布野ダッシュ村日記

旧布野村に週末帰農を始めて14年勝手に布野ダッシュ村と称してます、自家栽培の蕎麦打ち・陶芸等日々の生活模様を綴っています

マロン

2008-04-19 08:09:51 | 布野ダッシュ村の住人
 布野ダッシュ村の住人マロン、ミニチュアダックスフンド、オス、七歳、体重4.5㎏、室内犬、特技 後ろ足と尻尾で座り両手を振ってのおねだり、かなりのマザコンで女房の言うことが絶対、臆病者。

 テレビの「ザ・鉄腕ダッシュ」の北登は番犬の役割を十分果たすりりしい?柴犬ですが、わが布野ダッシュ村のマロンは北登と同じなのは7歳の年齢だけでまったくの臆病者です、ダッシュ村への訪問者があると玄関までは吠えますがいったん頭をなでられると もう村の住人と決め込みノコノコとついていきます。

 マロンが布野ダッシュ村の住人となったいきさつは、以前女房が真っ白い猫を飼っていたのですが残念なことに死んでしまいひどく落ち込んでいました、これを見かねた娘二人が生後3ヶ月のマロンをプレゼントしたことです。

 以来7年間女房の子分をして絶対服従です、しかし布野ダッシュ村の村長?である私のいうことは食べ物ををねだる時を別にするとあいそ程度しか従いません、もうひとつの特技というか特徴は車での長時間移動になれていることです片道2.3時間は酔うこともなく平気です。

 そういうマロンが皆さんが布野ダッシュ村にこられると歓待してくれます、そして皆さんが帰られる時は玄関で悲しい声をだして惜別を演出??してくれます、1時間の滞在の人・泊まられた人関係なしですまったく役者です、これがマロンの最大の特徴かもしれません。

 マロンの惜別の声を聞きに是非おいでください、では・・・・
コメント   この記事についてブログを書く
« 布野ダッシュ村の桜が咲きま... | トップ | 蕎麦の粉ひき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

布野ダッシュ村の住人」カテゴリの最新記事