ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

ズバリ聞きます!(13)

2006年09月29日 | 「ズバリ聞きます!」
「政治を代々私物化しといて、『勝ち組、負け組を固定化させない社会』の構築もないもんだ!」 漫画家のやくみつる氏が、安倍晋三氏を評した言葉だ。母方の祖父が”昭和の妖怪”こと岸信介元首相、大叔父は”政界の團十郎”こと佐藤栄作元首相。父方の祖父は所謂ハト派で知られた安倍寛元衆議院議員で、父親は安倍晋太郎元外務大臣、そして実弟は岸信夫参議院議員というのだから、良く言えば”華麗な一族”で”政界のサラブレッ . . . 本文を読む
コメント (17)   トラックバック (1)

レギュラー・シーズン1位決定

2006年09月28日 | スポーツ関連
ファイターズがレギュラー・シーズン1位を決めた。優勝チームに関しては、この後に控えるプレーオフでファイターズとライオンズ、そしてホークスが競い合う事になるが、そうは言っても「レギュラー・シーズン1位=優勝」と自分は看做して良いと思っている。 思い返せば、ファイターズの前回の優勝は丁度四半世紀前の事。「10年一昔」という事で在れば、既に二昔前以上の出来事だ。ファイターズ・ファンの皆様にとっては、レ . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (10)

「スーパーマン リターンズ」

2006年09月28日 | 映画関連
***************************** スーパーマンことクラーク・ケントが地球から忽然と姿を消してから5年。その間に彼は、自らの居場所を求めて宇宙を彷徨っていた。しかし故郷クリプトン星の消滅を確認し、最早自らの故郷は地球以外に無いと悟った彼は、再び地球に戻って来る。 ところが5年ぶりの”故郷で待ち受けていたものは、彼を当惑させられる事ばかりだった。最愛の女性ロイス・レインは他 . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (64)

右で無ければ左、左で無ければ右となってしまうのか?(Part2)

2006年09月27日 | 其の他
又A氏は、「(朝日新聞等の反日報道に怒りを示す人が増えたのは)ネットによって真実に触れる機会が増えた上での、単なる正常な反応。」ともしていた。インターネットの普及によって、確かに”多くの情報”に触れる機会が増したのは事実だと思うし、その事によって今迄は表に出なかった”事実”が明るみになるといった事も当然在るだろう。だが留意しなければならないのは、インターネット上に溢れ返っている情報全てが、必ずしも . . . 本文を読む
コメント (18)

右で無ければ左、左で無ければ右となってしまうのか?(Part1)

2006年09月27日 | 其の他
24日に行われた「マリーンズv.s.ファイターズ戦」。4-1とファイターズの3点リードで迎えた5回裏、2死満塁となった事でファイターズの先発・金村曉投手はトレイ・ヒルマン監督から降板を命じられた。この試合では5回途中迄で8安打を喫する等、決して調子が良いとは言えない金村投手を見切った訳だが、代わった投手が走者一掃の二塁打を喫し同点に追い付かれ、最終的にはその後の投手も打ち込まれた事でファイターズは . . . 本文を読む
コメント

2006年度高校生ドラフト

2006年09月26日 | スポーツ関連
本年度の高校生ドラフトは、駒大苫小牧・田中将大投手と愛工大名電・堂上直倫選手が何処のチームに選ばれるかに注目が集まっていた。共に3チーム以上の重複指名が予想されたからだ。 田中投手にはベイスターズ、ゴールデンイーグルス、バファローズ&ファイターズの4チームが名乗りを上げ、抽選の結果ゴールデンイーグルスが交渉権を引き当てた。「籤運が悪いから。」とノムさんが籤を引く役を辞退したと言われるゴールデンイ . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (4)

黒木警視逝く

2006年09月25日 | TV番組関連
俳優の丹波哲郎氏が御亡くなりになられた。享年84歳という事だが、とてもショックだ。昨年、体調を崩されたとの事でゲッソリと痩せられた御姿をTVで拝見した。風貌が全く変わってしまった程の嫌な痩せ方だった為、大丈夫かなとは思っていた。以前は御子息でやはり俳優の義隆氏御一家と共に、旅番組に良く出演されていたが、最近は御見掛けしない事が不安でも在った。 丹波氏というと若い世代は、”霊界案内のおじさん”とい . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (20)

「功名が辻」

2006年09月25日 | TV番組関連
「功名が辻」が良い。大河ドラマを本格的に見出したのは第16作目の「黄金の日々」辺りからで、それ以降は作品によって、スタートから数話で見切りを付けたり面白くてずっと最後迄見たりという感じだった。昨年の「義経」も悪くは無かったが、「功名が辻」は久々に「これぞ大河ドラマ!」という満足感を与えてくれている。 正直言えば、「主人公が山内一豊(上川隆也)及びその妻の千代(仲間由紀恵)というのは地味だなあ。」 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (14)

何処へ行くのか18番

2006年09月24日 | スポーツ関連
ジャイアンツの桑田真澄投手が昨日、チームのHP内に在る自身のコーナーに「お別れ」という記事をアップした。その中で「このページも、2000年から続けてきたけれど、今年でお別れになると思うし、何より、明日、ジャイアンツのユニホームでマウンドに立つのは、おそらく最後になるだろう。21年間、大きく育てていただいた、ジャイアンツに心より感謝している。明日は、短いイニングだけど、友への感謝の気持ちを胸に投げた . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (12)

全米でHIV検査の呼び掛け

2006年09月23日 | 時事ネタ関連
ベイスターズの来季監督に大矢明彦氏の就任が決定的になったと報じられていた。本当に大矢氏は監督職を受けるのだろうか?と言うのも、彼は1996年から2年間ベイスターズの監督を務め、1997年にはチームを18年ぶりに2位に導く結果を残しながら、フロントとの対立から石もて追われる形で退団に追い込まれた歴史が在るからだ。あの時の屈辱を忘れた訳では無かろうが・・・。 まあ何時迄も過去の恩讐に囚われていても仕 . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (1)

ジャイアンツ・タイム

2006年09月22日 | スポーツ関連
週刊ポストだったと思うが、一寸前にヤンキースの松井秀喜選手のインタビュー記事が載っていた。ヤンキースというチームで活き活きとプレーしている様子が伝わって来る内容だったのだが、彼の言葉の中で特に印象的なものが一つ在った。手元に当該誌が無いのでうろ覚えの記憶に頼って書くが、凡そ次の様な内容だったと思う。 「ジャイアンツ時代の自分は遅刻の常習犯の様に書かれていたが、とても不本意だった。ジャイアンツでは . . . 本文を読む
コメント (14)

地獄の日々からの解放

2006年09月21日 | 時事ネタ関連
昨日、串岡弘昭氏が定年退職された。彼の名前にピンと来ない方でも、「内部告発をした事で会社から報復人事を受け、約30年間に亘って閑職に追い遣られた人物。」と言われれば、「ああ、あの人か。」と思い当たるのではなかろうか。 ***************************** 1970年に運送会社のトナミ運輸に幹部候補生として入社した彼は、入社5年目の1974年に「過当競争を避け、陰で高い料金設 . . . 本文を読む
コメント (8)

我が国で女性首相が・・・

2006年09月20日 | 政治関連
トラックバックして戴いた破壊王子様の記事「行け!観ろ!燃えろ!ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」を先程拝読し、居ても立っても居られなくなってしまった。この作品の予告をTVで何度か見たが、主役のヒビノ・ミライを演じる五十嵐隼士氏が一人の男を前にして「もしかして、貴方は?」と問うと、「ウルトラマン。地球での名はハヤタだ。」と黒部進氏が答えるシーンは、毎回心打ち震える程の感動で目頭がついつい熱くなって . . . 本文を読む
コメント (16)   トラックバック (1)

「まほろ駅前多田便利軒」

2006年09月19日 | 書籍関連
第135回直木賞を受賞した「まほろ駅前多田便利軒」を読破。著者の三浦しをんさんの名前は以前より存じ上げていたが、その作品を読んだのは今回が初めて。カバーのデザインといい、本文イラスト(漫画家の下村富美さんが担当。)といい、全体的に御洒落な感じが漂う単行本だ。 ***************************** 東京の外れに位置する「まほろ市」。その駅前には、多田啓介が営む便利屋「多田便利 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (11)

貝の思い出

2006年09月17日 | 其の他
ドラゴンズの山本昌投手がノーヒットノーランを達成した。優勝争いをしているタイガース相手にというのも凄いが、何よりも41歳1ヶ月にしての達成というのは唯々感嘆。ノーヒットノーラン史上最年長記録という事だが、同年代の選手の頑張りは本当に嬉しいし、未だ未だ老け込めないと自信を与えて貰えた。本当におめでとう! ところで、このブログでは自身の幼少時の思い出を、過去にも何度か記して来た。「この手紙を拾ってく . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (4)