き続ける     ■監督・脚本 ビル・コンドン■キャスト ビヨンセ・ノウルズ、ジェイミー・フォックス、エディー・マーフィ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ、ダニー・グローバー、ジョン・リスゴー □オフィシャルサイト  ...
ドリームガールズ (UkiUkiれいんぼーデイ)
あげちゃってください! ジェニファー・ハドソンに! アカデミー助演女優賞を!!! ものすっごい良かったです♪ これほどまでに素晴らしいとは・・・。 歌のシーンごとに鳥肌ものでした☆ これは、かの有名な「シュープリームス」を題材にしたミュージ...
★「ドリームガールズ」 (スナフキン・レポート♪)
「ドリームガールズ」・・・見ました! まだまだ黒人差別が残る1960~70年代を背景に、 コーラスグループの3人の女性が歩む 栄光と挫折と再生を描いた伝説のミュージカルの映画化。 アーリーのバックコーラスだったころ・・・こういうの「バックステージ物」っていうらしい...
ドリームガールズのJ.ハドソンがオスカー (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
「ドリームガールズ(Dreamgirls)」はシュープリームスをモデルにしたブロードウェーミュージカルの映画化。華やかさと裏腹に黒人差別とビジネス的成功の葛藤が延々と続く悲しくも必死な物語。エフィー役のジェニファー・ハドソンがアカデミー助演女優賞を獲得した。[初出2...
ドリームガールズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第79回アカデミー賞最多6部門8ノミネート*助演男優賞 : エディ・マーフィ*助演女優賞 : ジェ二ファー・ハドソン*美術賞    *衣装デザイン賞    *録音賞*歌曲賞 : リッスン、ラブ・ユー・アイ・ドゥ、ペイシェンス【story】1962年、デトロイト。音...
映画「ドリームガールズ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ドリームガールズ」 トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを元ネタに映画化。 エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、ローレルの3人組は、コーラスグループ“ドリーメッツ”を結成し、成功を夢見て...
『 ドリームガールズ 』 (My Style)
土曜は『 ドリームガールス 』を観た{/kirakira/} 感想は・・・素晴らしい{/hakushu/}!! 一晩経っても、思い出すとまだどこか興奮覚めやらぬチックな自分。 こんなにパワフルでソウルフルで圧倒的ボリュームの歌が満載{/star/}で しかも成功するまでのテンポの良いス...
『ドリームガールズ』 (Sweet* Days)
CAST:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、ジェニファー・ハドソン、エディ・マーフィー 他 ゴールデン・グローブ賞作品賞 最優秀助演女優賞、最優秀助演男優賞 受賞 アカデミー賞 助演女優賞 助演男優賞 他ノミネート STORY:1962年、デトロ...
ドリームガールズ(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
昨日の「ルワンダの涙 」の重い気分を吹っ飛ばすにはピッタリの映画、 「ドリームガールズ」の試写会に行ってきました! ( → 公式HP  ) 出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、ダニー・グローヴァー、アニカ・ノニ・ローズ、ジェニフ...
「 ドリームガールズ/DreamGirls(2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : ビル・コンドン 出演 : ジェイミー・フォックス /ビヨンセ・ノウルズ /エディ・マーフィ
「ドリームガールズ」 (不良中年・天国と地獄)
2月19日(月)新宿アカデミーにてアカデミー賞最多6部門にノミネートされている話題のミュージカル映画。80年代にブローウェイで上演され、大ヒットした同名のミュージカルを基にしています。制作=2006年 アメリカ 130分。監督=ビル・コンドン。出演=ビ...
ドリームガールズ/ジェイミー・フォックス (カノンな日々)
ココ数ヶ月の間で劇場予告編を観る機会が一番多かったのがこの映画じゃないかってくらいで、よく行くシネコンではロビーでも上映していて主題曲も繰り返し何度も流れてたから、観る前からすっかり洗脳されてしまってるような状態ですね。興行側にしてもかなり自信を持って...
『ドリームガールズ』 (ラムの大通り)
(原題:DREAMGIRLS) ----この映画、前評判がとても高かったのに アカデミー作品賞から漏れてしまったね。 「うん。そのせいかフォーンと一緒に行ったシネコンでも あまり人が入っていなかったね。 とてもよくできた映画だったのに惜しいよね」 ---えいなんか、何度も泣...
ドリームガールズ (Akira's VOICE)
栄光と挫折を凝縮させた出色のミュージカル♪
ドリームガールズ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Dreamgirls”1981年ブロードウェイ・オリジナル・プロダクション(台本・作詞=トム・アイン。作曲=ヘンリー・クリーガー。演出・振付=マイケル・ベネット) 脚本・監督=ビル・コンドン。ベストのキャスティングでテンポ良く、よりショーアップされた娯楽ミュージカ...
『ドリームガールズ』 (試写会帰りに)
トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルの映画化という事で、『シカゴ』のような興奮を期待していましたが、綺麗にまとまり過ぎてちょっと物足りない印象。そんな中でも、一人気を吐く新人、ジェニファー・ハドソンの存在感には目を見張るものがあり...
ドリームガールズ (C note)
い~い映画観ちゃった。爆裂エモーション!! <あらすじ> 1962年デトロイト
耳と目と心で感じるエンターテイメント。『ドリームガールズ』 (水曜日のシネマ日記)
コーラスガールの女性3人組が歩んだ成功と挫折を描いた物語です。
★「ドリームガールズ」 (ひらりん的映画ブログ)
2007/02/17の劇場公開初日のナイトショウ(0:30~)で鑑賞。 ブロードウェイミュージカルの映画化。 ひらりん、結構ミュージカル好きなので期待大。 オスカーも6部門に8ノミネートされてるしーーー。
ドリームガールズ(試写会) (ひるめし。)
夢は永遠に生き続ける
映画:ドリームガールズ試写会 (駒吉の日記)
ドリームガールズ試写会(有楽町朝日ホール) 「夢見つづけよう」 「レイ/Ray」や「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」路線?、LiLiCoさんがすごくオススメしてるけど、エディ・マーフィにビヨンセだもんねえ・・・とあんまり期待していませんでした。が最初...
映画「ドリームガールズ」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年13本目の劇場鑑賞です。「ゴッド・アンド・モンスター」「愛についてのキンゼイ・レポート」のビル・コンドン監督作品。モータウンによってブラック・ミュージックが白人文化へと広く浸透していった60年代から70年代のアメリカ音楽シーンを背景に、女性ボーカル・グ...
ドリームガールズ (映画を観たよ)
圧倒される!
ドリーム・ガールズ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
今一番ほしいサントラは『ドリーム・ガールズ』と『ハッピー・フィート』です(笑)『ドリーム・ガールズ』観てきました。もう、音楽に酔いしれてます(笑)シュープリームスが元ネタで作られたミュージカルの映画化ジャクソン5とかダイアナ・ロスとかの時代なんだなぁ~...
ドリームガールズ(2006年) (勝手に映画評)
1981年12月20日のニューヨークのインペリアルシアターで初演。そしてその後、4年間に渡り1522回の公演を行い、82年にはトニー賞の13部門にノミネートされ、そのうち6部門で受賞したブロードウェイミュージカルの映画化。 はっきり言って、ミュージカル映画はあまり得意で...
ドリームガールズ (映画のメモ帳+α)
ドリームガールズ(2006 アメリカ) 原題   DREAMGIRLS       監督   ビル・コンドン        原作   トム・アイン      脚本   ビル・コンドン       撮影   トビアス・シュリッスラー          音楽   ヘンリ...
DREAM GIRLS /ドリームガールズ (Yuhiの読書日記+α)
 ビヨンセ、エディ・マーフィ、ジェイミー・フォックス等が出演し、アカデミー賞にも数多くノミネートされたという話題作です。とは言うものの、実は私は予備知識はほとんどなく、伝説のミュージカル「ドリームガールズ」を実写化したものというくらいしか知りませんでし...
ドリームガールズ (何書☆ねくすと)
評価:◎  歌は心度:80% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  アメリカ、デトロイトで未来のスターを夢見る3
ドリームガールズ (そーれりぽーと)
賞狙いで出演したビヨンセの思惑が外れ、アメリカンアイドル出身の新人が評価されている話題の『ドリームガールズ』を観てきました。 ★★★★★ 全身で感じるソウルフルなミュージカル映画。 思わずリズムに合わせて体が動いてしまいそうになる瞬間の連続。 全ての登場...
ドリームガールズ (Kinetic Vision)
前半は主人公たちが成功していく様子を、後半は成功が仲間たちの人間関係を蝕んでいく様子を描いている。前半までは王道のサクセスストーリーで、モータウンミュージックに乗せてテンポ良く進んでいく。後半は歌手たちの脇を固
ドリームガールズ (「C列車で行こう!」)
製作=2006年 アメリカ 130分監督=ビル・コンドン脚本=ビル・コンドン出演=ジェイミー・フォックス ビヨンセ・ノウルズ エディ・マーフィー ジェニファー・ハドソン アニカ・ノニ・ローズ ダニー・グローバー キース・ロビンソン公式HP=http://www.dreamg...
ドリームガールズ (future world)
デトロイト、モータウン、ブラックミュージック、このキーワードでミュージカルの映画化~~もう観る気満々! 女性3人グループ「ドリームガールズ」~~あのシュープリームスがモデルでビヨンセがダイアナ・ロス役を。 ストーリーはドリームガールズのサクセス物語と...
ドリームガールズ (めでぃあみっくす)
まさに非の打ち所のない傑作とも言えるすごいミュージカル映画『ドーリームガールズ』。個々の楽曲の素晴らしさもさることながら、映画を見終わって最も印象に残ったのはエフィを演じたジェニファー・ハドソンの歌と存在感でしたね。こりゃ彼女にアカデミー助演女優賞をあ...
ドリームガールズ (Diarydiary!)
《ドリームガールズ》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - DREAMGIR
「ドリームガールズ」表(夢)と裏(現実)の間で渦巻く姿を描いたミュージックムービー (オールマイティにコメンテート)
「ドリームガールズ」は1981年12月20日にミュージカルとしてオープニングを迎えたミュージカル「ドリームガールズ」を映画化した作品で、舞台は1960年~1970年代のデトロイトを舞台として3人組女性ボーカルグループがメジャーになり解散するまでのストー...
ドリームガールズ/DREAMGIRLS (我想一個人映画美的女人blog)
2/25に発表になるアカデミー賞で、最多8部門でノミネート! 予め、サントラ先に購入して映画観る前に聴いておくという"予習"をたまにやるんだけど、 これは大正解{/good/} まずは音楽を楽しむってことが大前提!! ドリームガールズ サントラ{/fuki_osusume/} 最初...
「ドリームガールズ」 夢を追う者、夢に破れる者 (はらやんの映画徒然草)
夢とは独善的なものだと思います。 夢を叶えるためには当然のことながらそもそも叶え
【MOVIE】ドリームガールズ (思いつくままに)
■感想など 怒りながら歌うのって、結構大変だぞ...。 伝説のミュージカル「ドリームガールズ」を映画化した作品。 仲良しの女性3人組のグループがスターへの道を駆け上がる過程と、その裏に ある様々な挫折や裏切り、といったものを描いた作品。 のっけからノリノリ...
映画~ドリームガールズ (きららのきらきら生活)
 「ドリームガールズ」公式サイトトニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを映画化した極上のエンターテインメント作。コーラスガールの女性3人組が歩んだ成功と挫折の物語を、数々の名曲に載せて描き出す。エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディ...
ドリームガールズ (はあどぼいるど・えっぐ)
「ドリームガールズ」監督:ビル・コンドン 一瞬で引き込まれた。それは濁流に飲まれる感覚にも似ていた。派手な照明、きらめく衣装、リズミカルにかき鳴らされるブラックミュージック。陽気な音楽の洪水の奥から、きっと楽しいことが押し寄せてくる。その予感が運転疲れ...
DREAMGIRLS (Color My World)
   ドリームガールズ公式サイト 出演: ジェイミー・フォックス, ビヨンセ・ノウルズ, エディ・マーフィ, ジェニファー・ハドソン, ダニー・グローバー..... アカデミー賞最多ノミネート作品 Dreamgirls見てきました 映画館で映画見るのって…King Kong....
ドリームガールズ (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  夢は永遠に 生き続ける           評価:★8点(満点10点) 2006年 130min 監督:ビル・コンドン 主演:ジェイミー・フォックス ビヨンセ・ノウルズ エディ・マーフィ ジェニファー・ハドソン  「ドリ...
『ドリームガールズ』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『ドリームガールズ』鑑賞レビュー! 夢は永遠に生き続ける… 3人の女性ボーカルグループ 夢を掴むまでのサクセスストーリー ブロードウェイの大ヒット・ミュージカルを 歌手のビヨンセ 「Ray レイ」のジェイミー・フォックス主演で映画化 女性コ...
ドリームガールズ Dreamgirls (俺の明日はどっちだ)
うーん、なんだろう、このもどかしさは。 80年代トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを映画化した作品としての期待も高く、実際に観てもジェニファー・ハドソン扮するエフィーが仲間との別れを余儀なくされたときにまさに熱唱する“ And I Am T...
ドリームガールズ  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  久々に素晴らしい米国映画を観た気がした。圧倒的なパフォーマンスで贈るミュージカルと黒人の組合わせ。これこそ米国映画にしか出来ないメニューである。 オリンピックにおいても黒人がいなければ、ロシアや中国に勝てない米国。とうとう映画も同類になっ...
「ドリームガールズ」 (塩ひとつまみ)
アカデミー賞を受賞されたジェニファー・ハドソンさんの映画、 見てまいりました。
ドリームガールズ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
シュープリームス時代のダイアナ・ロスと、当時急成長したブラックミュージックレーベル、モータウンミュージックの勃興をモデルとした、ブロードウェイのヒットミュージカルの映画化。 激動の60~70年代を、華やかな
ドリームガールズ (八ちゃんの日常空間)
まさに、ミュージカル映画と言うよりもミュージック映画と呼べる出来具合。キャラクターの心情やセリフを歌に載せるミュージカルがどうしても苦手だと言う人にも楽しめるかも知れません。全篇、そんなミュージカルと言うより「歌」そのものを見せて聞かせる映画なのです。
ドリームガールズ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  夢の始まり・夢の果て  
ドリームガールズ (まぁず、なにやってんだか)
先日当てたワーナーマイカルシネマズのチケットで「ドリームガールズ」を鑑賞してきました。 ミュージカルなので、状況説明を歌でやります。苦手な人はいるでしょうが、私はとーっても楽しめました。音響が素晴らしい映画館だったので、音楽も存分に楽しめました。英語の...
ドリームガールズ (ルナのシネマ缶)
ミュージカル好きなので、 楽しみにしていた作品です。 全編に流れるR&Bを中心にした 歌はなかなか心地よかったです。 それに思った以上にみなさん歌が すご~くお上手で感動でした。 主人公は女性3人のボーカル・グループ「ドリームガールズ」 モデルの...
【2007-27】ドリームガールズ(DREAMGIRLS) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
才能もあり 情熱もある でもそれだけでは── 夢はつかめない 輝くために 失う何かがある しかし夢だけは── 永遠に生き続ける
「ドリームガールズ」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
ミュージカルは結構好きです。ただ、はじめは独特のすっ飛ばし感に付いていけず、「HEAVY HEAVY」という歌が出てきて「なんだ、この直接的な歌詞は」と思った時点で、ようやく「そういやこれミュージカルだっけ」と気付きました。一旦割り切れば、心理描写などディテール....
ドリームガールズ(試写会) ★★★★☆’ (To be continued.)
当たったよぉー!うれしい{/kaeru_en2/} 試写会で ドリームガールズ を観て来ました。 エンドロールが流れる中、涙が止まらなくて、・・・・・・ こんな状態で場内が明るくなったらマズい!とマジで思いましたよ。 隣の女性はもっと盛大に泣いていました。 でも映画が...
映画『ドリームガールズ』★★★★☆ (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  シュープリームスがモデルだそうですが、ショービジネス世界の光と影を扱った傑作です。それもミュージカルという手法をフルに活かした点、ドラマ展開をより情感あるものにしている。全編ミュージックの連続でつないでいくので映画というよりライブシ...
映画「ドリームガールズ」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「ドリームガールズ」に関するトラックバックを募集しています。
「ドリームガールズ」 (雑板屋)
ど迫力な見応え!!!  60年代という時代背景といい、ブラック・コンテンポラリー・ミュージック、モータウンサウンズ、シュープリームス、ソウルトレイン!!!! そんなものが大好きな私。この時代を耳で、目で楽しませてくれるのってスゴイよ! 元々ビヨンセはご贔屓ア...
ドリームガールズ (It's a Wonderful Life)
カウベルのリズムから始まるこの映画、冒頭から エンディングまでソウルフルな曲がひたすらガンガン続きます。 ブロードウェイ・ミュージカルの映画化とはいえ 思った以上に音楽のウエイトがかなり高い映画で楽しめました。 正直物語はあって無いようなものかも・...
ドリームガールズ(06・米) (no movie no life)
誕生日に見る映画を「ドリームガールズ」にするか「叫」にするか迷ってましたが、後者が救いようのない内容だと後味悪いんで(サスペンスは好きなんですが)、ここは夢を追うことにしました。 山形の映画館ではバースデー割引があってですね。誕生日の前後3日間は映画...
ノリノリでした。 「ドリームガールズ」 (猫とマンガとゴルフの日々)
          すごくよかったですよ、これ!!  何が良いって、歌が良いです{/ee_2/}だんなも私も足の指がリズムを刻みっぱなしでした。全部ミュージカル用の新しい歌なんですが、当時の雰囲気ぷんぷん。  1962年が始まりのお話で、黒人音楽、モータウンサウン...
ドリームガールズ (とにかく、映画好きなもので。)
 1962年のデトロイト。エフィー(ジェニファー・ハドソン)をリードボーカルとした、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)の3人組はオーディションに出場した際に、カーティス(ジェイミー・フォックス)という男に目を付けら...
映画「ドリーム・ガールズ」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
キラキラのパンフレットを購入したのですが、左端のローレル「正司花江」に似てない? 今にも『歌江ねぇ~ちゃん』って言い出しそうで(* ̄m ̄)プッ、さらに、 中央に君臨するのはお馴染みディーナのビヨンセだけど、私にはオ
ドリームガールズ…ハリウッド版「ザ・ヒットパレード」?? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}{/hiyoko_cloud/}の会社の帰り、ツクツクホーシ(ツクツクボーシ?)が鳴いていました。 まだまだ暑いんだけど、空模様(雲)とか、虫の声はなにやら夏の終わり~秋の気配になってきていませんか? まぁそう思ったときにケイタイのカメラで空を写すとか...
ドリームガールズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『夢は永遠に生き続ける』  コチラの「ドリームガールズ」は、2/17公開になったダイアナ・ロスとシュプリームスの実話を元にした大ヒットミュージカルの映画化で、既にご覧になられた方も多いようですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  アカデミー賞最多ノミネート(...