ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「今、呼び捨てにしたよな?なっ?今!」

2005年09月30日 | スポーツ関連
昨夜、タイガースが甲子園で優勝を決めた。岡田監督をして「宿敵」と言わしめたジャイアンツ相手の試合で、見事ペナントを勝ち取った。タイガース関係者及び熱きタイガース・ファンに、心から祝福の言葉を送らせて戴く。 「本当におめでとうございました。悔しいけれども、タイガースは本当に強く、且つ魅力の在るチームになった事を認めざるを得ません。セ・リーグの代表として、日本シリーズでは是非とも頑張って下さい!」 . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (21)

ゴールデンイーグルスが黒字達成

2005年09月29日 | スポーツ関連
ペナントレースではダントツの最下位となってしまったゴールデンイーグルスだが、参入初年度の収支が5千万円程度の黒字になる見通しだとか。年間20~30億円の赤字が常態化しているパ・リーグに在って、当初の15億円の赤字見込みから黒字達成に転じさせた事は驚きである。 黒字化した要因は幾つか在る。広告収入やグッズ販売が予想を大きく上回った事や、観客動員数が目標の1試合1万5千人には達しなかったものの、平均 . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (6)

私人と公人の別

2005年09月29日 | 政治関連
「やはり。」と言うべきか。昨日行われた衆議院代表質問で、民主党の前原代表が「先般の総選挙の認識」を問い質した所、小泉首相は「就任以来進めて来た金融、税制、規制、歳出に亘る広範囲な構造改革の方針と成果に付いて、国民の支持を得た。」と述べ、郵政以外の改革も支持されているという考えを表明した。あれだけ「郵政民営化の可否を問う国民投票。」と、争点が一つで在るかの様な選挙運動を仕掛けておきながら、いざ大勝利 . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (6)

元木&後藤に戦力外通告

2005年09月28日 | スポーツ関連
今オフのジャイアンツが大粛清の嵐に見舞われる事は予想していたものの、元木選手&後藤選手に戦力外通告が言い渡されたというニュースには驚かされた。両者ともジャイアンツの生え抜き選手で在り、今や数える程になってしまったチームへの深い愛情を持った選手で、ジャイアンツ再建の為に中心となって頑張って貰わなければならない存在と思っていたからだ。 元木選手に関しては、兎に角野球センスの良さを感じる選手だ。長嶋元 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (8)

民意の反映度

2005年09月27日 | 政治関連
先般の総選挙は自民党の圧勝に終わったが、投票結果に付いて昨日の新聞に興味深い記事が載っていた。作家&ジャーナリストの日垣隆氏の社会時評「民意とは?」がそれだ。 今回の選挙を「郵政民営化の是非を問うだけの選挙」と仮定してみる。そして、かなり乱暴な比較とは判っているが、「自公連立側の候補者(党)に投じられた票を郵政民営化賛成」、「非連立側の候補者(党)に投じられた票を郵政民営化反対」と仮定する。その . . . 本文を読む
コメント (5)

「容疑者Xの献身」

2005年09月26日 | 書籍関連
ゴールデンイーグルスの田尾監督が、今季限りで解任される事となった。3年契約で在りながら、1年目で切り捨てられた訳だ。契約期間中に監督が解任される事自体は、過去にも多く見られた事だが、1年目での解任となると極めて異例と言えるだろう。 以前にも記事にしたが、開幕前から戦力が著しく劣っていると看做されていたチームを率いていた訳で、幾ら「勝負の世界は結果が全て。」とはいえ、1年だけで責任を問われるのは非 . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (15)

頑張れ赤塚不二夫!頑張れジャイアンツ!

2005年09月25日 | 其の他
① 頑張れ赤塚不二夫! スポ根モノ以外の題材は全て描き上げたと言われている手塚治虫氏。漫画家という存在以上に、思想家としての彼に大きく影響を受けた事も在り、数多の漫画家の中で別格の存在として彼を敬愛している。そして、所謂児童漫画の分野で言えば藤子不二雄氏、ヒーロー漫画では石ノ森章太郎氏や永井豪氏*1、恐怖漫画ではつのだじろう氏や楳図かずお氏、日野日出志氏といった様に、分野毎に好きな漫画家の名前が次 . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (7)

行政改革の裏側で

2005年09月23日 | 時事ネタ関連
自分は活字中毒の範疇に属するだろう。日々、一定時間以上活字に触れていないと、何とも言えない居心地の悪さとイライラ感を覚えてしまうのだから、かなりの重症と言えるだろう。そんな自分だからこそ書籍に対して深い愛情を持っているし、同じ様な感情を持っている相手にはシンパシーを覚える。 復刊ドットコムというサイトが在る。「『絶版、品切れ』の為、手に入らなかった書籍を投票により復刊させる。」という趣旨で、株式 . . . 本文を読む
コメント (2)

カミソリ後藤田

2005年09月22日 | 政治関連
不思議な政治家だった。「元内務省官僚で、自衛隊の前身である警察予備隊の創設を起案。」、「警察庁長官時代には、よど号ハイジャック事件やあさま山荘事件解決の為に指揮を執る。」、「法務大臣時代には、3年4ヶ月に亘り執行が停止されていた死刑を再開させた。」、「田中角栄氏の懐刀として辣腕を揮う。」等々。これ等の経歴を見ると、バリバリのタカ派を想像させるが、実際には憲法改正には慎重なハト派として知られた人だっ . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (6)

偏見

2005年09月21日 | 御笑い関連
昨日の新聞に、落語家の立川志らく氏が「落語へのひどい偏見」という記事を載せていた。 ******************************** ・ 或るTV番組にゲストで呼ばれた際、アシスタントの女性タレントから「落語家さんと聞いていたから、もっと御爺さんかと思っていた。」と驚きの表情で言われた。 ・ 笑点への出演が落語家の到着点だと信じ切っている人が結構居て、「志らくさんも、一日も早く . . . 本文を読む
コメント (2)

鈴木宗男親子がピンチ!?

2005年09月18日 | 政治関連
聴衆の前で候補者自身が土下座したり、候補者の家族を引っ張り出した上涙ながらに演説させたりと、情に訴えるという選挙スタイルが今回は若干影を潜めた様な気がしている。そんな中、相変わらずの選挙スタイルで闘い、国政の場に返り咲いた鈴木宗男氏に公職選挙法違反の疑いが持ち上がっているという。(詳細は此処に記されている。) 選挙期間中、宗男氏への支持を訴える長女の姿がしばしば報じられていたが、19歳の彼女が選 . . . 本文を読む
コメント (5)

国民の目線での政治

2005年09月16日 | 政治関連
「選挙結果を踏まえて思う」という記事を書いた所、多くの書き込みを戴いた。*1どの御意見にも書かれた方の熱い思いが感じられ、改めて今回の選挙への関心の高さを思い知らされると同時に、これは一つ一つの御意見に対してレスを付けさせて戴く形ではなく、別記事の形で”その後の”私見を表した方が良いのではないかと思うに到った。 今回の選挙結果に付いては、相変わらず自分の中で納得の行かない思いと、そして強大化し過 . . . 本文を読む
コメント (14)

選挙結果を踏まえて思う

2005年09月13日 | 政治関連
第44回衆議院議員総選挙が一昨日投開票された。予想はしていたものの、投票率が現行制度になって以降最高の67.51%を記録したというのは、如何に今回の選挙への関心が高かったかを表しているだろう。政治に無関心だった層が、どういう形で在れ政治に目を向ける様になったのは良い事だと思う。 衆議院を解散して以降ずっと自民党に追い風が吹いていたので、自民党の躍進と民主党の落ち込みも予想は出来たが、まさかあれ程 . . . 本文を読む
コメント (20)   トラックバック (4)

是々非々

2005年09月11日 | スポーツ関連
星野氏が来季もタイガースに残留する意向を表明した。懸念していたジャイアンツ入りが消滅した事を素直に喜びたい。この馬鹿げた騒動が”作り上げられ”て以降、曇天の真っ只中に放り出された様な心持が続いていたが、このニュースで快晴状態に転じた思いだ。大人気ないと言われるのを承知で書けば、余りの嬉しさについ奮発してマツタケを購入し、昨夜はマツタケ御飯で祝ってしまった程。韓国産の安い代物では在ったが、これ以上な . . . 本文を読む
コメント (16)   トラックバック (3)

誰と飲みたいですか?

2005年09月10日 | 時事ネタ関連
星野氏が本日会見を開く事となった。曖昧な態度に終始していた彼が、急遽会見を開いて何を語るのだろうか?昨日のレスとして書かせて貰った様に、野球ファンの反対が余りにも大きかった事も在るが、それ以上にジャイアンツOBの猛反発が予想を超えたものだった事から、ジャイアンツ入りを断念するのではないかと淡い期待を抱いている。ジャイアンツ入りしないでくれるならば、どんな御為倒しを口にして貰っても構わない。兎に角、 . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (4)