ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

194ドル

2006年11月30日 | スポーツ関連
ポスティング制度にてメジャー・リーグ移籍を目指す井川慶投手に、松井秀喜選手の所属するヤンキースが入札最高額を提示し、井川投手の交渉権を獲得した。落札額は約30億円(2,600万194ドル)で、これは先にレッドソックスが松坂大輔投手を落札した際の約60億円(約5,111万ドル)に次ぐ高額さとなった。イチロー選手が2000年にマリナーズに落札された際の金額は1,312万5,000ドルで、当時の換算レー . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (3)

「時をかける少女」

2006年11月29日 | 映画関連
”Time waits for no one.”(時間は誰も待ってくれない。) SF作家界の巨匠・筒井康隆氏の代表作の一つで在り、”永遠のジュブナイル小説”と言っても過言では無い「時をかける少女」。幼少時にこの作品を読み、その不思議な世界に何度思いを馳せた事だろうか。そして、今から23年前の1983年に公開された角川映画「時をかける少女」*1(当時のCMがこちらで見られます。)をこれ迄に何度見た . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (36)

”信念の政治家”ならば

2006年11月28日 | 政治関連
郵政民営化法案に反対した事で自民党を離党し(させられ)、無所属の立場で昨年9月に行われた衆議院議員総選挙を闘い当選した議員達。所謂「造反組」と呼ばれる彼等の中で、無所属議員のままで居た12人全員が、昨日自民党に復党願を提出した。「兎に角、自民党に戻れれば良い。」といった気持ちが見え見えだった彼等だけに、それこそスキップを踏みながら自民党に向かったのではなかろうか。 *************** . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (13)

紅白の出場歌手

2006年11月27日 | TV番組関連
「『この人の名は・・・。』、『レオ~!!』」の映像が未だに己が頭を駆け巡っていた昨日、今年の紅白出場歌手の一人として、”スケバン恐子”のキャラクターで知られる桜塚やっくん氏の出場が確定したと報じられていた。それも白組では無く、紅組での出場だと御丁寧にも記された上でだ。NHKが紅白の視聴率アップを目論み、民間放送で”熟成”されたキャラクターを安直に用いるのは今に始まった事では無いが、「果たしてこれで . . . 本文を読む
コメント (17)

「レオ~!!」

2006年11月26日 | TV番組関連
憤りを禁じ得ない様な事件&事柄が余りにも多い。現実逃避という訳では無いが、こういった時は自身の心が浮き立つ記事を書きたいと思う。こう書くと「ああ又か。」と思われる方も居られるだろうが、御察しの通り昨日放送された「ウルトラマンメビウス」の感想で在る。 ***************************** 地球に突如現れた”光波宇宙人”リフレクト星人に対し、敢然と戦いを挑むメビウス。しかし光線 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (24)

指揮官

2006年11月25日 | スポーツ関連
昨日開催された「第8回ゴールデンスピリット賞」の表彰式で、受賞者の和田毅選手に対して選考委員の一人で在る長嶋茂雄氏が祝福の言葉を送っていた。2004年3月4日に脳梗塞で倒れて以降、長嶋氏の肉声が一般に流されるのは初めての事。正直な感想を言えば、想像していた以上に言葉のたどたどしさを感じてしまった。嘗ての立て板に水といった喋りを期待していた訳では当然無かったが、それでもこれ迄に見せてくれていた元気そ . . . 本文を読む
コメント (1)

夕張市の現状は決して対岸の火事では無い

2006年11月24日 | 時事ネタ関連
昨日東京ドームで開催された「ジャイアンツ・フェスタ2006」で、桑田真澄投手が退団挨拶を行った。PL学園時代から見続けて来たが、自分の中では未だ以って彼は別格の存在。だからこそ、このままユニフォームを脱いで欲しかったという気持ちは今でも在るが、彼が決断した以上はメジャーで頑張って欲しいし、引き続き応援したいと思っている。何はともあれジャイアンツでの21年間、本当に御疲れ様でした。 去る人在れば来 . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (1)

説明責任を果たさない石原都知事

2006年11月23日 | 政治関連
言行不一致さの甚だしい輩が大嫌い。特に普段は憂国の士を気取っている輩が、その実は国を食い物にしていた場合、その嫌悪感は極限迄達してしまう。2004年、18年1ヶ月にも亘る年金保険料の未納が発覚した中川昭一経済産業大臣(当時)は、「単に納めるのを忘れていただけ。」とさらっと答えていた。普段はあれだけ国を憂う言動をしている人物が、国家の根幹を成している年金制度をどういう形で在れ遵守していなかったという . . . 本文を読む
コメント (22)   トラックバック (5)

これも民意、あれも民意、多分民意、きっと民意♪

2006年11月22日 | 政治関連
19日に投開票された沖縄県知事選挙で、無所属新人にして自民&公明両党が推薦していた仲井真弘多氏(67歳)が、同じく新人で民主党等野党六党推薦の糸数慶子氏(59歳)等を破り初当選を決めた。民主党等野党は今回の選挙を「年内最大の政治決戦」と位置付けていたが、野党間の意見調整に時間が手間取り後手を踏んだ事や、公明党が支援母体の創価学会をフル回転させ票の掘り起こしを図った事が勝敗を分けたと言える。 先の . . . 本文を読む
コメント (7)

毒殺未遂事件

2006年11月21日 | 政治関連
先月アップした「暗殺された女性記者」という記事の中で、プーチン政権に批判的な報道を繰り返していたロシアの女性記者が射殺された事件に暗殺の疑いが掛けられている事、又ロシアでは7年間に100人以上のジャーナリストが殺害されている事を記した。 そんな中、プーチン政権の強権体質を批判し続けて来たロシア連邦保安庁(FSB)の元中佐が、亡命先のイギリスで毒殺未遂に遭い重体の状態に在るという。この人物はアレク . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (5)

「手紙」

2006年11月20日 | 映画関連
東野圭吾氏が大好きな作家の一人で在るというのは此処でも何度か記している。ストーリー展開の卓抜さも然る事乍ら、作品を読み終えた後に心中に漂う、何とも言えない物悲しさや不条理感が堪らなく好きで、実際に読みながら涙した事も何度か在る程。「手紙」という作品もそんな一つだ。   *********************************川崎のリサイクル工場で働く20歳の青年・武島直貴( . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (33)

「父親たちの星条旗」

2006年11月19日 | 映画関連
***************************** 太平洋戦争の末期、アメリカ軍は日本攻略の為に、首都・東京から南に約1,200km離れた或る島の制圧が不可欠との結論に達する。東西8km、南北4kmのこの島は、到る所で地熱が発生し、温泉も湧き出す火山島で、硫黄島と呼ばれていた。 当時のアメリカ軍は連日マリアナ諸島から爆撃機を発進させ、日本本土への攻撃を行っていたのだが、その経路に在り日本 . . . 本文を読む
コメント (21)   トラックバック (81)

「2006年度流行語大賞」を予想

2006年11月18日 | 其の他
今年の紅白歌合戦の司会者が決定した。紅組は仲間由紀恵さん、白組は中居正広氏で、総合司会はNHKのアナウンサー2人が務めるそうだ。各種好感度調査の結果や、今年の大河ドラマ「功名が辻」の主役を務めている事等から、紅組の司会を仲間さんが務める事になるだろうとは予想していた。しかし白組に関しては、”ねちっこいおっちゃん”が「今年もやりたい!」とかなりの意欲を見せていると見聞していたので一寸意外でも在った。 . . . 本文を読む
コメント (7)

ボインが西向きゃ ヒップは東♪

2006年11月17日 | TV番組関連
チャンネルNECOで今週から、あの「ハレンチ学園」の再放送が開始となった。”あの”と書いたが、恐らくこの番組名で心に何とも言えない疼きを覚えるのは、中年と呼ばれる年代に入ってかなり経ったおっさん達ではなかろうか。かく言う自分もその一人だ。 手塚治虫氏の漫画によって森羅万象に興味を向ける様になったとすれば、子供だった自分に”大人の世界”、そうエロチックな世界を覗かせてくれたのは間違い無く永井豪氏の . . . 本文を読む
コメント (11)

ゴースト・タウン化する大都市郊外

2006年11月16日 | 時事ネタ関連
「AERA(11月6日号)」に「『郊外病』の恐怖が襲う」という記事が載っていた。高度経済成長に翳りが見え始めた1970年代初頭から1980年代にかけて、全国各地に造成された郊外のベッドタウン。当時働き盛りだった団塊の世代を中心に、多くのサラリーマン達が”終の住み処”として購入したマイホームが、今やゴースト・タウンの波に飲み込まれようとしている。 1973年、サラリーマンの住宅確保が課題だった経済 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (1)