布野ダッシュ村日記

旧布野村に週末帰農を始めて14年勝手に布野ダッシュ村と称してます、自家栽培の蕎麦打ち・陶芸等日々の生活模様を綴っています

主夫は忙しい

2018-12-12 17:34:23 | その他
 広島ブログ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 女房殿の肋骨骨折で、にわかに主夫デビューした村長。

 たった2日で、その忙しさに往生している。

 今日も朝コーヒー沸かしたら朝食をつくり、食べた後は
女房殿を連れて尾道総合病院。

 元々の予約は、十年以上前に手術している両股関節の経過
観察のためだったが。

 昨日の晩飯は水キョウザに。

 焼肉&タマネギとニンニク炒め、どう見ても男の酒のつまみだ、女房殿はあまり食べなかった・・・

 今日になって背中の辺りも痛いというので、ついでにレン
トゲン取ってもらった、結果は脊髄は異常なし。

 病院から帰って来たら13時過ぎていた、それから遅い昼食
の準備・・・と言っても焼き飯だが。

 食べた後、病院の人込み疲れが出て1時間ほど休憩、今度は
資源ゴミの準備と指定場所への持ち込み、帰ったら洗濯ものの
取り入れ。

 そして今、早めにブログ打っているが、これからお風呂掃除
して入れ、夕食の準備だ。

 何か ずーと終われている感じ、女房殿のありがたみがよう
やく分かりだした。

 1週間くらいすれば慣れるでしょうが、その間は思った以上に
疲れそう。
コメント

大事件

2018-12-11 17:19:39 | その他
 広島ブログ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 我が家に大事件が今朝早く発生した。

 朝4時過ぎドーンという大きな音で目が覚まされ、隣り
を見ると女房殿がいない。

 おーい大丈夫か・・・と叫ぶと、痛タ・タ転んだの声。

 その時は痛いといいつつ少し経ったら朝食の準備始め
ので打ち身だけと思っていたら。

 朝6時頃になって痛い・痛いと言いたし横になった、ここ
でようやく これって骨にひびが入ったか折れているな・
・・・と感じた。

 外科に行って診察を受けると、右胸の下側の鋤骨が2本
折れていた。

 えー2本もと思ったが、女房殿には言えない、胸の辺り
にコルセットして痛み止め貰っただけ、出来るだけ動かず
重いものはもたないこと だそうだ。

 完治までは3カ月くらいとか、その瞬間から村長の主夫が
始まった。

 このブログ打ち終わったら、風呂を入れて夕食の準備た。

 老々介護の本番訓練が始まった・・・
コメント (4)

チェンソーが直った

2018-12-10 18:23:06 | 薪ストーブ
 古いソーチェンに戻したら・・・

 広島ブログ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 チェンソーが右に右に反れて切れてしまう故障が直った、正確
には原因が分かった・・・

 ブログを見られたNOTさんからのアドバイスで、ケント刃の
左右の高さ違うのが原因では・・・と指摘され。

 ソーチェン前側から見て見ると、開いた格好になっている、
村長の目立てがわるかったのだろう。
 
 かなりひどいのと、デプスゲージの調整はまだやったことが
無いので、とりあえず摩耗して交換した、以前のソーチェンに
戻してみた。

 以前に使っていたソーチェン捨ててなくあったので戻して。

 試し切りしてみると輪切りは出来た。

 今日割って運んだ薪はこれたけ。

 で、ためし切りをしてみると、切れは悪いがしっかりと輪切
りは出来た。

 古いのも取っておくものですねー とりあえずの試験は出来
た、後は元の悪いソーチェンを使って、目立てやデプスゲージ
の調整訓練やらなくては。

 もう7~8年チェンソーを使い、目立てはソーチェン3本分は
やったが、デプスゲージはやらずじまい。
 
 まぁ 何でも勉強ですね。

 NOTさん有難うご座いました。


コメント

チェンソーの調子が悪く

2018-12-09 19:13:07 | 薪ストーブ
 こんなカットしかできず・・・・

 広島ブログ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 近所の人の紹介で頂いた薪の原木というか、樫の木の
輪切りを40サイズにカットしようとしたら。

 輪切りがストンと出来ない、チェンソーが右に右にそ
れて斜め切りとなる。

 切り口を回しながら切ると、鉛筆を削ったような形に
なる。

 先般ガイドバーを反転させたので、そのせいと思い
摩耗している側に戻してみたが、やはり同じ。

 バラシて。

 ガイドバー反対に戻したが結果は同じ・・・

 午後から打ち合わせがあるので、ソーチェンまでまだ
交換して試してないが。

 ガイドバーが反れているか、ソーチェンの研ぎ方に
問題があったかだ。

 ガイドバーを交換したら、どのくらいの値段が気にな
って調べてみたら1万くらいするんですねー

 ガイドバーとソーチェン交換するなら、この際新しい
チェンソーに変えた方がいいのでは?

 迷ってしまう・・・

 当分悩むのでしょう。
コメント (4)

寒い日は

2018-12-08 18:52:51 | その他
フラッシュが巧く行かずぶれてます。

 広島ブログ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 いゃー昨夕から急に冷え込んで。

 今日は本格的な真冬バージョンに、2日ほど前の温かさ
が嘘のよう。

 その寒い日、何故か先般鈍川温泉に行ったメンバー5人
が我が家に集まった。

 と言っても我々夫婦を覗くと3人が来ただけですが、そ
れでも皆さん開口一番、この間の東洋のマチュピチ別子
銅山は良かった・・・

 山の下側のマイントピア端出場(はでば)だけでなく、山
の上のマイントピア東平(とうなる)に行き貯鉱庫跡を見学
したのが良かったようだ。

 もう一つはガイドのおじさんの説明が巧かったこと、我々
の年代にピッタリのゆっくりペースの説明。

 等々・・・・とう話は尽きなかった、企画した村長として
悪い気はしない、更に宿の不満も出なかったし。

 そして次にお褒めに預かったのは薪ストーブ、ほんわかと
暖かくていいなー・・・・と。

 ほんわかと暖かい部屋で半日ワイワイガヤガヤ、気の合っ
た仲間とのひと時でした。


コメント

薪おじさん再開

2018-12-07 17:58:54 | 薪ストーブ
 今日処理出来たのはこれだけ・

 広島ブログ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 冬場恒例の薪おじさんを再開した。

 バタバタしていたのと、原木を引き取って、あるいは
伐採しての声がかりが少なくなっていたが。

 今朝、突然 輪切りしてある原木取りにいこう・・・
と願ってもない話がお隣さんから。

 車で5分ほどのところに伺うと、まこと25~30㎝径の
樫の木が50㎝程度に輪切りされていた。

 朝頂いた樫の木の輪切り、軽トラ一杯ありました。

 残りはこれだけ・・・残りの方が大きくて多い・・・頑張ります。

 ただ 少し伐採から時間が経過し腐食寸前、聞けば乾
かして(腐らせて?)燃えるゴミに出すつもりとか・・・

 だから50センチに輪切りしたそうだ、しかしホントに
市のパッカー車がこの輪切り持って帰るとは思えない。

 多分 最低でも焼却場まで運びこまないと無理と思う
が・・・・

 そんなことはさておき、軽トラ一杯頂いた、何故か
非常に感謝されながら。

 後は大変、40㎝に再度輪切りし、播き割り機にかけて
割って乾燥、本日出来たのは1/3程度。

 2~3日かけてじっくりやります、原木が大きく腰が痛
くて・・・・



コメント

27年前の新聞

2018-12-06 18:15:37 | その他
 27年前の中国新聞号外。

 広島ブログ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 友人の秋の叙勲を祝う会。

 案内状の送付が終わり一段落。

 次は当日のアトラクションの一つ、プロジェクターの
スライド画面の選択に入った。

 本人さんに写真をお借りしてセレクトしていると、懐
かしい人たちばかり、ただ若い 嘘みたいに若い。

 その預かった資料の一つに中国新聞の号外、1991年(
平成3年)4月22日(月)とある。

 27年前の市長・市議会議員選挙速報の号外だ、そう友人
始めて当選した時だ。

 27年か・・・若いわけだ・・・

 写真のセレクトより思い出にふけて時間が長くなったが
、それでも15~16枚スキャンさせた。

 枚数はあるが似たようなシーンばかり、多様なシーンを
今後発掘?しなくては。

 多分ナレーション等を考慮すると、30枚程度で納めないと
タイムオーバー 苦しいセレクトだ。

 ポチポチやります。
コメント

大山祇神社

2018-12-05 19:25:16 | 
 拝殿 この奥が本殿。

 広島ブログ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 鈍川温泉シリーズ 最後の紹介は大山祇神社。

 古来 神社の総元締とか、国宝の武具が日本一所蔵されている
とかで有名な神社、我々が行った小雨の日も観光バスが続々。

 その神社を入ったすぐ横に由来を書いた看板がある、その前文
を借りると。

 芸予海峡の中央に位置する大三島遨 に、日本最古の原始林
社叢の楠群に覆われた境内に鎮座している。御祭神は大山積大
神一座で天照大神の兄神に当たられる・・・だそうだ。

 最初の入口はこの総門。

 入ると右手にこの献灯、尾道人としては夢が広がる。

 広い境内に聳える天然記念物の楠。

 能書きはこれ、見てやって。

 更に進むと拝殿・本殿に入る神門に至る。

 そーゆー故事来歴はよく知らないが名の通った神社だ、境内が
広いこと・楠の古木が現存していたのは感心。

 しかし個人的には、総門を入った左手に灯篭が献灯されていて
見ると備後尾道の刻印、石工の町尾道からの寄進だ。

 尾道商人の寄進か、尾道石工に依頼した灯篭か分からない無い
が、北前船寄港地の片鱗が残っていたこと。

 残念なのは国宝の宝物殿を見ようと思ったら、鎧や刀でしょ
いいわ・・・と却下されたこと。

 最後は案内板、能書きはこれ見て・・・・

 趣味は色々のようです。
コメント

第59番札所金光山国分寺

2018-12-04 18:39:47 | 
金光山国分寺本殿。

 広島ブログ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 少し間が空いてしまったが、先般の鈍川温泉の旅の続き

 四国と言えば四国八十八寺廻りのお遍路の旅。

 我々の旅はそんな大それたことは思ってないが、やはり
1寺くらいはお参りしようと。

 コース沿いにある第59番札所金光山国分寺にお参りした
、その名のとおり伊予の国府があったところ。

 駐車場から国分寺に至る階段。

 境内の石仏、願い事は1つ、あれもこれもお願いしないようにと注意している。

 こんな納経帳を持って回るのだそうだ。

 元の国分寺は東に150mのところにあり遺跡があるそう
だ、天平13年聖武天王の勅願により開創されたそうだ。

 まぁそんな難しいことはおいて、われわれミーハー軍団
はわぁーわぁーしゃべりながら拝んだ。

 ただ中に既に八十八寺を回った人がおり、願いを書く紙
や線香も準備され、一通りの作法どおりお参りし般若信教
を唱えた。

 本物?のお遍路さんも来られ長いこと唱えられていた、やは
り四国ですねー

 いつかは八十八カ寺回りたいもの。

 
コメント

会議

2018-12-03 19:21:01 | その他
 広島ブログ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 友人の「秋の叙勲を祝う会」の実行委員会。

 今日で第3回 下打ち合わせを含めると5回ほどやった。

 おかげで1カ月で参加予定130名となり、その案内状も本日
数通を残して発送した。

 来年2月始めの祝う会なのに、もの凄いスピードで下準備が
整いつつある。

 やはり実行委員会のメンバーの皆さんの力、やる気なんでし
ょうねー 有難うございます。

 これから いよいよ当日のスケジュールというかシナリオ作
りとなる、これも今日4人の方にミニPTをお願いし作って頂く
ことに。

 バンドや踊りや色々アトラクションを織り込んだ、いい案が
でてくるのでしょう・・・・

 素晴らしいメンバーです。

 頭下がります。
 
コメント (2)